新年早々、鼻骨骨折…ヴォルフスブルクのキャプテンMFギラヴォギがトレーニング中に負傷

2022.01.04 09:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは3日、元フランス代表でキャプテンを務めるMFジョシュア・ギラヴォギの負傷を発表した。

クラブの発表によると、ギラヴォギは2日のトレーニング中に負傷したとのことだ。

詳細は午後のトレーニングの際、MFフェリックス・エンメチャと激突。検査を受けた結果、鼻骨を骨折してしまったとのことだ。
なお、ギラヴォギは週末からトレーニングを再開する予定とのことだ。

キャプテンを務めるギラヴォギは、ここまでブンデスリーガで15試合に出場。チャンピオンズリーグでも5試合、DFBポカールも1試合プレーしていた。

関連ニュース
thumb

「これで前を向ける」 ブンデスでの新年初勝利にナーゲルスマンが心境

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 5日に敵地でブンデスリーガ第19節のヴォルフスブルク戦に臨んだバイエルン。ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒの退場に見舞われたりもしたが、4-2で打ち合いを制し、再開後4試合目でようやく白星を手にした。 直近のDFBポカールで新年初勝利を掴んでから、リーグ戦でも3試合連続ドローの流れを止め、首位の座をキープしたナーゲルスマン監督。試合後、率直な心境を語っている。 「最も大きな勝利だ。3ポイントを掴めたから、これで前を向ける。前半は本当に効率的だった。退場者が出たからはまた違った面を露呈したがね。もちろん、プレースタイルも変わったが、粘り強く戦うのが大事で、何とかそれをやり通したよ」 「これで軌道に戻ったが、決して満足できない。我々は常に努力を求めている。ともあれ、試合の性質を考えると、とても重要な勝利だった」 2023.02.06 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

キミッヒ退場のバイエルン、ヴォルフスブルクに苦戦もムシアラのファインゴールなどで4発勝利《ブンデスリーガ》

バイエルンは5日、ブンデスリーガ第19節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、4-2で勝利した。 前節フランクフルトに引き分け、再開後3戦連続ドローと足踏みの首位バイエルン(勝ち点37)は、2位ウニオン・ベルリンに1ポイント差に迫られた中、4日前に行われたDFBポカールでは新戦力カンセロの先制アシストの活躍などでマインツに4発快勝とした。そのバイエルンはチュポ=モティングが体調不良で欠場となった中、ミュラーを最前線で起用した。 ハイプレスをかけてきた7位ヴォルフスブルク(勝ち点29)に対し、バイエルンは9分に先制する。左サイドからコマンが上げたクロスがそのままゴールに吸い込まれた。 幸運な形で先制したバイエルンはさらに14分、ハイプレスをかいくぐった流れから、カンセロの右クロスをコマンがボレーで叩き込みリードを広げた。 カンセロの2戦連続アシストで加点したバイエルンは19分、キミッヒのFKからミュラーのヘディングシュートが決まって3-0としてしまう。 その後、35分のスヴァンベリの枠内シュートをGKゾマーがセーブしたバイエルンだったが、44分に失点。オタビオのスルーパスを受けたボックス左のカミンスキにシュートを決められた。 3-1で迎えた後半、ヴォルフスブルクが引き続き前がかる中、バイエルンは54分に退場者を出す。キミッヒがカウンターを防ぐべくアルノルトを後方から引っ張ると2枚目のイエローカードが提示された。 数的不利となったバイエルンだったが、73分にムシアラが魅せる。ドリブルでするすると持ち上がってボックス内へ。DF3人に対応されながらもシュートを決めきった。 ムシアラのファインゴールで4-1としたバイエルンは、81分にスヴァンベリにゴールを許すも4-2で勝利。再開後、初勝利として首位をキープしている。 2023.02.06 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、ヴォルフスブルクで構想外のFWフィリップをレンタル移籍で獲得

ブレーメンは30日、ヴォルフスブルクからドイツ人FWマクシミリアン・フィリップ(28)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「17」を着用する。 ブレーメンへの移籍が決まったフィリップは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ヴェルダーは素晴らしいクラブだ。ここでプレーできるタスクとチャンスを楽しみにしている。チームを助けたいし、多くの出場時間を得たい。熾烈なポジション争いがあることはわかっているが、僕はそれに挑み、クラブがこの素晴らしいサッカーを今後も続けていけるよう、少しでも力になりたいと思っているよ」 かつてフライブルクやドルトムント、ディナモ・モスクワでプレーしたフィリップは、2020年の夏にヴォルフスブルクへレンタルで加入すると、ブンデスリーガ24試合に出場し6ゴール2アシストを記録。 この活躍が認められ、翌年の夏に完全移籍すると昨季は準主力として公式戦25試合に出場。しかし、今季は昨夏に就任したニコ・コバチ監督の構想外となっており、ここまでブンデスリーガ3試合でわずか115分の出場にとどまってた。 2023.01.31 01:40 Tue
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがクロアチア代表FWブレカロを獲得! 昨季トリノではセリエA7ゴール

フィオレンティーナは28日、ヴォルフスブルクからクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「77」に決定している。 移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、今回の移籍に移籍金は支払われていないものの、将来のリセール時の10%がヴォルフスブルクに支払われるようだ。また、ブレカロは2026年夏までの3年半契約を結んだとのことだ。 ブレカロはディナモ・ザグレブの下部組織出身で、2016年夏にヴォルフスブルクに完全移籍で加入。その後、シュツットガルトへのレンタルを経て2017年12月に復帰を果たすと、2018–19シーズンから主力に定着した。 左右のウイングを主戦場に突破力と動き出しに特長を持つ24歳は、2020-21シーズンのリーグ戦で29試合7ゴール3アシストの数字を残してクラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 昨シーズンは買い取りオプション付きのレンタルでトリノに加入すると、セリエA32試合の出場で7ゴール2アシストの数字を残したが、トリノはオプションを行使せず。 すると、レンタルバックした今季のヴォルフスブルクでは同胞のニコ・コバチ監督から信頼を得られず、リーグ戦6試合の出場にとどまっていた。 2023.01.29 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、モンペリエDFコッツァを完全移籍で獲得

ヴォルフスブルクは25日、モンペリエからフランス人DFニコラ・コッツァ(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までで、背番号は「8」に決定した。 モンペリエの下部組織出身のコッツァは、2017年6月にプロ契約を締結。トップチームでは在籍5年半で公式戦112試合に出場し5ゴール7アシストを記録。今季は左サイドバックやセンターバックを主戦場に公式戦18試合に出場していた。 ヴォルフスブルクでは、今冬に左サイドバックを務めていたフランス人DFジェローム・ルシヨン(30)がウニオン・ベルリンへ移籍しており、フランスの世代別代表に選出された実力を持つコッツァがその後釜として選ばれた。 2023.01.26 07:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly