39歳DF秋本倫孝が現役引退…甲府、京都、富山、藤枝でプレー「今後は指導者を」

2022.01.23 12:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
藤枝MYFCは23日、DF秋本倫孝(39)の現役引退を発表した。

秋本は静岡県出身で、清水商業高(現:清水桜が丘高校)から法政大学へと進学。2005年にヴァンフォーレ甲府に入団し、プロキャリアをスタートさせた。

セレクションを経ての入団となった秋本は、昇格を争うクラブでシーズン終盤にレギュラーとなると、見事にチームはJ1へ昇格。しかし、2006年にオーバーワーク症候群と診断され戦線を離脱も復帰する。

甲府では2010年まで在籍し、レギュラーとしてプレー。2011年に京都サンガF.C.へと完全移籍した。

京都でもコンスタントに出場機会を得ると、2014年にカターレ富山へと移籍。すると2015年にタイのタイ・ホンダFCへと完全移籍。4年間をタイで過ごすと、2019年に藤枝へと加入した。

藤枝でもレギュラーとしてプレーしていたが、2021年は明治安田生命J3リーグで1試合の出場に終わり、そのまま現役引退となった。

J1通算45試合4得点、J2通算216試合24得点、J3通算54試合3得点、リーグカップ通算11試合1得点を記録。天皇杯では18試合に出場していた。

秋本はクラブを通じてコメントしている。

「2021シーズンをもちまして、現役を引退することを決めました。プロサッカー選手として39歳までプレーできたのは、これまで指導していただいた指導者の方々、チームメイト、ファン・サポーターの皆様の支えがあったからです。改めて感謝申し上げます」

「プロ1年目、ヴァンフォーレ甲府で初めて試合に出た時は、視野が半径1メートルくらいしかなくてすごく緊張していました笑」

「でも大木さん、安間さんにプロとしての基礎を教わり、1年目の最後にはJ1を勝ち取る試合に出ることができました!」

「京都サンガでは元日の天皇杯決勝で出場停止と脳震盪のダブルパンチで試合に出られず準優勝でしたが、中山博貴が先制点取ってくれてとても嬉しかったのを覚えています!」

「カターレ富山ではチームをJ3に落としてしまったにも関わらず、何度もあたたかく迎えて応援してくれたサポーターの姿は今でも忘れられません」

「藤枝MYFCでは、生まれ故郷の静岡でプレーさせていただき、親族や友人にも試合を観てもらえたことは、自分の中でかけがえのないものとなりました」

「ここに全てのことは書ききれませんが、大学卒業からこれまでの17年間をこうして振り返ってみると、出会いに恵まれ、自分らしいサッカー人生を送ることができたと改めて感じています」

「最後にここまで大きな怪我もなく、丈夫に産んでくれ栄養を考えたご飯を食べさせてくれた両親に感謝いたします。ほんとありがと!!」

「今後は指導者を目指していきたいと思っています。これまでお世話になった偉大な指導者から比べればまだまだ未熟者ですが、少しでもサッカー界に貢献できるように頑張ります!今までありがとうございました!」

関連ニュース
thumb

上位の鹿児島と藤枝が揃って白星【明治安田J3第27節】

1日、明治安田生命J3リーグ第27節の2試合が行われた。 J2昇格、ひいては逆転優勝を目指す3位の藤枝は、ホームに最下位のYS横浜を迎えた。YS横浜は前節に藤枝のライバルである松本を下している油断できない相手だが、今回は藤枝が力の差を見せつける一戦となった。 まずは16分、相手の最終ライン間の横パスを渡邊がカットし、そのままあっさり先制ゴールを決める。その後も押し気味に試合を進めたが、36分に落とし穴。神田にボックス手前からミドルシュートを決められ、同点とされる。 それでも後半は一方的な展開に。立ち上がりに渡邊がGKに倒されて得たPkを横山が決めて再び勝ち越すと、その後も渡邊や杉田がゴールに迫る。そして66分には、久保のアシストから横山がこの日2点目。 これで2点差とした藤枝は、その6分後に柄本がボックス左角から見事なコントロールショットを右上に突き刺し勝負あり。暫定で首位いわきとの差を2ポイントに縮めている。 一方、藤枝と同じ目標を持つ2位の鹿児島は、7位の長野をホームで迎え撃った。前節は鳥取相手にクラブワーストタイ記録となる6失点大敗を喫したが、今節は見事に快勝を収めることに。 序盤から攻勢に出ながらも相手GKの好プレーもあり、なかなかネットを揺らせない鹿児島。それでも迎えた44分、右サイドの木出の正確なクロスを米澤がダイビングヘッドで合わせて先制して試合を折り返した。 後半も鹿児島のペースでスタートしたが、長野が相手の猛攻をしのいでカウンターに出ると、味方のロングボールをボックス右で収めた藤森がカットインからゴールを射止めて同点に。ここからはアウェイチームがポゼッションで盛り返していく。 互いに選手交代を図る中、勝ち越し点を決めたのは鹿児島だった。75分のFKのシーン、木村が左サイドからインスイングのクロスを送ると、ファーに流れたボールを小野寺が押し込んだ。さらにその8分後、同じく左サイドのFKで木村が今度はニアへのクロスを選択。これを米澤が頭で合わせてリードを2点に広げた。 後半アディショナルタイムには薩川がダメ押しのゴールを決めた鹿児島が4-1で勝利。しっかりと2位をキープしている。 ◆明治安田生命J3リーグ第27節 ▽10/1(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝4</span>-1YS横浜 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿児島4</span>-1長野 ▽10/2(日) 八戸vs愛媛 いわきvs讃岐 沼津vs松本 今治vs鳥取 富山vs相模原 岐阜vs福島 北九州vs宮崎 2022.10.01 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

これぞJリーグ、6万世帯の断水続く静岡市に静岡のクラブが団結! 沼津、藤枝、清水が水など物資の支援に動く

これがJリーグが築き上げてきた理念の表れと言えるのかもしれない。 台風15号の影響で、静岡県静岡市では6万世帯以上が断水状態に。不急の目処が立っていない。 26日には静岡県が自衛隊に災害派遣要請を行い、流木の撤去などを要請している状況だ。 そんな中、同じ静岡県に本拠地を置くクラブが動きを見せていた。 静岡県東部に本拠地を置くアスルクラロ沼と、静岡市の西側にある藤枝市を本拠地とする藤枝MYFCが立ち上がった。 沼津は「緊急募集 被災地へ向けた救援物資「水」を集めています」とし、26日の18時までに未開封の水を救援物資として届けることを決定。ファン・サポーターにクラブハウスへと持ってきてもらうように協力を呼びかけた。 また、藤枝も水に限らず支援物資の募集を訴え、クラブの事務所へ持ち寄ってもらうことを訴えていた。 そんな中、藤枝は18時半にクラブのツイッターを更新。集まった物資を静岡市に届けるために出発することを伝え、協力に感謝した。 なお、沼津は27日に物資を運ぶという。 また、被害を受けている清水エスパルスも市民のためにと動き、株式会社ジャパネットウォーターから飲用水を提供してもらったとのこと。ウォーターサーバー用のボトル(9.5L)を約2500本用意。一世帯あたり1本となるが、配布が決定した。 なお、27日(火)の16時からIAIスタジアム日本平で配布を行うという。車がない方も、代理での受け取りが可能とのこと。静岡市清水区在住で被災されている方にとっては、大きな助けとなることは間違いない。 <span class="paragraph-title">【写真】藤枝MYFCが支援物資を静岡市へ配達</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">急なお願いにも関わらずご協力いただいた皆様、ありがとうございます。<br>本日便 出発いたします。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%97%A4%E6%9E%9DMYFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#藤枝MYFC</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8F%B0%E9%A2%A815%E5%8F%B7%E8%A2%AB%E5%AE%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#台風15号被害</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%9D%99%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#静岡</a> <a href="https://t.co/26OFgUIVfB">pic.twitter.com/26OFgUIVfB</a></p>&mdash; 藤枝MYFC (@fujiedamyfc_pr) <a href="https://twitter.com/fujiedamyfc_pr/status/1574330903706619904?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.26 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

2位・鹿児島は鳥取に6失点大敗…辛勝の藤枝が昇格圏肉薄【明治安田J3第26節】

24日、明治安田生命J3リーグ第26節の2試合が各地で行われた。 上位3チームが勝ち点「1」差にひしめくなか、2位の鹿児島ユナイテッドFCは14位・ガイナーレ鳥取と敵地で対戦。思いがけないスコアとなった。 鳥取は前半に澤上竜二が2ゴールを挙げ、リードを奪って試合を折り返すと、後半開始早々の51分には見事なパスワークから石井光輝が追加点を奪取。直後には田村亮介が加点すると、65分には田口裕也、86分には石川大地が豪快な一撃を沈め、守ってもクリーンシートを達成して6-0の大勝でゲームを終えた。直近のホーム4戦では16得点無失点と、本拠地で好調を保っている。 一方の鹿児島はクラブワーストタイ記録の失点に。昇格レースの真っ只中で得失点差においても痛手を被り、順位を1つ落としてしまった。 ニンジニアスタジアムでは7位・愛媛FCと4位・藤枝MYFCが激突。ゴールレスで前半を終えると、チャンスを作りながらも枠やGK徳重健太の好セーブに遭っていた藤枝が72分にようやく均衡を破る。 ボックス手前右から鈴木惇が強烈な左足の一撃を見舞うと、GKが弾いたボールを渡邉りょうがコントロールから頭で押し込む。鈴木大誠のクリアも間に合わず、先制点を奪った。 ビハインドを負った愛媛も反撃に出るも、松田力のシュートはクロスバー、三原秀真のヘディングは左ポストと、運にも見放されて最後までゴールを割れず。 藤枝が中2日の連戦の中で大きな1勝を挙げ、松本山雅FC、鹿児島に勝ち点「1」差と迫った。 ◆明治安田生命J3リーグ第26節 ▽9/24(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ガイナーレ鳥取 6</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 藤枝MYFC</span> ▽9/25(日) 《13:00》 いわきFC vs FC岐阜 《14:00》 SC相模原 vs ヴァンラーレ八戸 カマタマーレ讃岐 vs カターレ富山 テゲバジャーロ宮崎 vs FC今治 《15:00》 福島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州 松本山雅FC vs Y.S.C.C.横浜 《18:00》 AC長野パルセイロ vs アスルクラロ沼津 2022.09.24 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

開始8分でDOGSO、80分以上数的不利の藤枝が決定機作るも沼津とゴールレスドロー【明治安田J3第20節/延期分】

21日、明治安田生命J3リーグ第20節延期分のアスルクラロ沼津vs藤枝MYFCが愛鷹広域公園多目的競技場で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 台風の影響で8月13日に開催予定だった試合が延期となった試合。“静岡ダービー”は施設の関係でデーゲームとなった。 望月一仁監督が正式に監督就任となり前節8試合ぶりに勝利した沼津。対する藤枝は昇格を懸けて戦う中、5連戦中の4戦目。3連勝で勢い乗ったままダービーを迎えた。 試合は8分、沼津はロングボールに対して染矢一樹が抜け出そうとすると、追いかけた川島將が倒してファウル。これがDOGSOを取られ一発退場となった。 早々に数的不利になった藤枝。1トップに入った今夏沼津から移籍した渡邉りょうが積極的にシュートを放っていく。 29分には、その渡邉がルーズになった相手のパスを奪うとボックス内に持ち込み自らシュート。枠を捉えるが、GKがわずかにふれ、左ポストに嫌われてゴールとはならない。 34分にも藤枝がチャンス。右CKを鈴木惇がクロスではなく直接狙うがGK武者大夢がセーブする。 ゴールレスで迎えた後半も立ち上がりにチャンスを作ったのは藤枝。46分、ロングボールを拾った横山暁之がボックス内で相手をかわしてシュートも、GK武者が立ちはだかる。 72分にも藤枝。左サイドでのFKから横山がゴール前にクロス。これに渡邉がヘッドで合わせるが、またしてもGK武者がセーブする。 数的不利ながらも圧倒する藤枝は80分にカウンター。榎本啓吾が自陣でボールを奪うと、そのまま持ち出しスルーパス。最後は途中出場の松村航希がボックス内でシュートも、GK武者がビッグセーブで対抗する。 シュート数こそ放っているものの、決定的なシーンを作れていない沼津は85分に右サイドでのFKからチャンス。最後は鬼島和希が流れたボールをシュートも枠外。結局互いにゴールを奪えず、0-0のゴールレスドローに終わった。 ◆明治安田生命J3リーグ第20節 ▽9月21日 アスルクラロ沼津 0-0 藤枝MYFC ▽8月13日 カマタマーレ讃岐 1-1 テゲバジャーロ宮崎 ヴァンラーレ八戸 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">5 いわきFC</span> ▽8月14日 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 1</span>-0 FC岐阜 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">Y.S.C.C.横浜 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ 1</span>-0 カターレ富山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">愛媛FC 7</span>-2 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 4</span>-2 松本山雅FC ▽8月30日 SC相模原 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 福島ユナイテッドFC</span> 2022.09.21 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

首位いわきが11試合ぶり敗戦、松本勝利でトップ3は再びの大混戦に【明治安田J3第25節】

17日から18日にかけて明治安田生命J3リーグ第25節の7試合が各地で行われた。 ありがとうサービス.夢スタジアムでは、首位・いわきFCと7位・FC今治が対戦した。 いわき攻勢の展開ながらも互いにチャンスを作り、今治はパク・スビンが決定機を迎えるも、GK坂田大樹が好セーブ。対するいわきは日高大のミドルがディフレクションしてクロスバーに嫌われた。 ゴールレスで迎えた後半、均衡を破ったのは今治。50分、カウンターへ転じると、左サイドの中盤でうまく相手と入れ替わった中川風希が持ち運び、グラウンダーのクロスを送る。ボックス内でインディオがゴールを背にした状態からつま先でフリックし、駆け上がってきた三門雄大が右足を一閃。強烈な一撃がGKの手を弾いてネットを揺らした。 いわきは終盤に猛攻仕掛けるも最後までゴールを奪えず。三門の加入後初ゴールを守り切った今治が3試合ぶりの勝利で6位に浮上し、昇格戦線を伺っている。 一方のいわきは11試合ぶりの黒星。首位の座は変わらずも、後続との差を詰められることとなった。 3位・松本山雅FCはホームに13位・ガイナーレ鳥取を迎えた。前半に小松蓮、ルカオのゴールで2点を先行すると、後半に1点を返されながらも逃げ切り勝ち。5連勝で暫定ながらも2位に順位を上げている。 15位・SC相模原と対戦した5位・藤枝MYFCは、藤枝が久保藤次郎のゴールで11分に先制するも、35分に秋山貴嗣が退場処分に。ただ、数的不利となったものの、残りの時間を耐えしのぎ、3連勝で順位を1つ上げた。 望月一仁暫定監督の正式就任が決定した14位・アスルクラロ沼津は、4位・カターレ富山を退けて8試合ぶりの勝利を収めた。 また、8位・AC長野パルセイロと、10位・福島ユナイテッドFCの一戦は、長野星輝のゴールで福島が勝利。17位・ヴァンラーレ八戸は9位・FC岐阜を下し、4試合ぶりの白星を手にしている。 ◆明治安田生命J3リーグ第25節 ▽9/17(土) Y.S.C.C.横浜 0-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 カターレ富山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 3</span>-1 FC岐阜 ▽9/18(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-1 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 1</span>-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 1</span>-0 いわきFC AC長野パルセイロ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 福島ユナイテッドFC</span> ▽9/19(月・祝) 鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州 ※台風14号の影響で中止 テゲバジャーロ宮崎 vs 愛媛FC 2022.09.18 20:13 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly