C・ロナウドは「40歳でプレーしているとは思わない」43歳までプレーしたゼ・ロベルトが今後のサッカー界を予想「平均年齢は下がる」

2022.03.05 21:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表MFのゼ・ロベルト氏が今後のサッカー界の流れについて自身の考えを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

ゼ・ロベルト氏は、レアル・マドリーやレバークーゼン、バイエルン、ハンブルガーSVなどヨーロッパでプレー。その他にも、ウルグアイのナシオナルや母国のポルトゥゲーザ、フラメンゴ、サントス、グレミオ、パウメイラスでもプレーした。

ブンデスリーガで336試合に出場し39ゴール97アシスト、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでも155試合に出場し9ゴール22アシストを記録。また、ブラジル代表としても84試合に出場し6ゴールを記録し、1998年、2006年と2度ワールドカップにも出場していたが、2017年11月に現役を引退した。

43歳までプレーを続けたゼ・ロベルト氏だが、今後は自身のような選手が減っていくと見解を示した。

「なぜなら、年を追うごとに、サッカーはよりフィジカルが重要になっていくからだ。これからの時代、身体能力が高くないと、現代のゲームでは高いレベルでプレーすることはできないだろう」

「そして、サッカーがよりフィジカル重視になれば、数学的には選手の平均年齢は上がるどころか、下がることになる」

「例えば、サントスのアンジェロ・ガブリエウは17歳だが15歳からプロとしてプレーしているし、パウメイラスのエンドリックもまだ15歳だがすでにプロと一緒に練習している」

「年々、サッカー選手がプロとしてキャリアをスタートさせる平均年齢は下がっており、論理的にはキャリアを終える平均年齢も下がっていくことになるから、40歳で高いレベルでプレーすることは難しくなっていると思う」

そんな中、40代になる3、4年後もプレーする意欲を示しているマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドについても言及。そのキャラクターから難しいと判断しているようだ。

「クリスティアーノはマシンだよ。だが、彼は常に最高レベルでプレーし、常にトロフィーを獲得し、常に世界最高の選手であろうとするから、40歳になってもまだプレーしているとは思わない」

「この2年間、彼はユベントスで、そしてマンチェスター・ユナイテッドで、それを実現できていないことがわかった。その何よりの証拠が、大きな個人賞の上位2、3人に彼が入っていないことだ」

「彼はまだ多くのコストがかかる選手だが、これほど高いレベルで競争することに慣れている者として、同じではない何かを探すよりも、やめたほうがいいと判断する時が来るだろう」



1 2

関連ニュース
thumb

ユナイテッド退団後オファーを拒否し続けるマタ、希望は欧州のトップリーグ

昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団した元スペイン代表MFフアン・マタ(34)だが、ヨーロッパでのプレーを目指してオファーを断ったようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 マタはレアル・マドリーの下部組織で育ち、カスティージャからバレンシアへと移籍。2011年8月に加入したチェルシーではチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ制覇に貢献。2014年1月からはユナイテッドでプレーしていた。 ユナイテッドでは公式戦通算285試合で51ゴール47アシストを記録。貴重なゲームメイカーとして活躍していたが、昨季は公式戦で12試合の出場に終わり、シーズン終了とともに退団していた。 マタに対しては、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブからオファーが届いたものの本人が拒否。その他にも「エキゾチックな国」からオファーが届いたが、全て拒否しているという。 マタの希望はヨーロッパのトップリーグでプレーを続けること。そのため、移籍市場が閉まるまでの間、辛抱強くオファーを待つことを決断しているという。 各リーグも開幕を迎え、今週末にセリエAとラ・リーガが開幕すれば新シーズンが全てスタート。ケガ人などの関係で声がかかる可能性はあるだろうが、残り3週間で移籍先が決まるだろうか。 2022.08.10 11:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがアルナウトビッチ獲得から撤退! ファンから苦情も?

マンチェスター・ユナイテッドは、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)の獲得を諦めたようだ。『アスレティック』のローリー・ホワイトウェル記者が報じている。 FWエディンソン・カバーニの退団に加え、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの去就も依然不透明とあり、ストライカーの補強を画策中のユナイテッド。そこで候補として急浮上したのがアルナウトビッチだった。 過去にストーク・シティやウェストハムに在籍し、プレミアリーグ経験もあるアルナウトビッチの獲得にユナイテッドは推定900万ユーロのオファーを提示したが、昨季のセリエAで33試合14ゴール1アシストのエースには不十分な額だとしてボローニャは拒否。スポーツ・ディレクターのマルコ・ディ・ヴァイオ氏は「プライスレスな存在」と、非売品であることを強調していた。 一部ではオファー額を引き上げると見られていたユナイテッドだが、ホワイトウェル記者によれば獲得から手を引く模様。ボローニャの要求額が高いことや、サポーターから苦情が相次いだことが理由とのことだ。 2022.08.09 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ラビオ代理人と交渉中…ユーベは売却視野

マンチェスター・ユナイテッドがユベントスに所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)の代理人と交渉中のようだ。 移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、つい先日にラビオ獲得の動きが明るみのユナイテッドは実母で代理人も務めるヴェロニク氏と直接的に接触を図り、個人条件を巡って協議中。エリク・テン・ハグ監督もラビオとの交渉に直接関与しているという。 今季を迎えるにあたって、DFタイレル・マラシア、MFクリスティアン・エリクセン、DFリサンドロ・マルティネスを確保したユナイテッドだが、テン・ハグ新監督が中盤のコネクター役として望むバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを巡る交渉は長く難航を極めている。 そのなか、7日にブライトン&ホーヴ・アルビオンとのプレミアリーグ開幕節を迎えたユナイテッドだが、1-2で敗れ、クラブOBのポール・スコールズ氏から中盤を司ったMFフレッジとMFスコット・マクトミネイに名指しで厳しい声。補強の必要性が改めて浮き彫りとなっている。 なお、ロマーノ氏によれば、ユベントス側は今季が契約最終年のラビオに関して今夏の売却を視野に入れており、クラブ間の話し合いは大きな問題なく、進むものと推察されている。 2022.08.09 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロがボカ・ジュニアーズに移籍!

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(35)が8日、ボカ・ジュニアーズに加入した。契約は2024年12月31日までとなる。 母国ラシン・クラブ出身で、2007年に加入したAZを足がかりに欧州進出を果たしたロメロ。2015年から2021年にかけてはマンチェスター・ユナイテッドに在籍し、バックアッパーながら2016-17シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献。昨季はヴェネツィアに移籍するも、シーズン後半はヒザの負傷に悩まされ、セリエA16試合の出場に終わった。 契約満了でフリーとなった35際には今夏、イングランド人GKリー・グラントが現役を退団したユナイテッドが再獲得に動いていたが、新天地は母国の名門クラブに。実に15年ぶりのアルゼンチン復帰を果たしたロメロは、今回の移籍をステップアップだと意気込んでいる。 「ご存知のように、先週ラシンでトレーニングをしていた時にボカから打診があった。よく考えた結果、受けることにしたよ。この機会に満足している。これはキャリアにおいてステップアップだと思っているよ」 2022.08.09 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ザルツブルクの新たな注目株シェシュコ、姉妹クラブのライプツィヒに23年加入で去就決着か

レッドブル・ザルツブルクのスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)はRBライプツィヒ行きが濃厚視されるようだ。 昨季に公式戦36試合の出場で10得点7アシストとブレイクを遂げ、昨年6月にスロベニア代表デビューのシェシュコ。身長も190cm台とサイズも申し分なしの19歳を巡っては複数クラブとのリンクが取り沙汰され、沸々と注目度を高めている。 最近もマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが争奪戦に名乗りと報じられたが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、ザルツブルクの姉妹クラブとしても知られるライプツィヒが2023年の獲得で迫っているという。 ザルツブルク側は今夏の移籍を求めるオファーを拒否しており、シュシュコが今季もチームに残るのに満足感を示している模様。今週中にも成立に至る可能性があるとのことだ。 2022.08.09 12:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly