クラブ創立20周年の群馬、大槻毅新体制となる今季のユニフォームはシェブロン柄で勝利の波に乗り続ける姿勢をイメージ

2022.01.10 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ザスパクサツ群馬は10日、2022シーズンで着用するユニフォームデザインが決定したことを発表した。

昨季は9勝14分け19敗の18位に終わった群馬。ポゼッションサッカーを指向しながらも、順位にのために現実的な戦いを強いられ、最終節で辛うじて残留が決まるという難しいシーズンとなった。

クラブ創立20周年を迎え、再起を期する今季も、サプライヤーは昨年から引き続き「KELME(ケレメ)」が務める。

1stユニフォームは伝統の紺を基調に、鋭利なシェブロン・ストライプ柄を採用。常に勝利の波に乗り続ける強い姿勢をイメージし、同じくクラブカラーの黄色をアクセントカラーに用いた。脇からサイド、袖口にかけても黄色のラインを施している。

2ndユニフォームは白がベースとなる。柄や黄色のラインは変わらず、ショーツの裾を紺で縁取った。GK用の1stユニフォームはオレンジ、2ndユニフォームは緑をベースカラーとした。

胸スポンサーもこれまで同様、ホームセンターを展開する「CAINZ」となっている。

大槻毅新監督を迎え、新体制でスタートする群馬。コンセプトのように勝利の波に乗り続けることはできるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

新潟がU-21日本代表三戸舜介のゴールなどで勝利し首位肉薄! 裏天王山は大宮が琉球を下し降格圏脱出【明治安田J2第18節】

25日、明治安田生命J2リーグ第18節の11試合が行われた。 首位のベガルタ仙台(勝ち点35)は4位のファジアーノ岡山(勝ち点27)と対戦。ゴールレスドローに終わった。 上位対決となった一戦。岡山の木山隆之監督にとっては古巣対戦となった一戦となった。 立ち上がりから積極さを見せた中5分、ミッチェル・デュークの展開からハン・イグォンが持ち出してシュートも枠外となる。 仙台は中島元彦のミドルシュート、岡山はミッチェル・デュークがミドルシュートでゴールを狙うが、共に枠を外れていく。 仙台は30分、内田裕斗からのクロスを走り込んだ富樫敬真がヘッド。しかし、これは強く叩けず、GK堀田大暉がキャッチする。 仙台は後半に氣田亮真がカットインからミドルシュート。これは枠に飛ぶがGK堀田がセーブする。 後半はホームの仙台が押し込み続けるが、富樫、氣田のシュートは惜しくも決まらず。ゴールが遠い展開が続く。 岡山は85分、左CKからのクロスを柳育崇がヘッド。これは枠に飛ぶがGK小畑裕馬がキャッチ。ゴールを奪えず、1-1の引き分けに終わった。 2位のアルビレックス新潟(勝ち点32)はアウェイで水戸ホーリーホック(12位/勝ち点22)と対戦し、0-3で勝利を収めた。 連勝を目指す新潟だったが、先にチャンスを作ったのは水戸。8分、椿直起がカットインからシュート。しかし、これは右ポストを直撃する。 対する新潟は14分、新潟は後方からのビルドアップを繋ぎ、最後は三戸舜介がボックス内右からシュート。これはGK山口瑠伊がセーブ。こぼれ球を谷口海斗が詰めにいくがゴールに飛ばない。 すると30分、水戸はカウンターから木下康介が運び、折り返しを安藤瑞季が合わせにいくが、千葉和彦がブロック。黒石貴哉がこぼれ球を拾ってシュートもGK小島亨介がセーブする。 互いにゴールに迫る中ゴールレスで後半を迎えた中53分、三戸がインターセプトのまま持ち出すとカウンター。3-2の状況となったがそのままミドルシュート。GKの手を弾いてゴールに決まり、先制に成功する。 さらに67分、左からのCKからファーサイドにフリーで走り込んだ本間至恩がダイレクトで合わせて新潟が追加点を奪う。 2点リードを奪うと、85分には左サイドでボールを持った本間がドリブルでカットイン。ワンツーで崩すと、ミドルシュートが鈴木孝司の背中に当たって跳ねて決まり、新潟が0-3で勝利を収めた。 また、横浜FC(3位/勝ち点32)はアウェイでいわてグルージャ盛岡(22位/勝ち点14)とアウェイで対戦した。 上位と下位の対決となる中、先にネットを揺らしたのは横浜FC。39分、ボックス右でFKを得た横浜FCは長谷川竜也のクロスからファーサイドでガブリエウがヘッド。これが決まり先制する。 積極的なプレーを見せる岩手だが、横浜FCとの力の差を感じる展開に。それでもしっかりと我慢しながら戦っていたが、うまく試合をコントロールされると、60分に一瞬の隙を突かれてしまう。 GKからのロングフィードがフリックされるも、最終ラインの牟田が拾ってバックパス。しかし、弱いパスを予測したのかサウロ・ミネイロはすでに追いかけており、そのまま流し込んだ。 横浜FCがリードを保ったまま終盤へ。強風の中での試合となったがアディショナルタイムにはボックス手前で小川がコントロールからシュートをねじ込み3点目。リードを広げるが、岩手はその後も押し込むとボックス内右でパスを受けたブレンネルが豪快に蹴り込み一矢報いる。しかし、そのまま試合は終了し、1-3で横浜FCが勝利した。 その他、降格圏の大宮アルディージャ(21位/勝ち点14)と勝ち点でならぶFC琉球(20位/勝ち点14)の一戦は、1-0で大宮が勝利した。 前半はアウェイの琉球が押し込む展開となった中、大宮は粘りの守備を見せて得点を許さず。 後半に入り、大宮がギアを上げて盛り返すと、71分に柴山昌也のクロスを田代真一がジャンピングボレーでニアサイドを撃ち抜き先制。1-0で逃げ切り、順位を入れ替えることに成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 横浜FC</span> ベガルタ仙台 0-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 レノファ山口FC 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 FC町田ゼルビア ザスパクサツ群馬 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 FC琉球 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> 大分トリニータ 1-1 ブラウブリッツ秋田 ヴァンフォーレ甲府 1-1 徳島ヴォルティス 2022.05.25 21:54 Wed
twitterfacebook
thumb

監督交代の相模原が栃木DF面矢行斗を育成型期限付き移籍で獲得「J2昇格という喜びを爆発させたい」

SC相模原は25日、栃木SCのDF面矢行斗(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日まで。栃木との公式戦には出場できない。なお、背番号は「3」を付ける。 面矢は京都サンガF.C.の下部組織から東海大仰星高校に進学。その後、東海大学を経て、2021年に栃木へ入団した。 プロ1年目から明治安田生命J2リーグで21試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場していたが、今シーズンはここまでリーグ戦わずか3試合の出場に終わっていた。 面矢は両クラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「初めまして。栃木SCから育成型期限付き移籍で加入することになりました、面矢行斗(おもやゆくと)です」 「SC相模原ファン・サポーター、チームメイト、スタッフ関係者の皆様と共にピッチの上でJ2昇格という喜びを爆発させたいです。SC相模原のために全力を尽くします。宜しくお願いいたします」 ◆栃木SC 「日頃より栃木SCの応援、誠にありがとうございます。この度、育成型期限付き移籍にてSC相模原でプレーすることになりました。シーズン途中であり、チームは良い状況とは言えない時期にチームの力になることができず申し訳ありません」 「フットボール、心身共に成長した姿を必ず見せられるよう全力で頑張って来ます。今後とも、栃木SCファン・サポーターの皆様の熱い応援を宜しくお願いいたします」 相模原は成績不振から高木琢也監督を解任。薩川了洋監督が就任していた。 2022.05.25 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

山口の選手1名、スタッフ1名が新型コロナ陽性

レノファ山口FCは24日、トップチームの選手1名がスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手はチーム活動に参加。特に症状もなく、24日にJリーグの定期的な抗原定性検査を受けたものの陰性となっていた。 しかし、その後に医療機関でPCR検査を実施。陽性判定を受けたという。 また、スタッフは発熱などはなかったが、24日に抗原定性検査で陽性に。医療機関でのPCR検査でも陽性となった。 なお、濃厚接触疑いの選手やスタッフはいないとのこと。また抗原検査では全員が陰性だったという。 2022.05.24 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】唾吐きのアンデルソン・ロペスは6試合の出場停止+60万円の罰金

Jリーグは24日、最新の出場停止選手情報を更新した。 新たに出場停止となったのは川崎フロンターレのDF谷口彰悟、横浜F・マリノスのFWアンデルソン・ロペス、レノファ山口FCのDF渡部博文の3名となった。 谷口は21日に行われたサガン鳥栖戦で1発退場。Jリーグは「自陣ペナルティーエリア手前でドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断」したとのこと。谷口は1試合の出場停止処分となった。 また、アンデルソン・ロペスに関しては、21日のアビスパ福岡戦で、ボールとは関係ないところで相手選手に唾吐き行為を行った。この件で、アンデルソン・ロペスは6試合の出場停止に加え、60万円の罰金処分が課された。 Jリーグは「同行為について映像等を用いて検証し、事実関係を確認した結果、主審の判断と同様に、同選手が相手競技者の胸付近につばを吐きかけたものであると認定した。上記より、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同行為は、「選手等に対してつばを吐きかける行為」に該当すると判断、6試合の出場停止および罰金(60万円)処分とする」と発表している。 【明治安田生命J1リーグ】 DF谷口彰悟(川崎フロンターレ) 第15節 vs湘南ベルマーレ(5/25) 今回の停止:1試合停止 FWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス) 第15節 vs京都サンガF.C.(5/25) 今回の停止:6試合停止(1/6) 第16節 vsジュビロ磐田(5/29) 今回の停止:6試合停止(2/6) 第17節 vsガンバ大阪(6/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 第18節 vs柏レイソル(6/25) 今回の停止:6試合停止(4/6) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 今回の停止:6試合停止(5/6) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 今回の停止:6試合停止(6/6) 【明治安田生命J2リーグ】 DF渡部博文(レノファ山口FC) 第18節 vsモンテディオ山形(5/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF鈴木拳士郎(アスルクラロ沼津) 第10節 vs藤枝MYFC(5/29) 今回の停止:1試合停止 2022.05.24 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮FW中野誠也が左足ハムストリング肉離れで全治は6~8週間

大宮アルディージャは23日、FW中野誠也の負傷を発表した。 クラブの発表によると、中野は18日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節延期分のいわてグルージャ盛岡戦で負傷したとのことだ。 この試合に中野は後半開始から出場。最後までプレーしていた。 中野は、左足ハムストリング肉離れと診断。全治は6~8週間とのことだ。 昨シーズンから大宮でプレーする中野は、今シーズンの明治安田J2で10試合に出場し1得点を記録していた。 2022.05.23 15:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly