【J1開幕直前ガイド|浦和レッズ】6年ぶりのリーグ制覇、そして3度目のアジア制覇へ改革2年目で「飛躍」なるか

2022.02.19 10:19 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

今シーズンから18クラブに戻り、昇格・降格が従来の形に戻ることに。コロナ禍で変則的だったシーズンが、コロナ前の状態に戻ることとなる。

開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、戦力分析やシーズンの目標、注目ポイントに加え、Jリーグの開幕キャッチコピーとして発表された「#Jが世界を熱くする」にあやかり、注目選手として世界を熱くしそうな選手をピックアップした。

浦和レッズ
2021シーズン成績:6位(18勝9分け11敗)

◆戦力分析

リカルド・ロドリゲス監督が改革を始めて2シーズン目。その動きを示すかのように、期限付き移籍を含めて23名がチームを去った。そのうち半数以上の12名が完全移籍。コンスタントに試合に出場していた選手、長年チームを支えた選手など、浦和というクラブに貢献してきた選手たちが多い。

ただ、改革がスタートした昨季は明らかにこれまでの浦和とは変化した。リカルド監督のサッカーが定着するまで時間を要したが、最終的に天皇杯で優勝。そのチームを支えたのは、昨季加入した新戦力が中心だった。

今季も戦力としては各クラブの主軸を補強することに成功。DF犬飼智也(←鹿島アントラーズ)、DF知念哲矢(←FC琉球)、DF大畑歩夢(←サガン鳥栖)、DF馬渡和彰(←大宮アルディージャ)を迎えた。さらに、リカルドサッカーの申し子であるMF岩尾憲(←徳島ヴォルティス)まで獲得。その影響力はFUJIFILM SUPER CUP2022で川崎フロンターレを圧倒した。

監督のサッカーを体現できる選手たちが揃い始めた浦和。昨シーズンからの上積みを行えていることは間違いなさそうだ。

◆目標

2022シーズンのチーム目標は、リーグ制覇だ。昨季はチームの改革1年目。新たなスタイルを身につけるには時間を要したが、着実にサッカーは変化し、シーズンを追うごとに精度も上がった。その結果、最後に天皇杯というタイトルを手にした。

アジアでの戦いも復活するが、焦点はリーグ制覇だろう。昨季は6位。浮き沈みがありながらも上位グループには入った。ただ、トップの川崎Fとは差がある状況。目の前で優勝を決められた悔しさもある。その中で、上積みにプラスアルファでどこまで差を埋めていけるかだ。

もちろん出るからにはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の制覇も視野に入れる。日本勢では唯一複数優勝を経験。アジアに浦和ありと思わせるには、3度目の優勝を目指す他ない。リーグ優勝、そしてアジア制覇を果たすだけの力はつくはずだ。

◆Jから世界を熱くしてくれそうな選手
MF伊藤敦樹(23)

今シーズンの注目選手には、MF伊藤敦樹を挙げたい。

プロ1年目の昨季は先発出場をメインに36試合に出場し1得点を記録。チームの中盤を支える役割を担った。持ち前のサッカーセンスで戦術理解も高く、リカルド監督のサッカーにも順応するのが早かった。

今シーズンは中盤により厚みが出たこともあり、中央ではなくサイドでのプレー機会も増えそうだ。スーパーカップでは、左サイドハーフで先発。その後中でもプレーしたが、補完性が高いだけに状況を判断して中と外を使い分け、ボランチとしてもプレーする。

岩尾というお手本になる選手が今季は近くにいる。よりリカルドサッカーを吸収し、さらに飛躍する1年となるか注目だ。

◆注目ポイント

注目は「飛躍」の年にするという3年計画の2年目で実際に「飛躍」できるかだ。前述の通り、目標はリーグ制覇、そしてACL制覇。2つのタイトルを手にすることは、まさに「飛躍」と言えるだろう。

2017年にACL、2018年と2021年に天皇杯で優勝。2019年は3度目の優勝を目指したACLで準優勝に終わっていた。リーグ優勝は2016年が最後。その後の最高位は5位であり、リーグ戦では長らく寂しい結果に終わっている。

その中で、希望に満ちた1年を過ごして迎えた2年目、改革の途中ではあるが、一定の成果を残さなければいけない。アグレッシブに選手たちがハードワークする姿はシーズン初戦で見えた。あとはこれを継続できるか。その先には、タイトルが待っているだろう。

関連ニュース
thumb

4強決定!福岡がクラブ史上初、王者名古屋は浦和に敗れる《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝2ndレグが10日に各地で行われ、ベスト4が出揃った。 前回大会の王者である名古屋グランパスは、埼玉スタジアム2002で浦和レッズと対戦。ホームでの1stレグを1-1で終えていた中、試合は伊藤敦樹のゴールで浦和が先制。浦和はさらに伊藤が41分のCKで鮮やかなボレーシュートを突き刺し、合計スコア3-1とする。 名古屋はハーフタイムで4人交代を敢行し攻勢を強めるも、浦和も 江坂任のシュートがクロスバーを叩くなど、こちらも追加点のチャンスを感じさせる。 すると迎えた86分、敵陣左サイドでの明本考浩のインターセプトから浦和の攻撃へ。キャスパー・ユンカーとのワンツーを経て江坂に繋がると、江坂はボックス中央から左足でシュートを流し込み勝負あり。合計スコア4-1でベスト4入りを決めた。 昨年度のファイナリストであるセレッソ大阪は、川崎フロンターレとの勝負で劇的な展開に。ホームでの1stレグではアダム・ダカートの89分のゴールで1-1に持ち込んでいた中、今回はホームの声援を得る川崎Fのマルシーニョに、前半終了間際と後半立ち上がりにゴールを許してしまう。 しかし、試合終了間際に劇的な展開が。まずは90分、左サイドの山中亮輔の低弾道のクロスを、ハーフタイム明けから出場した加藤陸次樹がダイビングヘッドで押し込み1点差に。 さらにほぼラストプレーとなった96分、波状攻撃から右サイドの中原輝が入れたクロスをボックス左の西尾隆矢がゴールラインぎりぎりで折り返し、最後は山田寛が頭で押し込み同点に。 この結果、合計スコア3-3となり、アウェイゴール差でC大阪が準決勝へ。直近の横浜FM戦とは異なり、悲劇の等々力劇場となった川崎Fは、ACL、天皇杯に続きルヴァンカップも敗退となった。 8年ぶりの準決勝進出を目指す広島は、ホームでの3-1という結果を手にニッパツ三ツ沢球技場へ乗り込んだ。第1戦の勢いそのままに、開始8分でナッシム・ベン・カリファがゴールを決めると、直後には横浜FMの角田涼太朗が決定機阻止で一発退場に。 これで大量点差とともに数的優位も得た広島は、1点を返されたものの野上結貴のゴールで再び突き放し、最終的に合計スコア5-2で勝利。2連勝で4強入りした。 ベスト電器スタジアムで行われたアビスパ福岡vsヴィッセル神戸は、43分にジョン・マリのパスを受けたルキアンがゴールを決めて、福岡が先制。 合計スコア3-1となった後半は、互いのGKの好セーブも光り、試合は動かず。結局、浦和を退けた福岡がクラブ史上初のベスト4入りを果たした。 準決勝は、第1戦は9月21日、第2戦は同25日に行われる。対戦カードは以下の通り。 浦和レッズ vs セレッソ大阪 サンフレッチェ広島 vs アビスパ福岡 2022.08.10 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和が3発快勝でベスト4入り!伊藤のファインボレーなどで前年王者・名古屋を下す《ルヴァンカップ》

10日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝第2戦、浦和レッズvs名古屋グランパスが埼玉スタジアム2002で行われ、3-0で浦和が勝利。合計スコア4-1で浦和が準決勝進出を決めた。 前回大会の覇者・名古屋と2016年以来の優勝を狙う浦和の同一カード3連戦は3日の第1戦が1-1、6日の明治安田生命J1リーグ第24節では3-0と名古屋が勝利を収めていた。 浦和は負傷から戻ってきた酒井とアレクサンダー・ショルツが先発に名を連ね、名古屋は夏に加入した新戦力の永井、永木、重廣がスタメン入りを果たした。 開始早々から攻勢を強めたのは名古屋。岩波のトラップミスに乗じたマテウス・カストロがボックス左の角度のない位置から左足を一閃し、5分にも単騎勝負から左足のシュートを放つ。さらには、ボックス手前右からもミドルを見せるなど、キックオフ直後から存在感を見せた。 アグレッシブな姿勢を見せたのは名古屋だったが、チャンスを生かしたのは浦和。31分、深い位置へ足の長いボールを送り、ボックス手前左にこぼれたボールを大畑が外へはたく。松尾が右足で柔らかいクロスを入れると、ワンテンポ遅らせてゴール前へ顔を出した伊藤が高い打点ヘディングを右隅へ決めた。 これでホームチームへ流れが傾くと、モーベルグのフィニッシュで得た右CKから岩尾のキックに岩波がヘッド。ディフレクションしたボールはGKランゲラックに辛うじてかき出されたものの、41分にセットプレーから追加点を挙げる。 左CKを蹴った岩尾のストレート性のボールは、糸を引くようにファーの伊藤の左足へ。抑えの効いた完璧なボレーシュートはGKランゲラックの指先を弾いて鮮やかにゴール右隅へと吸い込まれた。 2点のビハインドを負った名古屋はハーフタイムに4枚替えを決行。再び攻勢を強めると、中盤でのボールの奪い合いを制して相馬がボックス左から狙う。さらには、森下のグラウンダーのクロスを収めた仙頭が右足を振るが、シュートはクロスバーを越えてしまう。 時間とともに焦りも見え始めるアウェイチームを後目に、70分の浦和は浮き球に反応して右のポケットを取った明本が左足のボレー。これはGKランゲラックの顔面ブロックに遭うが、72分に投入された江坂が1分後にクロスバーをたたくヘディングを放つなど、こちらも攻撃の手を緩めない。 効果的な攻撃でフィニッシュまで至る浦和は86分に大きな3点目を奪取。敵陣左サイドで明本がインターセプトして持ち上がり、ユンカーとのワンツーを使って中央へ舵を取り、横パス。受けた江坂は丸山をかわしてボックス内へ侵入すると、戻ってきた稲垣とのコンタクトにも倒れず、左足で左隅へ流し込んだ。 勝負を決める一発が決まり、名古屋の勢いもトーンダウンすると、ホームサポーターの声援を背に浦和が残りの時間をコントロールしてタイムアップ。合計スコア4-1で、ベスト4入りを決めた。 なお、浦和は準決勝でセレッソ大阪と対戦。第1戦は9月21日、第2戦は25日に行われる予定だ。 浦和レッズ 3-0(AGG:4-1) 名古屋グランパス 【浦和】 伊藤敦樹(前31、前41) 江坂任(後41) 2022.08.10 21:37 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和がSNS上での“暴力的な表現を用いた発信”に声明、「明確に非難」…警察とも連携して対応

浦和レッズは10日、SNS上での投稿についての声明を発表した。 クラブの発表によると、「SNS上にて、他のJ1クラブのサポーターの方に対する暴力的な表現を用いた発信を確認した」とのことだ。 ただ、発信されたアカウントは既に削除。また、浦和のファン・サポーターであるという情報もあるため、クラブとしてのスタンスを改めて説明した。 「スポーツは闘いですが、そこにはルールがあります。ルールある熱いサポートは、仲間との絆を深め、チームを勝利に導くと考えております」 「一方、SNS上で暴力的な表現を用いた投稿を行うという行為は「ルールある熱いサポート」には該当せず、私たち浦和レッズの理念にも反する行為であると認識しており、明確に非難いたします」 犯人の特定は現時点でできてはいないものの、警察と連携して対応しているという。 10日に行われるYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の名古屋グランパス戦は、埼玉スタジアム2002で初の声出し応援対象試合となる。浦和は、改めてルールを守ったサポートを求めた。 「本日、埼玉スタジアムで行われる試合は、浦和レッズのホームゲームとして初めて迎える、声出し応援の段階的導入運営検証対象試合となります」 「選手、チームは最後まで走り、闘い抜きますので、ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、「ルールある熱いサポート」で共に闘ってくださいますようお願いいたします」 2022.08.10 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

J通算350試合出場の永井謙佑が1G2Aの大暴れ! 名古屋が浦和にホームで完勝【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、名古屋グランパスvs浦和レッズが6日に豊田スタジアムで行われ、3-0で名古屋が勝利した。 12位の名古屋(勝ち点26)と8位の浦和(勝ち点32)が激突。両者は3日のルヴァンカップ準々決勝でも対戦しており、両レグ合わせて3連戦となる。 リーグ戦においては、前節の名古屋は北海道コンサドーレ札幌に土壇場で追いつかれ、痛恨の勝ち点逸。ここ7試合で1勝という不調に陥っている。一方の浦和は対照的に3連勝中。前節は新型コロナ蔓延で満身創痍の川崎フロンターレに3-1で快勝した。 名古屋はスタメンを前節から1人変更、浦和は5人変更して臨んだ一戦。序盤は互いにロングボールを活用した戦術をとるが、精度を欠いてなかなか攻撃には結びつかない。 そんな中、名古屋は18分にマテウスがボックス右から上げたクロスを永井がダイレクトボレー。枠には飛ばなかったが攻撃のリズムを徐々に掴むと、迎えた27分に先制に成功する。 敵陣右サイドのスローインを素早く再開し、ボールは右サイド最深部のマテウスの下へ。マテウスは対面する明本の股を抜くパスをボックス右の永井に繋げると、永井も相手の股を抜くクロスを供給。最後はゴール前に飛び込んだ重廣が押し込んだ。 浦和は35分の松崎のミドルシュートが相手ゴールを脅かしたものの、それ以外の攻撃はからっきし。不用意にロングボールを放り込めば時にカウンターの餌食となる。 前半アディショナルタイム、岩波が蹴ったロングボールを名古屋が跳ね返すと、こぼれ球を最終ラインの知念が対応ミス。その隙にボールを奪った永井が敵陣中央をドリブルで運び、最後はボックス右のマテウスが左足で丁寧に流し込んで追加点をもたらした。 後半も名古屋ペースが続く。まずは51分、永井の猛プレスでGKのミスキックを誘発し、稲垣がボックス手前でボールを奪取。ボールはボックス右のマテウスを経由して森下に渡ると、ボックス中央から左明日を振り抜いたシュートがクロスバーを直撃。まだまだ追加点の匂いを窺わせる。 すると64分、右サイドの深い位置に送ったロングボールは味方に届かなかったものの、相手が縦に繋ごうとしたパスを永井が強襲。ボールを奪った勢いでボックス右に侵入し、横パスを稲垣がシュート。これはGKに防がれたが、弾かれたボールが永井のもとへ流れ、体に当てながら押し込んだ。 その瞬間、主審はホイッスルを鳴らしハンドを主張。しかし、VARで確認した結果、腕には当たっておらず、ゴールは認められた。なお、永井はこの試合がJリーグ通算350試合目。節目の試合を自らのゴールで飾った。 その後、1ゴール2アシストと大車輪の活躍を披露した永井は仙頭との交代でお役御免。名古屋は守備に徹し、3点差を保ったまま試合をクローズ。これで長谷川健太監督と共にJ1通算250勝目となった。 名古屋 3-0 浦和 【名古屋】 重廣卓也(前27) マテウス・カストロ(前50) 永井謙佑(後19) 2022.08.06 21:04 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:名古屋vs浦和】3日ぶりの再戦、今回は決着つけられるか

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2022年8月6日(土) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(12位/26pt) vs 浦和レッズ(8位/32pt) [豊田スタジアム] ◆課題は得点力、新戦力は輝くか【名古屋グランパス】 前節は北海道コンサドーレ札幌とアウェイで対戦。リードをしていながら、アディショナルタイムに追いつかれてドローに終わった。 これで後半戦は5試合を戦い1勝1分け1敗。勝ち点が伸びず、降格圏との勝ち点差は「4」となっている状況だ。 浦和とは3日前に同じ場所で戦い、1-1のドロー。追いついて引き分けに持ち込んだわけだが、今節を足掛かりに、ルヴァンカップでも勝ち上がりたい。 夏に実力者を補強した中で、ここから巻き返せるかは正念場。チームとしての完成度をあげる必要があるが、何よりも得点力の向上が急務だろう。 前節は新戦力の永井謙佑が先発デビュー、レオナルドが途中出場を果たした。共にゴールはなかったが、今節はネットを揺らすことができるだろうか。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ◆いざ4連勝で上位への足掛かりに【浦和レッズ】 前節は満身創痍の川崎フロンターレを相手に3-1で勝利。手負いの相手にしっかりと勝利を収めることに成功した。 これでリーグ戦は3連勝。8戦無敗と勝ち点を積み上げている状況。この勢いで一気に上位に食い込んでいきたいところだ。 ただ、DFアレクサンダー・ショルツが復帰したルヴァンカップで負傷。ケガ人が戻っている中で、また軸を失うこととなってしまった。 それでも戦力は充実しているだけに、あとは継続して結果を残していけるか。チームとして戦い方には手応えがあるはずだけに、良さを出していきたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:宮本優太、岩波拓也、知念哲矢、明本考浩 MF:岩尾憲、伊藤敦樹 MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、関根貴大 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.08.06 16:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly