元セレソンのロビーニョ、禁固9年確定…2013年に集団強姦

2022.01.21 11:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表FWロビーニョ(37)の有罪判決が確定した。イギリス『BBC』が報じている。

ロビーニョはミランに在籍した2013年にミラノ市街のナイトクラブで22歳のアルバニア人女性を集団で強姦した疑いがかけられ、2017年に有罪判決。9年間の禁固刑が言い渡された。

だが、この判決に不服のロビーニョ側は上告。そこから2020年12月の控訴審での敗訴もあったが、ローマの最高裁判所は19日にロビーニョ側の訴えを棄却して、当初の判決を支持した。

そんなロビーニョだが、現在はブラジルに滞在中。同国の法律では国民の引き渡しが禁じられており、収監される可能性が低いようだが、イタリアも刑に服すよう要請できるという。

かつてレアル・マドリーやマンチェスター・シティ、広州恒大(現・広州FC)などでも活躍したロビーニョはトルコでのプレーを経て、2020年10月からサントスに復帰。しかし、事件発覚で契約も1週間ほどで白紙となり、プレーから遠ざかっている。


関連ニュース
thumb

モドリッチ、ムバッペ獲得ならずも「ここには将来、スターになれる選手がいる」

フランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を寸前で逃したレアル・マドリーだが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチに驚きはなかったようだ。 今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約切れが迫まったことで、マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。選手とクラブの関係は相思相愛とも言われ、加入は確実と伝えられていた。 しかし、21日にPSGによって発表されたのは、ムバッペとの2025年までの新契約締結。急転直下の残留が決定し、マドリー側は裏切られる形となった。 ムバッペの選択が大きな物議をかもす中、マドリーの中盤の要であるモドリッチもスペイン『マルカ』のインタビューでこの騒動に反応。29日に迫った大一番への集中が最も重要だと語りつつ、クラブにはすでに有望な若手選手がいることを強調した。 「ムバッペについての驚きはなかった。何も知らなかったから、期待もしていなかったんだ。1年間、いろいろな話が出ていたけど、実現するかどうか、何もわからなかった。だからこそ、この問題については考えず、これ以上話す必要はないと考えているよ」 「僕らにはCLの決勝が控えていて、それが最も重要なことだ。レアル・マドリーはこれからも、どんな選手より、どんなものより、トップに立ち続けるだろう。だから、これ以上考える必要はないんだ」 「僕らはとても良いチームで、大きく成長できる選手も多く、素晴らしいシーズンを過ごしてきた。ここにあるもの大切にしている選手が多いんだ。ここには将来、素晴らしいスターになれる選手がいる」 2022.05.25 16:17 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールで3度目のCL決勝に臨むクロップ監督、就任当初を振り返り「勝ち方を学ぶ必要があった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝への自信を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグで最終節まで優勝を争ったものの、勝ち点差「1」でトロフィーを逃したリバプール。それでもEFLカップ(カラバオカップ)、FAカップで優勝を果たしており、28日にはレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝が控えている。 近年CLやクラブ・ワールドカップ(CWC)で優勝を飾るなど、決勝に強いイメージのあるリバプールだが、クロップ監督が就任した2015-16シーズンはEFLカップ決勝でシティに、ヨーロッパリーグ(EL)決勝でセビージャに敗れており、2017-18シーズンはCL決勝でマドリーに敗戦。ファイナルの舞台で力を発揮できない時期が続いていた。 クロップ監督もその時期に触れており、勝ち方を学ぶ必要があったとコメント。現在のチームの成長には満足しており、大きな成果を得られるはずだと自信を示している。 「(敗れた決勝でも)リバプール流にやろうとしたが、それは難しい方法だった。だから、大きな決勝戦では負けてしまった。あれは最初の1年、ELとカラバオカップの決勝だった。こうした経験はすべて、人生において重要なものだと思う。とはいえ、決して良いものではない」 「だから、勝ち方を学ばなければならなかった。こうした試合で、トップレベルの集中力を発揮する方法を学ぶ必要があったんだ。長年やってきたことを、こうした激しい試合で発揮しなければならない。もしまだワールドクラスのチームでなくてもそこに到達したいなら、方法を学ばなければと思った」 「それを実践してきたし、この数年での選手たちの成長には本当に満足している。だから、このグループはずっと一緒にいることができるんだ。何人かの選手は、3回目のCL決勝を戦うことになる」 また、クロップ監督はCL決勝を戦うマドリーにも言及。メンバーが入れ替わっても依然としてトップクラブであることに変わりはないと、警戒を示した。 「マドリー戦は常にタフだ。彼らはワールドクラスのチームであり、クラブであり、フットボールの試合に勝つ方法を知っている。(決勝で敗れた)2018年以降で学ぶこととして、どちらもメンバー的にあまり大きな変化は起こっていない。マドリーも少し変わったがコアの部分、中盤は選手が残っている」 「多くが以前のままだ。前線にクリスティアーノ・ロナウドはいないがカリム・ベンゼマがいて、若いブラジル人選手たちもいる。そういう意味で、トップクラスのチームさ」 「決勝を戦ったことがあるのは良いことだ。トッテナムとの決勝戦で勝った後にも言ったが、私のチームはこれまでの決勝戦でも良いサッカーをしながら負けてしまった。だから、決勝戦に勝つことを学ぶ必要がある。そして我々はCLの決勝戦ではなくとも、いくつかの試合で勝ってきた」 2022.05.25 11:56 Wed
twitterfacebook
thumb

崖っぷちからの生還続くレアル、14度目の欧州制覇へ2年連続でリバプールを叩けるか

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。リバプールは翌シーズンにも決勝へと駒を進め、トッテナムを2-0で下してビッグイヤーを掲げていた。 決戦を前に、両クラブの今シーズンのCLでの戦いぶりを振り返る。今回はレアル・マドリーだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆伏兵の一撃を喰らうも…</span> マドリーはインテル、シェリフ、シャフタール・ドネツクとグループDで同居。勝ち上がりは間違いないと見られていた。 初戦となったインテル戦。いきなりの山場を迎えた中、ゴールレスドローに終わると思われた終了間際にロドリゴ・ゴエスがゴールを奪い、白星スタートとなる。 グループのライバル相手に勝利を収めて、好スタートを切ったかと思われたが、第2戦では初出場のシェリフにホームで1-2と敗戦。まさかの結果に一気に暗雲が漂うことに。 それでも第3戦のシャフタール戦はアウェイで5ゴールの快勝。リターンレグでも2-1で勝利する。 シェリフとのアウェイゲームは0-2で勝利し危なげなくグループステージを突破。インテルにも2-0で勝利し、安定の首位通過を見せた。 <span class="paragraph-title">◆崖っぷちから這い上がり続けた決勝トーナメント</span> グループステージの組み合わせに恵まれると起こりがちなのが、決勝トーナメントでの強豪との連戦だ。 ラウンド16では、大型補強でCL制覇を目指したパリ・サンジェルマン(PSG)との一戦に。アウェイゲームは0-1で敗れてしまい、敗退もよぎる中、ホームでも先制を許すピンチに。しかし、カリム・ベンゼマが圧巻のハットトリックを見せて3-1で勝利し、準々決勝に進んだ。 その相手は王者・チェルシー。しかし、アウェイでの1stレグは1-3で快勝。ベンゼマのCL2試合連続ハットトリックという偉業で順調に勝ち上がると見られた。 しかし、ホームでの2ndレグではピンチに。なんと0-3にされてしまい、再び敗退のピンチが訪れる。それでも80分にロドリゴのゴールで追いつき延長戦にもつれ込むと、ベンゼマが決勝ゴールを決め、ベスト4に駒を進めた。 準決勝で待ち構えたのはマンチェスター・シティ。悲願のCL制覇を目指すチーム相手にアウェイゲームでは4-3で敗れてしまう。 しかしホームでの2ndレグでは0-1で敗退すると思われた中、90分と91分にロドリゴが奇跡の連続ゴールを決めて同点に。延長ではベンゼマがPKを決め、薄氷の勝利で決勝に駒を進めた。 <span class="paragraph-title">◆勝負強さと仕事人の存在</span> 史上最多の14度目の優勝を目指してリバプールと対戦するマドリー。ユルゲン・クロップ監督が率いるチームには昨シーズンも勝利しており、4年前での決勝でも勝利と相性は悪くない。 カルロ・アンチェロッティ監督は、2014年にデシマ(10度目の優勝)に導いており、5度目の決勝進出。これは史上最多の出来事となる。 史上最多となる3度のヨーロッパ制覇を達成している3人のうちの1人でもあり、名将として今回の決勝も当然勝ちに来るだろう。 今大会は薄氷の勝利が多かったマドリー、FWロドリゴ、FWヴィニシウス・ジュニオール、そしてFWベンゼマのストライカー陣が結果を残せば、リバプール撃破も見えてくる。 <span class="paragraph-title">【動画】14度目のビッグイヤー獲得へ、レアル・マドリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="y4HjGDvRR-o";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

7度目のCL制覇を目指すリバプール! 今季はわずかに1敗、昨季&4年前のリベンジへ

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。リバプールは翌シーズンにも決勝へと駒を進め、トッテナムを2-0で下してビッグイヤーを掲げていた。 決戦を前に、両クラブの今シーズンのCLでの戦いぶりを振り返る。まずはリバプールだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆6連勝でGSを突破</span> 今シーズンのCLではグループBに入ったリバプール。アトレティコ・マドリー、ポルト、ミランと各国の強豪クラブと同居し、非常に厳しいグループステージになると予想された。 初戦は久々にCLに出場してきたミラン。リバプールは開始早々にオウンゴールで先制するも、前半のうちに2失点を喫して逆転を許してしまう。 しかし、後半開始早々にモハメド・サラーのゴールで追いつくと、ジョーダン・ヘンダーソンのゴールで逆転。初戦から逆転勝利を収めた。 2戦目のポルト戦ではアウェイながら5ゴールを奪う大勝劇を見せると、3戦目のアトレティコ戦では再び撃ち合いに。前半を2-2で終えると、終盤にサラーがPKを決めて勝ち越し。3連勝を飾った。 折り返したアトレティコ戦は2-0で快勝するとポルト戦も2-0で勝利。最終節のミラン戦は1-2で逆転勝利を収め、グループステージ6連勝を達成。今大会ではアヤックスとバイエルンとリバプールの3チームが達成した。 <span class="paragraph-title">◆一転して決勝トーナメントは苦戦</span> ラウンド16の相手はインテル。アウェイでの1stレグは堅い守備に苦しみながらも、終盤のロベルト・フィルミノ、サラーのゴールで0-2と先勝。しかし、ホームでは0-1で敗れ、追い込まれる展開となった。 準々決勝はベンフィカとの対戦に。1stレグをアウェイで1-3と快勝した中、ホームでの2ndレグは思わぬ撃ち合いに。3-3という展開となったが、1stレグのリードを生かして勝ち上がった。 準決勝ではビジャレアルと対戦。バイエルンを下した相手との試合は苦戦すると見られたが、ホームでの1stレグで2-0と快勝。アウェイでの2ndレグは前半で2失点を喫し、敗退がよぎる中、後半に3ゴールを奪って2-5で勝利を収め、決勝へと駒を進めた。 今大会では先手を奪っても追いつかれる形や、先手を奪われても追いつく形など、勝負強さを見せており、敗戦はインテル戦のみ。非常に良い状態で決勝まで駒を進めたと言えるだろう。 <span class="paragraph-title">◆マドリーには直近で敗戦</span> 4年ぶりに決勝で相見えた両者だが、リバプールはマドリー相手に連敗中だ。 2020-21シーズンのCLでは準々決勝で対戦している両者。1stレグでマドリーが3-1と先勝すると、2ndレグは0-0のゴールレスドロー。マドリーが準決勝に進んだが、後に王者となったチェルシーに敗れていた。 それ以来の再戦となる中、ユルゲン・クロップ監督にとってはCLで3度目の対戦に。2度負けていることからも、今回はしっかりと勝って、2度目のビッグイヤーを掲げたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】7度目のCL制覇へ! リバプールの今季の戦いぶりを振り返る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Gf4mMMfG1iQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「決めたのは先週」…ムバッペが明かすPSG残留秘話 将来のレアル行き否定せず

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペがこのたびの去就騒動に言及した。 今夏にPSGと契約切れが迫り、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。レアル・マドリーとは相思相愛といわれ、移籍の線が強かったが、21日にPSGと2025年までの新契約を結び、急転直下の残留が決定した。 レアル・マドリーからすれば翻意。スペイン方面からはメディアのみならず、ラ・リーガからも厳しい声が上がり、物議を醸す。そうしたなか、イギリス『BBC』のギジェム・バラゲ氏との対談で決断の背景を明かした。 「残留を決めたのは先週のこと。まずレアル・マドリーの会長と話をした」 「というのも、彼とクラブをリスペクトしているから。行かない旨を僕自ら伝えるのが大事だと思ったんだ」 「偉大な選手でいるためには正直でないとならない。僕らは良い関係にあるし、すべてがこれで良かった」 そう話す23歳だが、「将来に何が起こるかなんてわからない」とも…。「将来を考えるのをやめたんだ。頭を巡らせているのは今のことだけ。PSGと3年間の新契約にサインしたんだ」と語りつつ、将来の移籍を否定しなかった。 そして、バラゲ氏から「PSGとの契約延長はレアル・マドリー行きの夢の終わりを意味するものか?」と単刀直入な質問を受けると、「決して終わってはいない」と返答している。 2022.05.24 09:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly