元ドイツ代表MFアーロン・フントが現役引退…HSVでは酒井高徳や伊藤達哉とプレー

2022.02.23 23:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表MFアーロン・フント(35)が現役引退を表明した。

フントは2001年にゴスラーSCユースからブレーメンの下部組織に移籍すると、2004年から10年間トップチームで活躍。その後、ヴォルフスブルクを経て2016年にハンブルガーSV(HSV)に完全移籍で加入。

しかし、HSVでは2017-18シーズンに史上初の2部降格という苦汁を味わうと、翌シーズンからはキャプテンとして1部復帰を目指したが、その夢をかなえることができずに昨シーズン限りでHSVを退団。

以降、無所属の状態だったフントは、23日にドイツ『ビルト』にて17年間の現役生活にピリオドを打つことを明かした。

「僕のプロ生活は今日で終わりだ。もうプレーしないと決めたんだ」

「いくつかオファーを受けたが、最終的にはまとまらなかった。あと半年待つのも意味がない。もうプロ生活は僕にとって過去のものだよ」

関連ニュース
thumb

チームの若返り目論むリバプール、ドイツ2部でプレーするU-21クロアチア代表DFに関心か

リバプールがハンブルガーSV(HSV)のU-21クロアチア代表DFマリオ・ヴスコビッチ(20)に関心を示しているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 センターバック陣もオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを筆頭に、元カメルーン代表DFジョエル・マティプ、フランス代表DFイブラヒマ・コナテ、イングランド代表DFジョー・ゴメスと充実の陣容を誇るリバプール。しかし、ファン・ダイクとマティプが30代となり、ジョー・ゴメスも負傷が多く、クラブは将来を見据えて新たな若手センターバックの確保を模索しているという。 そこで名前が浮上したのがヴスコビッチだ。ドイツ『ビルト』によると、リバプールはヴスコビッチを調査するため、スカウトを派遣している模様だ。 母国クラブであるハイドゥク・スプリトの下部組織で育ったヴスコビッチは2019年8月にファーストチームデビュー。身長189cmの恵まれた体格とFKのキッカーを務めるだけの正確なキックで注目を集め、HSVが昨夏に買い取り義務付きのレンタルで獲得し、公式戦32試合に出場した。 チームは昇降格プレーオフでヘルタ・ベルリンに敗れ、目標としていたブンデスリーガ復帰は叶わなかったものの、ヴスコビッチ本人にとって、さらに評価を高めたシーズンに。ウォルバーハンプトンも強い関心を示していると報じられており、争奪戦に発展する可能性もありそうだ。 2022.07.22 18:02 Fri
twitterfacebook
thumb

元西ドイツ代表エースでハンブルガーSVのレジェンドであるゼーラー氏が85歳で他界

かつて西ドイツ代表として活躍し、ハンブルガーSVでキャリアの大半を過ごしたウーヴェ・ゼーラー氏が他界した。85歳だった。 ハンブルク出身のゼーラー氏は、地元クラブのハンブルガーSVのユース育ち。そのままファーストチームに昇格した。 1953年から1972年まで、20シーズンにわたってハンブルガーSVでプレー。580試合で490ゴールを記録し、偉大なストライカーとして名を残している。 西ドイツ代表としても72試合で43ゴールを記録。4度のワールドカップに出場し、1966年のイングランド大会では決勝でイングランドと対戦し敗れていた。W杯4大会では全て複数得点を記録しており、これは史上2人しか達成していない記録。もう1人は、同じドイツ人のFWミロスラフ・クローゼとなっている。 西ドイツ代表としてはキャプテンを務めた時期もあり、フランツ・ベッケンバウアー氏らともプレー。引退後には名誉キャプテンにも就任した。さらに1995年には古巣であるハンブルガーSVの会長に就任したが、1998年にスキャンダルの影響で関与はしていなかったものの辞任していた。 クラブ幹部のヨナス・ボルド氏は、公式サイトを通じて追悼のメッセージを送っている。 「ウーヴェ・ゼーラーは、善良な人間を特徴付ける全ての要素を兼ね備えていました」 「実直さ、忠誠心、生きる喜び、そしていつも親しみやすい人でした。彼はハンブルーがSVの典型的な例です」 「個人的には、彼の最後の誕生日を一緒に過ごしたことが特別な思い出になっています。彼は店で話をし、彼にとってのハンブルガーSVについて聞けば、私にヒントといくつかの格言をくれました」 「我々は彼のことを決して忘れることなく、ずっと大切にしていきます。今、我々は彼の家族に思いを寄せ、心から哀悼の意を表します」 2022.07.22 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトがU-21ドイツ代表DF獲得! HSVでクラブ史上最年少デビュー

シュツットガルトは9日、ハンブルガーSV(HSV)からU-21ドイツ代表DFヨシュア・ヴァグノマン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 ドイツ人の父とコートジボワール人の母の下、ハンブルクで生まれ育ったヴァグノマンは、地元の名門HSVのアカデミーからトップチームに昇格。2018年3月に行われたブンデスリーガのバイエルン戦では、17歳と89日でクラブ史上最年少デビューを飾った。 以降、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)の舞台で戦うチームの準主力として公式戦71試合5ゴール4アシストの数字を残していた。 187cmの右利きのDFは、左右のサイドバックを主戦場に守備的MFでもプレー可能なポリバレント性、フィジカル能力、攻守のバランス感覚に優れる伸びしろ十分の若手だ。 2022.07.09 22:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、スロバキア代表MFベネスのHSVへの完全移籍を発表

ボルシアMGは23日、スロバキア代表MFラズロ・ベネス(24)が2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のハンブルガーSV(HSV)へ完全移籍したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 2016年の夏に母国スロバキアのジリナから完全移籍でボルシアMGに加入したベネスは、卓越したテクニックと創造性を併せ持つ“ハムシク2世”と評される攻撃的MF。加入後は足の骨折などケガに悩まされたが、2019年1月にレンタル移籍した2.ブンデスリーガのホルシュタイン・キールで結果を残すと、同年夏にボルシアMGに復帰。 復帰初年度の2019-20シーズンはブンデスリーガ22試合に出場したが、昨シーズンは足首のケガで出遅れると、2021年冬にアウグスブルクへレンタル。今シーズンも最期まで定位置を掴むことができず、公式戦14試合に出場にとどまっていた。 2022.06.24 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

1年での昇格を逃したHSV、ウォルター監督は悔しがる「現時点では虚しさしかないし、数日は続くことだろう」

ハンブルガーSV(HSV)のティム・ウォルター監督が、1部昇格を逃してコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 23日、ブンデスリーガの昇降格プレーオフ2ndレグが行われた。 ヘルタ・ベルリンとの1stレグはアウェイながら0-1で勝利していたHSVだったが、この試合では開始早々に失点し追いつかれてしまう。 その後はこう着状態が続いたが、後半にもヘルタが追加点。HSVは盛り返すことができずに0-2で敗れ。2戦合計1-2で昇格を逃していた。 試合後、ウォルター監督は残留を決めたヘルタを祝福。選手たちを誇りに思っていると語った。 「ヘルタにおめでとうと言いたい。今日は細かいことが重要だった」 「勝ったのはより良いチームではなく、より幸せなチームだった。私は、今でも自分のチームをとても誇りに思っている」 「観客とクラブのサポートを得て、我々はシーズンの間に何かを作り上げているが、まだ完成はしていない」 「現時点では虚しさしかないし、ここから数日は続くことだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】ハンブルガーSVの1年での1部復帰が阻まれる…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dWotIjdKCdo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 11:44 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly