ミシャ5年目の札幌が背番号発表! 興梠慎三はルーキー時代の「23」に、青木亮太が「11」、小柏剛が「19」に変更

2022.01.13 20:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌は13日、2022シーズンの新体制&選手背番号を発表した。

2021シーズンはミハイロ・ペトロヴィッチ監督が率いて4年目のシーズンに。チームは14勝9分け15敗で10位と真ん中でシーズンを終えた。

ここ数年は大卒選手の活躍が目立ち、チームの軸となると新シーズンに向けては、FWジェイやMFチャナティップ(→川崎フロンターレ)、DFキム・ミンテ(→鹿島アントラーズ)といった外国籍選手が退団。一方で、浦和レッズからFW興梠慎三を期限付き移籍で獲得した。

主軸の放出を留めた札幌。新加入の興梠は鹿島のルーキー時代に着けていた「23」に決定。また、期限付き移籍から復帰したMF檀崎竜孔は「17」、FW藤村怜は「16」を着けることとなる。

背番号変更も2名だけ行われ、MF青木亮太が「28」から「11」に、FW小柏剛が「35」から「19」に変更となった。

◆選手背番号一覧
GK
1.菅野孝憲
21.阿波加俊太
22.大谷幸輝
34.中野小次郎

DF
2.田中駿汰
3.柳貴博
5.福森晃斗
24.中村桐耶
47.西野奨太
50.岡村大八

MF
6.高嶺朋樹
7.ルーカス・フェルナンデス
8.深井一希
9.金子拓郎
10.宮澤裕樹
11.青木亮太※背番号変更「28」
14.駒井善成
17.檀崎竜孔←ジェフユナイテッド千葉/復帰
27.荒野拓馬
29.井川空←筑波大学/新加入
30.田中宏武←立正大学/新加入
44.小野伸二

FW
4.菅大輝
16.藤村怜←モンテディオ山形/復帰
19.小柏剛※背番号変更「35」
23.興梠慎三←浦和レッズ/期限付き
32.ミラン・トゥチッチ
33.ドウグラス・オリヴェイラ
45.中島大嘉


関連ニュース
thumb

U-21日本代表に札幌FW中島大嘉、明治大学MF佐藤恵允が追加招集《AFC U-23アジアカップ》

日本サッカー協会(JFA)は27日、AFC U23アジアカップに臨むU-21日本代表の追加招集メンバーを発表した。 6月1日からウズベキスタンで行われる同大会。U-21日本代表は、北海道コンサドーレ札幌のFW中島大嘉、明治大学のMF佐藤恵允を追加招集した。 24日に21名のメンバーが発表されていた中、ヴィッセル神戸のMF小田裕太郎がコンディション不良のために参加を辞退していた。 残り2名を改めて発表すると大岩剛監督が語っていたが、残りは1名となった。 2022.05.27 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】ともに一発退場の札幌DF福森晃斗と名古屋DFチアゴが出場停止に

Jリーグは26日、最新の出場停止選手情報を更新した。 25日にJ1第15節、J2第18節、そしてJ3の1試合が行われたJリーグ。J1では、柏レイソル戦で相手選手のふくらはぎに足裏でタックルを見舞い一発退場となった福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌)や、アビスパ福岡戦でハイボールに競り合った際に、足裏を相手選手のヒザ付近に当ててしまったチアゴ(名古屋グランパス)が、1試合停止となった。 また、21日のアビスパ福岡戦で相手選手に唾吐き行為を行ったアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス)には6試合の出場停止処分が下っており、25日に行われた京都サンガF.C.戦で1試合分消化し、残り5試合となっている。 J2では、徳島ヴォルティス戦で2度の警告で退場となった野澤陸(ヴァンフォーレ甲府)と、累積警告の楠本卓海(水戸ホーリーホック)が、それぞれ1試合出場停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌) 第16節 vsヴィッセル神戸(5/29) 今回の停止:1試合停止 DFチアゴ(名古屋グランパス) 第16節 vsサンフレッチェ広島(5/28) 今回の停止:1試合停止 FWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス) 第16節 vsジュビロ磐田(5/29) 今回の停止:6試合停止(2/6) 第17節 vsガンバ大阪(6/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 第18節 vs柏レイソル(6/25) 今回の停止:6試合停止(4/6) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 今回の停止:6試合停止(5/6) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 今回の停止:6試合停止(6/6) 【明治安田生命J2リーグ】 DF野澤陸(ヴァンフォーレ甲府) 第19節 vsロアッソ熊本(5/28) 今回の停止:1試合停止 DF楠本卓海(水戸ホーリーホック) 第19節 vsジェフユナイテッド千葉(5/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF鈴木拳士郎(アスルクラロ沼津) 第10節 vs藤枝MYFC(5/29) 今回の停止:1試合停止 2022.05.26 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

序盤で1人退場の札幌に柏が猛攻! 大量6ゴールで6試合ぶり白星【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節、北海道コンサドーレ札幌vs柏レイソルが25日に札幌ドームで行われ、アウェイの柏が1-6の大勝を収めた。 ここ7試合でわずか1敗の8位札幌(勝ち点20)と、ここ7試合で1勝の柏(勝ち点21)による一戦。前節の札幌は、アウェイでジュビロ磐田相手に1-2の逆転勝利を収め、4失点を喫した鹿島アントラーズ戦の大敗を払拭。開幕から7試合未勝利が続いた序盤戦から一気に調子を上げている。 一方の柏は対照的で、開幕7試合で5勝を挙げたものの、前述のように直近7試合で足踏み。特に未勝利が続くここ3試合はゴールを決められておらず、攻撃に課題を抱えている。 試合は開始10分で大きな動きを見せる。札幌の福森が小屋松にプレスをかけたところ、足裏が小屋松のふくらはぎに入る形で交錯。小屋松は大事に至らなかったが、オンフィールドレビューの結果、福森は極めて危険な行為だったとして一発退場が命じられた。 こうなると流れは一気に柏に傾く。15分、左サイドの三丸のクロスから、クリアボールを拾った細谷がボックス左からシュートを放つ。ここはDFにブロックされたが、跳ね返りにセンターバックの高橋が反応。ボックス手前からダイレクトで右足を振り抜くと、2人のDFの間を抜けた強烈なシュートがGKの手を弾いてゴールに突き刺さった。 4試合ぶりのゴールで先制した柏。22分にも椎橋のシュートが相手GKを脅かす。26分には、マテウス・サヴィオとの連携から大南が右サイドを突破。マイナス方向にグラウンダーのクロスを送ると、ニアの小屋松は当て損なうも、ボックス中央に詰めていた細谷がきっちり押し込んで追加点を挙げた。 数的有利も含め、前半だけで大きくリードを得た柏。後半立ち上がりの54分には、敵陣で細谷が相手のパスを引っ掛け、こぼれ球を拾った小屋松が素早くマテウス・サヴィオにスルーパス。最後は冷静にGKとの一対一を制し、リードを3点に広げた。 さらにその4分後には、速攻から左サイドに展開し、ボックス手前まで運んだ三丸からゴール前に走るマテウス・サヴィオへ。このパスはややズレてしまったものの、ボックス右で持ち直したマテウス・サヴィオからパスを受けた小屋松が、ゴール前でキックフェイントで冷静に相手をかわしながらシュートを流し込んだ。 成す術のない札幌。70分手前には、柏は途中出場の森がボックス左で西に倒されPKを獲得。これを自ら決めて5点目が追加された。 さらにその2分後には、味方のスルーパスで左サイドを突破した森がボックス左へ侵入し、そのまま右足でシュートを突き刺し6点目。3試合無得点から一転、予想外のゴールラッシュとなった。 敗戦濃厚の札幌は、ホームのサポーターの前で意地を見せる。74分にボックス中央に流れたこぼれ球を青木が蹴り込み1点を返す。 柏は86分にも、味方のスルーパスに抜け出した途中出場の升掛がネットを揺らすも、ここはオフサイドでノーゴールの判定に。Jリーグ初得点は叶わなかった。 それでも柏の勝利は揺ぎなく、試合は1-6で大勝。4試合ぶりの白星で暫定4位に順位を上げている。 北海道コンサドーレ札幌 1-6 柏レイソル 【札幌】 青木亮太(後29) 【柏】 高橋祐治(前15) 細谷真大(前26) マテウス・サヴィオ(後9) 小屋松知哉(後13) 森海渡(後24) 森海渡(後26) 2022.05.25 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

J1第14節のベストゴールは名古屋FW相馬勇紀の劇的決勝ミドル弾に決定

Jリーグは24日、明治安田生命J1第14節のTOP5ゴールを発表した。 21日から22日にかけて行われた第14節。全20得点の中から、5位には名古屋グランパスのFW酒井宣福のヘディング、4位には北海道コンサドーレ札幌のMF深井一希のボレー、3位には京都サンガF.C.のMF武富孝介の反転シュート、2位にはサンフレッチェ広島のFW満田誠の一撃が選ばれている。 そして、栄えある1位に輝いたのは名古屋のFW相馬勇紀のミドルシュートだ。 清水エスパルスとのアウェイゲームに臨んだ名古屋は先制しながらも追い付かれ、守勢の中で試合終盤を迎えたが、後半のアディショナルタイムに相馬が大きな仕事をやってのけた。 94分、左サイドを起点にして中盤の相馬へボールが渡ると、前を向いた相馬は前方へスペースがあること確認してドリブルを開始する。相手も寄せてこず、ノンプレッシャーの状態でゴール正面やや左から右足を強振すると、低く鋭いミドルシュートは左のポストに当たってゴールへ吸い込まれた。 目の覚めるような劇的な一撃が決勝点となり、名古屋が2-1で勝利。試合後には自身の今季初ゴールを振り返った相馬自身も驚いた様子を見せていた。また、今節から使用されたボール、カタール・ワールドカップ(W杯)の公式試合球である「アル・リフラ(AL RIHLA)」についての手ごたえ(足ごたえ?)も口にしていた。 「すごかったですね。本当に良いシュートが入ったと思います(笑)。ボールが今回から新しく変わって、昨日にシュート練習をしたときも、芯に当たればけっこうボールが伸びるなっていう印象があって。健太さん(長谷川 健太監督)からも、試合前に「雨の状況もあるし、伸びるから低いシュートを打ったら入ると思う」みたいな話をされていたので、そのとおりに2つの要因が重なったかなと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATの勝ち越し弾!! 相馬の地を這うミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vbpo6dlntZM";var video_start = 278;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌がGK交代のアクシデント発生も逆転勝利! 磐田は初連勝ならず【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節のジュビロ磐田vs北海道コンサドーレ札幌が22日にヤマハスタジアムで行われ、アウェイの札幌が2-1で勝利した。 前節のFC東京戦を勝利して2連敗の嫌な流れを払拭した14位の磐田はスタメンを1名変更。ウィングバックながらチーム内得点王の鈴木がメンバー外となり、今季のリーグ戦初スタメンとなる袴田を起用した。 一方、先の鹿島アントラーズ戦で6試合ぶりの失点を含む4失点の完敗を喫した11位の札幌は5選手が入れ替わり、最後尾にGK大谷を起用。トップに荒野を置き、ゼロトップのシステムで仕切り直しを目指した。 札幌のキックオフで幕を開けた試合は開始早々に荒野が飛び込んでチャンス。その後も札幌が高い位置からプレスをかけてチャンスをうかがう。これで立ち上がりのペースを乱された磐田だが、ロングボールからセットプレーのチャンスを獲得した8分に幸先よくゴールを奪う。遠藤の左CKからのクロスに山本義道が飛び込むと、一度は札幌DFに阻まれたものの、J1初ゴールとなる一発を倒れ込みながら決めた。 早くも1点を失った札幌は試合を振り出しに戻そうと、サイドを起点に攻撃を仕掛けるが、落ち着きを取り戻した磐田の組織的守備を前に苦戦。最終ラインでボールを回しながら相手のブロックを崩すための隙を探るなか、一方の磐田も強固に守ってカウンターを狙う。だが、前線で起点となるファビアン・ゴンザレスにボールが合わず、にらみ合いが続く。 札幌が最終ラインから試合を作るなか、センターバックの中村がハーフウェイライン付近で相手選手を2枚剥がすと、磐田の守備に綻びが生じて28分に同点ゴールが生まれる。ボックス手前の中村から右サイドでパスを受けたルーカス・フェルナンデスが落ち着いてクロスを上げると、ボックス中央付近に走り込んだ深井がダイレクトでゴール右下に決め、札幌が試合を振り出しに戻した。 これで勢いづいた札幌は37分に駒井のスルーパスに抜け出した金子が決定機。41分にも田中駿汰のスルーパスに駒井が抜け出してチャンスを演出する。徐々に前線のペースを確立して攻撃のリズムを生み出すが、前半のうちに逆転ゴールを奪えず、試合を折り返した。 後半の立ち上がりに先手を打ったのは磐田。46分に右サイドからボックス手前中央で杉本がパスを受けてその場で右足を振り抜くと、右ポストの内側に当たるもネットを揺らせない。一方の札幌も53分にFKから岡村がヘディングでチャンスを演出するなど、両チームともにアグレッシブな戦いを繰り広げる。 すると、流動的な攻撃で畳みかける札幌が55分に待望の逆転ゴールを生み出す。敵陣中央をドリブルで上がった中村がバイタルエリア左の青木にパスを送ると、切り返しのフェイントで磐田DFを剥がしてクロスを上げ、ゴール前でフリーの駒井がヘディングシュートでネットを揺らした。 勝利を決定づけるべく追加点を奪いにかかる札幌は62分にもチャンスを作ると、続く66分にもゴールに迫り、試合の主導権を掌握。流動的なパスワークで相手の守備ブロックを崩し始めた札幌がチャンスを増やす一方、磐田は起点となる途中出場の大津にボールが収まらず、得点の機会を作り出せぬまま時間が経過する。 試合が終盤に差し掛かると、札幌がリスクマネジメントを徹底しながら試合をコントロール。86分にGK大谷が肩を負傷したことで、J1最長身タイの200㎝を誇るGK中野をスクランブル的に今季初出場させるアクシデントもあったものの、6分にわたるアディショナルタイムもゴールを守り切り、3試合ぶりの勝利で8位に浮上した。一方の磐田は今季初の連勝を逃している。 ジュビロ磐田 1-2 北海道コンサドーレ札幌 【磐田】 山本義道(前8) 【札幌】 深井一希(前28) 駒井善成(後10) 2022.05.22 18:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly