ミスが発端で議論続くJ1参入POの方式は16日に決定、原博実副チェアマン「しっかり議論すべきだとご意見をいただいた」

2022.02.08 18:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは8日、「第2回実行委員会」を実施した。

今回の実行委員会では、新型コロナウイルスに関するガイドラインの改定についての議論がなされた他、2022シーズンから3シーズンぶりに復活するJ1参入プレーオフ決定戦の試合方式についても議論がなされたという。

コロナ禍で2020シーズン、2021シーズンと2シーズンは実施されなかったJ1参入プレーオフ。しかし、2022シーズンからは復活。明治安田生命J2リーグの3位から6位のチームが戦い、勝ち抜いた1チームと明治安田生命J1リーグの16位チームが対戦するというものだ。
これまでは引き分けだった場合はJ1チームの残留というルールで90分の勝負だったものの、Jリーグが発表した大会方式は延長戦、そしてPK戦も実施し、決着をつけるというものに。過去からの方式変更が大きな話題となった。

しかし、このリリースはJリーグのミス。これまで通りの方式で実施しようと考えていたが、リリースに誤りがあり、理事会でも決議されていた。

その後、訂正し議論を重ねるとしたものの、時間がかかることに。開幕までに決定するという通達がなされていたが、16日の臨時理事会にて、最終決定することが確認された。

今回の参入プレーオフの議論の経緯についてJリーグがメディアブリーフィングで説明。過去にも行っていた議論を、改めてしている状況だとし、各クラブの様々な意見を聞いて議論をしているとした。

「きっかけとしては昨年12月の理事会で、コロナ前の大会方式で提案する予定だったところ、我々の記載ミスで違う内容になっていて、発表してしまいました」

「理事会の会見の時にご質問をいただき、そのミスが発覚したのが発端となっています」

「その後、改めて修正の決議をするかどうかというところで、クラブにも意見を聞いたところ、これを機にプレーオフの件についてはしっかり議論すべきだとご意見をいただいたので、開幕までに決めようと議論しているところです」

また、原博実Jリーグ副チェアマンもコメント。過去に何度も話し合ったものを、時間がない中で今一度精査しているという状況であり、これまで通りで行くのか、変更となるのかはまだ決定していないとした。

「過去にも議論しており、過去の昇降格枠にも関わっているので、論点を整理し、クラブの方と議論している状況です」

「我々の記載ミスで、本当であれば、PKまではなく、引き分けで終わりという形でしたが、延長・PKと記載されていて、各クラブに理事会で決定してしまいました」

「ただ、もう1度話し合おうと。開幕前までにしっかり話し合おうとしていました」

「実行委員の方も当時から変更されていたりして、2017年の自動降格3つ、そこから2.5になった時の経緯を改めて説明しました」

「2019年に湘南と徳島の試合が引き分けになり、その時も議論になりました。PKまでという案も出て、議論していたのですが、2020年の開幕までには間に合わず、2020年の1年かけて議論しようとしていたが、その後のコロナ対応で議論できなくなっていました」

「そこで、改めて議論をしていて、それぞれの立場から議論している。アンケートを取ったりしていて、最終的には理事会で決めていただくことになります。2月16日の臨時理事会でどうなるかは決定します」

過去のJ1参入プレーオフは、2度開催。2018年はジュビロ磐田が2-0で東京ヴェルディを下してJ1に残留。2019年は湘南ベルマーレと徳島ヴォルティスが引き分け、湘南がJ1に残留していた。

プレーオフを勝ち上がってきたことやJ1とJ2の舞台が違うことなどを考え、引き分けで決着するという方式には多くの意見が当時も寄せられていただけに、今回の決定はJ1昇格を目指すJ2クラブにとっては大きくシーズンを左右する重要な決定事項となる。

関連ニュース
thumb

連覇目指す横浜FMのキャプテンは今季も喜田拓也! エドゥアルド、小池龍太、水沼宏太が副キャプテン

横浜F・マリノスは2日、2023シーズンのキャプテンを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J1リーグで優勝を果たした横浜FM。今シーズンは連覇を目指すシーズンとなる。 その大事なシーズンのキャプテンは、引き続きMF喜田拓也が務めることに決定した。 また、副キャプテンには3選手が就任。DFエドゥアルド、DF小池龍太、MF水沼宏太が務めることとなる。 まずはFUJIFILM SUPER CUP 2023のヴァンフォーレ甲府戦を控える横浜FM。4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆キャプテン 喜田拓也 「何度任命されてもこのクラブでキャプテンを務める責任、重み、光栄さ、色々なものを感じます。そして横浜F・マリノスに関わるすべての人のために自分のすべてを懸けたい。そう思える仲間がいることに感謝をして、覚悟を持って務めます。行こうぜ、トリコロールの勇者たち!!」 ◆副キャプテン エドゥアルド 「信頼を得て、副キャプテンに選ばれたことをうれしく思います。横浜F・マリノスがトップにいつ続けるために全力を尽くしていきます。そのために、チームの目標を達成するために常にチームでハードワークをして龍太と宏太とともに喜田キャプテンをサポートし、チーム全体を盛り上げます。Keep fighting Marinos family!」 小池龍太 「今シーズン副キャプテンに就任しました。常に戦う姿勢でキャプテンを支え、どんな時もマリノスフットボール、その楽しさを体現できるよう、全力で努めていきます。今年もマリノスファミリー全員で戦いましょう!応援よろしくお願いします!」 水沼宏太 「今シーズンも昨シーズンに引き続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました!キャプテンを支え、昨シーズンの自分達を超えられるよう、全力を尽くします」 「今シーズンは連覇への挑戦です!マリノスファミリーみんなの気持ちを一つに、チャレンジャーとしてともに戦いましょう!よろしくお願いします!」 2023.02.02 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

柏への移籍が噂されるオランダ人FW、クラブ幹部が言及「長期契約を望んでいたがそうはならなかった」…退団に備えFW2人を補強

柏レイソルが獲得に近づいているとされる元U-21オランダ代表FWジェイ=ロイ・フロート(24)について、クラブ幹部が状況を語った。 フロートは、NECナイメーヘンのアカデミー出身。2015年7月にファーストチームに昇格すると、2017年8月にはリーズ・ユナイテッドへと完全移籍する。 その後、レンタル移籍でVVVフェンロ、フィテッセに加入。2021年2月にドイツのオスナブリュックへと完全移籍。同年7月にビボーへと完全移籍で加入した。 今シーズンのスーペルリーガ(デンマーク1部)では17試合に出場し9ゴール3アシストを記録。4試合連続ゴールで中断期間に入っており、好調を維持していた。 また、これまでエールディビジで85試合13ゴール4アシスト、スーペルリーガで33試合11ゴール3ゴールを記録しているストライカーだ。 今冬の柏への移籍が取り沙汰されるフロートに関して、ディレクターを務めるモルテン・イェンセン氏がデンマーク『Tipsbladet』でコメントした。 「彼には幾つかのオプションがある。それについては明確だ。もちろん、すぐに説明が必要であり、明確になるだろう」 「基本的には長期契約を望んでいた。残念ながら、我々はそうはならなかった。本当に彼と一緒に続けていきたいと思っていたが、選手の仕事には様々なプローチもあり、ここの選手のために計画を立てて育てているクラブだと理解している」 「彼らはここで我々と共に成長するという考えであり、彼はそれを行い、幾つかのチャンスを切り拓いた」 「彼に関してはとても嬉しく思っている。従って、より大きな文脈で取り上げなければいけない評価がいくつかある」 フロートの移籍に備え、ビボーは移籍期限の1月31日にポルトガル人FWパウリーニョ、ブラジル人FWヘナト・ジュニオールを獲得。フロートの退団は迫っているようだ。 2023.02.02 10:53 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグの役割/六川亨の日本サッカーの歩み

残念なことだが、カタールW杯で2ゴールの堂安律も、ブライトンでチームをEL圏内に導きそうな三笘薫も、そしてCLの可能性が高い久保建英も、今冬の移籍はなくなった。 しかし、それはそれでいいことではないだろうか。まずは現在のチームでしっかりと結果を残すことを優先するべきだと思うからだ。三笘が次に行くだろうチームはアーセナルやマンチェスター・シティなどであり、久保も同様にリーガ・エスパニョーラならレアルかバルサしかないだろう。 5大リーグに視野を広げても、バイエルンやパリSGなど優勝争いをしているチームしか考えられない。とはいえ、いま現在移籍してもレギュラーの保証はない。ここはじっくりと腰を据えて、自分自身の価値を高める方が得策だろう。 そんな海外の話のあとで恐縮だが、昨日はJリーグの理事会が開催され、来シーズンのJ1リーグ優勝チームの賞金が2億5千万円、ACL出場チームには1億円、J2リーグ優勝チームには1億円の賞金が出されることが発表された。 当たったことはないものの、サッカーくじでさえ7~8億円の賞金の時代に、優勝チームの賞金が3億円にも満たないことに正直驚いた。野々村チェアマンの「5~6倍にしたい」というのは偽らざる本音だろう。とはいえ、原資がなければ「ない袖は振れない」のも事実である。 そこで一つの提案だ。JFA(日本サッカー協会)は文京区本郷にある自社ビルを売却して飯田橋に移転する。売却益は50億円近くになるだろう。同時にJリーグは大手町の明治安田生命保険へと移転する。元々Jリーグとしては、JFAハウスの「家賃が高い」ことがネックになっていたので、お互いにウインウインの関係になれるだろう。 で本題である。Jリーグの会見でも広報の方以外に多くの方々がズーム会見に出席していた。それぞれ役割があるのだろうが、同じことはJFAにも当てはまるのではないだろうか。組織の肥大化である。実際、誰がなんの役割をしているのか、すべてを把握している人がいるのだろうか。 Jクラブはスリム化を求められているものの、本体はどうなのか。ちょっと立ち止まって考えてもいいような気がしてならない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2023.02.01 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「ある意味禁断の組み合わせ」」宮崎キャンプ中のFC東京をジャイアンツの大物が視察「すげぇーけど」「不思議な画だわ…」

意外過ぎる人物がキャンプ中のFC東京を見学に訪れた。 沖縄県での一次キャンプを終え、一時本拠地へと帰還後に1月31日から宮崎県での二次キャンプに臨んでいるFC東京。1日のトレーニングには日本プロ野球界の大物が見学に訪れたようだ。 顔を見せたのは読売ジャイアンツのファーム総監督を務める桑田真澄氏。黒地にオレンジの「G」が入った馴染みの姿で目を光らせている。 読売ジャイアンツも宮崎県で1日からキャンプを行っており、練習グラウンドが隣だったとのこと。「桑田さん、いい人」、「宮崎だとこういう事が起こるのね」との驚きの声のほか、「ヴェルディ的にどうなの」、「すげぇーけど讀賣笑」、「なんでやねん笑」、「ある意味禁断の組み合わせ」、「不思議な画だわ…」などのコメントも寄せられた。 冗談交じりの声も上がっているが、昨季は森重真人が東京ドームでの読売ジャイアンツvs東京ヤクルトスワローズの始球式に参加するなどの交流実績もある。 各チームは、東京をホームタウンとする14のスポーツチーム‧団体が協力しあい、新たな価値を生み出すプロジェクト「TOKYO UNITE」にも参加している。 「両チーム好きのわい、歓喜」、「野球とサッカーで共通するトレーニングもあるだろうし、桑田さんにとっても良き時間になったのかな?」のような声もあるように、今後もジャンルや競技の垣根を越えた様々な取り組みに期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】FC東京のキャンプ見学に訪れた桑田真澄氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/2023%E5%AE%AE%E5%B4%8Ecamp?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2023宮崎camp</a> <br><br>本日のトレーニングを隣のグランドで練習をしている <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%84?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#読売ジャイアンツ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A1%91%E7%94%B0%E7%9C%9F%E6%BE%84?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#桑田真澄</a> ファーム総監督が見学をしてくださっていました<a href="https://twitter.com/TokyoGiants?ref_src=twsrc%5Etfw">@TokyoGiants</a> <a href="https://twitter.com/tokyo_unite?ref_src=twsrc%5Etfw">@tokyo_unite</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyounite?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyounite</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fctokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fctokyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyo</a> <a href="https://t.co/nF06WnDdTD">pic.twitter.com/nF06WnDdTD</a></p>&mdash; FC東京【公式】 #東京が熱狂 (@fctokyoofficial) <a href="https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1620726232018206720?ref_src=twsrc%5Etfw">February 1, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

背番号は「99」、京都がFWイスマイラと契約更新「チャンピオンになるために共に頑張りましょう」

京都サンガF.C.は1日、ナイジェリア人FWイスマイラ(24)との契約更新を発表した。 イスマイラは、2019年4月に福島ユナイテッドFCに加入。Jリーグに挑戦すると、J3で66試合に出場し25得点を記録。2021年7月に京都へと完全移籍で加入した。 京都ではJ2で16試合3得点を記録すると、自身初となったJ1の舞台で10試合に出場も無得点。YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で4試合に出場し2得点を記録していた。 イスマイラはクラブを通じてコメントしている。 「チームに合流することができて嬉しいです。チャンピオンになるために共に頑張りましょう」 2023.02.01 19:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly