シティ戦敗北のトゥヘル「デ・ブライネが違いに」…ルカク含む攻撃陣に喝

2022.01.16 11:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が敗戦の弁を述べた。

2位のチェルシーは15日にプレミアリーグ第22節で首位を走るマンチェスター・シティのホームに乗り込み、0-1の敗北。タイトな守りで踏ん張ったが、70分の失点で力尽きた。

これで首位シティとは13ポイント差に。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、優勝がより厳しくなったトゥヘル監督は試合後、攻撃陣の出来に不満を露わにした。

「姿勢や献身性、そして守備面に関しては満足している。ビッグチャンスもあまりを許さず、最小限に抑え込んでくれた」

「しかし、攻撃陣はもっとアピールが必要だ。一貫性も必要。もっとタイミングよく、もっと正確にプレーすれば、もっと多くのチャンスがあったはずだ」

「チャンスを逸したことに関してはノープロブレムだが、もっと多くのチャンスがあったはず。それこそ私が批判する点だ」

「ボールロストが早すぎるし、判断も悪すぎた。求められるレベルじゃなかった」

ケビン・デ・ブライネという個人のクオリティが今日の試合で違いを生んだ」

「だが、我々は相手を傷つけたり、先制点を奪って相手に疑念を抱かせるクオリティを示すのに苦労した」

また、ベルギー代表FWロメル・ルカクの働きぶりを問われると、「彼も時々、役立つ働きが必要だ」と厳しい言葉を飛ばした。

「彼はプレッシャーがなく、見込みがありそうな場面で何度もボールを失って、大きなチャンスもあった」

「彼もチームの一員なのだ。前線のパフォーマンスはもっと良くなれるし、もっと良くしていく必要がある」


関連ニュース
thumb

ついにアブラモビッチ政権終焉へ…声明を発表「このクラブの一員だった人生を誇りに思う」

ついに30日にチェルシー完全売却の見通しとなった中、ロマン・アブラモビッチ氏がクラブ公式サイトを通じて声明を発表した。 チェルシーは28日、クラブをトッド・ベーリー氏およびクリアレイク・キャピタル・コンソーシアムに売却する最終的な契約が締結されたことを発表した。 ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに、アブラモビッチ氏がロシアのウラジミール・プーチン大統領との関わりが深いことからクラブ存続の危機に立たされていたチェルシー。だが、いち早く危機を察知した同氏は、3月初めにクラブの売却を決断した。 その後、多くの資産家が買収に名乗りを挙げた中、協議に協議を重ねた末に上記のコンソーシアムが買収することで決着。イギリス政府やプレミアリーグの承認も得て、30日にも完全に取引が完了すると、クラブは伝えた。 そして、これでついにチェルシーのオーナーとして役目を終えることとなったアブラモビッチ氏も声明を発表。クラブ売却を決断した日から現在に至るまでの過程を振り返りながら、ブルーズの今後の成功を祈った。 「私がチェルシーを売却する意向を表明してから、約3カ月が経った。この間、チームはチェルシーを成功に満ちた次の章に導くことができる最適な人材を見つけるため、懸命に努力してきた」 「このクラブのオーナーシップには大きな責任が伴う。私は20年近く前にチェルシーに来て以来、このクラブが成し遂げてしくことを直接目にしてきた。私の目標は、次期オーナーに、男女チームの成功を可能にする考え方と、アカデミーやチェルシー財団の重要な活動など、クラブの他の重要な側面を引き続き発展させる意志と意欲を持たせることだった」 「この度、それが上手くいったことを嬉しく思う。チェルシーを次のオーナーに託すにあたり、私はピッチ内外で最高の成功を収められることを願っている」 「このクラブの一員だった人生を誇りに思う。この素晴らしい年月を過ごさせてくれた、クラブの過去と今の選手たち、スタッフ、そしてもちろんファンの皆さんに感謝を申し上げたい」 「我々が共に成功を収めた結果、新たに設立される慈善財団から何百万人もの人々が恩恵を受けることになることを誇りに思う。これこそ、我々が共に築き上げた遺産だ」 「ありがとう」 「ロマン」 2022.05.28 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがクラブ売却を最終確認…30日に完了へ

チェルシーは28日、クラブをトッド・ベーリー氏およびクリアレイク・キャピタル・コンソーシアムに売却する最終的な契約が締結されたことを発表した。 ロシアのウクライナ侵攻を受け、ウラジーミル・プーチン大統領と近しい中にあるオーナーのロマン・アブラモビッチ氏がイギリス政府から資産凍結の制裁を受けた中、同氏は2003年から保有していたチェルシーの株式売却を決断。多くの資産家が買収に名乗りを挙げた中、MLBのロサンゼルス・ドジャースやNBAのロサンゼルス・レイカーズの共同オーナーを務めるトッド・ベーリー氏らが率いるコンソーシアムだった。 今月7日に同コンソーシアムと売却条件で合意したことが発表され、株式の売却額は25億ポンド(約4000億円)、さらにチーム強化や施設拡充のため17.5億ポンド(約2800億円)の追加投資が行われることも明らかにされた。 先日の25日には、プレミアリーグからの承認も受けたとイギリス『BBC』が報じていたが、この度チェルシーからも売却がまとまったことが発表された。 「チェルシー・フットボール・クラブは昨夜、クラブをトッド・ベーリーおよびクリアレイク・キャピタル・コンソーシアムに売却する最終的な契約を締結したことを確認します。この取引は月曜日(30日)に完了する予定です。クラブは、その時点で詳細を報告します」 2022.05.28 18:49 Sat
twitterfacebook
thumb

大幅な減棒も受け入れる?ルカクがインテル復帰を強く希望

チェルシーに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(29)。期待を裏切る結果となってしまった今シーズンを終え、わずか1年でインテルへの出戻りを希望しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 2020-21シーズンのセリエAで36試合24得点。絶対的なエースとしてインテルのスクデット奪還に大きく貢献したルカクだったが、クラブの財務状況悪化から売却を余儀なくされ、今シーズンからおよそ8年ぶりとなるチェルシー復帰を果たしていた。 大きな期待を寄せられロンドンの街へと戻ってきたルカクだったが、蓋を開けるとプレミアリーグではわずか8得点。全てのコンペディションを合わせても15得点と、加入前の期待値と比べれば散々たる結果に。トーマス・トゥヘル監督との確執も報じられるなど、シーズン中からインテル復帰が取り沙汰されてきた。 『カルチョ・メルカート』によると、シーズンが終了した現在、ルカクとインテルの両者は頻繁に連絡を取り合っており、ルカク本人がインテル復帰を強く希望していることから、現在の週給の半分であっても受け入れる姿勢を示しているという。 だが、インテルは昨夏同様に今夏も財務上の懸念を抱えており、現時点でルカクをチェルシーから完全移籍で獲得することは不可能と見られている。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)らはすでにルカクの代理人と会談の場を設けたとされており、最も現実的な選択肢がレンタル移籍になるとのことだ。 2020-21シーズンのセリエA最優秀選手賞を受賞しているルカク。慣れ親しんだイタリアの地に1年で舞い戻ってくるのだろうか。注目が集まっている。 2022.05.27 12:44 Fri
twitterfacebook
thumb

ドリンクウォーターがチェルシー退団…ファンに謝罪と別れのメッセージ

元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター(32)が謝罪の言葉とともにチェルシー退団を発表した。 レスター・シティ時代の2015-16シーズンにプレミアリーグ優勝に貢献したドリンクウォーター。その活躍が認められ、イングランド代表にも呼ばれるようになり、2017年夏にチェルシー入りした。 だが、ケガだけでなく、ピッチ外でのトラブルも明るみとなり、バーンリーやアストン・ビラのほか、トルコのカスムパシャにレンタル。今季からチャンピオンシップのレディングにローン移籍した。 そうしているうちにチェルシーとの5年契約も今季最終年に。わずか公式戦23試合(1得点)の出場でチェルシーと袂を分つドリンクウォーターは自身のインスタグラムに別れの言葉を記している。 「チェルシーでの時間が終わりを告げる…本音を言うと、これを書き綴っているのが変な感じだ。僕も、クラブも、ファンもこういう結末にひどくがっかりしているに違いない」 「ケガや、処遇、過ち、ピッチでの問題、ゲーム時間の少なさ…言い訳を探せばキリがないけど、起きてしまったことは変えられない。この5年間を前向きにとらえようと思う」 「僕は最高の選手とプレーし、素晴らしい監督の指導を受け、素晴らしいスタッフと働き、素敵な人々に出会い、美しい場所に住み、世界を旅して、トロフィーを手にした」 「フットボールはファンタスティックなスポーツだけど、ビジネスは双方にとってうまくいかず、黒と白の世界があった」 「チェルシーファンに向けてはこういう結末になったのをお詫びする。愛するシャツを着てベストを姿を披露する僕を見てほしかった。幸運を祈っている」 2022.05.27 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグがチェルシーの売却を承認、6770億円で残すは政府の許可のみ…リミットは5月31日

プレミアリーグは、チェルシーの売却に関して承認を与えたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ウクライナへのロシアによる軍事侵攻が始まり3カ月が経過。今なお、その紛争は続いている。 その影響もあり、ウラジーミル・プーチン大統領と近しい中にあったロマン・アブラモビッチ氏がオーナーを務めるチェルシーがピンチに。資産が凍結され、クラブが収益を得ることができなくなってしまった。 アブラモビッチ氏は、資産凍結前にクラブの売却意思を示し、イギリス政府やプレミアリーグもアブラモビッチ氏が収益を得ない形が確立されれば売却を認めるとしていた。 そんな中、MLBのロサンゼルス・ドジャースやNBAのロサンゼルス・レイカーズの共同オーナーを務めるトッド・ベーリー氏らが率いるコンソーシアムが、クラブを買収する条件で合意。チェルシーも正式に売却先決定を発表していた。 しかし、アブラモビッチ氏に収益がいく可能性があるとして認められず。調査が入っていたが、無事に承認されたようだ。 プレミアリーグは、42億5000万ポンド(約6770億円)にもなる売却を承認。オーナーのテストに合格したとし、残すは政府がライセンスを発行するかどうかに委ねられるという。 チェルシーの運営ライセンスは、政府に特別に認められたものとなっており、その期限は5月31日。それまでに取引が成立すると見られているが、失敗した場合はクラブが消滅する可能性も指摘されている。 2022.05.25 12:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly