J3鹿児島がキャプテン砂森と契約更新「もう一度僕らはJ2の舞台に行かなければ…」

2022.01.10 14:17 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿児島ユナイテッドFCは10日、DF砂森和也(31)の契約更新を発表した。

ジェフユナイテッド千葉のアカデミー出身である砂森は順天堂大学を経て、2013年に日本フットボールリーグ(JFL)のHonda FCに入団。2016年からはカマタマーレ讃岐でプロとしてのキャリアをスタートしたが、出場機会に恵まれず、2018年にアスルクラロ沼津へと移籍した。

2019年からは鹿児島でプレーし、ここまで3シーズンで公式戦94試合に出場し、3得点を記録。主将に就任した昨季は明治安田生命J3リーグで20試合に出場し、1得点を挙げた。

在籍4年目を迎える砂森は、念願のJ2昇格に向けて意気込みを語った。

「鹿児島ユナイテッドFCの関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、報告が遅くなりましたが4年目のシーズンお世話になります。昨シーズンの結果もそうですが、2019シーズンの悔しさを一回も忘れた事は無いしもう一度僕らはJ2の舞台に行かなければいけないと思っています。鹿児島ユナイテッドFCに関わる皆様と一枚岩になることが大事だと思うので長いシーズンになりますが、みんなで苦楽をともにしながら進んでいきましょう!」

関連ニュース
thumb

鳥栖FW和田凌がJFLのMIOびわこ滋賀に期限付き移籍、先月まで豪州でプレー

サガン鳥栖は11日、FW和田凌(27)が日本フットボールリーグ(JFL)のMIOびわこ滋賀に期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2023年1月31日までとなる。 和田は阪南大学を卒業後、FC琉球を鹿児島ユナイテッドFCを経て、2021年に鳥栖入り。今年2月からオーストラリアのブリスベン・ロアーに期限付き移籍していた。 先月11日までの契約でオーストラリアでプレーした後、この夏からJFLに舞台を移す和田はクラブを通じて、新天地での活躍を誓った。 「サガン鳥栖のファン・サポーターの皆さん、いつも応援ありがとうございます。今回、JFLのMIOびわこ滋賀に期限付き移籍する事になりました」 「今シーズンはオーストラリアに続き、サガン鳥栖を離れる事になりました。カテゴリーの違うチームですが、少しでも気にしてもらえると嬉しいです」 「皆さんの元に良い報告、活躍が届くように残りのシーズン頑張ってきます! サガン鳥栖の残りのシーズンの活躍を願っています!」 2022.08.11 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿児島が東京VからFW端戸仁を期限付き移籍で獲得!

鹿児島ユナイテッドFCは11日、東京ヴェルディからFW端戸仁(32)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定。移籍期間は8月13日より、2023年1月31日までとなる。 端戸は横浜F・マリノスのユース出身で、2009年1月にトップチーム昇格。その後はギラヴァンツ北九州や湘南ベルマーレを経て、2019年2月に東京Vへ期限付き移籍。その翌年に完全移籍へと切り替わった。 昨シーズンは後半戦に負傷離脱するまで明治安田生命J2リーグで29試合に出場し、5得点を記録。しかし、今シーズンも序盤戦から負傷に悩まされた影響もあり、リーグ戦5試合の出場にとどまっていた。 自身初のJ3リーグ参戦となる32歳のレフティは、両クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「はじめまして、端戸仁です。この大事な昇格争いのなかオファーをいただき感謝しています。目指すところはただ一つだと思うので、そこに向けて色々な角度からチームの力になれればと思います」 「鹿児島県はまだ個人的に一度も足を踏み入れたことがないので是非色々教えてください! よろしくお願いします」 ◆東京ヴェルディ 「3年半お世話になりました。ヴェルディに来てから半分以上は怪我で時間を過ごしたと思います。それでも試合に出ているときは一生懸命チームのために戦ったつもりですが、思うような結果を残せず申し訳なく思っています。チームを離れますが、ヴェルディの昇格を願っています。ありがとうございました」 2022.08.11 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

松本主将の前貴之が山口に完全移籍加入! 古巣復帰に

レノファ山口FCは11日、松本山雅FCからDF前貴之(28)の完全移籍加入を発表した。背番号「15」をつける。 前はコンサドーレ札幌でプロデビュー後、複数クラブでのプレーを経て、2020年夏に横浜F・マリノスから松本に期限付き移籍加入。完全移籍に切り替わった翌年も主力としてプレーし、チームが明治安田生命J3リーグを戦う今季もここまで16試合に出場していた。 今季から松本の主将を務めるなか、2017年から3シーズンを過ごしたJ2リーグの山口に復帰を果たす前は両クラブを通じて、次のようにコメントしている。 ◆レノファ山口FC 「このたび、レノファ山口FCに加入することになりました。自分の持っているもの全て出し、チームの力になれるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆松本山雅FC 「このたび、チームを離れることになりました。突然の報告、チームがここからというタイミング、そしてチームキャプテンという立場でありながらこのような決断になったこと、大変申し訳ありません。数日間、悩みに悩んだ結果、サッカー選手としてチャレンジしまだまだ成長していきたいという思いが強くなり、このような決断に至りました」 「松本で過ごした2年間、結果が出ず苦しいことが多かったかも知れませんが、日々応援してくださるファン・サポーターの皆さんの存在が心強く、これまでやってくることができました。本当に感謝しています。アルウィンの雰囲気、景色を決して忘れません。今まで本当にありがとうございました」 2022.08.11 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸FWリンコンが母国2部クラブに1年半レンタル 「自分の幸せと夢を求めてブラジルへ出発」

ヴィッセル神戸は11日、FWリンコン(21)がカンピオナート・ブラジレイロ・セリエBのクルゼイロECに期限付き移籍すると発表した。 リンコンは2021年1月にフラメンゴから神戸に完全移籍加入。U-20ブラジル代表歴を持ち、ヨーロッパでも逸材として注目される実力者だったが、移籍1年目は負傷などの影響で思うようなシーズンを過ごせず、今季もここまで明治安田生命J1リーグで8試合の出番にとどまり、公式戦でも13試合で3得点だった。 2023シーズン終了までのレンタルで母国の名門で再起を期すリンコンは神戸を通じて、サポーターに別れと感謝の言葉を送った。 「今日まで僕のことを応援してくれた全てのヴィッセルファンに感謝します。僕にとってあなたたちはとても特別です。今日、自分の幸せと夢を求めてブラジルへ出発します。これからは家族がそばにいてくれますし、最高の状態で全力で頑張ります。ヴィッセル神戸がこの状況から抜け出せるよう、遠くにいても応援しています。僕の心からのありがとうがヴィッセル神戸の全てのファンの皆様に届きますように」 2022.08.11 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府がMF米原秀亮とブラジル人DFエドゥアルド・マンシャの加入を発表!

ヴァンフォーレ甲府は10日、MF米原秀亮(24)とブラジル人DFエドゥアルド・マンシャ(26)の加入を発表した。背番号は米原が「39」、マンシャが「40」に決定している。 ロアッソ熊本の下部組織出身で2017年にトップチームに昇格した米原は、2019年に松本山雅FCに加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで5試合に出場していた。 甲府へは松本からの期限付き移籍となり、移籍期間は2022年8月10日~2023年1月31日まで。また、契約により、期限付き移籍期間中に松本と対戦するすべての公式戦に出場できない。 一方、ブラジル出身のエドゥアルド・マンシャは、187cm/80kgの左利きのセンターバック。セアラーやジャバクアラ、グアラニといった母国クラブ、ビルキルカラ(マルタ)、マシンサーズィー(イラン)といった国外クラブでプレー。2020年9月から今年6月まではポルトガル2部のSCファレンセでプレーしていた。 今回、加入が決定した両選手は以下のコメントを残している。 ◆米原秀亮 ▽ヴァンフォーレ甲府 「初めまして。松本山雅FCから来ました。米原秀亮です。ヴァンフォーレ甲府の勝利の為に自分の持ってる力を最大限に発揮します」 「また、山梨はフルーツが美味しいイメージもあり、サッカーはもちろんですが、山梨での生活も楽しみにしています。ヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターのみなさん、共に戦ってください。よろしくお願いします」 ▽松本山雅FC 「チームがJ2昇格、J3優勝争いをしている大事な時期に移籍するか迷いましたが、自分自身の成長のために移籍を決断しました。この3年半、松本で学んだことを新しい環境で存分に発揮してきます!」 ◆エドゥアルド・マンシャ 「ヴァンフォーレ甲府サポーターの皆様こんにちは。マンシャと申します。強いメンタルを持って、チームメートと共にふさわしい舞台で闘えるよう、J1への昇格を目指したいと思います。このクラブの一員に加わることが出来、凄く嬉しいです。和を持って貴しとなす」 2022.08.10 18:38 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly