次の行先は!? 元浦和FWラファエル・シルバが4年過ごした武漢からの退団を発表「僕の人生を変えた」

2022.03.09 17:28 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国スーパーリーグの武漢FCに所属するブラジル人FWラファエル・シルバ(29)が、クラブからの退団を発表した。

ラファエル・シルバは、コリチーバからスイスのルガーノを経て、2014年8月にアルビレックス新潟へと加入。3シーズンプレーすると、2017年1月には浦和レッズへと完全移籍。2018年1月に武漢へと移籍していた。

新潟では公式戦62試合で26ゴール5アシストを記録すると、浦和では42試合で21ゴール7アシストを記録。武漢では42試合で32ゴール9アシストを記録していた。

ラファエル・シルバは、自身のインスタグラムで4年間を過ごした武漢を退団することを発表。感謝の気持ちを綴った。


「僕の人生を変え、クラブがリーグチャンピオンになった最も重要な年に、加入する機会を与えてくれたこのクラブに、今日、4年余りが経ちましたが別れを告げます」

「いつも僕に特別な愛情を持ってくれたファン、そして僕が必要とするすべてのサポートを与えてくれた全ての人に感謝します」

「最後に、このクラブに感謝します。ありがとう」

1 2

関連ニュース
thumb

【足球日記】中国2部リーグ、2シーズン目を振り返って

難しい環境下での中国でのサクセスストーリーを現地から届けてもらう連載企画『足球日記』。中国の地で奮闘する、日本と中国の血を引く男・夏達龍(なつたつりゅう)が現地の情報をお届けする。 第10回 中国2部リーグ、2シーズン目を振り返って ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/natsu220314_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 中国2部リーグでの2シーズン目もイレギュラーな環境の下、多くの人達のおかげで無事に全ての試合を行うことができました。200日以上の隔離生活はなかなかできない体験で、最後の方は精神的にも疲弊しきっていました。 もちろん僕個人だけの挑戦であれば途中で諦めていたでしょう。日本から応援してくれている家族や四川九牛クラブに関わる全ての人のおかげで乗り越えることができたと思っています。 ■四川九牛クラブとしての2021シーズン結果 ・リーグ戦成績18チーム中8位 ・カップ戦ベスト8(2部所属チーム内トップの成績) ■個人としての2021シーズン ・出場数:(リーグ)25試合/先発9(カップ戦)5試合/先発2 ・ゴール数:4 ・アシスト数:3 ・リーグ第16節 ベストイレブン選出 ・カップ戦ベスト16 MOM選出 シーズン序盤での外国人選手の負傷や過密スケジュールの中、この成績を残せた事はクラブや選手にとって次に繋がる良いシーズンとなりました。 個人としては、シーズン序盤は結果が出ませんでしたが、その後の限られた出場時間の中で結果を出すことができ、選手として大きく成長できたシーズンとなりました。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/natsu220314_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 今シーズンは控えスタートが多く、なかなか先発で出られない状況が続いていましたがそれでもいつも通り自分のプレーをすること、その大切さに気付かされました。監督としてもプレーの調子に波がある選手は使いずらく、もっと言えばプレースタイルや特徴がはっきりしている選手の方が使われやすいと思います。その為、今シーズンは徹底的にポストプレーとヘディングを意識してプレーし、何とか自分の形を作ることができました。 スタメン起用されない状況は中学高校と何度も経験してきましたが、プロになってからでは悔しさだけではなく危機感や不安などまた別の感覚に襲われます。その状況を打破するにはやはり結果しかありません。結果を出すためにはどんな状況、環境であろうとも自分を強く持ってチャレンジし続けることが大切だと思っています。来シーズンもまたどんな状況で中国リーグが行われるかはわかりませんが、常に自分らしくチームに貢献し、1点でも多くゴールを取れるように頑張ります。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/natsu220314_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021年シーズン終了後、1年ぶりに家族に会いました。コロナの影響でシーズン中一度も日本に帰れず、日本からも家族は来られず、生まれたばかりだった息子は1歳になり、久しぶりの再会も僕のことを全く誰かわかっていませんでした。ほぼ毎日ビデオ通話してはいましたが、やはりちゃんと認識するのは難しいようです(そもそも生後4日間しか一緒にいられなかった。。。 1年間慣れない子育てを一生懸命してくれた妻には感謝しかありません。帰国後実際に子育てをしてみてやっと妻の苦労を身をもって感じることができました。改めて海外でサッカー選手として生活している反面、パンデミックによる規制で会えない家族との大切な時間を犠牲にしていたと強く感じました。 それでは、来シーズンも結果が残せるよう良い準備をしていきます!今後とも応援よろしくお願いします。来シーズンに関しては次回ご報告させていただきます! <hr>◆プロフィール 名前:夏達龍(なつ・たつりゅう) 生年月日:1993年6月27日 出身地:愛知県名古屋市 職業:プロサッカー選手 所属チーム:四川九牛足球俱乐部(中国プロサッカー2部) <div id="cws_ad">Twitterアカウント:<a href="https://twitter.com/TatsuryuX" target="_blank">@TatsuryuX</a><br/>Instagramアカウント:<a href=https://www.instagram.com/natsu_dalong/" target="_blank">@natsu_dalong</a></div> 2022.03.14 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

“中国の雄”広州FCが経営難で崩壊…多くのタイトルに貢献したブラジル人帰化選手5人が全員退団

中国スーパーリーグの広州FC(旧:広州恒大)は16日、5人のブラジル人選手との契約終了を発表した。 契約終了で退団するのは、FWエウケソン(32)、FWリカルド・グラル(30)、FWアラン(32)、FWアロイージオ(33)、FWフェルナンジーニョ(28)の5名だ。 5選手はいずれも中国国籍を取得し、エウケソン、アラン、アロイージオ、フェルナンジーニョは帰化選手として中国代表に招集。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選にも出場していた。 エウケソンは2013年1月にボタフォゴから広州恒大へと加入。2016年1月に上海上港(現:上海海港)へと移籍。2019年7月に復帰していた。 広州では、公式戦164試合に出場し104ゴール40アシストを記録。4度のリーグ優勝に加え、2度のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝を経験していた。また、中国代表として13試合に出場し4ゴールを記録している。 グラルは、2015年1月にクルゼイロから加入。2019年1月から6月まではパウメイラス、2020年7月から11月までは河北華夏(現:河北FC)へとレンタル移籍を経験したが、それ以外は広州でプレー。今年1月にサントスへと移籍が既に発表されていた。 広州では公式戦174試合に出場し110ゴール54アシストを記録。3度のリーグ優勝、1度のACL優勝を経験していた。 アランはザルツブルクから2015年1月に加入。天津天海、北京国安へのレンタル移籍を経験していた。広州では公式戦113試合で61ゴール32アシストを記録。3度のリーグ優勝、1度のACL優勝を経験。中国代表としても10試合に出場し3得点を記録していた。 アロイージオは2020年1月に広州へと加入。公式戦18試合で4ゴール1アシストと一番歴は浅かった。また、山東魯能や河北華夏などでもプレーしていた。中国代表としては5試合で1ゴールを記録していた。 フェルナンジーニョは重慶力帆、河北華夏でプレーした後、2020年1月に広州へと加入。公式戦18試合で5ゴール6アシストを記録していた。また、1月の日本代表戦に向けた中国代表に招集されていたが、家族の事情で直前で辞退していた。 広州FCは、経営権を保有する中国の不動産大手である「恒大集団」の経営破綻によって、クラブ存続の危機に瀕し、ファビオ・カンナバーロ監督が辞任。その後選手給与が払えないなど、苦しい状況が続いていた。 かつてはACLで2度優勝、中国スーパーリーグの絶対的な王者として君臨し、ヨーロッパでプレーするビッグネームを“爆買い”で集めていたが、今回のブラジル人選手5人の退団でその栄華を終えることとなった。 2022.02.17 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

かつて鳥栖でプレーした元韓国代表MFキム・ミヌが中国スーパーリーグに挑戦、昇格組の成都銭宝へ完全移籍

かつてサガン鳥栖でもプレーした元韓国代表MFキム・ミヌ(31)が、中国スーパーリーグの成都銭宝へ完全移籍することとなった。 キム・ミヌは、2010年1月に延世大学から鳥栖へと入団。2016年まで所属し、J1で通算161試合20得点、J2で52試合11得点を記録した。 2017年に母国の名門である水原三星ブルーウィングスへと完全移籍。兵役のため、金泉尚武へとレンタル移籍を経験した。 Kリーグ1では通算131試合に出場し20ゴール13アシストを記録。2021シーズンは28試合で5ゴール3アシストを記録していた。 キャプテンも務めたキム・ミヌは、自身初の中国でのプレーに挑戦すると水原三星が発表した。 成都銭宝は今シーズン甲級リーグ(中国2部)から昇格するチーム。どのような活躍を見せるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】キム・ミヌが決めたパーフェクト過ぎるボレーシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuRHl0V0o3cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.02.14 11:58 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMが武漢からFWアンデルソン・ロペスを完全移籍で獲得、昨季途中まで札幌でプレーし12得点

横浜F・マリノスは3日、中国スーパーリーグの武漢足球倶楽部に所属するブラジル人FWアンデルソン・ロペス(28)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は11となる。 アンデルソン・ロペスは、2016年7月にサンフレッチェ広島への期限付き移籍で初来日。2シーズンプレーしたのち、2018年はFCソウルに移籍するも1年で退団。2019年1月に北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍加入した。 最初の2シーズンで公式戦通算59試合25ゴールを挙げるなど一定の活躍を披露。2021シーズンの明治安田生命J1リーグでも、14試合で12ゴールを記録し熾烈な得点王争いに名を連ねていたが、7月に武漢へと完全移籍していた。 武漢では、中国スーパーリーグで17試合に出場し7得点を記録していたが、半年でJリーグへと復帰することとなった。 アンデルソン・ロペスはクラブを通じてコメントしている。 「横浜F・マリノスのようなビッグクラブに加入できることをとても嬉しく思います。モチベーションもとても高く、チームメートと一緒にクラブの目標を達成できるようピッチで全力を尽くします。今日からマリノスファミリーの一員です。一緒に戦いましょう!」 2022.02.03 15:33 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡、カメルーン人FWジョン・マリが期限付き移籍満了で退団「どこへ行ってもアビスパのサポーター」

アビスパ福岡は7日、元U-20カメルーン代表FWジョン・マリ(28)の期限付き移籍期間満了を発表した。 ジョン・マリは、ブリーラム・ユナイテッド、バンコク・クリスチャン・カレッジ、クラビー、プラチュワップとタイのクラブや、ヴォイヴォディナ(セルビア)、ルダル・ヴェレニエ(スロベニア)と渡り歩くと、中国の梅州客家、深圳でプレー。2021シーズンに福岡へ期限付き移籍で加入した。 アフリカ人選手特有の並外れた身体能力を持つジョン・マリは、明治安田生命J1リーグで16試合に出場し5得点、YBCルヴァンカップで2試合2得点、天皇杯で1試合に出場した。 期限付き移籍期間が満了を迎えたジョン・マリは、クラブを通じてコメントしている。 「アビスパのファン・サポーターの皆さんに感謝の思いを伝えたいです。タフなシーズンを共に戦ってくれました。ピッチ内外において、皆さんはをいつも我々をハッピーにしてくれました」 「互いに手を取り合いながら、一緒に戦うことが出来ました。 自分への愛情とサポートに深く感謝しています。この先決して忘れることはないでしょう」 「これからどこへ行ってもアビスパのサポーターであり続けます。そして皆さんのことをいつも愛しています。ありがとう」 2022.01.07 22:18 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly