MF岩上祐三が群馬と契約更新「今年もよろしくお願いします」

2022.01.09 16:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ザスパクサツ群馬は9日、MF岩上祐三(32)との契約更新を発表した。

岩上は前橋商高校から東海大学を経て、2011年に湘南ベルマーレの特別指定選手に。2012年に正式入団した。

2013年には松本山雅FCへと期限付き移籍すると、2014年に完全移籍。2016年に大宮アルディージャへ完全移籍するも、2018年に松本へ完全移籍で復帰。2020年から群馬でプレーしている。

2021シーズンは明治安田生命J2リーグで37試合に出場し2得点を記録。天皇杯で1試合に出場していた。

岩上はクラブを通じて「いつもありがとうございます。今年もよろしくお願いします」コメントしている。


関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】大宮戦終盤に一発退場の群馬DF城和隼颯らJ2で3選手が出場停止に

Jリーグは29日、最新の出場停止選手情報を更新した。 今回は明治安田生命J2リーグで3名が出場停止に。いわてグルージャ盛岡のDF小野田将人、ザスパクサツ群馬のDF城和隼颯、ツエーゲン金沢のDF毛利駿也が出場停止となる。 小野田は累積警告による出場停止、毛利は27日のFC琉球戦で2枚のイエローカードを受けて退場処分となっていた。 また、城和は大宮アルディージャとの試合で一発退場に。試合終盤、トラップが大きくなったところを富山貴光に奪われそうになるとスライディング。スパイクがスネに入ってしまっていた。 危険なタックルについてJリーグは「相手競技者の膝付近にスパイクの裏で、過剰な力を用いてタックルを行った行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする」と処分を決めた。 【明治安田生命J1リーグ】 MFディエゴ・ピトゥカ(鹿島アントラーズ) 第10節 vsセレッソ大阪(4/29) 今回の停止:4試合停止(4/4) 【YBCルヴァンカップ】 MFルーカス・フェルナンデス(北海道コンサドーレ札幌) 第6節 vsサガン鳥栖(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF上島拓巳(柏レイソル) 第6節 vs京都サンガF.C.(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF住吉ジェラニレショーン(サンフレッチェ広島) 第6節 vs清水エスパルス(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF森島司(サンフレッチェ広島) 第6節 vs清水エスパルス(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF羽田健人(大分トリニータ) 第6節 vsセレッソ大阪(5/18) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF小野田将人(いわてグルージャ盛岡) 第13節 vsロアッソ熊本(5/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF城和隼颯(ザスパクサツ群馬) 第13節 vs横浜FC(5/1) 今回の停止:1試合停止 DF毛利駿也(ツエーゲン金沢) 第13節 vs大宮アルディージャ(5/1) 今回の停止:1試合停止 2022.04.29 12:19 Fri
twitterfacebook
thumb

低迷・大宮が群馬相手に2点差大逆転で2勝目! 首位・横浜FCは町田に追いつかれドローも12戦無敗、甲府は4連勝【明治安田J2第12節】

27日、明治安田生命J2リーグ第12節の11試合が各地で行われた。 首位に立つ横浜FC(勝ち点27)と5位につけるFC町田ゼルビア(勝ち点18)の対戦。上位対決となった試合は、ホームの横浜FCがペースを掴む。 まずは9分、クリアボールを拾って右サイドに展開。このパスを受けた伊藤翔がボックス右からのクロス。これを長谷川竜也がボックス内でヘディングで合わせ、横浜FCが早々に先制する。 町田は徐々に押し込みながら横浜FCのゴールに迫ると、20分に決定機。ビルドアップのボールを奪うと、鄭大世の落としをボックス手前で受けた平戸大貴が狙い済ましてシュート。しかし、これは左角に当たって跳ね返るも、ラインは超えない。 1-0で横浜FCがリードして迎えた後半、55分には左サイドからの奥山政幸からの斜めのパスを太田修介がフリックし、鄭大世がシュートも、GKがセーブする。 後半は町田がアグレッシブに前に圧力をかけていく。セカンドボールを拾い続けて、何度もボックス内に入っていくが、ゴールが遠くスコアを動かせない。 すると横浜FCも反撃。62分には浮き球のパスを受けた亀川諒史がボックス右からグラウンダーのクロス。小川航基が飛び込むが、シュートはミートしない。 町田は65分に鄭大世を下げて、ヴィニシウス・アラウージョを投入。すると69分、佐野海舟が自陣から縦パス。これをフリックすると、絶妙なスルーパスとなり、最後はヴィニシウス・アラウージョが流し込み、町田が同点に追いつく。 横浜FCは追いつかれた後に勢いを持って攻め込むがスコアは動かせず。84分にはサウロ・ミネイロがシュートもGKがセーブ。こぼれ球を小川がヘッドで押し込むが、翁長聖が戻ってクリアする。 横浜FCは91分にビッグチャンス。右サイドからのFKからのクロスをクレーベがダイビングヘッド。GKがセーブも高橋秀人がヘディングで押し込むが、オフサイドでゴールは認められない。結局そのまま試合は終了し、1-1の引き分けに終わった。 また、今季わずか1勝で降格圏に沈む大宮アルディージャ(勝ち点6/21位)とザスパクサツ群馬(勝ち点17/6位)の一戦は、大宮が3-2で逆転勝利を収めた。 試合は立ち上がり2分、群馬は仕掛けた小島雅也が柴山昌也に倒されると、非常に微妙な位置でのファウルがPKに。これを岩上祐三が左隅に決めて群馬が先制する。 さらに27分にも群馬は左サイドから天笠泰輝が縦に入れると、平松宗が落とし、加藤潤也が受けてクロス。これを平松がしっかり合わせてリードを広げる。 勢いに乗る群馬は34分に2つ目のPKを獲得。岩上が再びキッカーを務めるが、GK南雄太が完全に読み切りセーブ。このプレーが大きなターニングポイントとなる。 2点ビハインドで後半を迎えた大宮は57分、矢島慎也が前線へのロングボールを送ると、ライン際で武田英寿が頭で落とすと河田篤秀がダイレクトでクロス。これを菊地俊介が決めて1点を返す。 さらに62分には右CKから武田がクロス。これをファーサイドで西村慧祐がヘディングで合わせて、大宮が同点に追いつく。 勢いに乗る大宮は69分、武田がFKからゴール前にクロスを送ると、流れたボールをボックス内右で矢島がトラップからシュート。ニアサイドを撃ち抜いたシュートが決まり、大宮が3点目を奪い2点差を逆転する。 逆転した大宮は、さらに攻め込む展開に。群馬も盛り返そうとするが、大宮の集中した守りの前に得点を奪えず。大宮が2点差を逆転して今季2勝目を挙げた。 また、ヴァンフォーレ甲府(勝ち点15/10位)vs東京ヴェルディ(勝ち点19/3位)の一戦は、2-0で甲府が勝利。4連勝とした。 試合は17分、ホームの甲府が攻め込むと、ボックス付近で細かくパスを回し、最後は三平和司が縦パス。これが山田陸に通ると、ボックス内から浮き球のシュートが決まり、甲府が先制する。 東京Vもボールをポゼッションしながらも攻めていくがゴールが遠い。後半は東京Vが支配するが、1-0で迎えた60分にビルドアップのミスから、鳥海芳樹のスルーパスに三平が裏をとるとボックス内で倒されPKを獲得。これを自らしっかりと決めて2-0。そのまま逃げ切り、甲府が4連勝を達成した。 ◆明治安田生命J2リーグ第12節 ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-2 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-0 レノファ山口FC 横浜FC 1-1 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 いわてグルージャ盛岡 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 水戸ホーリーホック ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ベガルタ仙台</span> 大分トリニータ 0-0 栃木SC FC琉球 1-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-0 東京ヴェルディ 2022.04.27 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季限りで群馬退団のMF金城ジャスティン俊樹が関東1部のVONDS市原に加入「4カ月間、とても長く苦しい日々でした」

ザスパクサツ群馬は14日、MF金城ジャスティン俊樹(25)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原へ加入することを発表した。 金城は、JFAアカデミー福島からドイツへと渡り、1860ミュンヘンのセカンドチームやデュッセルドルフでプレー。2018年夏から群馬でプレーしていた。 金城は3シーズン半在籍し、J2通算37試合1得点、J3通算33試合1得点、天皇杯通算4試合に出場。今シーズンは残留を争うクラブで、明治安田生命J2リーグで24試合に出場、天皇杯でも2試合に出場していた。 移籍先が決まっていなかった金城だが、改めて移籍についてコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「この度VONDS市原に移籍することになりました。長い間移籍先が決まらず心配をかけてすみませんでした。そして気にかけてくださり、支えてくれた方々、本当に本当にありがとうございました」 「契約満了が発表されてからの4カ月間、とても長く苦しい日々でした。これ以上に苦しかったことは今までのサッカー人生でありません。ただ、この経験があったからこそ知れたことも沢山ありましたし、強くなれた気がします。この苦しさ、悔しさ、自分の中にあるサッカーに対する想いを全てぶつけて頑張ります」 「これからも僕のことを応援してくれたら嬉しいです。またいつか、会いましょう」 ◆VONDS市原 「初めまして。この度VONDS市原に加入することになりました、金城ジャスティン俊樹です。加入させていただくにあたり関わってくださった方々にとても感謝してます。ありがとうございます」 「目標はJFL昇格です。今は、その目標にチャレンジできる日々にとてもワクワクしてます。自分の想いを、全てピッチで表現し、目標達成のために頑張ります。よろしくお願いします」 2022.04.14 12:07 Thu
twitterfacebook
thumb

J2群馬のGK清水慶記が左ヒザ内側側副じん帯損傷…今季未出場も千葉戦で負傷

ザスパクサツ群馬は13日、GK清水慶記の負傷を発表した。 クラブの発表によると、清水は左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのこと。全治は6~8週間の見込みとのことだ。 昨シーズンは明治安田生命J2リーグで25試合に出場した清水だったが、今シーズンはGK櫛引政敏にポジションを奪われ開幕からベンチに座る日々が続いていた。 その清水は、3月20日に行われた明治安田J2第5節のジェフユナイテッド千葉戦で負傷したとのことだ。 2022.04.13 18:22 Wed
twitterfacebook
thumb

今季から群馬主将の細貝萌が左足関節脱臼骨折で手術…仙台戦で負傷交代、全治半年

ザスパクサツ群馬は10日、MF細貝萌の左足関節脱臼骨折を発表した。 6日に敵地で行われた明治安田生命J2リーグ第3節のベガルタ仙台戦に先発した元日本代表MFだが、25分頃に左足首付近を痛め、MF田中稔也と交代した。 クラブによると、検査で左足関節脱臼骨折と診断され、手術。全治6カ月を要する見込みだという。 細貝は群馬在籍2年目の今季からキャプテンに就任。開幕からここまで全3試合で先発が続いていた。 2022.03.10 12:17 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly