最下位のニューカッスル、冬の補強候補に元ユナイテッドFWが浮上

2021.12.25 10:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今冬の戦力補強を目指すニューカッスルだが、元マンチェスター・ユナイテッドのストライカーを候補にしているようだ。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ニューカッスルが興味を持っているのはナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(32)とのこと。現在はサウジアラビアのアル・シャバブでプレーしている。

イガロは、ウディネーゼやグラナダ、チェゼーナ、ワトフォードなど長らくヨーロッパでプレー。その後、長春亜泰、上海申花と中国スーパーリーグでプレー。2020年1月にレンタル移籍でユナイテッドへと加入した。
2021年1月には上海申花へ戻ったイガロは、2月にアル・シャバブへと完全移籍。プロフェッショナル・リーグ(サウジアラビア1部)で13試合に出場し9ゴールを記録している。

アル・シャバブとイガロの契約は2023年夏まであり、1年半先に。しかし、なんとかチームを立て直し、プレミアリーグに残留したいニューカッスルは、補強を目指している。

イガロは、ワトフォードでは100試合に出場し40ゴール11アシストを記録。プレミアリーグ通算では67試合で17ゴール6アシストと結果を残しており、最下位のニューカッスルにとっては欲しい戦力だろう。

関連ニュース
thumb

プリシッチはニューカッスルへGO! 元イングランド代表GKが提案「エディ・ハウなら…」

元イングランド代表GKポール・ロビンソン氏が、アメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)にニューカッスル行きをオススメした。 プリシッチは現在、カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中。アメリカ代表は3日の決勝トーナメント1回戦でオランダ代表に敗れて敗退となってしまったが、自身はグループステージでチームを勝利に導くゴールを挙げるなど、改めてその能力を世界にアピールした。 一方、所属するチェルシーでは加入以来、なかなか定位置を確保できず、今夏も退団が噂に。来年1月に向けてはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、ニューカッスルなどが獲得に動いているとされ、その去就に小さくない注目が集まっている。 そんななか、現役時代に2006年のドイツW杯を経験したP・ロビンソン氏は、イギリス『Football Insider』でプリシッチに最適なクラブとしてニューカッスルを提案。理由として指揮官の存在を挙げた。 「W杯のプリシッチには感銘を受けた。やはり、少しばかり遊びの心を持たせた方が輝くタイプだね。チェルシーでは上手くいかない日々が続くが、活かす戦術プランがありさえすれば、どこにいてもトッププレーヤーとして君臨する」 「ニューカッスルがベストな選択肢のはず。エディ・ハウ(監督)ならプレーヤーの最大限の能力を引き出してくれるよ。 彼は個々へのマネジメントが素晴らしいんだ。プリシッチにはピッタリだと思うよ」 2022.12.04 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

トリッピアー、代表チーム束ねる主将ケインを絶賛 「その模範的行動には…」

イングランド代表DFキーラン・トリッピアーが主将のFWハリー・ケインを称えている。イギリス『Evening Standard』が報じた。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBの2試合を戦って勝ち点4で首位に立つイングランド代表。29日の最終節ではウェールズ代表相手に引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。 ここまでの2試合にいずれもフル出場するトリッピアーはトッテナム時代にも共にプレーした3歳年下のチーム主将を称え、真のプロフェッショナルだと絶賛している。 「(ケインと)代表チームで長く一緒にプレーしてきて思うんだ。僕は彼と同じチームにいられて幸運だし、ハリー・ケインとは僕が見てきた中で最高のプロフェッショナルの1人。そして何より、僕たちのリーダーだ」 「誰もが毎試合でプレーしたいと思っているし、ハリーも同じ。彼は勝者であり、勝って国の誇りになりたいと思っている。でも、全試合に出るかどうかは彼次第だ」 「彼は陰で自分自身を律し、模範になろうとしている。その模範的行動には、若い選手も尊敬の念を隠さない。若手たちは彼がどのようなトレーニングをしているか、しばしば観察しているんだ」 「もちろん、僕も彼を尊敬している。日々、彼から何かしらを学んでいるのさ」 2022.11.29 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルにも屈して勝利から遠ざかるポッター「このブレイクで充電」

チェルシーのグレアム・ポッター監督が敗戦の弁を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 チェルシーは12日のプレミアリーグ第16節でニューカッスル・ユナイテッドのホームに乗り込み、0-1で敗北。公式戦3連敗で順位もまた1つ下げ、8位に後退した。 リーグ戦に限れば、これで5試合未勝利。新興勢力ニューカッスルに屈し、悪い流れでカタール・ワールドカップ(W杯)の中断に入るポッター監督だが、修正を期した。 「ルベン(・ロフタス=チーク)を早くに失って、うまく入れず、アスピもハーフタイムに苦しんでいた。前半はあまりにもエラーが多すぎたね。ボールを持ったときも最後の部分で足りなかった」 「ニューカッスルは非常にインテンシティ高くプレーしていて、自信にも溢れている。両チームのスケジュール面も歴然の差があった」 「走力、強度は我々の課題。正直なところ、比較的にタイトな試合だったが、ニューカッスルはプレッシャーをかけてきた」 「タフな試合だったよ。少しオーバーラン気味で、交代も余儀なくされた。中盤にあと1人入れたかったが、コナー(・ギャラガー)に頑張ってもらった」 「トライはしたが、必要なゴールを決める部分のクオリティがなかった。もっと突き詰める必要がある。エディ(・ハウ)は素晴らしい。我々からしたら良くないことだがね。このブレイクで充電したい」 2022.11.13 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

5連勝ニューカッスルが3位で中断期間へ! 満身創痍チェルシーは公式戦3連敗で8位転落…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第16節、ニューカッスルvsチェルシーが12日にセント・ジェームズ・パークで行われ、ホームのニューカッスルが1-0で勝利した。 直近の4連勝を含む9戦無敗と絶好調のニューカッスルは、前節敗れたトッテナムを抜き3位に浮上。試合前日に発表された月間表彰ではエディ・ハウ監督と共に、アルミロンが最優秀監督&MVPを独占した。5連勝でのカタール・ワールドカップ中断期間入りを目指すホームチームは、カラム・ウィルソンをベンチに置きウッドを起用した以外、ほぼベストメンバーを起用した。 一方、ブライトン、アーセナルとのリーグ戦に連敗し、7位まで順位を落としたチェルシー。また、直近のEFLカップでは比較的主力を起用したものの、マンチェスター・シティに0-2で敗れて初戦での敗退となった。国内戦3連敗からのバウンスバックを図るポッターのチームは、そのシティ戦から先発4人を変更。ククレジャ、ザカリア、プリシッチ、ツィエクに代えてアスピリクエタ、ジョルジーニョ、マウント、ギャラガーを復帰させた。また、そのシティ戦で好パフォーマンスを見せた18歳MFルイス・ホールをスタメンでプレミアリーグデビューさせた。 注目の上位対決はいきなりアウェイチームにアクシデントが発生。筋肉系のトラブルを訴えたロフタス=チークがプレー続行不可能となり、7分にチアゴ・シウバを投入。この交代でアスピリクエタが右ウイングバックにポジションを上げた。 仕切り直しの形となった試合は上位対決らしい睨み合いの状況が続き、互いになかなかフィニッシュまで持ち込めない。16分には左サイドを突破したウィロックのクロスの流れからボックス内のアルミロンが左足のボレーシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。 前半半ばから終盤にかけても膠着状態は変わらず。ペース自体はホームチームが握り、右サイドのトリッピアーの正確なクロスを軸にチャンスの糸口を掴みかけるが、アウェイチームの集中した守備を崩し切るまでには至らない。 結局、ボール支配率で上回ったニューカッスルがシュート5本枠内0、チェルシーがシュート1本枠内1とクローズな状況が続いたまま、試合はゴールレスでの折り返しとなった。 迎えた後半、先に動いたのはチェルシー。アスピリクエタを下げてプリシッチを投入し、ギャラガーがシャドーから右ウイングバックにポジションを移した。 しかし、後半も試合の主導権はニューカッスル。50分には右サイドのトリッピアーとアルミロンのコンビで続けて崩すと、波状攻撃からロングスタッフ、ブルーノ・ギマランイスと中盤の選手がボックス内で連続シュート。だが、これはGKメンディの好守とDFのブロックに阻まれる。 後半も守勢が続くチェルシーだが、65分にはこの試合最大の決定機が訪れる。プリシッチの長い距離を持ち上がったドリブルはボックス内でDFトリッピアーの好守に阻まれるが、カウンタープレスでボールを奪い返し、ペナルティアークのギャラガーが右隅を狙ったシュートを放つ。だが、これはGKポープのビッグセーブに阻まれる。 すると、ピンチの後にチャンスあり。直後の67分にホームチームに先制点が生まれる。右サイドで背後を狙ったアルミロンがボックス手前右から内側へカットインを試みると、これにクロスする動きで絡んだウィロックがボールを引き取る形で放った強烈な右足のシュートがゴール右隅へ突き刺さった。 耐え切れずに失点したチェルシーは直後に3枚替えを敢行。ホール、マウント、ブロヤを下げてククレジャ、ツィエク、ハヴァーツと3人のレフティーをピッチに送り込む。フレッシュな選手の投入で全体がやや活性化されたものの、後ろに重心を置いたホームチームの堅守を前に決定機まであと一歩という場面が目立つ。 何とか勝ち点1でも持ち帰りたいチェルシーは、7分が加えられた後半アディショナルタイムにパワープレーでゴールを目指したが、最後まで相手の堅守を破ることはできず。 この結果、リーグ5連勝を達成したニューカッスルが3位で中断期間を迎えることに。一方、公式戦3連敗のチェルシーは8位に転落している。 2022.11.13 04:34 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly