ノリッジにも敗北のエバートン、上層部がベニテスの進退巡ってミーティング

2022.01.16 12:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートン内部がラファエル・ベニテス監督(61)の進退を巡り、慌ただしくなっているようだ。

今季からエバートンを率いるベニテス監督。久々のプレミアリーグ復帰となったが、ここまで暫定15位に沈み、思い描いたような歩みとは至っていない。

そうしたなか、15日に敵地で行われた第22節でノリッジ・シティと対戦。ここ8試合未勝利で最下位に沈む相手との一戦だったが、1-2で敗れてしまった。

エバートンはこれで今季10敗目。昨年10月から数えて、12月6日に行われた第15節のアーセナル戦で手にした1勝どまりと不振を極めている。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると、エバートン上層部はノリッジ戦後、オーナーを含めてミーティングを実施。ベニテス監督の進退を話し合ったという。

そんなベニテス監督を巡ってはファンの間でも不信感が募っている様子で、ノリッジ戦でも一部ファンから監督交代を求めるバナーが掲げられていた。

ノリッジ戦での敗北が拍車をかけ、クラブ重役の動きも忙しなくなりつつあるベニテス監督だが、続投の可能性を問われ、巻き返しに意欲を示した。

「私はプロであり、十分な経験もある。問題解決のためにここに来たわけで、この5カ月間だけでのことじゃない。時間が必要なのだ」

「昨季のチームトップスコアラーがシーズンの半分もいないのだから、より難しい。そんな彼らが戻って、立て直せるのを願っている」


関連ニュース
thumb

罵倒したファンにローキックのヴィエラ監督はお咎めなしか?

ピッチに侵入したファンと揉めていたクリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督に対しての処分は行われないようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 事件が起きたのは19日。プレミアリーグ第33節の延期分でエバートンと対戦したクリスタル・パレスだったが、残留争いをする相手に2点をリードする。 一方のホーム最終戦だったエバートンは、勝てば残留が確定する可能性がある中、後半に立て続けに3ゴールを記録。3-2で見事に逆転し、最終節を残してプレミアリーグ残留を決めていた。 事件は試合後に発生。奇跡的な逆転劇で残留を決めたことに興奮したエバートンサポーターが大量にピッチになだれ込む事態に。その中で、1人のエバートンファンがピッチにいるヴィエラ監督へ罵声を浴びせかけていた。 あまりにもしつこいファンにヴィエラ監督が激怒。相手を掴むとローキックを見舞うことに。他のエバートンファンが間に入ったことで、その場は収まっていた。 相次ぐ問題を起こしているファンのピッチへの侵入は大きく問題視されている中、『BBC』によればイングランドサッカー協会(FA)は特にこの行為に措置を下さないと報道している。 マージーサイド警察もヴィエラ監督とファンの両方と話をし、事件に対して捜査を行うことはないと発表しているようだ。 しかしながら、ピッチへの侵入に関しては、FAが調査を行っているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】大逆転勝利で調子に乗ったファンの罵倒にヴィエラ監督がローキック!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XG92WBEWGhw";var video_start = 10;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「選手が刺されたらどうなる?」相次ぐサポーターのピッチ乱入に現役FWが警鐘「簡単に殺されてしまうかもしれない」

かつてプレミアリーグでもプレーしたバーミンガム・シティのFWトロイ・ディーニーが、サポーターによるピッチへの侵入に警鐘を鳴らした。 今シーズンのプレミアリーグも終了。最終節では優勝争い、4位争い、残留争いと各地で熱戦が繰り広げられた。 特に優勝争いは白熱しており、勝ち点差「1」でマンチェスター・シティとリバプールが争う状況に。相手に2点のリードを許しながらも、シティが逆転勝利を収めて連覇を達成した。 しかし、試合後にはシティのサポーターが劇的展開に沸いてピッチに乱入。その中で、対戦相手のアストン・ビラのGKロビン・オルセンに対し、シティのサポーターが頭部を殴り、後ろから突き飛ばすという愚行。シティの劇的優勝に水を差すとともに。永久追放の処分を科すとシティも発表していた。 サポーターのピッチ乱入はこの試合に限ったことではない。17日にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレーオフ、ノッティンガム・フォレストvsシェフィールド・ユナイテッドの試合では、試合後にピッチサイドにいたシェフィールド・ユナイテッドのビリー・シャープがファンに激突され吹っ飛ぶ事態に。唇を4針縫うケガをし、犯人は24週間の禁錮刑&10年間のサッカー活動禁止の処分が降った。 また、クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督は、劇的な残留を決めたエバートンのサポーターにピッチ上で罵られ、ローキックをかます事態に。その他にも、イングランドのみならず、興奮したサポーターが大量にピッチに侵入する事件が相次いでいる。 ディーニーはイギリス『サン』のコラムでこのサポーターの行動に言及。さらに事態が悪化する前に手を打つべきだとした。 「スチュワード(警備員)が危険に晒されることは望ましくないが、ピッチに侵入したければ今はできてしまう」 「それが変わるには何が必要か?選手が反撃して、サポーターが深刻なケガを負うのか?」 「そうしたら、選手は最終的にペナルティを受け、おそらく懲役刑に処されるだろう。人々は目を覚まし、選手の世話をすることについて話し始めるだろう」 「逆に言えば、選手が簡単に殺されてしまうかもしれない」 「選手が刺されたらどうなる?その場合はどうする?」 「それでも選手のせいというのか?それが起きた時、“もっと知っておくべきだった”なんて言わないでほしい」 興奮状態のサポーターが喜びをあらわにして盛り上がるだけでなく、対戦相手への攻撃が相次いで起きているだけに、深刻な事件が起こる前にこの事態を見直す必要はありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】優勝に喜ぶシティサポーターが相手GKの頭部を殴打</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="TvN8EykhcAc";var video_start = 42;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 10:22 Wed
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンが真っ先にリバプールを煽る「ライバルはこういうもの」「自分のチームの状況を見るべき」と賛否集まる

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンが最後まで宿敵を煽った。 22日、プレアミリーグの最終節が一斉に開催。マンチェスター・シティとリバプールによる熾烈な優勝争いはシティの2連覇という結末を迎えたが、これをほくそ笑んだのが他でもないリシャルリソンだ。 ブラジル代表FWはアーセナルとの最終節を欠場したものの、試合直後に自身のツイッターを更新。元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がニヤリと笑みを浮かべる動画を投稿した。 これは、エバートンにとっての永遠のライバルであるリバプールが優勝を逃したことを揶揄するもので、その意図を理解しているファンからは大きな反響が生まれ、14万を超える「いいね」など反応が殺到した。 「ライバルはこういうもの」、「最高のリアクション」、「こうじゃなきゃね」といったコメントがある一方、「ダサすぎる」、「どこまで最低なやつなんだ」、「恥ずかしいツイートだな」、「自分のチームの状況を見るべき」とリバプールファンからの怒りの声も寄せられている。 リシャルリソンはその後、今シーズンを振り返る内容の投稿もしているが、それより先にこの煽り投稿をしているのだから、よほど嬉しかったと見てとれる。 また、リバプールが優勝できなかったことを喜んだのはリシャルリソンだけでなく、アーセナル戦のスタンドに赴いたエバートンのファンたちは、チームが5-1と大量ビハインドの展開ながら、シティの優勝を知ると歓喜していた。 今シーズンは苦しみながらも何とか残留を決めたエバートン。リシャルリソンの去就は不透明だが、来シーズンもバチバチのやり合いが見られそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】これは腹立つ…!リシャルリソンが投稿したアンリのニヤケ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/qsTyioLRJR">pic.twitter.com/qsTyioLRJR</a></p>&mdash; Richarlison Andrade (@richarlison97) <a href="https://twitter.com/richarlison97/status/1528425342008020993?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.23 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

支えてくれた人々に捧げるタイトル…涙のジンチェンコ「一生忘れないよ」

マンチェスター・シティのウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコがプレミアリーグ制覇に涙した。 22日に行われたプレミアリーグ最終節で、アストン・ビラを3-2の劇的な逆転で破ったシティ。この勝利で2位リバプールを勝ち点差「1」で上回り、2年連続8度目のリーグタイトル獲得を決めた。戴冠を果たしたシティのメンバーの中でも、今シーズンの戦いに特別な想いで臨んでいたのがジンチェンコだろう。 名将ジョゼップ・グアルディオラ監督のもと、左サイドバックや中盤をマルチにこなす25歳はウクライナ出身。今年2月にロシアによる軍事侵攻が行われた直後は、自身のSNSでウラジミール・プーチン大統領を批判した他、試合ではキャプテンマークを巻き、母国への支援を呼びかけるなどしていた。 ビラ戦後の優勝セレモニーではウクライナ国旗をトロフィーにかけると、感極まって涙するシーンも。イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応えたジンチェンコは、困難な時期をサポートしてくれた人々に感謝の気持ちを語った。 「ある時期、特に侵攻が始まった当初は、サッカーのことはあまり考えられなかったんだ。自分の生まれた国で起きていることを考えながら生活するのは不可能だよ」 「しかし、そのときに多くの人がサポートしてくれて、僕らはやり遂げることができた。それが僕にとっての全てだよ」 「正直なところ、僕は自分を応援してくれる人たちのためなら、死んでも良いと思っている。人生で最も困難な時期に、みんなが僕にくれたもの、してくれたことがあるからね」 「本当に感謝しているし、一生忘れないよ。絶対にね。本当に今日は僕にとって感慨深い日だ。シティには本当に感謝している。間違いなく、彼らはいつも僕の心の中にあるよ」 2022.05.23 18:02 Mon
twitterfacebook
thumb

5発快勝もトップ4逃したアーセナル「順位表はウソをつかない」、アルテタ監督は前節の敗戦に「まだ多くの苦痛を感じている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、シーズン終了にコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 22日、プレミアリーグの最終節が一斉開催。4位フィニッシュを目指したアーセナルは、ホームにエバートンを迎えた。 4位を守ってきたアーセナルだったが、前々節に5位のトッテナムに完敗を喫すると、前節はニューカッスルを相手に連敗。これにより、自力での4位フィニッシュを手放してしまった。 最後の最後に失態を犯したチーム。経験値の少ない若いチームにはありがちなことだが、シーズンラストゲームは出色のパフォーマンスを見せる。 すでに前節で残留を決めたエバートンを相手に攻撃陣が躍動。27分にガブリエウ・マルティネッリがPKを決めて先制すると、31分にはエディ・エンケティアがCKからゴールを奪う。 2-1で迎えた後半はさらに加速。56分にCKからのサインプレーからセドリック・ソアレスが豪快に決めると、60分にはガブリエウ・マガリャンイス、82分にはマルティン・ウーデゴールと5人がゴール。5-1で快勝したが、トッテナムものリッジ・シティに快勝したことで5位でシーズンを終えることとなった。 6シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指しながら、最後にするりと手放すこととなったアーセナル。アルテタ監督は、奇跡を信じたが起こらなかったとコメントした。 「我々はやらなければならないことをやった。基本的に、我々の手中にあるためには奇跡が必要なのは分かっていた。ただ、それは起こらなかった」 「それだけだ。シーズンが終わった時点の順位表はウソをつかない。確かに昨シーズンは67ポイントで、チェルシーはチャンピオンズリーグに出場した。そして、我々は69ポイントを獲得した。でも、それがレベルであり、このリーグに求められているものだ」 前節の敗戦という失意の中で迎えた最終節。ホームに集まるサポーターに向けて、恥じない試合を見せようと全力を尽くし、それを達成したとコメント。ただ、期待に応えられなかったという事実を重く受け止めているとした。 「我々はファンには結果もそうだが、彼らに相応しいものを与えようとした。クラブとして、チームとして、どれだけ彼らが我々が前進するのを助けてくれたかだ」 「今日はシーズンについて評価はできない。申し訳ない。月曜日に起きたことの後、私はまだ多くの苦痛を感じている。我々が何をしたのか、公正な評価をしたいと思う」 「私が保証できることは、我々が可能な限りレモンの汁を一滴残さず搾ろうとした結果、辿り着いた場所だということだ」 「我々全員が知っていることであり、チームに対するファンの反応を見ても、我々がピッチで何を示したのかがわかると思う。そして、このクラブが10年前、20年前に達成したこと、そして自分たちが進むべき道はわかっている」 「我々はその歩みを止めるつもりはない。今日はとても残念だ。なぜなら今日は我々が望んでいた、このクラブに望んでいた期待感を生み出すことができたからだ。そのレベルに達していないという罪悪感は、辛いものだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ヤング・ガナーズが5発快勝! 4位逃すも来季に繋がる勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5XdveDzCXTg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 12:58 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly