【J1開幕直前ガイド|浦和レッズ】6年ぶりのリーグ制覇、そして3度目のアジア制覇へ改革2年目で「飛躍」なるか

2022.02.19 10:19 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

今シーズンから18クラブに戻り、昇格・降格が従来の形に戻ることに。コロナ禍で変則的だったシーズンが、コロナ前の状態に戻ることとなる。

開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、戦力分析やシーズンの目標、注目ポイントに加え、Jリーグの開幕キャッチコピーとして発表された「#Jが世界を熱くする」にあやかり、注目選手として世界を熱くしそうな選手をピックアップした。

浦和レッズ
2021シーズン成績:6位(18勝9分け11敗)

◆戦力分析

リカルド・ロドリゲス監督が改革を始めて2シーズン目。その動きを示すかのように、期限付き移籍を含めて23名がチームを去った。そのうち半数以上の12名が完全移籍。コンスタントに試合に出場していた選手、長年チームを支えた選手など、浦和というクラブに貢献してきた選手たちが多い。

ただ、改革がスタートした昨季は明らかにこれまでの浦和とは変化した。リカルド監督のサッカーが定着するまで時間を要したが、最終的に天皇杯で優勝。そのチームを支えたのは、昨季加入した新戦力が中心だった。

今季も戦力としては各クラブの主軸を補強することに成功。DF犬飼智也(←鹿島アントラーズ)、DF知念哲矢(←FC琉球)、DF大畑歩夢(←サガン鳥栖)、DF馬渡和彰(←大宮アルディージャ)を迎えた。さらに、リカルドサッカーの申し子であるMF岩尾憲(←徳島ヴォルティス)まで獲得。その影響力はFUJIFILM SUPER CUP2022で川崎フロンターレを圧倒した。

監督のサッカーを体現できる選手たちが揃い始めた浦和。昨シーズンからの上積みを行えていることは間違いなさそうだ。

◆目標

2022シーズンのチーム目標は、リーグ制覇だ。昨季はチームの改革1年目。新たなスタイルを身につけるには時間を要したが、着実にサッカーは変化し、シーズンを追うごとに精度も上がった。その結果、最後に天皇杯というタイトルを手にした。

アジアでの戦いも復活するが、焦点はリーグ制覇だろう。昨季は6位。浮き沈みがありながらも上位グループには入った。ただ、トップの川崎Fとは差がある状況。目の前で優勝を決められた悔しさもある。その中で、上積みにプラスアルファでどこまで差を埋めていけるかだ。

もちろん出るからにはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の制覇も視野に入れる。日本勢では唯一複数優勝を経験。アジアに浦和ありと思わせるには、3度目の優勝を目指す他ない。リーグ優勝、そしてアジア制覇を果たすだけの力はつくはずだ。

◆Jから世界を熱くしてくれそうな選手
MF伊藤敦樹(23)

今シーズンの注目選手には、MF伊藤敦樹を挙げたい。

プロ1年目の昨季は先発出場をメインに36試合に出場し1得点を記録。チームの中盤を支える役割を担った。持ち前のサッカーセンスで戦術理解も高く、リカルド監督のサッカーにも順応するのが早かった。

今シーズンは中盤により厚みが出たこともあり、中央ではなくサイドでのプレー機会も増えそうだ。スーパーカップでは、左サイドハーフで先発。その後中でもプレーしたが、補完性が高いだけに状況を判断して中と外を使い分け、ボランチとしてもプレーする。

岩尾というお手本になる選手が今季は近くにいる。よりリカルドサッカーを吸収し、さらに飛躍する1年となるか注目だ。

◆注目ポイント

注目は「飛躍」の年にするという3年計画の2年目で実際に「飛躍」できるかだ。前述の通り、目標はリーグ制覇、そしてACL制覇。2つのタイトルを手にすることは、まさに「飛躍」と言えるだろう。

2017年にACL、2018年と2021年に天皇杯で優勝。2019年は3度目の優勝を目指したACLで準優勝に終わっていた。リーグ優勝は2016年が最後。その後の最高位は5位であり、リーグ戦では長らく寂しい結果に終わっている。

その中で、希望に満ちた1年を過ごして迎えた2年目、改革の途中ではあるが、一定の成果を残さなければいけない。アグレッシブに選手たちがハードワークする姿はシーズン初戦で見えた。あとはこれを継続できるか。その先には、タイトルが待っているだろう。

関連ニュース
thumb

ACL決勝のスタジアム問題を抱える浦和、経過報告と説明不足を謝罪…公式な要望書はこれまで出さず4日正式提出

浦和レッズは4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝のスタジアム使用について経過報告をした。 今シーズンのACLに出場していた浦和。集中開催となったグループステージと見事に突破すると、埼玉スタジアム2002で8月に集中開催したノックアウトステージを戦った。 ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、準々決勝でBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)を下すと、準決勝は全北現代モータース(韓国)との対戦に。延長戦にもつれ込んだ試合は、敗戦が迫っていた中でキャスパー・ユンカーが値千金の同点ゴールを決めPK戦へ。GK西川周作がPK戦では躍動し、2本をストップ。見事に決勝に駒を進めた。 決勝は2月19日と26日に行われ、浦和のホームゲームは26日の第2戦となる。しかし、そのタイミングで芝の改修工事が行われることが決まっており、埼玉スタジアム2002が使用できないという問題が生じていた。 これまでも埼玉県と交渉を進めるも使用許可が下りず、アジアサッカー連盟(AFC)へ日程変更を要求する可能性も示唆していた。 その際には、謂れのない誹謗中傷を受けるなどしていた中、4日に改めて経過を報告。説明不足により、関係各所へ大きな迷惑をかけたとして謝罪。また、公式な要望書を県に対して提出していないことを明かした。 「過去2回に渡り、本件について関係各所と鋭意調整、交渉を行っている旨を報告させていただいておりましたが、その具体的な手段に関する説明が不十分であったことから、埼玉県をはじめとした関係各所に混乱とご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます」 「具体的には、クラブから埼玉県に対しまして、工期変更の打診をさせていただいていたことは事実でございますが、代表名での公式な要望書は提出していないことの説明が不足しておりました」 「引き続き、埼玉県をはじめとした関係各所との調整、交渉に進捗がございましたら浦和レッズのホームページにて報告してまいりますが、その際の表現には最大限の注意を払ってまいります」 「このたびはご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ございませんでした」 なお、4日に改めて要望書を提出したことを発表している。 「現在ACL2022決勝 第2戦の、埼玉スタジアムでの開催を求める署名活動を行ってくださっているサポーター有志のみなさまや、ご署名いただいたみなさまをはじめとした、おもいを一つにするみなさまのお気持ちとクラブの情熱を込め、本日、埼玉県に対しまして正式に要望書を提出させていただきましたことをご報告させていただきます」 2022.10.04 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

広島が3試合ぶり白星! FK弾の満田2Gの活躍で浦和に4発快勝【明治安田J1第31節】

明治安田生命J1リーグ第31節、サンフレッチェ広島vs浦和レッズが1日にエディオンスタジアムで行われ、4-1で広島が勝利した。 まだ優勝の可能性を残す3位の広島は、中断前の2試合は川崎と名古屋相手に1敗1分けでやや足踏み。ただ、以降に行われたルヴァンカップでは福岡を下して8年ぶりの決勝進出を決めた。 対する浦和もリーグ戦ここ2試合は1分け1敗。C大阪との対戦となったルヴァンカップでは、ホームで屈辱の4失点を喫して敗退となった。 試合前には広島の佐々木のJリーグ通算250試合出場が祝福された中、先にチャンスを迎えたのはその広島。9分、左CKのこぼれ球を1カ月ぶりの出場となった茶島がミドルシュート。GK西川に弾かれたところにドウグラス・ヴィエイラが詰めたが、わずかに右に外れた。 浦和も15分にCKからチャンス到来。左から岩尾がインスイングのクロスを送ると、ファーサイドで松尾がヘディングシュート。ここは右に外れたが、今季の浦和はセットプレーから最多の22得点、かたや広島は最少の4失点というスタッツを持っている。 そんな両チームの一戦は意外な形で動き出す。22分、最終ラインでパスをつなぐ浦和に森島が猛然とプレスをかけると、ゴール前まで下がっていた岩尾のパスミスを誘発。GKへのパスが短くなったところを奪い、シュートは一度GK西川に止められたものの、粘り強くつま先で押し込んでネットを揺らした。 25分にも茶島が決定機を迎えるなど、先制点の前後で攻勢を続ける広島。浦和は相手の堅守に阻まれ、なかなかゴールに近づくことができなかったが、終盤に松尾のアシストから大久保にビッグチャンス。しかし、ボックス右から左足で放ったシュートは、GK大迫のファインセーブに遭った。 後半に入っても広島が激しいプレスで主導権を握る展開に。シュート数こそ伸びないものの、敵陣でのプレー時間を増やして攻勢を維持する。すると迎えた62分、左CKの場面でこぼれ球を茶島がミドルシュートで狙うと、相手に当たったボールがボックス右へ。ここから森島がワンタッチで素早くクロスを送り、最後は荒木が滑り込みながら追加点を挙げた。 さらに、飲水タイムを挟んだその9分後には、敵陣中央で相手のパスを奪った川村の鋭い縦パスがボックス左の満田に渡り、またも決定機に。トラップで縦に相手を躱して満田は迷わず左足一閃。強烈な一発がゴール左上に突き刺さり、ホームチームが3点目を決めた。 リーグ戦では4試合ぶりの3ゴールと気を吐く攻撃陣。一方で守護神も見せ場を作る。75分、ユンカーにボックスへの侵入を許したピンチの場面で、折り返しを受けた途中出場のリンセンのシュートを至近距離でストップ。さらにリンセンにこぼれ球を頭で押し込まれたが、大迫はここも掻き出して見せた。 千載一遇のチャンスを逃した浦和。だが、このCKで大久保がショートコーナーで右サイドからクロスを入れると、ニアでリンセンがフリックしたところを柴戸が頭でねじ込んで1点を返した。 なんとか一矢報いた浦和だが、広島はさらに強かさを見せる。83分、敵陣中央の左寄りで獲得したFKのシーン。やや距離があるためクロスが予想されたが、それを逆手にとった満田が意表を突いてシュートを選択。これにはGK西川も反応が遅れ、シュートはゴール左に決まった。 これで勝負を決めた広島は、最後はユンカーのシュートをGK大迫がきっちり決めて4-1で勝利。3試合ぶりの白星を手にした。 広島 4-1 浦和 【広島】 森島司(前22) 荒木隼人(後17) 満田誠(後26) 満田誠(後38) 【浦和】 柴戸海(後31) 2022.10.01 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第31節:広島vs浦和】タイトルのために勢い継続を、浦和はプレスに耐えられるか

【明治安田生命J1リーグ第31節】 2022年10月1日(土) 15:00キックオフ サンフレッチェ広島(3位/51pt) vs 浦和レッズ(9位/40pt) [エディオンスタジアム広島] ◆タイトル戦控える10月を良いスタートで【サンフレッチェ広島】 中断期間中はYBCルヴァンカップを戦い、見事にアビスパ福岡を下した広島。8年ぶりに決勝に進み、初のリーグカップ制覇まであと一歩となった。 天皇杯もベスト4に入っており、今月準決勝と決勝を控えている状況。カップ2冠という成功を収めるチャンスが待っている。 そしてリーグ戦。上位に居続けた結果、現在は3位に位置。消化試合が1つ多いため、簡単ではないが、逆転優勝のチャンスはゼロではない。 とはいえ状況は厳しく、今節引き分け以下に終わればほぼ消滅する状況。勝ち続けて行くしか道はない。 中断前の2試合では1分け1敗と勝ち点を落としたことも大きく響いてしまった。ただ、3位確保という現実的な目標があり、そこに向けても勝利は必要。しっかりとホームで勝ち点3を奪いたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:野上結貴、川村拓夢、野津田岳人、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ 監督:ミヒャエル・スキッベ ◆広島のプレスをどう受け流す【浦和レッズ】 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝に劇的に進んだことで勢い付きたかった浦和だったが、中断期間中はルヴァンカップでセレッソ大阪に敗れ2年連続での準決勝敗退。天皇杯もすでに敗退しており、またしてもタイトルはなくなった。 リーグ戦も上を目指すには遠く、降格もない状況。モチベーションを保つことがとても難しい中、来年に行われるACLの決勝をどう迎えるかが1つのポイントだろう。 今季は良い戦いを見せる試合もある一方で、強度の高いプレスの前にはミスが生まれ、全く良いプレーができない。そしてルヴァンカップのC大阪戦のように、焦りが生まれた結果、大敗につながることもある。 ボールを保持し、ビルドアップしながら戦いたい浦和。相手の激しさ、プレスに負けるようでは、リカルド・ロドリゲス監督のサッカーが行えているとは言えない。残り5試合、浦和たるものを見せつけ、少しでも上の順位でフィニッシュできるか。プレスに負けず、打開して行く姿を見せていきたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:岩尾憲、伊藤敦樹 MF:ダヴィド・モーベルグ、小泉佳穂、関根貴大 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.10.01 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「近くにラーメン屋があると言われた時の私」浦和ユンカーが大喜利のお題提示も…ファンからはオススメ店の紹介続々

浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーのSNSで大喜利が始まっている。 ユンカーは、普段からSNSを駆使してファンを楽しませており、大きな話題に。また、東京の池袋にあるラーメン屋『麺創房 無敵家』にも足繁く通い、450gのチャーシューがトッピングされているラーメンを食べたこともあり、ラーメン好きという一面も広く知られている。 そのユンカーは、28日に自身のSNSを更新。「近くにラーメン屋があると言われた時の私」と綴り、振り向きざまの自身の姿を投稿。その姿は確かに耳寄りな情報を耳にした時のような表情だ。 さらにユンカーは、大喜利のお題まで投稿。この時のユンカーのセリフをファンに求めている。 助っ人の茶目っ気ある投稿はファンにも反響。「それ、何系?」、「無敵家しか勝たん」、「肉は450gのってるんだろうな?」といった回答の他、ユンカーにオススメのラーメン店を紹介する声も多く寄せられている。 さらに、「日本人が好きなノリをわかってるとこ、本当に凄い」、「ユンカーのツイートほんと好き」、「大喜利やん」、「なんでこの人こんなにTwitter使うの上手いの」とユンカーのセンスに感嘆する声もたくさん上がっている。 <span class="paragraph-title">【写真】あなたなら何と言う?「近くにラーメン屋がある」と言われた時のユンカー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">友達:「近くにラーメン屋があるよ」<br><br>私: <a href="https://t.co/Ca0rIHErOJ">pic.twitter.com/Ca0rIHErOJ</a></p>&mdash; Kasper Junker (@KasperJunker) <a href="https://twitter.com/KasperJunker/status/1575063633888829440?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】イケメンで爽やかなユンカーとチャーシュードカ盛りのラーメンのギャップ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/f9Woz8whtP">pic.twitter.com/f9Woz8whtP</a></p>&mdash; Kasper Junker (@KasperJunker) <a href="https://twitter.com/KasperJunker/status/1561949904406466561?ref_src=twsrc%5Etfw">August 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.29 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和がアウェイ清水戦での違反行為のサポーターに処分…清水戦5試合入場禁止

浦和レッズは28日、サポーターの違反行為に関する処分を発表した。 違反行為があったのは、7月16日(土)にIAIスタジアム日本平で開催された明治安田生命J!リーグ第22節の清水エスパルスセントのこと。浦和サポーターが、威嚇行為と会場運営の妨害(マスク未着用で大声の発声)を行ったという。 浦和によると、行為があった当日に厳重注意と入場禁止処分を含む処分を後日科す旨の説明を行い、念書を徴取したとのことだ。 その後、処分内容を決定し、直近の処分対象試合日程を確認の上、行為者の正しい理解と深い反省を促すことを最重要視して観戦ルールの遵守徹底、再発防止に向けたコミュニケーションを図った上で、本日の発表に至ったという。 なお、処分に関しては、清水との全ての公式戦で5試合の入場禁止処分となった。 2022.09.28 20:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly