富山が今季加入のベテランGK西部洋平と契約更新「自分の持てる力を全て出し切ります!」

2021.12.23 22:43 Thu
©︎J.LEAGUE
カターレ富山は23日、GK西部洋平(41)との契約更新を発表した。

西部は浦和レッズ、鹿島アントラーズ、清水エスパルス、湘南ベルマーレ、川崎フロンターレと渡り歩き、今シーズンから富山に加入した。
自身初のJ3でのプレーとなった西部は、26試合に出場。天皇杯でも2試合に出場した。

西部はクラブを通じてコメントしている。

「2022シーズンもカターレ富山でプレーさせていただくことになりました。今年達成できなかったJ2復帰という目標に向けて、自分の持てる力を全て出し切ります!」
「2022シーズンもカターレ富山の応援よろしくお願いします」
関連ニュース

MF堀脩大が東京都社会人1部EDO ALL UNITEDに加入、昨季限りで富山退団「サッカーが出来ることに感謝」

カターレ富山は8日、昨シーズン限りで退団したMF堀脩大(24)が、東京都社会人サッカーリーグ1部のEDO ALL UNITEDへ加入すると発表した。 FC東京の下部組織出身である堀。青森山田高校、中央大学を経て、2022年に富山でプロ入りを果たした。富山では出場機会を得られず、昨季は日本フットボールリーグ(JFL)の東京武蔵野ユナイテッドFCに期限付き移籍。シーズン終了後、契約満了が発表されていた 東京都社会人サッカーリーグ1部でのプレーが決まった堀は、クラブを通じてコメントしている。 「素晴らしい環境の中でまたサッカーが出来ることに感謝し、チームとしても個人としても目標を達成できるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願い致します」 2024.02.08 12:10 Thu

「サッカー人生に後悔はありません」FC大阪退団のGK服部一輝が28歳で現役引退、最後に秘密を告白

FC大阪は5日、GK服部一輝(28)が現役を引退することを発表した。 FC東京のアカデミーにも在籍した服部は、札幌大谷高校、明治大学と進学。2017年にカターレ富山へと入団した。 その後、カマタマーレ讃岐、福島ユナイテッドFCを経て、2022年にヴァンラーレ八戸へ入団。明治安田生命J3リーグの25試合でプレーしたが、1年で退団となった。 2023年にFC大阪に完全移籍で加入。しかし、出番がないまま契約満了となり、そのまま引退を決断。プロ通算ではJ3で34試合、天皇杯で1試合の出場となった。 服部はクラブを通じてコメント。最後に大きな秘密を告白している。 ーーーーーー 現役を引退することに決めました。 富士見ヶ丘少年蹴球団でサッカーを始め、FC東京むさし、札幌大谷高校、明治大学という素晴らしい学校・チームでサッカーができたことを誇りに思います。 そして2017シーズンから7年間プロサッカー選手を経験し5クラブを渡り歩きました。 カターレ富山・カマタマーレ讃岐・福島ユナイテッドFC・ヴァンラーレ八戸・FC大阪 全ての関わる方々、本当にありがとうございました! 度重なる怪我で自分自身がもう100%でプレーできないと感じました。 サッカーを始めた頃から常に全力でプレーすることが自分のポリシーであり、このままサッカーを続けるのが自分の中ではできないと答えが出ました。 サッカー人生に後悔はありません。 プロとしての7年間は本当に悔しくて耐え難いものでしたがピッチに立って勝利した時、その一瞬の幸せが全てを忘れさせてくれる、それがサッカーでした。 サッカー人生では自分の想い描いていたステージに立てなかったけれど、未来は明るいし歩みを止めず突き進みたいと思います。 これからも素晴らしい人生が続きます。 悔しいことや苦しいことも今後あるだろうけど後悔だけはしない人生を歩んで行きます! そして僕たち子供のために身を削り、やりたいことを好きなだけやらせてくれた母、本当にありがとう。 世界で1番かっこいい母の姿を見て、折れそうになった心を何度も繋ぎ止めてくれました。 誰よりも自慢に思ってくれている姉。 近くで支えてくれた妻、息子。 もっとプロサッカー選手として試合に出ている姿を見たかったと思うし、見せたかった気持ちは山々だけど、この決断を尊重してくれてありがとう。 最後にサッカーというものが本当に多くの人との出会いをくれました。 ありがとう、サッカー! 一つだけ言い忘れていました。 身長を182cmとずっと記載していましたが本当は178cmです ーーーーーー 2024.02.05 11:20 Mon

DF川﨑裕大が神奈川県1部で現役復帰!過去に広島や横浜FCなどでプレー「今年は怪我なく頑張ります」

神奈川県社会人サッカーリーグ1部に属するYOKOHAMA FIFTY CLUBは2日、DF川﨑裕大(31)の加入を発表した。 神奈川県綾瀬市出身で、ジュニアユース時代は横浜FCの育成組織に在籍していた川﨑は、2015年に流通経済大学からサンフレッチェ広島へ加入。以降、横浜FC、カターレ富山、SC相模原でプレーした。 アキレス腱断裂などの大ケガと戦いながら、J1、J2、J3を合わせて71試合に出場。2022年シーズンを持ってプロ選手としての引退を発表し、昨年はサッカースクールなどでの活動に従事していたが、1年ぶりに復帰を果たすこととなった。 川﨑はクラブの公式X(旧:ツイッター)を通じ、次のようにコメントしている。 「この度Yokohama Fifty Clubに入団させてもらうことになった、川崎裕大です。今年は怪我なく、チームの昇格に貢献出来るように頑張ります」 そのほか、FIFTY CLUBは同日に南葛SCからFW岡田翔平が加入することも発表。チームにはJ通算99得点のFW大久保哲哉らが在籍し、関東リーグ昇格を目指している。 2024.02.03 18:48 Sat

大宮、山形、富山でプレーしたDF髙山和真が27歳で現役引退‥昨季はシンガポールでプレー、今季から大宮の普及担当コーチ就任

大宮アルディージャは25日、アカデミー出身のDF髙山和真(27)の現役引退を発表した。また、2024シーズンから普及担当コーチに就任することも発表している。 髙山は、大宮のサッカースクール川越校出身で、Jr.ユース、ユース、トップチームと昇格する。 大宮ではJ1通算12試合、J2通算13試合に出場。リーグカップでも10試合1得点、天皇杯でも4試合1得点を記録した。 2020年にはモンテディオ山形に期限付き移籍も出番はなく、シーズン途中に大宮に復帰。2022年はカターレ富山でプレーすると、明治安田生命J3リーグで3試合に出場。2023シーズンはシンガポールのホウガン・ユナイテッドFCでプレーしていた。 シンガポールでは、プレミアリーグで23試合2得点、シンガポールカップで6試合2得点、AFCカップで6試合1得点を記録も、現役引退を決断した。 髙山はクラブを通じてコメントしている。 「皆さん、おひさしぶりです! このたび現役を引退し、2月より大宮アルディージャの普及担当コーチに就任させていただくことになりました。スクール、アカデミー、トップチームのOBとして、また大宮アルディージャに戻ってくることができて嬉しく思います。色々なことに前向きに勉強していきたいと思います! よろしくお願いします」 2024.01.25 18:25 Thu

岡山退団のMF野口竜彦がJFLヴィアティン三重へ… 昨年後半は富山でプレー「自分の持てる力を全て出して、J3昇格を」

ファジアーノ岡山は9日、退団が決まっていたMF野口竜彦(26)のヴィアティン三重(JFL)への完全移籍を発表した。 野口は大阪府出身で、前橋育英高校から中央大学へ進学。2020年に岡山へ加入し、プロキャリアをスタートさせた。 2021年8月からは日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森への育成型期限付き移籍を経験。2022年は岡山でプレーしたが、2023年8月にはカターレ富山へ期限付き移籍となった。 岡山で迎えた2023シーズン前半は天皇杯での2試合のプレーに終わり、富山移籍後は明治安田生命J3リーグで9試合に出場。先月19日に移籍元の岡山が契約満了を発表し、今月6日にはレンタル先の富山も退団を発表していた。 野口は三重と岡山を通じてコメントしている。 ◆ヴィアティン三重 「今季新加入することになりました野口竜彦です。自分の持てる力を全て出して、J3昇格を成し遂げられるように精進します。よろしくお願いします!」 ◆ファジアーノ岡山 「ヴィアティン三重に移籍することになりました。プロサッカー選手にしてくれた岡山には本当に感謝しています。いつも温かく応援してくれて、どんな時でも頑張ることができました。チームは変わりますが、しぶとく何度でも立ち上がる野口スタイルをここから見せていきます。またCスタで会える日を楽しみにしています! ありがとうございました!!」 2024.01.09 17:51 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly