久保建英が先発復帰のマジョルカ、レバンテに今季初白星献上でリーグ4戦未勝利…《ラ・リーガ》

2022.01.09 00:03 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第20節、レバンテvsマジョルカが8日にシウダ・デ・バレンシアで行われ、ホームのレバンテが2-0で勝利した。なお、マジョルカのMF久保建英は先発フル出場した。

目下3戦未勝利で降格圏が徐々に近づいている15位のマジョルカ(勝ち点20)は、前半戦唯一未勝利となった最下位レバンテ(勝ち点8)との下位対決で2022年のリーグ戦初勝利を目指した。

前節のバルセロナ戦を含め公式戦2試合連続ベンチ外となっていた久保だが、この一戦ではスタメンに復帰して2022年初出場となった。
試合は[5-3-2]の後ろ重心の戦いを見せたホームチームに対して、マジョルカがトップ下に入る久保を起点に押し込んでいく立ち上がりに。4分にはジャブレスが左サイドでのカットインから右足のシュートを放ち、相手GKを脅かす。

以降はボールを保持して攻めるマジョルカ、カウンターからシンプルにサイドバックの背後を狙うレバンテという構図の下で拮抗した展開が続く。

その中でマジョルカは左サイドのジャブレスの積極的な仕掛け、最終ラインと中盤の間でボールを引き出す久保のパスを起点に攻め手を窺うが、決定機まではあと一歩という場面が目立つ。一方、レバンテも無失点を維持しつつ、サイドから2トップを狙った際どいクロスなどゴールを奪う姿勢を十分に示した。

ゴールレスで折り返した試合は、後半も引き続き拮抗した展開が予想されたが、ホームチームがワンチャンスを生かして先制に成功する。47分、中盤でボールを奪ったバルディが早いタイミングで背後を狙うソルダードへ絶妙なスルーパスを供給。これに抜け出したソルダードが冷静にGKとの一対一を制した。

ソルダードに加入後初のリーグ戦ゴールを献上してビハインドを負ったマジョルカはすぐさま反撃を開始。56分にはボックス手前の久保が左足を振っていくが、これは枠を捉え切れない。

この直後にはマフェオ、アントニオ・サンチェスを下げてアマト、オリバンを同時投入すると、この数分後に絶好の同点機が訪れる。65分、相手ボックス内で素早い切り替えを見せたフェル・ニーニョがボールを奪い、ロベル・ピエールに倒されてPKを獲得。だが、キッカーのオリバンが左を狙って蹴ったシュートはGKアイトールのパラドンに阻まれた。

痛恨のPK失敗によってチャンスを逸したマジョルカは、ここから攻撃がややトーンダウン。これを受け、74分にはバッタリア、ジャブレスを下げてホッペとセビージャを同時投入。この交代でホッペ、フェル・ニーニョのツインタワーを前線に並べた[4-4-2]に変更。久保は右サイドにポジションを移した。

すると、81分にはセビージャの高い位置でのパスカットからボックス内でパスを受けたフェル・ニーニョが細かいステップでシュートコースを作り、左足の強烈なシュートをゴールネットに突き刺す。だが、オンフィールドレビューの結果、セビージャのパスカットの場面でのハンドを取られてゴールは取り消しとなった。

以降も勝ち点を持ち帰るため懸命に攻めるマジョルカは、引いた相手に対して久保が個人技で局面の打開を図る。90分には左CKのショートコーナーから久保が利き足とは逆の右足のコントロールシュートでゴールネットを揺らしたが、その直前に主審がオフサイドの笛を吹いたことで同点ゴールとはならず。

その後、6分間が加えられた後半アディショナルタイムにも猛攻を仕掛けたマジョルカだったが、後半ラストプレーとなった97分には自分たちのセットプレーの流れからロングカウンターを浴びると、ホセ・モラレスに見事な個人技からの股抜きシュートでトドメの2点目を奪われて万事休す。

この結果、PK失敗や不運な判定が響いたマジョルカはレバンテに今季初白星を献上し、リーグ戦4試合未勝利となった。

関連ニュース
thumb

マジョルカが今冬3人目の補強! ビジャレアルMFモルラネスをレンタル

マジョルカは31日、ビジャレアルからスペイン人MFマヌ・モルラネス(24)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 サラゴサとビジャレアルの下部組織で育ったインテリオールを主戦場とするモルラネスは、2017年12月にビジャレアルでトップチームデビュー。以降はアルメリアやエスパニョールへの武者修行を経験しつつ、ビジャレアルではここまで公式戦45試合に出場。 今季ここまでは公式戦14試合に出場していたが、ラ・リーガでは4試合の出場にとどまり、カップ戦が主戦場となっていた。 なお、マジョルカは今冬の移籍市場でセビージャからスウェーデン代表DFリュドヴィグ・アウグスティンソン、ロストフからボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFデニス・ハジカドゥニッチの2選手を獲得している。 2023.01.31 23:25 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア降格圏18位ボーンマス、ローマからウルグアイ代表DFビーニャ獲得へ?

ボーンマスがローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)のレンタルを画策しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したビーニャは母国の名門ナシオナルでプロデビューし、パウメイラスを経て、2021年8月にローマへ。左サイドバックとウィングバックを本職とし、昨季は公式戦37試合に出場と欧州1年目で多くの出場機会を得た。 だが、今季は一転して減少し、セリエAで3試合、ヨーロッパリーグ(EL)で3試合、計297分間の出場にとどまっている。プレミアリーグで降格圏の18位に沈むボーンマスがレンタル獲得に乗り出しているようだ。 1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)逆戻りを避けたいボーンマスはビーニャ以外にも触手を伸ばす。イギリス『90min』によると、ビジャレアルからセネガル代表FWニコラス・ジャクソン(21)の獲得が濃厚になっているという。 なお、ビーニャに対してはマジョルカやフェネルバフチェも獲得に乗り出していると伝えられている。 2023.01.25 13:46 Wed
twitterfacebook
thumb

鈴木唯人が川島永嗣在籍のストラスブール移籍へ! 仏『レキップ』が買取OP付レンタルでの加入と報道

清水エスパルスのU-21日本代表MF鈴木唯人(21)が、リーグ・アンのストラスブールに移籍することが決定的となったようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今冬の移籍市場で、J1の複数クラブやセルティック、クラブ・ブルージュなどからの関心が伝えられた鈴木。しかし、その新天地は日本代表GK川島永嗣が在籍するストラスブールとなるようだ。 『レキップ』は日本メディアの記事を引用すると共に、独自情報として、マジョルカも関心を示していた鈴木が、40万ユーロ(約5630万円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍での加入になると主張している。 鈴木は市立船橋高校出身で、小学生の頃は横浜F・マリノスプライマリー追浜でもプレー。2020年に清水に入団し、3シーズンでJ1通算83試合5得点を記録していた。 なお、鈴木の加入が見込まれるストラスブールは、今季のリーグ・アンで2勝9分け8敗の16位に低迷。今月9日にジュリアン・ステファン監督が解任され、現在はマテュー・ル・スコルネ氏が暫定指揮官を務めている。 その新体制では[5-3-2]の布陣を採用しており、前線は元フランス代表FWケビン・ガメイロを軸に、センタフォワードタイプでチーム最多8ゴールを記録するセネガル代表FWハビブ・ディアロ、196cmの大型FWリュドヴィク・アジョルク、南アフリカ代表FWレボ・モチーバが2トップのポジション争いをしている。 また、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFサニン・プルチッチが主力を担うトップ下は、フランス人MFアドリアン・トマソンが今冬にRCランスに移籍して手薄なポジションとなっており、鈴木の主戦場となる可能性が高い。 2023.01.22 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「愛されてた証拠」久保建英 マジョルカ時代の同僚との再会にファンほっこり、イ・ガンインは最後までそばを離れず「本当に仲良しなんだな」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がかつてのチームメイトたちとの再会を楽しんだようだ。 17日、コパ・デル・レイのラウンド16でマジョルカと対戦したソシエダ。久保にとっては2019-20シーズンと昨シーズンの2年間、レンタルで加入していた古巣だ。 試合は中2日でメンバーを入れ替えたソシエダがマジョルカに苦戦しながらも、1-0で辛勝。久保は70分から途中出場していた。 試合前には、久保がマジョルカの選手たちと再会を喜ぶ場面もあった。ソシエダの日本語版ツイッターは「タケ・クボ、かつての仲間たちとの再会を果たす。.シーズン後半戦、お互い充実したものにしましょう!」として、そのシーンを公開している。 在籍当時から仲が良かったイ・ガンインと会話していた久保だが、続々とかつてのチームメイトに見つかると、パブロ・マフェオやジョゼップ・ガヤらと会話していた。 その様子にはファンも「愛されてた証拠だね」、「愛されてるね」、「イガンインと本当に仲良しなんだな」、「こういうの大好きだなー!!」、「なんかこれ、見てるだけで幸せだな」と反応していた。 <span class="paragraph-title">【動画】最後まで隣を離れないイ・ガンインに注目、久保建英と元チームメイトとの再会シーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> タケ・クボ、かつての仲間たちとの再会を果たす。<a href="https://twitter.com/RCD_Mallorca_JP?ref_src=twsrc%5Etfw">@RCD_Mallorca_JP</a>.<br><br>シーズン後半戦、お互い充実したものにしましょう!<a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/b8v09hxSAo">pic.twitter.com/b8v09hxSAo</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1615725700132048896?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.19 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英が途中出場のソシエダがマジョルカ撃破でベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイのラウンド16、レアル・ソシエダvsマジョルカが17日にアノエタで行われ、1-0で勝利したソシエダが準々決勝進出を決めた。なお、ソシエダのMF久保建英は70分から途中出場した。 ここまで下部カテゴリーの相手にいずれも完封勝利を飾ってベスト16進出を決めたソシエダ。8強進出を懸けたこの一戦では同じプリメーラ勢のマジョルカと対戦した。 先週末に行われたアスレティック・ビルバオとのバスク・ダービーを3-1の快勝で飾った公式戦7連勝中のラ・レアルは、中2日での一戦に向けて先発6人を変更。初のダービーで1ゴール、PK奪取&退場誘発の大活躍を見せた久保はダビド・シルバやスベルディアと共にベンチスタート。代わってオヤルサバルが復帰後初スタメンを飾った。 立ち上がりから押し込む入りとなったソシエダは開始早々にゴールをこじ開ける。5分、相手陣内右サイドでゴロサベル、スビメンディと繋いでボックス右に走り込むロベルト・ナバーロの足元へ絶妙な縦パスが入ると、スムーズな持ち出しでゴール前に抜け出したナバーロは冷静にゴール左下隅へ右足のシュートを流し込んだ。 幸先よく先手を奪ったソシエダは、以降もボールを保持しながらナバーロやブライス・メンデスの積極的な仕掛けからチャンスを作り出していく。一方、流れの中では攻め手がないマジョルカもセットプレーからフィニッシュまで持ち込む。 前半半ばから終盤にかけてはやや膠着状態に陥るが、ホームチームが主導権を渡さない。31分にはスビメンディからの浮き球パスに反応したオヤルサバルがゴール前に抜け出してヘディングシュートを流し込むが、これは微妙なオフサイドの判定でゴールは認められず。 ソシエダの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ソシエダはハーフタイムにメリーノを下げてマリン、60分にはセルロート、ブライス・メンデス、ゴロサベルを下げてイジャラメンディ、カルロス・フェルナンデス、エルストンドを一気に投入。引き続きボールを握るものの、前半のようになかなかフィニッシュまで持ち込めない。 相手得意の終盤のパワープレーを考えれば、追加点を奪い切って試合を決めたいイマノル監督は、70分にナバーロを下げて切り札の久保を最後のカードとして切る。古巣対戦の日本代表MFはトップ下に入った。 この交代で流れを引き戻したいソシエダだが、リスクを冒して前に出るアウェイチームに苦戦。セットプレーの流れからグルニエに際どいミドルシュートを打たれるなど、相手の攻勢に晒される。 その後、試合終盤にかけては激しいデュエルが続き両チームの選手たちがヒートアップする場面が目立ったが、最後まで集中した守備で相手の攻撃を撥ね返し続けたホームチームが1-0のスコアで勝利。マジョルカとのプリメーラ勢対決を制し、公式戦8連勝と共にベスト8進出を決めた。 2023.01.18 05:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly