J1に臨む京都が今季加入のMF松田天馬、MF武田将平と契約更新

2021.12.29 20:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
京都サンガF.C.は29日、MF松田天馬(26)、MF武田将平(27)との契約更新を発表した。

松田は湘南ベルマーレから今季京都に加入。明治安田生命J2リーグで41試合に出場し4得点を記録。チームのJ1昇格に大きく貢献していた。

武田はファジアーノ岡山、ヴァンフォーレ甲府でプレーした後、今季から京都でプレー。明治安田J2で36試合に出場し1得点を記録していた。

両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆MF松田天馬
「来シーズンも京都サンガF.C.でプレーする事になりました。歴史あるこの街で皆さんと共にJ1の舞台でプレー出来る事を誇りに思います。決してこのクラブに恥じぬよう責任持って戦います。またサッカーでこの街をもっと盛り上げて満員のサンガスタジアムを共に作り上げて行きましょう。2022年もよろしくお願いします」

◆MF武田将平
「来シーズンも京都サンガF.C.でプレーさせていただくことになりました。素晴らしいクラブで闘えることへの感謝の気持ちを忘れずに、全力でプレーします!2022シーズンも共に戦ってください!」


関連ニュース
thumb

「年齢というのはただの数字」 J1リーグの4月MVPに京都FWピーター・ウタカが輝く

Jリーグは17日、4月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは京都サンガF.C.のFWピーター・ウタカが選ばれ、4月の5試合で4ゴールをマーク。ここまで鹿島アントラーズのFW上田綺世と並ぶ8ゴールを決め、得点ランキングのトップに立つ。 38歳という年齢を感じさせない活躍で久々のJ1リーグとなるチームを牽引する2016年のJ1得点王は自身初の月間MVP受賞にあたり、喜びの思いとともに決意を新たにしている。 「今回、このような賞を受賞できたことを本当に光栄に思います。この賞は自分だけでは受賞できなかったものでした。コーチングスタッフやチームメイト、ファン・サポーターの皆さま、そして一番は奥さんに感謝したいです」 「皆さんがいたからこそ、受賞できたと思いますので、本当に皆さんのことを誇りに思います。自分にリミットはないということ、年齢というのはただの数字で、自分が何ができるかということを魅せていきたいと思いますので、これからも熱いサポートをよろしくお願いします」 なお、J2リーグからは4月に3ゴールを記録したベガルタ仙台のMF氣田亮真が初受賞。J3リーグからは4ゴールをマークした松本山雅FCのFW横山歩夢がこちらも初受賞を果たしている。 2022.05.17 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

両守護神の活躍で京都vs清水はゴールレスの引き分けに【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、京都サンガF.C.vs清水エスパルスが14日にサンガスタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 10位の京都(勝ち点16)と14位の清水(勝ち点12)の一戦。京都は4月の5試合は3勝1分け1敗の好成績を残したものの、同月最後のリーグ戦となったアビスパ福岡戦からここ3試合は1分け2敗。前節は未だホーム無敗を誇る札幌の本拠地で1-0の惜敗を喫した。 対するは、前々節の湘南ベルマーレ戦で今季2勝目を挙げた清水。その日は6分間で3得点と攻撃陣が爆発したが、前節の川崎フロンターレ戦はホームで0-2の完敗。再びリスタートを強いられることになった。 試合は序盤から互いに次々と決定機を作り出す白熱の展開となる。まずは2分、清水は敵陣でボールをロストしたところを素早く奪い返し、宮本が鈴木唯人とのワンツーでボックス手前からミドルシュートを放つ。 これはGK上福元の正面に飛んで事なきを得た京都は8分、敵陣での宮吉のパスカットからウタカがボックス右に侵攻。シュートを打てればという場面だったが、ここはホナウドの対応に遭う。それでも11分には、左サイドからのクロスを武富が頭で合わせて決定機を演出する。 一進一退の攻防はまだ続く。19分、今度は清水の鈴木唯人が左サイドを突破しクロスを上げると、相手に当たってこぼれたところを白崎が素早くシュート。これはDFにブロックされ、そのセカンドボールを今季初先発のカルリーニョス・ジュニオが拾いゴールを狙うも、ここもDFに跳ね返された。 あと一歩まで迫りながらも、肝心のゴールには至らない両チーム。京都は26分のウタカのシュートはGKの正面に。38分には高い位置でボールを奪ったウタカが持ち上がり、最後は武富がボックス右からシュートを放ったが、これもGK権田の正面に飛ばしてしまった。 後半はよりタイトな内容となり、互いに前半ほどゴールに近づくことはできなくなる。それでも清水は55分過ぎにチアゴ・サンタナが立て続けにシュートシーンを迎えるなど、少ないながらもチャンスを迎えていく。 一方の京都は、75分にウタカがシュートを放つも大きく枠を外れる。後半アディショナルタイムには、自陣でのボール奪取から前線のウタカが起点となり、山田にビッグチャンス。だが、ウタカの横パスを受けてボックス右に侵入するも、丁寧にコースを狙ったシュートはGK権田の守備範囲だった。 清水もラストプレーで途中出場の神谷がミドルシュートを狙ったが、京都もGK上福元がしっかりセーブ。この両守護神の活躍もあり、試合は最後までゴールが生まれず0-0の引き分けに終わった。 京都サンガF.C. 0-0 清水エスパルス 2022.05.14 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌が高嶺のヘディング弾で京都下す、今季ホーム無敗を継続【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、北海道コンサドーレ札幌vs京都サンガF.C.が7日に札幌ドームで行われ、1-0で札幌が勝利した。 前節はガンバ大阪を相手にゴールレスドローに終わるも、直近4試合無敗となった札幌。ペドロヴィッチ監督にとってJ1通算500試合目のメモリアルマッチとなる今節は、3バックの一角として岡村が第5節のセレッソ大阪戦以来、今季2度目の先発となった。 対する京都は、前節の名古屋グランパス戦でウタカのリーグトップとなる今季8ゴール目が生まれるも、1-1のドロー。3試合ぶりの勝利を目指す一戦に向けては、第6節のヴィッセル神戸戦で負傷していた宮吉がスタメンで復帰した。 試合は序盤から両チームがアグレッシブな展開を見せる中、最初にチャンスを作ったのはホームの札幌。3分に福森の縦パスをボックス手前中央で受けた金子がドリブルでゴール前に持ち込み、切り返しから左足でシュートを放つも、相手DFにブロックに遭う。 一方の京都は7分、右サイド浅い位置でボールを持った白井が切り返しで相手をかわして左足でクロスを上げる。これに中央で待っていた松田が頭で合わせたが、ループ気味の軌道となったヘディングシュートはクロスバーに弾かれた。 アウェイチームは17分にもシュートシーン。敵陣でのパス交換から最後は宮吉とのワンツーで抜け出したウタカがボックス中央からシュートを放つも、相手GKにキャッチされる。 前半アディショナルタイムには札幌がボックス手前左の位置でFKを獲得。名手の福森がキッカーを務めたが、ゴール左上隅を狙ったシュートはわずかに左に逸れた。 試合を折り返して、札幌は後半立ち上がりに決定機を迎える。48分、岡村の縦パスをハーフウェーライン付近で金子がワンタッチで落とすと、DFラインの裏に抜け出したのは青木。ドリブルでボックス内に持ち込み、相手GKとの1対1の局面を迎えたが、右足で放ったシュートは枠の左に飛ぶ。 そして52分、札幌は右CKの場面から試合を動かす。キッカーの福森が左足で鋭いクロスを供給し、ニアサイドに飛び込んだ高嶺がヘディングシュート。叩きつけられたボールは見事にゴール右に決まり、札幌が先制点を奪った。 先制を許した京都は63分、右サイドに開いてボールを受けた白井がボックス手前中央へパスを供給。後半から途中出場の山田がこれを受け、前を向いて左足を振り抜くも、わずかに枠の左上に外れる。 是が非でも追いつきたい京都は、終盤に支配率を高めて攻勢を強める。しかし、札幌も集中した守りを見せ、決定機を相手に作らせない。 結局、試合は1-0でタイムアップを迎え、最後まで先制点を守り抜いた札幌が完封勝利。上位進出への足掛かりとなる3ポイント獲得に加えて、今季のホームでの無敗を継続させた。 北海道コンサドーレ札幌 1-0 京都サンガF.C. 【札幌】 高嶺朋樹(後7) 2022.05.07 18:19 Sat
twitterfacebook
thumb

京都の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定

京都サンガF.C.は6日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は6日の朝に37.8℃の発熱があり、PCR検査を受けたところ陽性判定を受けたとのことだ。 なお、選手およびトップチーム関係者51名がクラブ独自の抗原検査を受け、全員陰性判定を受けたとのことだ。 また、濃厚接触者はクラブ内にいないとされている。 2022.05.06 17:04 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:名古屋vs京都】連敗避けたい両者、ポイントはゴールへの道筋

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2022年5月3日(火) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(15位/10pt) vs 京都サンガF.C.(7位/15pt) [豊田スタジアム] ◆気がつけば降格圏間近【名古屋グランパス】 前節はアウェイでジュビロ磐田と対戦し、終盤までリードしながらも連続失点で2-1と逆転負け。公式戦4戦連続未勝利となった。 鹿島アントラーズ、FC東京と上位相手に2試合連続ゴールレスドローと堅守を取り戻したかに見えたが、終盤の連続失点。さらに、得点力という部分では相変わらずの課題を抱えている。 長谷川健太監督を迎え、昨シーズン以上の成績を残すことを目標にしていたが、気がつけば1ポイント下は降格圏という状況。ホームで5試合ぶりの勝利を収めたいところだ。 課題は相変わらずの攻撃陣。守備陣は最低限の仕事をしている中、悪い攻撃が流れを作れていない状況でもある。いかにしてゴールを奪うのか。5月に切り替えて臨みたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、レオ・シルバ、吉田豊 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗 監督:長谷川健太 ◆基本に立ち返り連敗は避けたい【京都サンガF.C.】 前節はアビスパ福岡とホームで対戦し、0-1で敗戦。3連勝とはならなかった。 早い時間帯に失点したことで焦りもあったのか、雨ということもあったのか、京都らしいビルドアップというよりはロングボール主体の攻撃になり、効果的なチャンスは生み出せなかった。 また、アンカーの川崎颯太が不在だったことも大きいだろう。京都らしさというのを失えば、勝てないということも感じさせられた試合だったと言える。 まずは強いプレスからボールを奪って自分たちのペースに持ち込みたいところ。堅守を相手にこじ開けるには、単純なプレーではなく、人もボールも動く京都らしい攻撃が効果的と言えるだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、井上黎生人、麻田将吾、長井一真 MF:福岡慎平、川崎颯太、武田将平 FW:山田楓喜、ピーター・ウタカ、松田天馬 監督:曺貴裁 2022.05.03 09:19 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly