藤枝退団のDF稲積大介がJFLの高知ユナイテッドSCへ加入決定

2022.01.20 12:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
藤枝MYFCは20日、昨シーズン限りで退団していたDF稲積大介(24)がJFLの高知ユナイテッドSCへと完全移籍することを発表した。

稲積は兵庫県出身で、滝川第二高校、日本体育大学を経て、2020年に藤枝に入団。2シーズンでJ3通算32試合に出場し2得点を記録していた。

稲積はクラブを通じてコメントしている。

「初めまして。藤枝MYFCからきました稲積大介です。チームのために全力で戦います。よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

藤枝DF温井駿斗が左第2趾基節骨骨折…最低でも8週間の離脱

藤枝MYFCは27日、DF温井駿斗の戦線離脱を報告した。 1日のトレーニング中に負傷して、左第2趾基節骨骨折と診断され、全治8〜10週間の見込みだ。 温井は昨年8月に水戸ホーリーホックから加入。今季はここまで明治安田生命J3リーグ5試合に出場している。 2022.06.27 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「子どもたちにも見てもらいたいお手本」J3藤枝の10番・押谷の絶妙ループシュートが月間ベストゴールに!

Jリーグは14日、5月の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間ベストゴール」を発表。J3リーグでは藤枝MYFCのFW押谷祐樹のゴールが受賞している。 押谷はジュビロ磐田の下部組織出身で、2008年にトップチーム昇格。FC岐阜や、ファジアーノ岡山、名古屋グランパス、徳島ヴォルティスを渡り歩き、昨季から藤枝へ加入。背番号「10」を背負っている。 今シーズン序盤は途中出場が多かった押谷だが、5月4日に行われたJ3第8節のFC岐阜戦では先発。4-3の壮絶な打ち合いとなった試合で自身もゴールを奪った。 50分にチームが先制した直後の51分、自陣右サイドのDF小笠原佳祐から長いスルーパスが前線に送られると、中間で味方がこれをスルー。完全に相手DF陣の意表を突くと、受けた押谷がゴール前へ。最後は相手GKの頭上を越す見事なループシュートを決めた。 ゴール前での冷静さを見せた押谷は、GKのポジショニングを把握していたと明かし、狙い通りに遂行できたとゴールの背景を説明。今後もゴールを重ねていくと意気込んだ。 「今回はベストゴールに選出いただきありがとうございます。ゴールシーンは小笠原選手から裏に縦パスが入って、トラップして前を向いたときにGKが前に出ているのが分かったのですぐにループしようと頭に浮かび、うまくすくい上げられた感じのゴールでした」 「他にもすごいゴールはたくさんあったと思いますが、浮いているボールではなく転がっているボールをループできたところが綺麗だったと思うので、そこで選んでいただけたのかなと感じます」 「またこうした賞を受賞できるように日々頑張ってゴールを決められるようにしますので、ぜひ藤枝MYFCの応援をよろしくお願いいたします」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 ・窪田慎二委員 「裏への抜け出し、正確なボールコントロール、前に出てきたGKの動きを冷静にみられるドリブル時の姿勢、そして絶妙なタイミングでの素晴らしいループシュート。サッカーをプレーする子どもたちにも見てもらいたい、お手本となるシュート技術を見せつけた」 ・北條聡委員 「裏抜けから放ったループショット。相手GKの位置取りを見極め、クールにボールをすくい上げた」 ・寺嶋朋也委員 「高い技術力に裏付けされた絶妙なループシュート。なによりも冷静さが光った」 なお、J1リーグからは清水エスパルス戦で流れるようなキックフェイントからゴールを奪った柏レイソルのMFマテウス・サヴィオ、J2リーグからはアルビレックス新潟戦で35mの位置からブレ球FKを沈めたFC町田ゼルビアのMF山口一真のゴールが選ばれている。 <span class="paragraph-title">【動画】5月のJ3月間ベストゴールに選ばれた藤枝の10番・押谷の絶妙ループシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="rPe0SYuWuxQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.15 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

松本、雷雨中断も藤枝との上位戦制して9試合負けなし!【明治安田J3第12節】

明治安田生命J3リーグ第12節の松本山雅FCvs藤枝MYFCが11日にサンプロアルウィンで行われ、ホームの松本が2-0で勝利した。 今季のリーグ戦も3割を消化したなか、勝ち点22を積み上げて3位につける松本と勝ち点20で4位につける藤枝の一戦。ともに上位浮上に向けて是が非でも3ポイントがほしい試合は序盤から松本が主導権を握り、多くのチャンスを演出する。対する藤枝も数少ないチャンスから松本のブロックを素早いパスで翻弄し、得点の隙をうかがうが、10分を過ぎると、藤枝もボールを保持する時間が増え、互いにチャンスを作り出すことができず、こう着状態となる。 そのなか、徐々に藤枝が盛り返し、27分に右サイドをドリブルで切り込んだ久保、30分には敵陣左で獲得したFKに秋山が合わせてチャンスを演出。しかし、ロングボールで攻めに転じた松本がクロスでチャンスを作ると、ボックス内で田中が相手DFに倒されてPKを獲得し、34分に一度はGK内山に防がれたものの、キッカーの小松が自ら押し込んで先制に成功した。 勝利を手繰り寄せるためにも追加点のほしい松本だが、44分に決定機を迎えた田中がネットを揺らせずにいると、45分には藤枝の鈴木惇がミドルシュートを放ち、反撃ムードを強める。巻き返しのムードが漂う中で前半を終えた藤枝だったが、なんと雷雨によりハーフタイムで試合が中断。1時間以上の中断時間を経て再開とリズムが乱される展開を強いられたが、松本が勝利を手繰り寄せる追加点を奪った。51分、GKビクトルからのロングボールを受けた菊井とのパス交換から外山がボックス左深くに入ってクロス。先制点を奪った小松が再びネットを揺らして追加点を奪った。 その後、藤枝が幾度となくゴールに迫るも、松本は運動量を落とすことなく対応。5選手からなる最終ラインを突破させることなく、慎重に試合を進める。対する藤枝は、攻める手段を探るべく後列からボールを回して隙をうかがうも、チャンスは少なく、決定機まで持っていくことができない。結局、松本が後半のアディショナルタイム3分も凌ぎ切って2-0で試合終了。藤枝が6試合ぶりの敗戦で足踏みとなり、松本は9試合負けなしで勝ち点を「25」まで積み上げた。 ◆第12節 ▽6/11(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-0 藤枝MYFC ▽6/12(日) 《13:00》 アスルクラロ沼津 vs Y.S.C.C.横浜 《14:00》 ヴァンラーレ八戸 vs ガイナーレ鳥取 FC岐阜 vs 鹿児島ユナイテッドFC カマタマーレ讃岐 vs いわきFC ギラヴァンツ北九州 vs 福島ユナイテッドFC テゲバジャーロ宮崎 vs カターレ富山 《16:00》 AC長野パルセイロ vs 愛媛FC FC今治 vs SC相模原 2022.06.11 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

三浦知良はベンチ外も鈴鹿が快勝、ニッパツで横浜FMとの2回戦へ《天皇杯》

22日、第102回天皇杯1回戦の15試合が各地で行われた。 元日本代表FW三浦知良を擁する三重県代表・鈴鹿ポイントゲッターズは、兵庫県代表・Cento Cuore HARIMAと対戦。三浦はベンチ外となったが、鈴鹿はゴールレスで迎えた56分に先制点を挙げる。 右サイドから菊島卓が柔らかいクロスを上げると、栗田マークアジェイがヘディングシュート。GKが弾いたボールを三宅海斗が蹴り込んだ。その3分後には菊島のクロスが末政翔大のオウンゴールを誘発し、一気にリードを広げると、70分には途中出場の北野純也がダメ押しのゴールを奪って勝負あり。3-0の快勝した鈴鹿は2回戦で横浜F・マリノスと対戦する。 アマチュアの雄、Honda FCは奈良県代表・奈良クラブと相まみえた。28分にはショートカウンターからあわやの場面を招いたが、GK楠本祐規の好セーブで難を逃れると、3分後には高い位置でのボール奪取から川浪龍平らが決定機を迎えた。 岡﨑優希も個人技からチャンスを作るが、90分間得点が生まれず、試合は延長戦に突入。好機はありながらネットを揺らせずにいたが、PK戦も見え始めた122分にようやくゴールをこじ開ける。 波状攻撃からの岩切拳心の一撃はクロスバーに嫌われるも、こぼれ球を拾って右サイドから折り返すと、鈴木理久が頭で落として最後は岡﨑がプッシュ。これが決勝点となり、Honda FCが劇的な勝利を手にしている。 ヴァンラーレ八戸はプライフーズスタジアムで新潟県代表の新潟医療福祉大学と顔を合わせた。17分に先制を許すと、選手交代を含めて攻勢を強めたものの、ゴールを奪えず。最後まで1点が遠く、初戦で姿を消すこととなった。 また、J3勢同士の一戦となったカターレ富山と藤枝MYFCの一戦は、17分に吉平翼が挙げたゴールが決勝点となり、富山が辛勝。鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州は、中原秀人のゴールなどで鹿児島が3-1と北九州を退けている。 茨城県代表・筑波大学vs千葉県代表・ブリオベッカ浦安は1回戦唯一のPK戦での決着となった。1-1で90分を終えると、延長戦でも互いに1点ずつを奪い合い、PK戦へ突入。先行の筑波大が4人連続で成功したのに対し、浦安は4人目の西袋裕太が失敗。筑波大の5人目、庄司夢ノ介が成功させて勝負を決め、次のステージへ駒を進めた。 その他の結果は以下の通り。 ◆1回戦 ▽5月22日(日) [5]上武大学(群馬県代表) 0-1 富士大学(岩手県代表) [6]鹿児島ユナイテッドFC 3-1 ギラヴァンツ北九州 [7]ヴァンラーレ八戸 0-1 新潟医療福祉大学(新潟県代表) [9]MD長崎(長崎県代表) 1-2 FC神楽しまね(島根県代表) [10]福井ユナイテッドFC(福井県代表) 0-1 同志社大学(京都府代表) [12]奈良クラブ(奈良県代表) 0-1 Honda FC(アマチュアシード) [13]鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県代表) 3-0 Cento Cuore HARIMA(兵庫県代表) [14]高松大学(香川県代表) 0-3 周南公立大学(山口県代表) [15]Brew KASHIMA(佐賀県代表) 0-2 高知ユナイテッドSC(高知県代表) [16]ガイナーレ鳥取 0-4 ヴェルスパ大分(大分県代表) [17]桐蔭横浜大学(神奈川県代表) 1-0 立正大学(東京都代表) [18]MIOびわこ滋賀(滋賀県代表) 1-2 環太平洋大学(岡山県代表) [19]カターレ富山 1-0 藤枝MYFC [20]筑波大学(茨城県代表) 2-2(PK:5-3) ブリオベッカ浦安(千葉県代表) [21]福山シティFC(広島県代表) 3-2 FC徳島(徳島県代表) ▽5月21日(土) [1]札幌大学(北海道代表) 1-0 山梨学院大学PEGASUS(山梨県代表) [2]ヴェルフェ矢板(栃木県代表) 7-0 長井クラブ(山形県代表) [3]松本山雅FC 3-2 北陸大学(石川県代表) [4]FC今治 1-4 沖縄SV(沖縄県代表) [8]FC岐阜 3-2 中京大学(愛知県代表) [11]アルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表) 2-4 関西大学(大阪府代表) [22]福島ユナイテッドFC 7-1 ノースアジア大学(秋田県代表) [23]ホンダロックSC(宮崎県代表) 3-0 マリーゴールド熊本(熊本県代表) [24]ソニー仙台FC(宮城県代表) 3-1 東京国際大学FC(埼玉県代表) 2022.05.22 17:08 Sun
twitterfacebook
thumb

藤枝vs岐阜が合計7得点の壮絶な打ち合いに! 今治は新助っ人外国人が初ゴール【明治安田J3第8節】

明治安田生命J3リーグ第8節の4試合が、4日に各地で行われた。 藤枝総合運動公園サッカー場で行われた藤枝vs岐阜は、壮絶な打ち合いとなった。前半は互いに何度か枠内シュートを放つも、GKの活躍もありゴールは生まれなかったものの、後半から怒涛の展開に。 まずは立ち上がりの50分、藤枝が自陣左サイドからクリアするようにボールを前線へ蹴ると、処理にもたつく岐阜DF藤谷から横山がボールを攫う。その際に藤谷に倒されPKを獲得。これを横山が決めてホームチームが先制した。さらにその1分後、自陣右サイドから足の長いスルーパスが前線に送られると、中間で味方がこれをスルーし、受けた押谷がゴール前へ。最後は見事なループシュートを決めて、追加点を挙げた。 立て続けに2失点した岐阜。しかし、68分に投入された藤岡が躍動する。73分、ボックス中央でパスを受けた藤岡は、反転とともに右足を振り抜き、強烈なシュートをゴール右上に突き刺すと、その1分後にも左サイドを抉った味方のマイナスクロスをボックス左で合わせたのは藤岡。今度は丁寧にグラウンダーのシュートをゴール左に流し込み連続得点。藤岡の投入から一気に同点に追いついた。 互いにわずか1分で2点を取った両チーム。今度は同じ1分で1点ずつ奪い合うことに。80分、藤枝はボックス左から鈴木が上げたクロスがボックス右の小笠原に繋がり、その折り返しを久保が合わせて勝ち越し。しかし81分、ピッチ中央から左サイド深くへロングボールを送った岐阜は、相手のクリアを高い位置で村田が奪い、右足でクロスを供給。これに藤岡が合わせてハットトリックを達成。再び同点に追いついた。 この時点で試合は3-3。そして迎えた後半アディショナルタイム、藤枝は敵陣右サイド中央から久保がアーリークロスを上げると、途中出場の土井が合わせて三度勝ち越し。これが決勝点となり、藤枝が4-3の激しい打ち合いを制した。 Pikaraスタジアムで行われた讃岐vs今治の四国ダービーでは、今治の新助っ人外国人が活躍した。前半から互いに決定機を作るも、試合は0-0のまましばらく推移。その中で今治は3月25日に加入が発表されたラルフ・セウントイェンスを後半から投入する。 これが3試合目の出場となったオランダ人FWは、48分に味方のクロスを右足で合わせて早速チャンスに絡む。その直後には、今度は194cmの体躯を生かしたポストプレーで中川のシュートシーンを演出。 そして迎えた65分、近藤がボックス左からクロスを入れると、野口が頭で折り返したところをラルフ・セウントイェンスが右足で押し込みゴール。この移籍後初ゴールが決勝点となり、今治が勝利を収めた。 なお、八戸vs相模原および鳥取vs愛媛は、それぞれ相模原と愛媛で新型コロナウイルスクラスターが発生し、選手不足に陥った影響で延期未定が決まっている。 ◆第8節 ▽5/4 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 AC長野パルセイロ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 4</span>-3 FC岐阜 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC今治</span> 松本山雅FC 0-0 ギラヴァンツ北九州 福島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 いわきFC</span> ▽5/5 Y.S.C.C.横浜 vs テゲバジャーロ宮崎 鹿児島ユナイテッドFC vs カターレ富山 ▽中止 ヴァンラーレ八戸 vs SC相模原 ガイナーレ鳥取 vs 愛媛FC 2022.05.04 17:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly