2大会連続でW杯出場のセネガル、アリウ・シセ監督も喜び爆発「神に感謝を捧げる」

2022.03.30 14:31 Wed
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)出場を決めたセネガル代表のアリウ・シセ監督が喜びを爆発させた。

29日にアフリカ最終予選のエジプト代表戦に臨んだセネガル。敵地で行われた1stレグを1-0で落としていたセネガルだったが、ホームで迎えた2ndレグでは、開始4分にFWブライユ・ディアの放ったシュートがエジプトMFハムディ・ファティのオウンゴールを誘って先制。いきなりイーブンに戻して見せた。
しかし、その後は優勢に試合を進めるも追加点が奪えず、勝敗はPK戦に委ねられることに。PK戦はセネガルはDFカリドゥ・クリバリ、エジプトはFWモハメド・サラーが一人目で外す波乱模様となった中、最終的に3-1でセネガルに軍配。先のアフリカ・ネーションズカップ決勝と同じ対戦カードを制し、2大会連続3回目のW杯出場を決めた。

ネーションズカップ優勝に続くW杯出場という快挙を成し遂げたシセ監督は喜びをあらわに。前回大会を振り返りながら、カタールではより良い結果を残せると自信を示した。

「"貫く"ことが大事だった。トロフィーを獲得すると、その後の試合は非常に重要なものになる。もしW杯出場を逃していたら、間違いなく別のものになっていただろう」
「今、我々は神に感謝を捧げる。さらに良く、強くなれると思う。カタールに行くということは、大志を抱くということだ」

「2018年も同じ大志を持っていたが、戦力差に屈して淘汰されてしまった。今回、セネガルはここ4、5年において大陸トップという実績を引っ提げて臨むことになる。セネガルはアフリカ王者であり、2つの非常に難しい試合で下馬評を覆した。この2試合はカタールに向けて我々を勇気づけてくれるはずだ」

アリウ・シセの関連記事

セネガルサッカー連盟(FSF)は8日、アリウ・シセ監督(47)と2026年まで契約延長したことを発表した。 この契約延長で2025年にモロッコで開催されるアフリカネーションズカップ、2026年北中米ワールドカップ(W杯)予選を指揮することが決まった。 シセ監督は2015年にセネガル代表指揮官に就任。これまで2018年ロシアW杯、2022年カタールW杯と2大会連続でW杯出場を果たしていた。ロシアW杯では日本代表が同居したグループでグループステージ敗退に終わったが、カタールW杯では開催国カタールが同居したグループを突破し、ベスト16に進出していた。 先月開催されていたアフリカネーションズカップではグループステージを首位で通過したものの、優勝したコートジボワール代表の前にPK戦の末敗れ、ベスト16敗退に終わっていた。 2024.03.09 07:40 Sat
セネガル代表を率いるアリウ・シセ監督が、19日に行われたカメルーン代表戦後に体調不良によって入院していた。フランス『AP通信』が伝えている。 セネガルは19日、アフリカ・ネーションズカップ(CAN)のグループC第2節のカメルーン戦を3-1で勝利した。グループステージ2連勝で決勝トーナメント進出を決めた同代表だが、試合後に指揮官の緊急入院というアクシデントに見舞われていた。 セネガルサッカー連盟(FSF)は20日、“良性感染症”の疑いでメディカルスタッフの治療を受け、19日の試合後、検査のためヤムスクロの地元病院に一晩入院したことを明かした。 その後、同連盟は「検査の結果は安心できるもので、彼はグループに戻ってきた」と、指揮官のチーム復帰を発表。さらに、同代表の広報担当者カラ・ティウネ氏も「彼は順調だ」と、シセ監督の健康状態に問題がないことを説明した。 なお、指揮官の思わぬアクシデントを乗り越えたセネガルは、すでにラウンド16進出を決めたなかで23日にギニア代表との首位通過を懸けたグループ最終戦に臨む。 2024.01.21 23:07 Sun
セネガルサッカー連盟(FSF)は29日、アフリカ・ネーションズカップ(CAN)に向けた同国代表メンバー27人を発表した。 前回王者として大会連覇を狙うセネガル代表。今大会ではグループCに入り、カメルーン代表、ギニア代表、ガンビア代表と同居した。 アリウ・シセ監督は今大会に向けて、FWサディオ・マネ(アル・ナスル)やMFパプ・ゲイエ(マルセイユ)、DFカリドゥ・クリバリ(アル・ヒラル)、GKエドゥアール・メンディ(アル・アハリ)ら主力を順当に選出した。 セネガルは初戦でガンビア(1/15)、第2戦でカメルーン(1/19)、最終戦でギニア(1/23)と対戦する。 今回発表されたセネガル代表メンバーは以下の通り。 ◆セネガル代表メンバー27名 GK エドゥアール・メンディ(アル・アハリFC/サウジアラビア) セニー・ディエン(ミドルズブラ/イングランド) モリー・ディアウ(クレルモン/フランス) DF カリドゥ・クリバリ(アル・ヒラル/サウジアラビア) アブドゥ・ディアロ(アル・アラビ/カタール) アブドゥライエ・セック(マッカビ・ハイファ/イスラエル) エンディアイェ・エンディアイエ(トロワ/フランス) フォルモーゼ・メンディ(ロリアン/フランス) イスマイル・ヤコブス(モナコ/フランス) ユスフ・サバリ(ベティス/スペイン) フォデ・バロ=トゥーレ(フルアム/イングランド) ムサ・ニアカテ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド) MF パテ・シス(ラージョ・バジェカーノ/スペイン) ラミーヌ・カマラ(メス/フランス) パプ・ゲイエ(マルセイユ/フランス) ナンパリイズ・メンディ(スタッド・ランス/フランス) クルパン・ディアタ(モナコ/フランス) シェイフ・クヤテ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド) パプ・マタル・サール(トッテナム/イングランド) イドリサ・ゲイエ(エバートン/イングランド) FW サディオ・マネ(アル・ナスル/サウジアラビア) ハビブ・ディアロ(アル・シャバブ/サウジアラビア) ニコラス・ジャクソン(チェルシー/イングランド) イスマイラ・サール(マルセイユ/フランス) イリマン・エンディアイエ(マルセイユ/フランス) ブライエ・ディア(サレルニターナ/イタリア) アブダラー・シマ(レンジャーズ/スコットランド) 2023.12.29 23:30 Fri
セネガル代表のアリウ・シセ監督(46)は、少なくとも2023年までは現職にとどまることになるようだ。同国サッカー協会(FSF)のアウグスティン・サンゴール会長が明かした。 2015年にセネガル代表監督に就任し、2大会連続でワールドカップ出場に導いているアリウ・シセ監督。今回のカタール大会ではグループステージで2勝を挙げ、20年ぶり2度目のベスト16進出に導いた。 そこでイングランド代表に敗れてしまったものの、サンゴール会長は2024年の1月から2月にかけて行われるアフリカネイションズカップ2023までは指揮を託す意向を示した。 元々カタールW杯前に2024年まで契約を延長していたが、イングランドに敗れたことで解任の噂も。しかし、やはり7年間で積み上げた評価は揺るがず、46歳指揮官は今後はアフリカ王者として連覇を目指すことになった。 2022.12.27 20:45 Tue
セネガル代表のアリウ・シセ監督が完敗を認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 セネガルは4日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で、イングランド代表と対戦した。立ち上がりから何度かチャンスを迎えながら、FWブライエ・ディアやFWイスマイラ・サールがゴールを決め切れずにいると、相手には好機を確実に活かされて2失点。後半にもサイドからの突破を許して失点すると、反撃を試みるも最後まで相手のゴールネットを揺らせず、0-3で敗れた。 この結果、セネガルのカタールW杯ベスト16での敗退が決定。2002年の日韓大会以来となるベスト8入りを逃したシセ監督は、試合後に数人の主力欠場を嘆きながらも、完敗を認めた。 「ディアとサールが決め切れなかったことだけが敗因ではない。試合は90分間あるのだ。30分間はかなり良いプレーをしてチャンスを作れたが、そこで残念ながら得点できなかった。非常に優れたチームとの戦いで、我々は本来あるべきプレーができなかったと思う」 「言い訳をするつもりはない。ただ、我々にはおそらく、チームにプラスアルファを与えてくれるはずの選手が2、3人欠けていたのだ」 「今日の試合では、両チームに大きな差があった。我々はアフリカで最高のチームになるため何年も努力してきたが、今回は世界トップ5に入るチームとの対戦だったと思う。そして我々は、その違いを目の当たりにしたのだ」 2022.12.05 12:52 Mon

記事をさがす

アリウ・シセの人気記事ランキング

1

セネガル代表に強力援軍! マルセイユMFブバカル・カマラが国籍変更を決断か

マルセイユのMFブバカル・カマラ(22)がセネガル代表としてのプレーを決断したようだ。フランス『レキップ』が報じている。 高い身体能力を生かしたボール奪取能力、守備範囲の広さに加え、展開力、ボールを運ぶ能力にも優れるリーグ・アン屈指の守備的MFとしての評価を高めるカマラ。 キャリアのスタートがセンターバックであったこともあり、ディフェンスラインでもプレー可能なユーティリティ性も売りの22歳は、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドら多くのビッグクラブの関心を集めている。 その逸材MFはこれまで生まれ故郷のフランスの世代別代表でプレーしてきたが、現時点ではレ・ブルーからの招集はない。 そういった中、父親の生まれ故郷であるセネガルのサッカー連盟(FSF)は、以前からカマラの招集に向けて動いており、先日のアフリカ・ネーションズカップ優勝後にはアリウ・シセ監督が直接コンタクトを取り、説得を図っていたという。 マルセイユのチームメイトにFWバンバ・ディエング、MFパプ・グイエと同年代ですでにセネガル代表で活躍している2選手が在籍していることもあり、カマラはフランス代表ではなくセネガル代表でプレーする決意をすでに固めた模様。 現時点で確定ではないが、同選手がセネガル代表の一員としてカタール・ワールドカップに出場する可能性は非常に高いようだ。 現在、セネガル代表ではクリスタル・パレスMFシェイク・クヤテやパリ・サンジェルマンMFイドリサ・グイエ、レスターMFナンパリズ・メンディと30代前後の選手が中盤の主力を担っており、ここにカマラが加わると、良い形で世代交代を進めることができるはずだ。 2022.04.20 23:54 Wed

セネガルの人気記事ランキング

1

高価なものなんかいらない! 心優しきマネ「少しでもみんなに還元する」

リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネが金銭の使い方についての考えを述べている。スペイン『アス』が『nsemwoha.com』を引用して伝えた。 昨季、チャンピオンズリーグ(CL)を制したリバプール。その攻撃の一角を担っているマネは、2016年夏にサウサンプトンから加入して以降、瞬く間にトッププレイヤーへと駆け上がっていった。 多くのスター選手たちと同じように高額な給与を貰っているマネだが、それを私利私欲のために使わず、貧困に困っている人々の助けになってほしいと、謙虚な姿勢をみせた。 「フェラーリ10台、高価な腕時計20個、自家用ジェット2機…そんなもの必要かい?」 「僕は貧しくて畑で働かなくてはならなかったんだ。裸足でサッカーをし、教育など多くのことができなかった中で必死に生き抜いたよ」 「今はサッカーのおかげで稼いだお金で人々を助けることができるよ。学校やスタジアムを建て、貧困に苦しむ人々に衣服や靴、食料を提供したり、貧しい地域に住む家庭に月々70ユーロ(約8000円)を寄付したりすることができる」 「高級車、高級住宅、旅行、飛行機さえいらない。僕がこれまで受けたものを少しでもみんなに還元することを望んでいるよ」 2019.10.18 17:40 Fri
2

マルセイユがセネガル代表FWサールを完全移籍で獲得、ワトフォードで4シーズンプレー

マルセイユは24日、ワトフォードのセネガル代表FWイスマイラ・サール(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年夏までの5年間となる。フランス『レキップ』によれば、移籍金は1300万ユーロ(約20億3500万円)とのことだ。 サールは、母国のジェネレーション・フットから2016年7月にメスへ加入。2017年7月にはスタッド・レンヌに完全移籍した。2019年8月からはワトフォードでプレーしている。 右ウイングを主戦場とするサールは、ワトフォードでは公式戦131試合で34ゴール24アシストを記録。プレミアリーグで50試合10ゴール8アシスト、チャンピオンシップ(イングランド2部)で78試合23ゴール16アシストを記録していた。 25歳ながら、すでにセネガル代表で54試合に出場。2022年のアフリカ・ネーションズカップでは優勝も経験している。 なお、リーグ・アンでは通算で90試合に出場し18ゴール17アシストを記録していた。 マルセイユは今夏すでにFWピエール=エメリク・オーバメヤンやDFレナン・ロディ、MFジェフリー・コンドグビア、MFルスラン・マリノフスキなど積極的に補強を進めている。 2023.07.25 08:15 Tue
3

15歳でセネガル代表最年少デビューの神童FWはメス移籍へ

セネガルに現れた超新星の新天地はフランスのメスとなるようだ。 現在、セネガル国内で新たな神童として注目を集めているのが、15歳のFWアマラ・ディウフだ。 今月9日に行われたルワンダ代表戦で15歳と94日でのA代表最年少デビューを飾り、そのパフォーマンスが大きな称賛を浴びた。 174cmの左ウイングを主戦場とする右利きのアタッカーは、爆発的なスピードとアジリティ、テクニックを生かしたドリブル突破を最大の特長とするが、若さに似つかわしくないアタッキングサードでのプレー精度、創造性を兼ね備える総合力の高さが光る。 現在、首都ダカールに本拠地を置くジェネレーション・フット・アカデミーに在籍しており、同クラブでキャリア初期を過ごしたFWサディオ・マネに続くビッグタレントとして早くも注目を集める。 そして、A代表に先んじて飛び級でプレーするU-17セネガル代表でも10試合8ゴールと決定的な仕事を果たす逸材に関しては、バルセロナとマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルがすでにスカウトを派遣していた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、その新天地は今シーズンからリーグ・アンに復帰したメスになるという。 メスは個人間、クラブ間でも合意を取り付けており、ひとまずはユース年代のチームでプレーすることになるようだ。 なお、新天地となるメスは、トッテナムで活躍するMFパプ・サールといったセネガル人選手を多く輩出しており、ディウフにとってヨーロッパでのキャリアをスタートするには適したクラブと言えるはずだ。 2023.09.12 07:00 Tue
4

サッカー界から大統領へ…ボルトンやリバプールなどで活躍した元セネガル代表FWディウフ氏が決意

▽かつてリバプールやボルトンなどで活躍した元セネガル代表のエル=ハッジ・ディウフ氏(37)が大統領就任を目指しているようだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ディウフ氏は、ソショーの下部組織で育ち、スタッド・レンヌやランスでプレー。2002年7月にリバプールへと加入した。その後はイングランドでプレーを続け、ボルトン、サンダーランド、ブラックバーンなどでプレー。最後はマレーシアでプレーし、2016年1月に現役を引退した。 ▽ディウフ氏は、“リベリアの怪人”として名を馳せた、リベリアの元大統領でもあるジョージ・ウェア氏に影響されたと語った。 「私は、自分自身と家族のことを見据えている。何年も前からサッカーについて考えているが、新たなキャリア、政治的なキャリアに進もうと考えている」 「私は、母国には何かを変える私を待っている人々がいる。若者にとって戦う戦士になりたいと思っている。その準備ができており、政治の道に進むことを決心した」 「未来は決まっている。この先の2年間で政治に参加する。なぜなら、フットボールで多くのことを変えられたことをしっているうからだ。政治に対して多くの情熱がある」 ▽ディウフ氏は、現役時代からアフリカサッカー界に警鐘を鳴らしており、それが原因で代表チームを追放された経験もある。2002年の日韓ワールドカップにも出場し、ペレ氏が選んだ「FIFA100」にも名を連ねるなど、アフリカサッカー界では多くの功績を残してきた。果たして、母国の大統領になることはできるだろうか。 2018.02.08 22:05 Thu
5

レーティング:ポーランド 1-2 セネガル《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節、ポーランド代表vsセネガル代表が19日にスパルタク・スタジアムで行われ、セネガルが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポーランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 4.5 1失点は致し方なし。だが、2失点目ではベドナレクとのコミュニケーションのミスで失点に関与… DF 20 ピシュチェク 5.0 右のサイドバックとウイングバックでプレー。マネ相手に守備は健闘も攻撃面であまり良さを出せず (→ベレシュインスキ -) 4 チアゴ・ランジェウ 5.0 不運な形でオウンゴール献上。ただ、他の場面でも相手の揺さぶりに苦戦を強いられた 2 パズダン6.0 持ち味の出足鋭い守備が良い方向に出た。要所でピンチの芽を摘んだ 13 リブス 5.5 左のサイドバックとウイングバックでプレー。前半は押し込まれるも後半に入って幾度か良いタイミングで攻撃参加を披露 MF 16 ブワシュチコフスキ 5.0 攻守両面で精彩を欠く。ケガの影響か前半のみの出場に (→ベドナレク 4.5) セルフジャッジでプレーをやめてクリアできるボールを見送り決定的な2失点目に関与… 10 クリホヴィアク 6.0 意地のゴールを記録。中盤のバトルでは互角にやりあったが、なかなか攻撃面でスイッチを入れられず 7 ミリク 4.5 ボールを引き出す動きや球際の粘りに乏しく攻撃の起点になれなかった (→コフナツキ -) 19 ジエリンスキ 5.0 守備では最低限の仕事をこなしたが、攻撃の組み立てではほとんど見せ場を作れず 11 グロシツキ 6.0 1アシストを記録。幾度か良い形でボールを引き出し鋭い仕掛けを見せた FW 9 レヴァンドフスキ 5.0 攻撃の不振はチームの機能性の問題だが、相手センターバックコンビに封じられたことも事実 監督 ナヴァルカ 5.0 システム変更で流れを掴みかけた矢先のイージーミスが痛恨だった。コンディション不良のミリク起用はハマらず ▽セネガル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 16 K・エンディアイエ 5.5 そこまで危険な場面はなかったものの、レヴァンドフスキの直接FKを見事に阻止 DF 22 ムサ・ワゲ 6.0 前半は攻守両面で仕事量が多く、守勢に回った後半もソリッドな守備を見せた 6 S・サネ 6.0 空中戦と当たりの強さを武器にレヴァンドフスキを封殺 3 クリバリ 6.5 レヴァンドフスキを封じつつ的確なカバーリングでサイドバックやボランチの仕事をサポート。マイボール時の貢献も大きかった 12 サバリ 6.0 地味ながらも絶妙なポジショニングや判断で守備を締めた MF 18 サール 6.0 前半は持ち味のスピードでカウンターの起点に。後半は守備の場面でそのスピードを生かした 13 A・エンディアイエ 6.0 幅広いエリアをカバーするグイエとは異なり、バイタルエリアのスペースをきっちり消す。対人守備も強かった (→クヤテ -) 5 グイエ 6.5 豊富な運動量と身体の強さを生かして中盤を制圧。オウンゴールを誘発するシュートで決定的な仕事もこなす 10 マネ 6.0 エースらしい決定的なプレーはなかったが、チームプレーヤーとして攻守に大きな貢献を果たした FW 9 M・ディウフ 6.0 前線からの守備や潰れ役のプレーなど地味ながら貢献度は高かった (→C・エンドイエ 5.5) 持ち味の身体能力を生かして守備でチームを助けた 19 ニアン 6.5 抜け目ない動きで決勝点を記録。試合を通して攻守両面での貢献は絶大 (→コナテ 5.5) 与えられた仕事を堅実にこなす 監督 A・シッセ 6.5 相手の自滅の感もあったが、セットプレー以外で見事にポーランドの攻撃を封じ切った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ニアン(セネガル) ▽値千金の決勝点に加え、先制点の起点にもなったニアンをMOMに選出。サイドに流れてのボールキープや身体の強さを生かした守備など、ゴール以外の仕事量も際立っていた。 ポーランド 1-2 セネガル 【ポーランド】 クリホヴィアク(後41) 【セネガル】 OG(前37) ニアン(後15) 2018.06.20 02:16 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly