3年半ぶりイタリア代表招集のバロテッリ、トルコでの充実語る

2022.01.25 16:08 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トルコのアダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリが、イタリア代表招集を受けてコメントを残している。イタリア『メディアセット』が伝えた。

カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選でグループ2位となり、プレーオフに回ることになったイタリア代表。そのプレーオフが3月末に控える中、イタリアサッカー協会(FIGC)は先日、26日から28日にかけて行われる強化合宿に向けた35名の選手を発表した。

その中で特に注目となったのが、2018年9月以来の代表入りを果たしたバロテッリだ。同選手は昨夏にアダナ・デミルスポルに加入し、ここまでリーグ戦19試合で8ゴール3アシストを記録。年始には新型コロナウイルスに感染しフィットネスが懸念されていたが、トルコで復調の兆しを見せる愛弟子にロベルト・マンチーニ監督がチャンスを与えた。

まだ代表候補という段階だが、それでもバロテッリはトルコでの成績が評価されたことに満足しているようだ。

「体調は問題ないし、トルコに行ったおかげで気分も良い。あそこでは気持ちよくプレーしているよ」

「イタリア代表にはW杯に行って欲しい。その資格がある。俺にはなぜ彼らがプレーオフに回ることになったのか理解できない」

「代表に呼ばれることは常に素晴らしいことだ。31歳だが俺はまだ若く、あの場所に戻りたいと思っていた」

「普通のことだ。代表入りしない方がアブノーマルだ」


関連ニュース
thumb

「アッズーリに別れを告げたい」キエッリーニがイタリア代表からの引退を明言、6月のアルゼンチン戦がラストに

ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)が、イタリア代表からの引退を発表した。 25日、ユベントスはセリエA第34節でサッスオーロと対戦。ジャコモ・ラスパドーリのゴールで先制を許すも、パウロ・ディバラのゴールで前半のうちに追いつくと、88分にはモイゼ・ケアンが値千金の逆転ゴール。1-2で勝利を収めた。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保のために4位を守ったユベントス。この試合途中出場を果たしたキエッリーニは、試合後にイタリア『DAZN』のインタビューでイタリア代表のキャリアを終えることを明かした。 「ウェンブリーで代表チームに別れを告げる。ここで、ユーロ優勝というキャリアの頂点を体験した」 「素晴らしい思い出とともに、アッズーリに別れを告げたいと思う。それは確実に、僕のイタリア代表としての最後の試合になるだろう」 イタリア代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃し、2大会連続での予選敗退と失意を味わうことに。キャプテンとして戦い、通算116試合8ゴールを記録しているキエッリーニだが、ユーロ2020の優勝を果たしたウェンブリー・スタジアムで6月に予定されているアルゼンチン代表戦が、ラストマッチになると明かした。 一方でクラブキャリアについては、イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで言及し、まだ考えていないとコメント。まずはセリエAで4位を死守することと、コッパ・イタリアで優勝することを目指し、その後にゆっくりと考えたいと明かした。 「ユベントスとの恋愛は終わりではない。それは決して終わらない。愛はとても強く、僕に限らず、彼らもそうだろう。それは決して終わらないと思う」 「もちろん、今からシーズンの終わりまで、僕は全てを評価しなければいけないし、何がベストなのかを家族と話さなければいけない」 「まずは4位になること。そしてコッパ・イタリアの優勝だ。それから、僕の2つの家族。自宅と、ユベントスでみんなにとって何がベストなのかを考えよう」 「去年の夏もそうだったけど、時間をかけて、ユーロが終わるまで新契約にサインをしなかった。この歳になると、あまり先のことは考えられない。それは当然のことであり、問題はない」 「僕が幸せで、リラックスしていて、チームメイトと一緒に楽しみ続けたいと思っていることを、みんなが理解してくれることを願っている。そうすれば理解できるだろう」 キエッリーニは、リヴォルノの下部組織からファーストチームに昇格。2004年7月にフィオレンティーナへと移籍し飛躍すると、2005年7月にユベントスへと完全移籍。当初は左サイドバックなどを務めたが、のちにCBに定着。3バック、4バックともにプレーするなど高い守備戦術の理解度を持ち、ユベントスではこれまで公式戦557試合に出場し36ゴール24アシストを記録。セリエAでは通算427試合に出場し27ゴール23アシストを記録していた。 <span class="paragraph-title">【写真】キエッリーニがキャリアを相談したいファミリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CC0vtzaIRVj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CC0vtzaIRVj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CC0vtzaIRVj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">carolina bonistalli(@carolinabonistalli)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.04.26 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

昨季41ゴールの新記録樹立したレヴァンドフスキが「ローレウス・アカデミー偉業達成賞」を受賞、ユーロ制覇のイタリア代表も「年間最優秀チーム賞」を受賞

世界40か国以上でスポーツを通じた社会貢献活動に取り組んでいるローレウス(本部:ロンドン、設立:2000年)は、2022年4月24日(現地時間)に「ローレウス世界スポーツ賞2022」の全13部門の受賞者を発表した。 サッカー界からは、イタリア代表とバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが受賞している。 日本からは、最優秀アクションスポーツ選手部門として東京オリンピックのスケートボード競技で金メダルを獲得した堀米雄斗、西矢椛がノミネート。また、最優秀障害者選手部門には東京パラリンピックにも車椅子テニスとして出場した国枝慎吾らがノミネートされていたが、受賞はならなかった。 イタリア代表は、「年間最優秀チーム賞」を受賞。2021年に行われたユーロ2020での優勝が受賞の大きな理由となった。 ローレウスは、「ロベルト・マンチーニ監督の下、ジョルジョ・キエッリーニがキャプテンを務めるイタリア代表は、イングランドとPK戦の末、チーム史上2度目となる欧州選手権優勝を果たした。欧州選手権を制覇するまで34試合連続の無敗記録、ボヌッチ、ドンナルンマ、スピナッツォーラ、ジョルジーニョ、キエーザの5選手が、大会ベストイレブンに選出された」と説明。イタリア代表は、ドイツ・ワールドカップを制した2006年に続き2度目の受賞となる。 また、レヴァンドフスキは「ローレウス・アカデミー偉業達成賞」を受賞した。 ローレウスは「バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)でプレーするレヴァンドフスキは、2021年5月、2020/21シーズン最終節の試合時間残り僅か数分というところで、ゴールを決め、ブンデスリーガ41得点目を記録した」とし、「1971/72シーズンにゲルト・ミュラーが打ち立てた1シーズン40得点というリーグ記録を更新した功績が評価をされました」と、受賞理由を説明した。 レヴァンドフスキは、今回の受賞にコメントしている。 「この賞をいただき、ローレウス・アカデミーの皆様に感謝いたします。世界中のスポーツ界の素晴らしい人々、アスリート、レジェンドたちに認められ、評価していただけたことは、非常に大きな意味があります」 「アスリートとして、一人の人間として、本当に特別な意義を感じます。プロスポーツはただ楽しいだけではなく、大きな情熱と喜びをもたらしてくれるものです」 「そして、成功には責任が伴います。ネルソン・マンデラ氏は『スポーツには世界を変える力がある』と言いました。特に、ウクライナで罪のない人々が命を落としている今、このメッセージを思い出し、声をあげましょう。平和なくして、スポーツは存在しません」 <span class="paragraph-title">【写真】トロフィーを手にして喜びのレヴァンドフスキ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/laureus220425_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/laureus220425_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/laureus220425_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/laureus220425_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.04.25 13:37 Mon
twitterfacebook
thumb

9カ月ぶり復帰迫るスピナッツォーラが意気込む 「ユーロ優勝よりも素晴らしいことに挑戦したい」

ローマのイタリア代表DFレオナルド・スピナッツォーラが、9カ月ぶりの実戦復帰に向けて意気込みを語った。イタリア『tuttomercatoweb』が伝えている。 昨年7月に開催されたユーロ2020でアッズーリの優勝に貢献したスピナッツォーラだが、準々決勝のベルギー代表戦で左足アキレス腱を断裂する重傷を負っていた。 負傷後すぐに手術を受けた同選手は、1カ月後にはリハビリをスタートさせた。しかし、当初12月中の復帰も期待されたが、リハビリ中に幾度か問題が生じ、実戦復帰は予定通りに進まず。それでも、今月に入ってチーム練習に参加できるまでに状態が上がってきた同選手は、10日にホームで行われたセリエA第32節のサレルニターナ戦で今季初めてベンチメンバー入りしていた。 そして、近日中の実戦復帰が迫る中、自身が契約を結ぶエージェンシーの公開イベントの場で意気込みを語っている。 「気分はいいよ。この数カ月は本当に大変だったけど、家族を頼ればいいと思っていたんだ。いつものように、すべてが過ぎ去っていくんだってね」 「振り返ってみると、たくさんの努力と、たくさんの素晴らしいものが自分を成長させてくれた」 「将来を見据えるなら、フットボールでもっとたくさんのことをしたいね。ユーロで優勝するよりも、もっと素晴らしいこと、難しいことにチャレンジしていきたい」 2022.04.12 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

2大会連続W杯出場を逃したイタリア、カンナバーロ氏は危機感 「すべての分野で遅れをとっている」

元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏が同代表や母国の現状に危機感を抱いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 イタリアは3月に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ準決勝で、北マケドニア代表相手に30本以上のシュートを放ちながら1点も奪えず、0-1で敗北。これによりプレーオフ敗退となったイタリアは2018年のロシアW杯に続き2大会連続で本大会出場を逃す結果となった。 『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたカンナバーロ氏は母国の現状について危機感を抱くべきだと強調。セリエAも含め、全体的に進歩が必要だと訴えた。 「イタリアがW杯のような重要な大会に出場できないとき、誰かの名前が新聞に載るのは当然だ。私はイタリアの元選手であり、キャプテンだったが、実際のところ、(代表監督就任のオファー)などの話は何もなかった。代表でうまくやった証でもあるから、リンクされていること自体は嬉しかったが、そうした話はない」 「私が怖いのは、イタリアのW杯不出場がまるで普通のように扱われ、人々が諦めているように見えることだ」 「今のシステムは機能していない。イタリアのクラブが参加する欧州カップ戦でも代表でも進歩がなく、何かを変える必要があるだろう」 「(セリエAのタイトル争いについても)誰もこの優勝を望んでいないように見えるから、不思議な気持ちになる。クオリティの飛躍について考えると、いつも少し足りないんだ」 「考えられるすべての分野で、我々は遅れをとっている。ポルトガル対トルコ、イタリア対北マケドニアを見ただけでも、スタジアムの差は歴然としていた」 「このままでは他国がもっと速く進み、自分たちが一番ではなくなったことにも気づかないままだ。目を覚まして、何かをしなければならない」 2022.04.12 13:01 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリアのW杯プレーオフ敗退に落胆のバロテッリ「本当に酷い気分」もマンチーニ監督続投には喜び「俺はまだ彼を愛している」

アダナ・デミルスポルのイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、母国のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ敗退を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 イタリアは24日に行われたカタールW杯欧州予選プレーオフ準決勝で、北マケドニア代表相手に多くのチャンスを作りながら得点を奪えずにいると、後半アディショナルタイムに失点を許し0-1で敗戦。この結果、2018年に行われたロシアW杯に続き2大会連続でW杯本大会出場を逃すことになった。 W杯プレーオフでは代表招集の噂もありながら結局選外となったバロテッリは、インタビューでイタリアのプレーオフ敗退に落胆。ロベルト・マンチーニ監督に恨みはないとしつつ、自分を選んでくれていればゴールを奪える可能性はあったと語った。 「イタリアの敗戦は皆を傷つけたと思う。俺も本当に酷い気分だった。それは、北マケドニア戦で招集されなかったことだけが原因じゃない。12月にW杯があり、そこで代表に復帰する可能性も俺にはあったんだ。扉が閉ざされていたわけではなかったから、重要な機会を逃したと思っている。もちろん、イタリアがW杯に出られないのが本当に辛い」 「チームが負けると、俺がいないのが寂しいと言われるようになる。試合前は誰もそう思っていなかったし、終わってからそれを言うのは簡単なことさ。北マケドニア戦では多くのチャンスがあり、俺はゴール前でとても良い選手だ。だが、ああいう試合ではあれこれ選手を投入しても勝てなかっただろう。マリオがいたら勝てたというわけでもないさ。ゴールを決める良いチャンスはあっただろうがね…」 「マンチーニから連絡はないが、俺はまだ彼を愛している。彼が残ってくれるのはとても嬉しいね。彼はユーロを制覇した監督だ。素晴らしい仕事をしており、俺は彼がアズーリのベンチに残り続けることを嬉しく思っている」 2022.03.31 12:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly