町田のDF青木義孝がJFLのラインメール青森へ期限付き移籍「J3昇格に貢献できるよう全力を尽くします」

2022.01.09 16:37 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC町田ゼルビアは9日、DF青木義孝(23)がJFLのラインメール青森へと期限付き移籍することを発表した。

期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、町田との公式戦には出場できない。

町田の下部組織出身の青木は、ジュニアユース、ユースと昇格し、拓殖大学へと進学。2020年に特別指定選手となると、2021年から正式に入団していた。

プロ1年目の2021シーズンは公式戦の出番なし。青森で武者修行することとなる。

青木は両クラブを通じてコメントしている。

◆ラインメール青森
「FC町田ゼルビアから期限付き移籍で加入することになりました青木義孝です。J3昇格に貢献できるよう全力を尽くします。何卒宜しくお願いします」

◆FC町田ゼルビア
「FC町田ゼルビアのファンサポーターの皆様、2022シーズンはラインメール青森FCに期限付き移籍をすることになりました。昨シーズンは非常に悔しい1年でした。この悔しさを胸に、必ず青森で大きく成長して帰ってきます!」

「引き続き皆様の応援を頂けると幸いです。何卒宜しくお願いいたします」


関連ニュース
thumb

トライアウトで脊椎損傷の重傷を負った元千葉GK相澤ピーターコアミがJFLのラインメール青森へ完全移籍

JFLのラインメール青森は16日、GK相澤ピーターコアミ(21)が完全移籍で加入することを発表した。 日本文理高校を卒業後、2019年に千葉へ入団した相澤ピーターコアミ。入団初年度に左ヒザ軟骨損傷で手術を受けて長期離脱を強いられるなど、ケガに苦しみ、プロ3年目の今季も出番がなかった。 昨年12月4日に契約満了が発表されており、所属先を見つけるべく12月9日に「2021JPFAトライアウト」に参加。しかし、その中でプレー中に選手と接触。ヒザが激突し、救急車で搬送される事態に陥っていた。 中心性脊髄損傷と診断され、上肢を支配する神経線維が集まっている脊髄の中心部を損傷したことで、下肢に比べて上肢に重い症状が残る可能性があるとされていたが、体を動かすまでに回復していることが報告されていた。 その相澤はJFLで活躍することに。クラブを通じてコメントしている。 「はじめまして!相澤ピーターコアミです。まずはシーズンが始まったにも関わらず練習に参加させていただき、オファーを下さった柴田監督、湯田GKコーチをはじめとする強化部の方々、そして快く受け入れて下さったチームの皆さんに感謝します。ファミリーとして全力で戦い、怪我なくJ3昇格に貢献します」 「そして、チームが決まるまで練習環境を整えて下さったジェフユナイテッド千葉には本当に感謝しています。必ず結果で恩返しします。今年こそは怪我なく飛躍の年に!応援宜しくお願いします!」 また、古巣の千葉を通じてコメント。改めて感謝の意を表した。 「サポーターの皆様お久しぶりです。去年の怪我から3ヶ月が経ちましたが、元気に復帰し、ラインメール青森に所属することができました」 「チームは変わってしまいましたが、ここジェフユナイテッド市原•千葉は僕のプロでの初めてのクラブで物凄く思い入れがあるクラブです。そのチームで心配ばかりをかけ、チームに貢献する姿を見せられなかったのは心残りですが、必ず今のチームで結果を残し、ジェフ出身の選手としてここから飛躍していき、必ず日本を代表する選手になって帰ってきます。拙い文章で長くなりましたが本当にお世話になりました!」 「新天地でも頑張ります!ありがとうございました!最後に、リーグ戦は東京開催の試合もあるので見にきていただけると幸いです(笑)是非宜しくお願いします!」 2022.03.17 12:58 Thu
twitterfacebook
thumb

JFL開幕! "キャプテン・カズ"誕生もゴールお預け、鈴鹿は青森下し白星スタート

13日、JFL開幕節の鈴鹿ポイントゲッターズvsラインメール青森が四日市市中央緑地公園陸上競技場で行われ、ゴールレスドローに終わった。今季から加入した注目の元日本代表FW三浦知良は先発出場を飾り、JFL出場最年長記録を更新している。 昨季4位の鈴鹿が昨季9位の青森をホームに迎えた一戦は青森が主導権を握ってゲームを進める展開。2トップの一角に入った三浦はやや下がった位置でボールを引き出そうとするものの、チームがやや守勢に甘んじたこともあって目立ったプレー機会を得られない。 33分には最終ラインでボールを持った鈴鹿の今井那生に対し、青森のゲームキャプテン差波優人がプレスをかけるが、足の裏を見せた危険タックルとなってしまい、レッドカードが提示されることとなった。 ゴールレスで迎えた後半開始直後には鈴鹿のゲームキャプテン橋本晃司がチャージを受けて負傷交代するというアクシデント。すると、腕章は三浦に託された。キャプテンマークを巻いて精力的に走り回ったが、残念ながらゴールは奪えず、三浦は65分にピッチを後にした。 鈴鹿は飲水タイム明け直後の71分、深い位置を取った途中出場・山内健史のクロスに三宅海斗が飛び込み、ヘディングでネットを揺らす。以降も数的優位を生かして攻め込み、後半アディショナルタイムにはカウンターから菊島卓がミドルを沈めて勝負あり。9分の追加タイムをしのぎ切った鈴鹿が白星スタートを切っている。 鈴鹿ポイントゲッターズ 2-0 ラインメール青森 【鈴鹿】 三宅海斗(71分) 菊島卓(91分) 2022.03.13 15:03 Sun
twitterfacebook
thumb

FCティアモ枚方へ育成型期限付き移籍の千葉FW齋藤来飛、契約解除でラインメール青森へ育成型期限付き移籍

ジェフユナイテッド千葉は7日、FW齋藤来飛(18)がJFLのラインメール青森へ育成型期限付き移籍することを発表した。 育成型期限付き移籍期間は2022年3月1日から2023年1月31日までとなる。 齋藤は福島県出身のレフティフォワード。いわき市の古河電池FCジュニアを卒団以降は、JヴィレッジSCを経由して千葉U-18入りした。 今季から昇格が決定していた中、JFLのFCティアモ枚方へと育成型期限付き移籍することが昨年12月に発表。期限付き移籍期間は2023年1月31日までとされていたが、双方合意の下で2月9日に契約が解除されていた。 齋藤は青森を通じてコメントしている。 「ラインメール青森に加入することになりました。齋藤来飛です。チームの目標であるJ3昇格に少しでも貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.03.07 13:04 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛退団のDF浦田延尚がJFLのラインメール青森へ完全移籍

愛媛FCは18日、2021シーズン限りで退団したDF浦田延尚(32)がJFLのラインメール青森へ完全移籍することを発表した。 浦田は帝京高校から2008年に横浜F・マリノスへ入団。その後は、サガン鳥栖を経て、2012年に愛媛へと完全移籍で加入した。2018年からは松本山雅FCへと完全移籍するも、今シーズン復帰。しかし、今回契約満了となった。 愛媛では合計7シーズンプレー。J2通算213試合に出場し10得点を記録。天皇杯で7試合に出場していた。なお、2021シーズンはJ2で12試合の出場だった。 浦田はクラブを通じてコメントしている。 「青森のみなさんはじめまして。この度ラインメール青森でプレーをさせていただくことに なりました。この僕を必要としてくれたクラブのために、持っている力を全て使うことが 自分の義務だと思っています。今年必ずJ3昇格をみんなで掴みましょう!」 2022.01.18 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

山形FW阿部要門がJFLのラインメール青森へ育成型期限付き移籍「精一杯戦います!」

モンテディオ山形は8日、FW阿部要門(19)がJFLのラインメール青森へ育成型期限付き移籍することを発表した。 移籍期間は2023年1月31日までとなり、山形との公式戦でも起用可能となっている。 阿部は福島ユナイテッドFCのU-15から尚志高校へと進学し、2021年に山形へと入団。シーズン途中にカマタマーレ讃岐へと育成型期限付き移籍していた。 讃岐では明治安田生命J3リーグで4試合に出場していた。 阿部は青森を通じて「モンテディオ山形から参りました。阿部要門です!同じ東北の舞台で戦える事を誇りに精一杯戦います!共に東北を盛り上げましょう!」とコメントしている。 また山形を通じては「ラインメール青森に育成型期限付き移籍で行くことに決めました。同じ東北の舞台でたくさん吸収し、皆さんに成長した姿をお見せできるよう頑張ってきます!」と意気込みを語っている。 半年間を過ごした讃岐を通じては「まず、チームの勝利に貢献できずに申し訳ありませんでした。短い間でしたが讃岐というクラブでプレーできたことは僕の一生の誇りです!半年間と短い間でしたがありがとうございました!またどこかでお会いしましょう!」と感謝の気持ちを述べた。 2022.01.08 19:42 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly