リヨン、DFマルセロと契約解除…不適切行為でシーズン序盤でリザーブ送りに

2022.01.26 20:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンは26日、ブラジル人DFマルセロ(34)と双方合意のもとで契約解除に至ったことを発表した。

母国サントスでプロキャリアをスタートしたマルセロは、ヴィスワ・クラクフ、PSV、ハノーファー、ベシクタシュを経て2017年にリヨンへ加入。頼れるディフェンスリーダーとして、昨季もリーグ戦34試合に出場するなど主力として活躍し、昨年3月には2023年まで契約を延長していた。

今季もリーグ・アン開幕から2試合でフル出場していたが、第2節のアンジェ戦でGKへのパスミスでオウンゴールを記録すると、試合後のドレッシングルームではチームメイトに対して不適切な態度があったとして、リザーブ送りにされていた。

結局、その後トップチームに戻ることなく、この度契約解除に。クラブでの通算成績は167試合8ゴール2アシストだった。

関連ニュース
thumb

ブラジル代表MFパケタが凧揚げ中に左手を負傷、手術実施も「問題ない」

リヨンのブラジル代表MFルーカス・パケタが、凧揚げ中に負傷したようだ。 現在オフシーズン中につきバカンスを過ごしているパケタ。日本代表とも対戦した今月のインターナショナルマッチウィークを終え、来るシーズンに向けて英気を養っているところだ。 しかし、そんなパケタに予想外の事故が起きた。凧揚げを楽しんでいたところ、誤って左手の指を切ってしまったようだ。SNSで包帯をしっかり巻いた痛々しい姿を見せているが、本人曰く「大したことない」とのこと。ただ、今後に支障が出ないように小さな手術を実施するという。 リヨンで2年目を迎えた今季のパケタは、リーグ・アンで35試合に出場し9ゴール6アシストを記録。11月に開幕するカタール・ワールドカップに向けて、新シーズンのアピールに期待だ。 <span class="paragraph-title">【写真】左手に包帯を巻いた笑顔のパケタ</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Relembrar brincadeiras de criança também tem suas consequencias. Fui soltar pipa hoje e cortei o dedo. Tá tudo bem, mas pra evitar qualquer problema de movimentação no futuro, amanhã farei uma pequena cirurgia. Mas tá tudo bem. Bota no alto e me corta <a href="https://t.co/mfnwfP5chP">pic.twitter.com/mfnwfP5chP</a></p>&mdash; Lucas Paquetá (@LucasPaqueta97) <a href="https://twitter.com/LucasPaqueta97/status/1539780421357109248?ref_src=twsrc%5Etfw">June 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.23 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨン、カーンからU-20フランス代表MFルペナンを獲得!

リヨンは22日、カーンに所属するU-20フランス代表MFヨハン・ルペナン(19)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 2017年にUSグランヴィルからカーンの下部組織に加入したルペナンは、2019年に16歳でプロ契約を締結。2020年9月にトップチームデビューを飾ると、これまで2シーズンで公式戦56試合に出場した。 ハードワークと読みの良さで高いポテンシャルを持つセントラルMFのルペナンは、世代別代表で主力を担ってきたフランス期待の若手。2019年に開催されたFIFA U-17ワールドカップやU-17欧州選手権にも出場。直近では5月末から行われていたモーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)にU-20フランス代表として参加し、優勝に貢献していた。 なお、リヨンによれば移籍金は425万ユーロ(約6億円)の基本金に、最大675万ユーロ(約9億7300万円)まで上昇するボーナスが付随。さらに将来的なリセール時の移籍金10%をカーンに支払う契約になっているという。 2022.06.23 07:10 Thu
twitterfacebook
thumb

元フランス代表FWジュリ氏が23年半ぶりにリヨンに復帰!FW陣のテクニカルコーチに就任

リヨンは22日、リュドヴィク・ジュリ氏(45)がトップチームのテクニカルコーチに就任したことを発表した。契約期間は2年間で、7月2日からチームに合流するとのことだ。 23年半ぶりに古巣への復帰が決まったジュリ氏は、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「リヨンに戻ってくること出来てとても光栄だよ。クラブが私のことを考え、このような責任を与えてくれたことは、素晴らしいジェスチャーだと思っている。自分らしさを大切にし、クラブの価値観を尊重しながら、常に良いムードで仕事ができるようにしたいと思うよ。ピッチに戻りたいという気持ちもありましたが、学ぶためにここにいるんだ」 リヨンの下部組織で育ったジュリ氏は、1994年にトップチームデビュー。その後、モナコやバルセロナ、ローマ、パリ・サンジェルマン(PSG)といったクラブでプレーし、2016年に現役を引退した。 引退後は古巣モナコのクラブアンバサダーに就任すると、2019年9月から2020年7月までモナコBのアシスタントマネージャーを歴任。その後はフリーとなっていた。 2022.06.22 23:50 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨン、アメリカ人実業家テクストル氏による買収が決定…C・パレスやボタフォゴも保有

リヨンは20日、アメリカの実業家ジョン・テクストル氏との独占交渉に入り、同氏が経営する『Eagle Football Holdings』がクラブの筆頭株主となることを発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 リヨンでは1987年以来、ジャン=ミシェル・オラス会長が率いる『OLグループ』がクラブの経営を担ってきた。 しかし、ここ最近になってクラブ身売りの可能性が取り沙汰されると、直近では元リバプールオーナーのジョージ・ジレット氏の息子であるアメリカ人実業家フォスター・ジレット氏による買収が決定的と報じられたが、最終的に同氏が資金を調達することができず、破談となっていた。 そういった中、もう一人の候補に挙がっていたテクストル氏は、資産価値が8億ユーロ(約1137億円)とも伝えられるリヨンの買収交渉を完了させた。 テクストル氏は、クラブの株式の約40%を保有していた『Pathé』社と『IDG』社の株式及び、オラス家が保有する一部の株式を取得。現時点で66.5%を保有することになり、今後は保有率が最大で88.55%に上昇する可能性もあるという。 なお、今回の買収によって筆頭株主から少数株主となったオラス会長だが、今後3年間はクラブ会長職を継続するという。また、同会長がこれまでクラブを運営してきた『OLグループ』は、すべての利害関係者の臨時総会の承認を待つ間、8600万ユーロ(約122億円)の資本増強が認められるようだ。 フランス屈指の名門の新オーナーとなるテクストル氏は、スポーツ中心のOTTストリーミング企業である『fuboTV, Inc.』の元CEOで、2016年にアメリカ『Forbes』によって「ハリウッドのバーチャルリアリティの第一人者」として紹介されたこともある実業家だ。 また、フットボール界との関わりではプレミアリーグのクリスタル・パレスの共同オーナー、ブラジルのボタフォゴやベルギーのRWDモレンベークのオーナーでもある。 先日にチェルシーが売りに出された際には、ジョシュ・ハリス氏、デイビッド・ブリッツァー氏と共に買収を試みていた。 2022.06.21 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

人気博す南野拓実の争奪戦、リヨンに続きアタランタも名乗り!?

リバプールの日本代表FW南野拓実(27)を巡る獲得レースにアタランタも参戦しているようだ。 リバプール入りから3シーズンを過ごして、限定的な出番が続き、今夏の移籍が取り沙汰される南野。リバプールでは全くと言って良いほど、レギュラーポジションに迫れることすらできていないが、今季もカップ戦を中心に公式戦10得点と存在感を示し、複数クラブが視線を注ぐ人気株の様相を呈している。 これまでレッドブル・ザルツブルク時代の恩師であるジェシー・マーシュ監督のリーズ・ユナイテッドをはじめ、ウォルバーハンプトン、サウサンプトンといったプレミアリーグ勢のほか、インテルとラツィオのセリエA勢にリーグ・アンのモナコからの関心が騒がれ、つい先日にリヨンの名も浮上している。 だが、南野に対する関心はそれだけにとどまらないという。イギリスの地元紙『リバプール・エコー』によると、リヨンにプラスして、近年のセリエAで躍進続くアタランタも獲得に興味を示している様子。現時点でモナコが移籍先の最有力だが、選手の代理人はヨーロッパの複数クラブと交渉中とのことだ。 なお、リバプールは2020年1月に移籍金725万ポンド(現レートで約11億9000万円)を投じて南野を獲得。今夏、獲得希望クラブに1700万ポンド(約28億円)の移籍金を要求しているといわれる。 2022.06.19 08:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly