福岡の今季ユニ販売数ランキング、"キング"&"プリンス"が2トップに輝く

2022.01.19 20:04 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は18日、今季ユニフォームのマーキング受注ランキングを発表した。

5年ぶりのJ1参戦となった昨季は、3度も続いた5年に1度昇格しては即降格のジンクスを打破。クラブ新となるJ1での6連勝を含めた勝ち点54の8位でフィニッシュし、目標としていた勝ち点50の10位以内も達成した。

J1定着を目指して戦う今季のユニフォームは、ネイビーとブルーヴェールダンスによる対称でシンプルなデザインを採用。すでにユニフォームは初回受付が終了し、11日まで背番号およびネームのマーキング加工を受け付けていた。

福岡はこの度、その受注数ランキングを発表。3位には2020年の加入時からキャプテンを務め、昨季はチームトップのリーグ戦38試合に出場、福岡の心臓・6番MF前寛之がランクインした。

2位は福岡でプロデビューし、昨シーズンの頭に電撃復帰した地元出身のアタッカー・MF金森健志。福岡の"プリンス"は今季、背番号を「37」から「7」へと変更した。

栄えある1位に輝いたのはやはり10番FW"キング"城後寿だ。2005年に国見高校から入団し以降、福岡一筋18年目を迎える。

発表されたランキングにはファンも反応。「どんなランキングでもキングやな」、「城後選手が1位ならそれだけでいい!」、「金森と前キャプテンを持ってしてでもキングの牙城は崩せないか…」など、さすがの城後を称えるコメントが相次いだ。

なお、2位にランクインした金森自身も「たくさん買ってくださりありがとうございます、感謝してます!!!!何事も負けたくないので悔しいですが。。。」と、ファンへの感謝と城後に及ばずの悔しさを冗談めかした反応を返している。



1 2

関連ニュース
thumb

柏、昇格1年目DF田中隼人とプロA契約 「日々成長していきます」

柏レイソルは24日、DF田中隼人(18)とのプロA契約締結を発表した。 田中は柏アカデミー出身のセンターバックで、今季からトップチームに正式昇格。すべてJリーグYBCルヴァンカップでのプレーだが、2種登録選手だった昨季も含め、ここまで6試合に出場して、プロC契約からA契約の変更条件となる450分以上の公式戦出場をクリアした。 今季もここまでルヴァンカップ3試合に出場して、プロA契約を勝ち獲った田中はクラブ公式サイトで喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「プロA契約を締結でき、とても嬉しく思います。ですが、自分自身チームに何も貢献できていないと感じています。レイソルを代表する選手になる為、日々成長していきます。これからも応援よろしくお願いします」 2022.05.24 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪のGK真木晃平が交通事故、右折待ちの車と接触も双方ケガなし

セレッソ大阪は24日、GK真木晃平が交通事故を起こしたことを発表した。 クラブの発表によると、事故は24日の8時40分頃、大阪府大阪市住之江区で発生した。 真木が運転する乗用車が、右折するために一時停止していた相手の車両左後方部分と接触。運転されていた方、及び真木にケガはなく、発生直後に警察へ届け出、関係各所に連絡して対応を行っているという。 今回の件を受けクラブは「同選手に対してはより一層の安全運転にあたるよう注意喚起するとともに、全選手・スタッフに安全運転の指導を徹底してまいります」としている。 真木は大分トリニータの下部組織出身で、福岡大学から2021年にSC相模原へと入団。1年んで契約満了となると、今シーズンからC大阪に加入していた。 2022.05.24 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

桐蔭横浜大FW山田新、“古巣”川崎Fでプロ入り! 「恩返ししたい」

川崎フロンターレは24日、桐蔭横浜大学に在学するFW山田新(21)の来季加入内定を発表した。 山田は桐蔭横浜大学のエースで、U-13からU-18で川崎Fのアカデミーでプレー。大学を経由しての古巣復帰となる。 小さい頃から慣れ親むクラブでプロキャリアをスタートさせる山田は喜びの心境とともに決意を新たにしている。 「この度、川崎フロンターレに加入することになりました桐蔭横浜大学の山田新です。中学、高校とお世話になったフロンターレに加入し、また等々力でプレーできることをとてもうれしく思います」 「これまで支えてくださった方々に感謝しています。常に向上心を持ち、フロンターレの勝利に貢献できる選手になることで恩返ししたいと思います。応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【写真】アカデミー時代からの山田新の成長の変遷</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">桐蔭横浜大学の山田新(やまだ・しん)選手の加入が内定しました!!<a href="https://t.co/ZQcUjp8I0D">https://t.co/ZQcUjp8I0D</a><br><br>中学1年生から高校卒業までの6年間、フロンターレのアカデミーに所属。待ちに待ったトップ昇格です!!<br><br>シン、おかえり!!ようこそ、川崎フロンターレへ!!<br><br>【広報】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/ojEdF8hwlN">pic.twitter.com/ojEdF8hwlN</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1528979284798615552?ref_src=twsrc%5Etfw">May 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

セルティック旗手怜央が久々に等々力へ! 25日湘南戦来場でサポーターに挨拶も

川崎フロンターレが24日、クラブ公式ツイッターでセルティックでプレーする日本代表MF旗手怜央の試合来場を発表した。 来場する試合は25日にホームで予定する明治安田生命J1リーグ第15節の湘南ベルマーレ戦。18時40分頃にスタジアム場内のバックスタンド側にて、サポーターに挨拶を行うという。 旗手は2020年に順天堂大学から川崎Fに入団。公式戦通算77試合出場で12得点10アシストの数字を収め、ルーキーイヤーからのJ1連覇や天皇杯優勝にも尽力した。 そして、今年1月からはセルティックに移籍。シーズン途中の加入だったが、公式戦21試合の出場で4得点3アシストと活躍してチームのスコティッシュ・プレミアシップ優勝に貢献した。 2022.05.24 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「中途半端に関わることが正直マイナスなのかな…」低迷する神戸の三木谷会長がクラブハウス訪問…選手たちに言葉『次の一戦に全てを賭ける』

ヴィッセル神戸の会長であり楽天グループ株式会社代表取締役会長兼社長でもある三木谷浩史氏が、低迷するクラブを訪問した。 今シーズンは元日本代表DF槙野智章らを補強し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)での戦いも控え、明治安田生命J1リーグでもタイトル獲得が期待された。 しかし、今シーズンは開幕から結果が出ず、リーグ戦は14試合を終えてわずか1勝で最下位に低迷。ACLはグループステージを突破したが、苦しい状況に立たされている。 クラブとしても三浦淳寛監督が退任し、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招へいした中、リーグ戦では調子が上向かない状況。その中で、三木谷会長が23日にクラブハウスを訪問。その様子をSNSにアップした。 三木谷氏はトレーニング前に選手たちを集めて、講話を行った。 「練習前に集まっていただいてありがとうございます。クラブが厳しい状況で話をさせてもらった方が良いかなと思って、集まっていただきました」 「ここまで厳しい状況になっていますが、そもそもどういう風なことを考えてやったら良いのかなと、このクラブを19年間やってきました」 「そもそもこのクラブはみんなサッカーを一生懸命やってくれていて、色々な思いを持ってやってくれています」 「みんなが1人でやっているのではなく、このクラブはゼロからの出発で色々な人の色々な思いを持ってやっていて、その1つが僕が最初から作ってきた楽天グループというゼロから作ってきた会社です」 三木谷会長は、ゆずの北川悠仁さんと作った「楽天の歴史」というビデオを選手たちに見せたほか、1分間サッカーを始めた時のことを思い出させるなどをした。 三木谷氏は「中途半端に僕がこのクラブに関わっていることが正直マイナスなのかなと思っていた」とコメント。ただ、ファンの言葉を受けて「もう1回一生懸命やろうと思った」と、もう1度クラブのために立ち上がろうと思ったと明かした。 また選手たちには「『次の試合がある』ということではなく、『次の一戦に全てを賭ける』という思いでやってほしい」と発破をかけ、「このままやり続けるのも格好悪いのだけれど、格好悪くてもいいと思い、戻ってくることにしました」と、改めて一緒に戦いたいとした。 神戸の次のゲームは25日、明治安田J1第15節でジュビロ磐田とホームで対戦。連敗をストップできるかに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】三木谷会長が選手へ熱い思いを伝える</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sP8Op1iwkbE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 10:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly