柏の長身FWペドロ・ハウル、今季は母国へレンタルか

2022.01.22 13:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルに所属するブラジル人FWペドロ・ハウル(25)が、母国クラブへと移籍することになるようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。

かつてボタフォゴで元日本代表FW本田圭佑とも同僚だった身長192cmのペドロ・ハウルは、2020シーズンまで在籍したケニア代表FWマイケル・オルンガ(現アル・ドゥハイル)に代わる新たな主砲として期待された。

しかし、2021シーズンは公式戦11試合の出番しかなく、明治安田生命J1リーグでも8試合のプレーで3得点にとどまると、9月にはメキシコのフアレスへと期限付き移籍していた。

メキシコのリーガMXでは7試合に出場し2ゴール1アシスト。レンタル期間が終了したため柏に戻ることになる。

2024年まで契約を残すペドロ・ハウルだが、2022シーズンもレンタル移籍が濃厚。その先は、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAの ゴイアスとのことだ。

『グローボ』によれば、すでにメディカルチェックを済ませており、クラブ間で合意に至っているとのこと。ゴイアスのグラウバー・ラモス監督もコメントした。

「ペドロ・ハウルについて、パウロ・ロジェリオ会長と話をした。我々はストライカーについて話、彼はそのうちの1人だった」

「我々がセリエAにいる場合にのみ、彼を連れてくることができると会長が言っていたことを覚えている。彼が来てくれれば、我々を大きく助ける選手となるだろう」

これまでセリエAでは25試合に出場し7ゴール1アシストを記録しているペドロ・ハウル。新天地はゴイアスとなるだろうか。


関連ニュース
thumb

柏、昇格1年目DF田中隼人とプロA契約 「日々成長していきます」

柏レイソルは24日、DF田中隼人(18)とのプロA契約締結を発表した。 田中は柏アカデミー出身のセンターバックで、今季からトップチームに正式昇格。すべてJリーグYBCルヴァンカップでのプレーだが、2種登録選手だった昨季も含め、ここまで6試合に出場して、プロC契約からA契約の変更条件となる450分以上の公式戦出場をクリアした。 今季もここまでルヴァンカップ3試合に出場して、プロA契約を勝ち獲った田中はクラブ公式サイトで喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「プロA契約を締結でき、とても嬉しく思います。ですが、自分自身チームに何も貢献できていないと感じています。レイソルを代表する選手になる為、日々成長していきます。これからも応援よろしくお願いします」 2022.05.24 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

柏、欠場続くドウグラスの左ヒザ手術を報告…全治3カ月の見込み

柏レイソルは23日、欠場が続くFWドウグラスの手術を報告した。 クラブによると、左ヒザの半月板損傷および軟骨損傷の治療のための手術で、全治期間として3カ月を要する見込みだ。 ヴィッセル神戸から加入初年度の今季は明治安田生命J1リーグ開幕から4試合に先発。第2節で初ゴールを記録している。 2022.05.23 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

柏がVARに泣く…後半ATの幻ゴールでFC東京とドロー【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、FC東京vs柏レイソルが21日に味の素スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 7位のFC東京(勝ち点18)と4位の柏レイソル(勝ち点20)による一戦。5月に入って調子が上がらないFC東京は、前節もジュビロ磐田に敗戦し、3連敗を喫した。その3試合は2得点8失点と内容も芳しくなく、今節は思い切ってスタメンを5人変更している。 対する柏は、5月最初のサンフレッチェ広島戦で3連敗に歯止めをかけたものの、ここ2試合は無得点の1分け1敗と、FC東京同様に攻撃陣が湿っている。だがこちらは、スタメン変更は前節から1人。キム・スンギュに代わって佐々木が起用された。キム・スンギュはベンチからも外れている。 試合は開始3分、ホームのFC東京が相手のミスを突く形でチャンスを迎える。高い位置でボールを奪い、アダイウトンからパスを受けた阿部がボックス中央からシュート。しかし、ここは今季リーグ戦初先発の佐々木の好セーブに遭う。 一方の柏も10分、ゴール前からのロングフィードが細谷に渡り一気にゴール前へ。しかし、トラップの直前に木本のスライディングタックルを見舞われ転倒。木本の足はボールに触れていなかったが、主審はノーファウルと判断した。 カウンターを主体とする両チームの一戦は、ここまでのポゼッションではFC東京が6割超えを記録し優勢。しかし、効果的な攻撃を見せる柏は20分、マテウス・サヴィオが敵陣中央からゴール前にスルーパスを送ると、右からダイアゴナルに進入してきた細谷がワンタッチでシュート。決定機だったが、ここはGKヤクブ・スウォビィクに阻まれた。 互いに得意な形からゴールに迫った中、35分にはFC東京のアダイウトンがディエゴ・オリヴェイラとのパス交換からシュートへ。ボックス左角から思い切りよく狙ったシュートだったが、わずかに枠の左へ。柏も44分に小屋松がボックス右から左足で狙うも、DFにブロックされて、試合はゴールレスで折り返すことに。 後半に入って先にチャンスを作ったのはアウェイの柏。59分、敵陣中央でFKを得ると、やや離れた位置だったがマテウス・サヴィオが右足で直接狙う。左にカーブのかかった強烈なシュートは上手く壁を越えるも、惜しくもクロスバー直撃。こぼれ球に反応した小屋松のシュートも外れ、先制には至らなかった。 肝を冷やしたFC東京は、59分に長友と紺野を下げて中村と渡邊を投入。すると67分に渡邊にシュートシーン。クロスのこぼれ球を拾い、ボックス中央から狙ったが、クロスバーを越えてしまった。 ここから攻勢を強めたいFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラを下げて永井をピッチへ。73分にその永井は、小川の足の長いスルーパスに反応しボックス左へ侵入。右足で流し込みにかかったが、GK佐々木のファインセーブに遭った。 ホームチームはさらに77分、相手のクリアボールを敵陣で奪い返し、アダイウトンがボックス手前左から右足を強振。これがクロスバーに当たり、惜しい場面を立て続けに迎える。 速攻を得意とするチーム同士による一戦は、次第にオープンな展開に。そして90分、柏にビッグチャンスが訪れる。右CKの場面で三丸が左足でクロスを上げると、ゴール前で上島と途中出場の森が同時に反応。ボールは森に当たったのちに上島にも当たりゴールイン。柏が土壇場でネットを揺らした。 しかし、VARで確認した結果、上島のハンドでゴールは取り消しに。その後は互いにゴールは生まれず、0-0の引き分けに終わった。 FC東京 0-0 柏レイソル 2022.05.21 17:27 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:FC東京vs柏】互いに目指すはボール奪取からのカウンター、ネットを揺らすのは!?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 15:00キックオフ FC東京(7位/18pt) vs 柏レイソル(4位/20pt) [味の素スタジアム] ◆3連敗ストップへ【FC東京】 前節はアウェイでのジュビロ磐田戦。相手の戦いに苦しみながらも追いついたが、最後にやられて2-1で敗戦。これでリーグ戦3連敗となった。 国立競技場でG大阪に勝利してからというもの、チームは低迷。この3試合では2得点8失点と、完全に守備が不安定な状態に陥り、攻撃陣も再び湿ってしまっている。 決してチャンスがないわけではないが、歯車が噛み合っていない状況が続いており、ピッチ内でのリズムが非常に悪く感じるところだ。 その点では、負傷から森重真人が復帰。守備ラインの安定感は格段に増すだろう。良い守備から良い攻撃へ。その言葉を体現する絶好の機会が訪れた。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:長友佑都、木本恭生、森重真人、小川諒也 MF:安部柊斗、青木拓矢、松木玖生 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロ 監督:アルベル ◆カウンターをカウンターで仕留めろ【柏レイソル】 前節はクラブ創設30周年マッチと銘打ってガンバ大阪を迎えたが、0-1で敗戦。2試合勝利から遠ざかる痛い結果となった。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップも京都サンガF.C.をホームに迎えたが、0-1で敗戦。グループステージ突破が見えていた中での敗退となってしまった。 リーグ戦は4位と上位に位置しているが、このままズルズルと下がっていくのは避けたいところだ。 強度の高いプレスを掛け、そのままショートカウンターと行きたい反面、FC東京にひっくり返されることだけは避けなければいけない。慎重かつ大胆にプレーできるのか。あとは公式戦3試合連続無得点の攻撃陣が奮起できるかに期待だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:キム・スンギュ DF:高橋祐治、上島拓巳、古賀太陽 MF:大南拓磨、椎橋慧也、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、戸嶋祥郎 FW:細谷真大、小屋松知哉 監督:ネルシーニョ 2022.05.21 10:17 Sat
twitterfacebook
thumb

指揮官の采配光った京都が柏を下して首位突破! 札幌も逆転でPOへ【ルヴァンカップ・グループC最終節】

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。グループCでは、京都と札幌が突破を決めている。 互いに勝てば突破が決まる首位の柏と2位の京都が三協フロンテア柏スタジアムで激突。両チームともに直近の試合から大幅にメンバーを入れ替えた中、なかなか精度が上がらずゴール前に侵入する場面は訪れない。 その中で30分、アウェイの京都は中野がボックス手前でパスを受け、相手をかわしてフィニッシュに持ち込む。両チーム通じて前半でこれが最もゴールに近づいたプレーだったが、惜しくも枠を捉えることはできなかった。 前半の戦いを見て、互いにハーフタイムで策を講じることに。柏は加藤と落合の2人の大卒ルーキーを下げて椎橋と森を投入。京都は山﨑に代えてイスマイラをピッチに送った。 京都はさらに、57分に中野を下げて福岡、67分には3人交代に打って出る大胆な作戦を実行。早くも交代枠を全て使い切ったが、これが奏功する。 73分、途中出場の荒木が左サイドでボールを持ち、そのままドリブルで前進。ボックス手前まで運んだところで中央へ横パスを送ると、同じく途中出場の大前がボックス手前から右足のシュートを流し込んだ。 その後は互いに決定機なく試合は推移。結局、大前のゴールが決勝点となって京都が勝利。首位でのグループ突破を決めた。 一方の札幌vs鳥栖は、終盤に札幌は中村のJリーグ初ゴール、鳥栖は移籍後初出場となった西川のゴールで痛み分けに。この結果、札幌は勝ち点8で柏と並ぶことになったが、当該成績で上回り、2位で突破することになった。 ◆順位表(勝ち点/得失点差) 1:京都サンガF.C.(10pt/-3) 2:北海道コンサドーレ札幌(8pt/+2) 3:柏レイソル(8pt/+1) 4:サガン鳥栖(6pt/0) 2022.05.18 21:08 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly