マインツ、東京五輪出場のU-24フランス代表DFカシの来季加入決定!

2022.01.11 22:34 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは10日、ストラスブールからフランス人DFアントニー・カシ(24)が来シーズンから加入することを発表した。

今シーズン限りでストラスブールとの契約が終了するカシは、マインツと2026年6月30日までの4年契約にサインしている。

ストラスブールの下部組織出身のカシは、2016-17シーズンにトップチームデビュー。ここまで公式戦99試合に出場している。右利きの184cmのDFは左サイドバックを本職とするが、右サイドバックやセンターバック、ウイングバックでもプレー可能な守備のマルチロールだ。

また、昨年行われた東京オリンピックではU-24フランス代表としてグループステージ全3試合に出場していた。

今シーズン限りでのストラスブール退団が決定的となっていた中、フランクフルトやヘルタ・ベルリンからも関心が伝えられていたが、新天地はマインツに決定した。

関連ニュース
thumb

ブライトン新指揮官候補にマインツ指揮官が浮上!

新指揮官を探すブライトンが、マインツ指揮官を新たにリストアップしたようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズン、開幕から4勝1分け1敗の4位と躍進を見せるブライトンだが、2019年夏からチームを率い、昨季にはクラブ史上最上位となる9位フィニッシュに導いたグレアム・ポッター監督が、トーマス・トゥヘル監督の後任としてチェルシーに引き抜かれることになった。 これにより、後任探しに着手するクラブは、ボデ/グリムトを率いるヒェティル・クヌートセン監督、サッスオーロやシャフタール・ドネツクを率いたロベルト・デ・ゼルビ氏の2名を有力な候補としてリストアップしている。 現時点ではクヌートセン監督が最有力候補に挙がる一方、ボデ/グリムトが引き抜き阻止の動きを見せており、交渉が難航している模様だ。 そういった中、クラブは新たな候補としてマインツを率いるボー・スヴェンソン監督(43)をリストアップしているようだ。 現役時代にデンマーク代表MFとしてコペンハーゲンやボルシアMG、マインツで活躍したスヴェンソン監督は、古巣マインツのユース年代での指導を経て、2019年はレッドブル・ザルツブルクのリザーブチームにあたるFCリーフェリングで監督キャリアをスタートした。 その後、2021年1月からマインツの指揮官に就任。昨シーズンのブンデスリーガでチームを8位に躍進させると、今季ここまでも3勝1分け2敗の6位と好調な滑り出しを見せている。 リーフェリング、マインツを通じて若手育成の手腕が高く評価されるデンマーク人指揮官は、[3-4-2-1]をメインシステムとして採用しており、ブライトンの現スカッドとの相性は悪くないはずだ。 2022.09.15 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

初退場の板倉滉はしてやられた? 相手FWが当該シーンを振り返る「ありがたく受け取った」

ブンデスリーガ5試合目にして、ヨーロッパでのキャリア初となるレッドカードをもらったボルシアMGの日本代表DF板倉滉だが、相手が一枚上手だったようだ。 ボルシアMGは4日にマインツと対戦。開幕から4試合を2勝2分けで終えていた中、マインツには0-1で敗れ、今季初黒星を喫した。 板倉は5試合連続での先発出場となった中、0-0で迎えた後半早々に一発退場となる。 53分、競り合いのボールが流れると、抜け出そうとしたカリム・オニシウォを掴んで倒したとして板倉が一発レッド。ボルシアMGは数的不利になってしまう。 これで得たFKをアーロン・マルティンがゴール左隅に直接決めてマインツが先制し、そのまま勝利した。 オニシウォは試合後、板倉が退場になったシーンについて言及。抜け出そうと思ったが、掴まれたことでファウルにしようと考えたと正直に語った。 「彼が最後の1人であることはわかっていたし、感謝して受け止めようと思った」 「でも、彼が僕を抱き抱えてくれたんだ。だから、ありがたく受け取った。そうすることで、長い間、彼らは劣勢を強いられたんだ」 結果としてこのプレーが決勝点につながり、ボルシアMGは初黒星。このシーンではVARが介入したが、それはオニシウォがオフサイドになるかどうかを見極めるためだったとデニズ・アイテキン主審が明かしている。 「ボールが誰から渡ったのか、最後に誰が触ったのかをもう一度確認する必要があった」 「これはボルシアMGのマーヴィン・フリードリヒにあたったものであり、カリム・オニシウォはオフサイドでペナルティになることはなかった」 「そうであれば、明らかなファウルであることは間違いなく、板倉は最後の1人だったため、レッドカードを提示しなければいけなかった」 オフサイドであればノーファウルだったが、わずかな差で大きく結果が異なることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】板倉滉がヨーロッパで初の一発退場となったシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t6l0LCD2b_I";var video_start = 62;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></scrip 2022.09.06 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州初の一発退場を受けた板倉、1試合に出場停止処分が決定

ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は5日、ボルシアMGの日本代表DF板倉滉に対し、1試合の出場停止処分を科したことを発表した。 板倉は4日に行われたブンデスリーガ第5節マインツ戦に先発。53分に競り合いで流れたルーズボールに反応したカリム・オニシウォを掴んで倒したとして、一発退場処分を受けていた。 この処分により、板倉は次節のフライブルク戦の欠場が決定。堂安律との日本代表対決は次回に持ち越されることとなった。 今夏にマンチェスター・シティからボルシアMGへ完全移籍した板倉は、リーグ開幕から定位置を掴むと全試合に先発出場し、チームの守備を支えていた。 2022.09.06 01:20 Tue
twitterfacebook
thumb

板倉滉が欧州で初の一発退場、ボルシアMG指揮官「不利になることが、なぜか今日は全部起きた」…相手はオフサイドも不運重なる

ボルシアMGの日本代表DF板倉滉が一発退場となった中、ダニエル・ファルケ監督が試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、ブンデスリーガ第5節でボルシアMGはマインツと対戦。板倉は開幕から5試合連続でスタメン出場を果たした。 この日のボルシアMGは、GKヤン・ゾマーの好セーブも光り失点を免れると、前半から何度も決定機を迎えたが決め切れない。 すると53分、競り合いのボールが流れると、抜け出そうとしたカリム・オニシウォを掴んで倒したとして板倉が一発レッド。ボルシアMGは数的不利になってしまう。 するとこのFKをアーロン・マルティンがゴール左隅に直接決めてマインツが先制。このゴールが決勝点となり、0-1でボルシアMGは敗れた。 試合後、ファルケ監督が試合に言及。パフォーマンスは悪くなかったとコメントした。 「結果は不満だが、スタートの段階を除けばパフォーマンスは本当に良かった。ただ、上手く試合に入れなかった」 「マインツも序盤はあまりチャンスを作れなかったが、それでも満足はできない。ただ、その後は、自分たちのやり方で戦い、多くのことをうまくやれた」 「残念なことに、ハーフタイムまでに何度もビッグチャンスを逃してしまった」 前半のチャンスを決め切れずに苦しんだボルシアMG。その結果、後半にはアクシデントが連発。ケガでの選手交代に加え、板倉が退場。退場シーンもオフサイドポジションに相手がいたものの、パスではなくDFに当たって流れたボールが不運だとした。 「そして、そこでニコ・エルベディが代わり、その直後にアラサン・プレアも交代してしまった」 「さらに、とても不運なレッドカードをもらってしまった。カリム・オニシウォは明らかにオフサイドだった。しかし、ボールはマーヴィン・フリードリヒの肩に当たって流れた」 「その後、25mほどのFKはそのままゴールの端に入った。サッカーでは不利になることが、なぜか今日は全部起こってしまった。それが結果的に敗因となった」 <span class="paragraph-title">【動画】板倉滉がヨーロッパで初の一発退場となったシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t6l0LCD2b_I";var video_start = 62;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.05 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

板倉退場のボルシアMG、マインツに競り負けて今季初黒星《ブンデスリーガ》

ボルシアMGは4日、ブンデスリーガ第5節でマインツをホームに迎え、0-1で敗れた。 前節バイエルン戦を守護神ゾンマーの活躍で1-1の引き分けに持ち込み、2勝2分けスタートとしたボルシアMGは板倉が開幕から5試合連続センターバックでスタメンとなった。 2勝1分け1敗スタートのマインツに対し、ボルシアMGは6分、ゴール至近距離からのヴィドマーのヘディングシュートをGKゾンマーがファインセーブ阻止。 直後のCKからのピンチもゾンマーが凌ぎ、早々の失点を逃れたボルシアMGが攻勢に転じていく。 まずは23分、テュラムがGK強襲のシュートを浴びせると、さらに31分にもカウンターの流れからテュラムがバーを掠めるシュートを放った。 続く34分にもボルシアMGに決定機。ルーズボールを拾ったテュラムが独走して二対二に。しかしノイハウスへのラストパスは相手DFのカットに遭ってしまった。 ゴールレスで迎えた後半、52分に板倉が一発退場してしまう。ディフェンスライン裏をオニシウォに取られ、背後から倒してしまった。 そしてこのプレーで与えたFKをアーロンに直接決められ、ボルシアMGはビハインドを負ってしまう。守勢のボルシアMGはホフマンに同点の好機が2度訪れるも決めきれず、時間が過ぎていく。 結局、10人のボルシアMGはゴールを奪えず。今季初黒星を喫してしまった。 2022.09.05 02:32 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly