王者アルジェリアがまさかの敗戦でGS敗退の危機…優勝候補コートジボワールは後半AT被弾でドロー《アフリカ・ネーションズカップ》

2022.01.17 06:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
16日にアフリカ・ネーションズカップのグループステージ第2節の4試合が行われた。

グループEでは、前大会王者のアルジェリア代表が赤道ギニア代表と対戦し、0-1で敗戦した。

初戦のシエラレオネ代表戦を痛恨のゴールレスドローで終えたアルジェリアは、前節に続きマフレズやフェグリ、ベナセル、ベンセバイニらが先発に名を連ねた。

試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。赤道ギニアは70分、左CKをニアでホセテ・ミランダがフリックすると、ゴール右手前に流れたボールを走りこんだエステバン・オビアンが押し込んだ。

先制を許したアルジェリアは、83分にブラヒミのロングパスに反応したベライリがペナルティライン付近からハーフボレーシュートを突き刺したが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。

試合はそのまま0-1でタイムアップ。2連覇を目指すアルジェリアが、まさかの敗戦でグループステージ敗退の危機を迎えている。

また、同日に行われたグループD第2節もう一試合のコードジボワール代表vsシエラレオネ代表は、後半アディショナルタイムにアルハジ・カマラのゴールでシエラレオネが追いつき、2-2の引き分けに終わった。

グループFでは、グループ本命対決と目された初戦のマリ代表戦を0-1で敗れたチュニジアが、モーリタニア代表と対戦し4-0で完勝した。

チュニジアは開始早々の4分にハムザ・マトルティのゴールで先制すると、8分にもベン・スリマネのパスをボックス中央で受けたワービ・ハズリがゴール左隅へシュートを突き刺して追加点。

その後は一進一退の展開が続いたが、チュニジアは64分にアリ・マールルのパスをボックス中央のガイレヌ・シャーラリが落とし、最後は走りこんだハズリがゴール右隅に流し込んだ。

さらにチュニジアは、66分にもハズリのパスからボックス内に侵入したセイフェディン・ジャジリが難なくゴールネットを揺らし、試合を決定づける4点目。

結局、試合はそのまま4-0でタイムアップ。今大会初勝利を飾ったチュニジアがグループステージ突破に望みを繋いでいる。

また、ガンビア代表vsマリ代表は、終了間際の90分にムサ・バロウのPKでガンビア代表が追いつき、1-1の引き分けに終わっている。

◆各グループ第2節結果&日程
・グループE
▽1/16(日)
アルジェリア 0-1 赤道ギニア
コートジボワール 2-2 シエラレオネ

・グループF
▽1/16(日)
チュニジア4-0 モーリタニア
ガンビア 1-1 マリ

・グループA
▽1/13(木)
カメルーン 4-1 エチオピア
カーボベルデ 0-1 ブルキナファソ

・グループB
▽1/14(金)
セネガル 0-0 ギニア
マラウイ 2-1 ジンバブエ

・グループC
▽1/14(金)
モロッコ 2-0 コモロ
ガボン 1-1 ガーナ

・グループD
▽1/15(土)
ナイジェリア 3-0 スーダン
ギニアビサウ 0-1 エジプト

関連ニュース
thumb

元日本代表監督のハリルホジッチ氏、4カ国で4大会連続のW杯出場権獲得も3度目の直前解任で引退を示唆「サッカーにありがとうと言いたい」

カタール・ワールドカップ(W杯)を前に、モロッコ代表の監督を解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ氏(69)が、監督キャリアを終える可能性があることを明かした。フランス『RMC Sport』が伝えた。 かつては日本代表も率いていたハリルホジッチ監督。モロッコ代表を率い、カタールW杯の出場権を獲得していたが、モロッコサッカー協会(FRMF)は8月11日、本大会まで3カ月のタイミングで退任を発表した。 FRMFは「カタールW杯に向けた最終段階の調整に関して見解の相違があったため、ハリルホジッチ氏と友好的に別れることに合意した」と発表していたが、背景は大きく異なる。 2019年8月にモロッコ代表の指揮官に就任し、2022年のカタールW杯出場に導いたハリルホジッチ監督。しかし、数カ月前からチェルシーのMFハキム・ツィエクやバイエルンのDFヌサイル・マズラウィら一部選手との確執により、チームの主力となりうる実力者を除外するなど、メンバー選考に関して批判の声が集まっていた。 監督としてはヴェレジュ・モスタルやボーヴェ・オワーズ、ラジャ・カサブランカ、リール、スタッド・レンヌ、パリ・サンジェルマン(PSG)、トラブゾンスポル、アル・イテハド、ディナモ・ザグレブ、ナントなどのクラブチームの他、コートジボワール代表、アルジェリア代表、日本代表、そしてモロッコ代表と4カ国の代表チームを指揮した。 その4カ国ではいずれもW杯本大会に導く手腕を見せていたが、2018年の日本代表でも大会直前の親善試合で結果が出なかったことから解任され、西野朗監督が本大会では指揮。また、2010年のコートジボワールでもW杯前のアフリカ・ネーションズカップで結果が出ずに解任されていた。 史上初の4カ国で4大会連続の本大会出場を決める偉業を成し遂げながら、2大会連続、通算3回目の大会直前での解任の憂き目に遭ったハリルホジッチ氏。モロッコ代表の監督を退任した際の心境を語った。 「この決断は私にとって少し辛いものだった。むしろ、変な形でキャリを終えようとさえ思っている」 「それが人生だ。浮き沈みは激しいが、ちょっとやりすぎだ。サッカーにありがとうと言いたい」 選手の起用をめぐる問題などがありながらも、その手腕は高く評価され、モロッコ代表の監督を退任した後も「多くのオファーを受けた」とのこと。ただ、「どのオファーも受け入れない」と語り、実質的に監督業から引退することを決めたようだ。 2022.09.22 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

マネやサラー、アフリカ最優秀選手候補が10名に絞られる…若手にはユナイテッドMFハンニバルも

アフリカサッカー連盟(CAF)は11日、2021-22シーズンの男子最優秀選手賞の候補者10名を発表した。 2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり受賞が中止に。2019年以来となる。 2019年に受賞したのは今夏リバプールからバイエルンへと移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ。その前の2年間はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞していた中、今年も2人はノミネートされている。 6月30日に30名の候補が発表されていた中、10名にまで絞られたリスト。マネ、サラーの他には、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズや、今年のアフリカ・ネーションズカップで最多の8ゴールを決めたFWヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル)らが残っている。 なお、ミランでセリエAを制し、バルセロナへ移籍したコートジボワール代表MFフランク・ケシエなどは10名に残れなかった。 また、最優秀若手選手賞には日本代表とも対戦した、マンチェスター・ユナイテッドのチュニジア代表MFハンニバル・メイブリら5名が候補として残っている。最終結果は7月21日に発表される。 ◆アフリカ年間最優秀選手賞候補10名 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) カール・トコ・エカンビ(カメルーン/リヨン) ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル) モハメド・サラー(エジプト/リバプール) ナビ・ケイタ(ギニア/リバプール) セバスティアン・アラー(コートジボワール/アヤックス→ドルトムント) アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン) エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー) カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ) サディオ・マネ(セネガル/リバプール→バイエルン) ◆アフリカ年間最優秀若手選手賞候補5名 ダンゴ・ワッタラ(ブルキナファソ/ロリアン) カマルディーン・スレマナ(ガーナ/レンヌ) カリム・コナテ(コートジボワール/ザルツブルク) パプ・マタル・サール(セネガル/メス) ハンニバル・メイブリ(チュニジア/マンチェスター・ユナイテッド) 2022.07.11 21:10 Mon
twitterfacebook
thumb

英雄ドログバがFIFAの介入により会長選出馬、コートジボワールに革命を「やっとここまで来れた」

かつてチェルシーなどで活躍し、コートジボワール代表のエースとしても長らく活躍したディディエ・ドログバ氏(44)が、コートジボワールサッカー連盟(FIF)の会長選に出馬することが決定した。 FIFは、2020年9月に会長選を実施する予定だった。しかし、ドログバを含む特定の候補者の適性を見極めることが難航。繰り返し延期されていた。 4月23日に投票が行われるが、11日にFIF選挙委員会のマリアム・ダオ・ガバラ会長が会見を開き、会長選への立候補が締め切られたことを発表した。 今回選挙に参加するのは、ドログバの他、副会長のイドリス・ディアロ氏ら6名の候補者がいるという。 ドログバはマルセイユやチェルシー、上海申花、ガラタサライ、モントリオール・インパクト(現CFモントリオール)、アリゾナ・ユナイテッドなどでプレー。プレミアリーグでは254試合に出場し104ゴール64アシストを記録。チャンピオンズリーグでも92試合で44ゴール15アシストを記録した。 また、コートジボワール代表としても105試合に出場し65ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでは日本代表とも対戦していた。 かつては紛争をも止めたといわれ、国民的英雄のドログバ氏だったが、2020年8月には立候補資格がないとされていた。しかし、国際サッカー連盟(FIFA)が介入。チェルシーでの実績やコートジボワール代表としての実績を認められ、立候補が可能となっていた。 ドログバ氏は、イギリス『BBC』にコメント。会長選へ意気込みを語った。 「やっとここまで来れた。選挙が待ち遠しい。もし当選したら、私がコートジボワールのサッカーに命を吹き込むと強く信じてほしい」 「連盟やクラブが必要とする変化をもたらすことができる。コートジボワールでは、サッカーはあるべき姿、そして我々が望むような形で盛り上がっていない」 2022.04.12 13:43 Tue
twitterfacebook
thumb

「誰のためになるのかわからない」マグワイアへのブーイングにサウスゲイト監督は怒り

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、DFハリー・マグワイアに対するブーイングに怒りを示した。イギリス『BBC』が伝えている。 イングランドは29日に行われた国際親善試合でコートジボワール代表と対戦した。試合は前半FWオリー・ワトキンスのゴールで先制に成功すると、その後相手に退場者が出たこともあり得点を重ね、3-0で勝利している。 この試合ではキックオフ前の先発発表時、マンチェスター・ユナイテッドで不安定なパフォーマンスが続くマグワイアの名が読み上げられた際にウェンブリー・スタジアムに集ったファンの一部からブーイングが発生。試合中にもマグワイアがボールに触ると罵声が飛ぶ一幕があった。 試合後のインタビューに応じたサウスゲイト監督は、ファンの行為に対して怒りを露わに。誰の得にもならない行為だとして、今後ブーイングをやめるよう強く求めた。 「(一部ファンの行為は)冗談のようなものだった。それが誰のためになるのか、私にはわからないね。我々は皆が一緒にやるか、そうでないかだ」 「なぜあんなことをしたのか、何人かに聞いてもおそらく答えられないだろう。群集心理というやつさ。選手たちはそれを見て、次は自分かもしれないと思うだろうね。そうなれば、ここに来たがらなくなってしまう。過去にはジョン・バーンズがそうだった」 「ハリーには頑張ってもらいたい。3、4キャップの選手ばかりで、ワールドカップには勝てないのだから。歴史上、そんなことは一度もない。そして彼のパフォーマンスは本当に驚異的であり、だからこそ理解できない」 「今日の彼のパフォーマンスは本当に完璧だった。チームは完全に団結しており、彼はトッププレーヤーだ。だから、これを乗り越えていくだろう」 「ソーシャルメディアやOBの意見など、何かに影響されている人もいるだろう。クラブ(マンチェスター・ユナイテッド)の状況は非常に厳しいと思うが、彼は今イングランドのシャツを着ている」 「数十年前、イングランドのシャツを着た数人の選手がブーイングされたことを覚えている。私にとってそれは決して受け入れられなかった。ファンは常に、自分たちのチームを応援すべきだ」 また、マグワイアへのブーイングに対しては試合後にMFジョーダン・ヘンダーソンが「今夜のことは間違っている」と語り、MFジャック・グリーリッシュも「(ブーイングは)バカバカしい」と断じるなど、選手たちも不快感を表明している。 2022.03.30 16:07 Wed
twitterfacebook
thumb

史上初の偉業!元日本代表指揮官のハリルホジッチ監督が4大会連続W杯出場、国王から祝福の電話も

4年前は日本代表の指揮を執っていたヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、偉業を成し遂げた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)を目指す日本代表を率いていたハリルホジッチ監督。今から7年前の2015年3月に日本代表の監督に就任すると、アジア最終予選を1位で通過して6大会連続6度目のW杯出場に導いていた。 しかし、W杯直前の4月に突如解任され、その後、名誉毀損と謝罪広告を求める訴訟を起こしていた。 そのハリルホジッチ監督は、日本を離れた後、リーグ・アンのナントで指揮。2019年8月からはモロッコ代表監督に就任すると、29日に行われたアフリカ予選プレーオフでDRコンゴを下し、カタールW杯の出場権を獲得していた。 ハリルホジッチ監督は、これにより4大会連続で指揮したチームをW杯に導いたこととなり、これは指導者として史上初の偉業達成となった。 ハリルホジッチ監督は、リールやレンヌ、パリ・サンジェルマンなどクラブチームを指揮した後、2008年5月にコートジボワール代表を率いると、南アフリカW杯にチームを導き初のW杯出場を果たす。 その後ディナモ・ザグレブでの指揮をはさみ、2011年6月にアルジェリア代表監督に就任。2014年のブラジルW杯出場を決めると、大会を制したドイツ代表相手にラウンド16で善戦したことで評価が急上昇した。 その後は、日本をロシアW杯へ、そしてモロッコをカタールW杯へと4カ国をW杯へと導く功績を残した。 <span class="paragraph-title">【動画】W杯決定を受け、モロッコ国王からの電話に出るハリルホジッチ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe title="vimeo-player" src="https://player.vimeo.com/video/693778065?h=b1259d3991" width="640" height="288" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> 2022.03.30 10:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly