今治がギニアビサウ人FWバルデマールの退団を発表

2022.01.27 19:34 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC今治は27日、ギニアビサウ人FWバルデマール・アウグスト・ティー(24)の退団を発表した。

ギニアビサウ共和国出身のバルデマールは身長188cmのFWで、ポルトガル3部のアモラFCから加入。背番号は「11」をつけていた。

2021シーズンの明治安田生命J3リーグでは、16試合に出場し4得点を記録していたが、退団が決定した。

バルデマールはクラブを通じてコメントしている。

「まず最初に神に感謝したいです。それとみんなと一緒にやれる機会をくれた岡田会長、スタッフ、関わってくれた全ての人たちに感謝したいです」

「自分の為にやって下さった事や、関わってくれた事を一生忘れません。本当に全てにおいて感謝しています。正直言葉で表せれないぐらいです」

「多くとの事を学ばさせて頂きました。選手としてだけではなく1人の人間としても。ファンやサポーターたちの事も忘れません。シーズンを通して応援して頂きありがとうございました」

「ありがとうFC今治、これからも頑張って下さい。応援しています!行こうFC今治!」


関連ニュース
thumb

柏から期限付き移籍中の今治GK滝本晴彦が右ヒザ前十字じん帯損傷で手術…全治は6カ月以上

FC今治は26日、GK滝本晴彦の負傷を発表した。 クラブの発表によると、滝本は4月6日のトレーニングで負傷。右ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、近日中に手術を行う予定とのことだ。 なお、術後の全治は6カ月以上と見られている。 柏レイソルの下部組織育ちの瀧本は2016年にトップチーム昇格。今シーズンは期限付き移籍で今治に加入し、明治安田生命J3リーグで4試合に出場していた。 2022.05.26 10:42 Thu
twitterfacebook
thumb

GK負傷により例外補強、J3今治がC大阪のGK茂木秀を育成型期限付き移籍で獲得…今季は水戸で5試合に出場

FC今治は26日、セレッソ大阪のGK茂木秀(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 背番号は「21」。期限付き移籍期間は2022年5月26日から2023年1月31日までとなる。 なお、今回の期限付き移籍GK選手の負傷に伴う、登録ウインドーの適用例外に関する申請に。GK滝本晴彦が今季絶望となる重傷を負っていた。 茂木は桐光学園高校から2017年にC大阪へと入団。2021年はFC町田ゼルビア、今シーズンは水戸ホーリーホックへ期限付き移籍していた。 今シーズンは水戸で明治安田生命J2リーグで5試合に出場していた。 茂木はクラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「FC今治のみなさん、はじめまして。水戸ホーリーホックから加入することになりました茂木秀です」 「僕自身強い覚悟を持ってきたのでそれをチームに還元できれば嬉しく思います。J2昇格へ向けて共に戦いましょう!」 ◆水戸ホーリーホック 「シーズン途中ではありますが、FC今治に移籍することになりました。僕自身もっと成長するために今回の決断に至りました」 「水戸ホーリーホックにはたくさんのいい経験をさせてもらい、本当に好きなクラブになりました。またいつかプレーできる日を楽しみにしています」 「チームは今波にのっていてJ1昇格が見えてきていると思うので、是非J1へいけるように応援しています!」 「水戸ホーリーホックのファン・サポーターの皆さん、短い間でしたが温かい声援、サポートありがとうございました」 ◆セレッソ大阪 「水戸ホーリーホックからFC今治へ移籍することになりました。成長する姿を見せたいと思うのでこれからも応援よろしくお願いします」 2022.05.26 10:25 Thu
twitterfacebook
thumb

J3今治が清水FW千葉寛汰を育成型期限付き移籍で獲得「誰よりもゴールに貪欲な姿勢を見てください」

FC今治は23日、清水エスパルスのFW千葉寛汰(18)の育成型期限付き移籍加入を発表した。 移籍期間は2022年5月24日から2023年1月31日までとなり、背番号は「30」をつける。 千葉は静岡県静岡市出身で、ジュニアユースから清水の下部組織に所属。U-16、U-18日本代表や、U-19、U-20日本代表候補にも選ばれていた。 今シーズンからトップチームに昇格すると、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。 千葉は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「FC今治サポーターの皆さんはじめまして。清水エスパルスから来ました千葉寛汰です。自分を必要としてくれたFC今治のために全身全霊をかけて闘います」 「誰よりもゴールに貪欲な姿勢を見てください。たくさんのゴールを決めてチームを勝たせられるように頑張ります!宜しくお願いします」 ◆清水エスパルス 「自分のことを応援していただいた、全ての皆さんの期待に応えることができず申し訳ありません。今の自分には、試合に継続して出場することが成長に繋がる必要なことだと思い、移籍を決断しました。頑張ってきます!」 2022.05.23 11:29 Mon
twitterfacebook
thumb

髙原直泰出場の沖縄SVが今治に下剋上! 松本、福島などその他J3勢は勝ち上がり《天皇杯》

21日、第102回天皇杯1回戦の9試合が各地で行われた。 前田俊介監督率いる沖縄SVはFC今治と対戦。前半のアディショナルタイムに中川風希のゴールで先制を許したものの、後半セットプレーを中心に一挙4点を奪っての逆転勝利を収めた。また、元日本代表FWの髙原直泰も65分からピッチに立っている。 松本山雅FCは石川県代表の北陸大学と対戦。榎本樹、田中パウロ淳一のゴールで2点を先行したが、前半のうちに1点を返されると、59分にも失点を喫する。だが、直後に田中パウロの得点で再び勝ち越すと、そのまま逃げ切り。3-2で勝利を収め、苦しみながらも次のステージへ駒を進めた。 福島ユナイテッドは初出場のノースアジア大学と顔を合わせた。開始1分に高橋潤哉が大量点の口火を切ると、前半だけでハットトリックを達成し、計4点を奪取。7-1の圧勝で、秋田県代表を退けている。 中京大学と対戦したFC岐阜は追い掛ける展開を余儀なくされた。15分に先制を許すと、39分に石津大介の得点で追い付いたものの、66分に再びリードを奪われる。だが、75分にオウンゴールで再度試合を振り出しに戻すと、84分に途中出場のンドカ・チャールスが決めて勝負あり。逆転勝利で2回戦進出を果たしている。 その他の結果は以下の通り。 ◆1回戦 ▽5月21日(土) [1]札幌大学(北海道代表) 1-0 山梨学院大学PEGASUS(山梨県代表) [2]ヴェルフェ矢板(栃木県代表) 7-0 長井クラブ(山形県代表) [3]松本山雅FC 3-2 北陸大学(石川県代表) [4]FC今治 1-4 沖縄SV(沖縄県代表) [8]FC岐阜 3-2 中京大学(愛知県代表) [11]アルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表) 2-4 関西大学(大阪府代表) [22]福島ユナイテッドFC 7-1 ノースアジア大学(秋田県代表) [23]ホンダロックSC(宮崎県代表) 3-0 マリーゴールド熊本(熊本県代表) [24]ソニー仙台FC(宮城県代表) 3-1 東京国際大学FC(埼玉県代表) ▽5月22日(日) [5]上武大学(群馬県代表) vs 富士大学(岩手県代表) [6]鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州 [7]ヴァンラーレ八戸 vs 新潟医療福祉大学(新潟県代表) [9]MD長崎(長崎県代表) vs FC神楽しまね(島根県代表) [10]福井ユナイテッドFC(福井県代表) vs 同志社大学(京都府代表) [12]奈良クラブ(奈良県代表) vs Honda FC(アマチュアシード) [13]鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県代表) vs Cento Cuore HARIMA(兵庫県代表) [14]高松大学(香川県代表) vs 周南公立大学(山口県代表) [15]Brew KASHIMA(佐賀県代表) vs 高知ユナイテッドSC(高知県代表) [16]ガイナーレ鳥取 vs ヴェルスパ大分(大分県代表) [17]桐蔭横浜大学(神奈川県代表) vs 立正大学(東京都代表) [18]MIOびわこ滋賀(滋賀県代表) vs 環太平洋大学(岡山県代表) [19]カターレ富山 vs 藤枝MYFC [20]筑波大学(茨城県代表) vs ブリオベッカ浦安(千葉県代表) [21]福山シティFC(広島県代表) vs FC徳島(徳島県代表) 2022.05.21 15:24 Sat
twitterfacebook
thumb

J3今治のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性、選手・スタッフ4名が濃厚接触疑い

FC今治は20日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手・スタッフの4名が濃厚接触疑いとなったとのことだ。 なお、濃厚接触疑いの選手には、体調不良や発熱などはなく、隔離されているという。 なお、今治は21日に天皇杯1回戦が予定されており、沖縄SVと対戦。当日に抗原検査を実施し、陰性となった者がエントリーされる。 2022.05.20 19:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly