後半戦突入のプレミア、ファーディナンド氏が降格候補を予想「ニューカッスルは抜け出すと思うが…」

2022.01.25 15:18 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、今季プレミアリーグから降格するクラブを予想している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

プレミアリーグは新型コロナウイルスの感染拡大による試合延期が相次いだ影響で、各クラブの消化試合に差があるものの、現時点でいまだ勝ち点20に達していない16位エバートン(勝ち点19)、17位ノリッジ(勝ち点16)、18位ニューカッスル(勝ち点15)、19位ワトフォード(勝ち点14)、20位バーンリー(勝ち点12)は、残留争いに巻き込まれることが濃厚になっている。

ファーディナンド氏は自身のYouTubeチャンネル『Vibe with Five』で、今季降格する3クラブはこの5チームのいずれかになるだろうと予測。そのうえで、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収されたニューカッスルは残留するだろうとし、ノリッジ、ワトフォード、バーンリーの降格を予想した。

「ニューカッスルは残留して夏に大きな仕事をすると思う。彼らは大金を手にした他のチームと比べても、より綿密で戦略的だ。あまりガツガツとはしていないように見える」

「ノリッジがリーグで連勝する前、私は彼らが降格するのはほぼ確実だろうと考えていた。その後、彼らは突如として存在感を示したが、このインターナショナルマッチウィークによる中断で勢いを失うだろう」

「今のところ下位5チームとそれ以外では大きく差があると思う。私はバーンリー、ワトフォード、そしてノリッジが降格に巻き込まれると思っているよ」

「ニューカッスルは残留争いから抜け出すはずだ。この移籍市場でもう1人か2人、インパクトのある選手が加わるだろうしね」


関連ニュース
thumb

ニューカッスルが生え抜きのロングスタッフ兄弟の兄・シェーンと3年契約を締結「忘れられない1日」

ニューカッスルは25日、イングランド人MFシェーン・ロングスタッフ(24)との契約延長を発表した。 新たに3年間の契約にサインしたとのこと。2025年6月30日までの契約となる。 ロングスタッフは、ニューカッスルのアカデミー出身。キルマーノックやブラックプールへのレンタル移籍を経験すると、2019年1月にファーストチームへと正式に昇格した。 ロングスタッフ兄弟の兄としても知られ、これまでニューカッスルでは95試合に出場し5ゴール5アシストを記録。今シーズンもプレミアリーグで24試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 今シーズンで契約が切れる予定だったが、これからもクラブに残ることとなった。 ロングスタッフはクラブを通じてコメントしている。 「とても幸せだよ。僕の故郷のクラブで、さらに3年間の契約にサインすることは、特にクラブの状況やオーナーの意向を考えると、僕や家族にとっては本当に特別なことだ。決して忘れられない1日となる」 「学び、改善し続けるために、適切な場所にいる必要がある。そして、新しい監督が来た最初の日以来、僕は彼と一緒に働くことが常に大好きだった」 2022.05.26 00:23 Thu
twitterfacebook
thumb

劇的勝利のリーズが逆転残留!18位に後退したバーンリーが2部に降格《プレミアリーグ》

プレミアリーグ最終節の10試合が各地で行われた。 降格圏の18位に沈むリーズ・ユナイテッド(勝ち点35)は、アウェイで11位ブレントフォード(勝ち点46)と対戦し2-1で勝利した。 立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、リーズは19分に決定機。バイタルエリアでボールを受けたハリソンがボックス手前からラストパスを送ると、ゴール前に抜け出したゲルハルトがゴールネットを揺らしたが、ここはVARのレビューの結果惜しくもオフサイドの判定となった。 ゴールレスで迎えた後半、リーズは立ち上がりの55分にチャンスを迎える。相手GKのミスパスをボックス手前でカットしたハフィーニャがゴール前まで切り込むと、飛び出したGKに倒されてPKを獲得。これをハフィーニャがゴール右に決め、リーズが先制した。 その後、78分にS・カノスのゴールで1点を返されたリーズだったが、81分にS・カノスが2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。 数的優位を得たリーズだが、1-1のまま後半アディショナルタイムに突入。このままドロー決着濃厚と見られた中、最後の最後にドラマが生まれる。94分、左CKのクリアボールをペナルティアーク左手前に走りこんだハリソンが左足のダイレクトシュートで合わせると、これがゴール左隅に突き刺さった。 結局、これが決勝点となりリーズが2-1で6試合ぶりの白星を飾った。 一方、得失点差で辛くも残留圏の17位に位置するバーンリー(勝ち点35)は、ホームで12位ニューカッスルと対戦。試合は17分、左CKに対して飛び出したGKのパンチングが逆サイドに流れると、これに反応したコリンズがロングスタッフの前で右手に当てると、VARの末にハンドが認められ、ニューカッスルがPKを獲得。これをウィルソンがゴール右に難なく決めた。 1点のビハインドで後半を迎えたバーンリーは、60分にもボックス左から侵入したサン=マクシマンのクロスをウィルソンに流し込まれ、追加点を許す。 その後、バーンリーは69分にM・コルネのゴールで1点を返したが、反撃はここまで。試合はそのまま1-2でニューカッスルが勝利。 この結果、17位に浮上したリーズの残留が決定。バーンリー、ワトフォード、ノリッジの3クラブが来季チャンピオンシップ(イングランド2部)へ降格することとなった。 2022.05.23 02:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの2ndGKヘンダーソン、ニューカッスルにレンタルへ

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(25)のニューカッスル移籍がまもなく決まる模様だ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 昨季にシェフィールド・ユナイテッドでの2年間の武者修行から復帰しトップチームに定着したヘンダーソン。その初年度の終盤こそ出番を増やしたが、今季は新型コロナウイルス感染などで出遅れると、近年の不振ぶりから一転して復調したスペイン代表GKダビド・デ・ヘアに付け入る隙のない状況となってしまった。 今季はプレミアリーグでの出場は一度もなく、このまま控えに甘んじるつもりのない25歳は、夏に新天地を求めるようだ。伝えられるところによると、同選手は18日に交渉のためニューカッスル入り。シーズンローンに向けた話し合いが行われたという。 今冬の移籍市場でもヘンダーソンの獲得に動いたニューカッスル。だが、トレード要員になることを嫌ったGKマルティン・ドゥブラフカが拒否したため実現しなかった経緯がある。また、同じタイミングでアヤックスもローンでの獲得を試みたが、来季からユナイテッドを指揮するエリク・テン・ハグ監督はデ・ヘアを正GKと見ているようだ。 なお、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は完全移籍の可能性も除外されていないと主張。ただ、ユナイテッドは4000万ポンドの(約63億8000万円)の移籍金を求めているとのことで、仮にニューカッスルが満額支払った場合、昨夏にアーセナルが3000万ポンド(現レートで約49億4000万円)を投じて獲得したイングランド代表GKアーロン・ラムズデールを上回り、イギリス人GK史上最高額の選手になる。 2022.05.20 16:03 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のダルウィン・ヌニェス、マンチェスター・ユナイテッドとニューカッスルのオファーを拒否

ベンフィカで活躍するウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス(22)の去就が注目されている。 母国の強豪ペニャロール出身のヌニェスは、2019年夏にアルメリアに移籍し欧州上陸。その1年目にラ・リーガ2部で30試合16ゴールの活躍を披露し、2020年夏に2400万ユーロの移籍金でベンフィカに加入した。 187cmの身長に巧みなドリブル、ゴールへの嗅覚を武器とする万能型センターFWのヌニェスは、新天地でも公式戦44試合で14ゴール12アシストと、初年度としては上々の結果を残す。だが、今シーズンはさらに覚醒。リーグ戦では28試合で26ゴール、自身初のチャンピオンズリーグでも10試合で6ゴールを挙げるなど、公式戦41試合で34ゴールという圧巻の成績を残した。 この活躍には当然ビッグクラブが注目。マンチェスター・シティやバルセロナ、バイエルンなど錚々たるクラブの関心が伝えられる中、1月にはイギリス『スカイ・スポーツ』が、ウェストハムが金銭面でベンフィカと合意していると報じていた。 ただ、フランス『RMC Sport』に勤めるロイク・タンジ記者によると、ヌニェスはチャンピオンズリーグに出られるクラブへの移籍を求めている模様。この理由から、マンチェスタ・ユナイテッドやニューカッスルからのオファーには断りを入れたと伝えられている。 なお、現状ではパリ・サンジェルマンが22歳の争奪戦をリードしているとのこと。この夏注目の一人となりそうだ。 2022.05.20 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

前オーナーの意向で6年間外に…ニューカッスル本拠地に“レジェンド”シアラー氏の銅像が帰還!

ニューカッスルのスタジアムにクラブレジェンドであるアラン・シアラー氏の銅像が帰ってきた。イギリス『クロニクル・ライブ』が伝えている。 プレミアリーグが発足した1992-93シーズンから活躍していたシアラー氏は、1996年にニューカッスルへと移籍。いきなり31試合で25ゴールを記録し、ブラックバーン時代に続いて3年連続の得点王に輝いた。その後もゴールを量産し続け、積み上げたプレミアリーグでの通算ゴール数は「260」。ニューカッスル時代だけでも148ゴールを記録していた。 ニューカッスルはその功績を称え、シアラー氏の銅像を本拠地セント・ジェームズ・パークに設立。しかし、前オーナーのマイク・アシュリー氏はこれを許さず、その銅像はおよそ6年にわたってスタジアムの外に置かれていた。 多くの人がそのことを忘れかけていた中、2021年に流れが変わる出来事が。サウジアラビアの政府系ファンドであるPIFによるクラブ買収が完了し、14年続いたマイク・アシュリー前オーナーによる政権が終わりを迎えたのだ。 その際、シアラー氏も自身のツイッターで「Yesssssssss!我々は再び恐れずに希望を抱くことができる」とツイートしており、自身を蔑ろにしていたオーナーの退任に、喜びを爆発させていた。 シアラー氏の銅像は5月に入っておよそ6年ぶりにセント・ジェームズ・パークへと帰還。現在はサー・ボビー・ロブソン氏の銅像の隣に配置。2つの銅像を製作したトム・メイリー氏は、偉大な2人が並ぶ光景に喜びを口にしている。 「とても満足だ。かなり大変な作業でしたが、本来あるべき姿の彼を見ることができ、とても素敵な気分だ」 「今、初めてボビーが後ろにいる映像を見ているけど、本当に素敵で、これで一件落着だよ。まず最初に私は彼をここに置くことを選んだ。彼をここに置くことを提案したとき、オーナーたちは背中を押してくれたんだ」 <span class="paragraph-title">【写真】セント・ジェームズ・パークへと帰還したシアラー像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Where he belongs.<br><br> <a href="https://t.co/LsMayUVYFq">pic.twitter.com/LsMayUVYFq</a></p>&mdash; Newcastle United FC (@NUFC) <a href="https://twitter.com/NUFC/status/1526522768317206529?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.20 06:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly