PSGラフィーニャ、ソシエダとの交渉進展中…半年ローンか

2021.12.23 21:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)の元ブラジル代表MFラフィーニャ(28)にラ・リーガに戻ってくる動きがあるようだ。

2020年10月にバルセロナからPSG入りして、今季で2年目を迎えたラフィーニャ。初年度から熾烈なポジション争いを余儀なくされながら、公式戦34試合の出番を手にした。

だが、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが新たにライバルとして到着した今季は出場機会が激減。ここまでリーグ・アン5試合でしかピッチに立てていない。

最後に出番を得たのも今年10月まで遡り、序列の低下が顕著なラフィーニャだが、PSGとあと2年の契約を残すなか、レアル・ソシエダ行きの動きが活発化しているという。

移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、両クラブ間の交渉は進展中。今季いっぱいの半年レンタルで話が進んでいる模様だ。

取引完了に向けて進められる交渉はまだ詳細を詰め切れていない状況だが、関係者も自信を深めているとのことだ。

今季のソシエダはラ・リーガ18試合を消化した現時点で6位に位置。現在は4連敗の5試合未勝利で息切れ気味だが、一時13試合無敗を記録するなど、上位勢に割って入っている。


関連ニュース
thumb

ムバッペの“破格条件”での契約延長、バルサ会長も「市場を歪める」と非難

バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、フランス代表FWキリアン・ムバッペの新たな契約内容に批判の声を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約切れが迫まったことで、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。マドリーとは相思相愛と言われ、移籍の線が強かったが、21日にPSGと2025年までの新契約を結び、急転直下の残留が決定した。 マドリーからのオファーを固辞したムバッペは、正確な数字は発表されていないものの、年俸5000万ユーロ(約67億5000万円)、ボーナス1億3000万ユーロ(約175億円)、肖像権100%という条件での契約延長となった模様。これはチームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをはるかに上回り、サッカー史上最高額となることは間違いないと見られている。 そうした破格の契約内容について、スペイン『L'Esportiu』のインタビューで言及したのが、ムバッペに裏切られた形となったマドリーのライバルである、バルセロナのラポルタ会長。健全な取引の重要性を強調しつつ、カタール資本のPSGのような“国家クラブ”を非難した。 「この取引は市場を歪める。選手たちが金で支配されてしまったら終わりだ。これは国家を後ろ盾にしているクラブによる影響であり、EUのあらゆる原則に反している。ヨーロッパにおけるサッカーの将来を考えなければならない」 「PSGやマンチェスター・シティ、そしてこれから生まれるであろう国家クラブによって市場は混乱する。彼らが何者であるかは明らかだ。これでは、我々のような会員制のクラブの経営は難しくなる」 2022.05.25 22:43 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、ムバッペ獲得ならずも「ここには将来、スターになれる選手がいる」

フランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を寸前で逃したレアル・マドリーだが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチに驚きはなかったようだ。 今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約切れが迫まったことで、マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。選手とクラブの関係は相思相愛とも言われ、加入は確実と伝えられていた。 しかし、21日にPSGによって発表されたのは、ムバッペとの2025年までの新契約締結。急転直下の残留が決定し、マドリー側は裏切られる形となった。 ムバッペの選択が大きな物議をかもす中、マドリーの中盤の要であるモドリッチもスペイン『マルカ』のインタビューでこの騒動に反応。29日に迫った大一番への集中が最も重要だと語りつつ、クラブにはすでに有望な若手選手がいることを強調した。 「ムバッペについての驚きはなかった。何も知らなかったから、期待もしていなかったんだ。1年間、いろいろな話が出ていたけど、実現するかどうか、何もわからなかった。だからこそ、この問題については考えず、これ以上話す必要はないと考えているよ」 「僕らにはCLの決勝が控えていて、それが最も重要なことだ。レアル・マドリーはこれからも、どんな選手より、どんなものより、トップに立ち続けるだろう。だから、これ以上考える必要はないんだ」 「僕らはとても良いチームで、大きく成長できる選手も多く、素晴らしいシーズンを過ごしてきた。ここにあるもの大切にしている選手が多いんだ。ここには将来、素晴らしいスターになれる選手がいる」 2022.05.25 16:17 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG残留のムバッペ「リバプールと話をした」の真相は!?「5年前にも…」

パリ・サンジェルマン(PSG)との電撃的な契約延長で大きな話題を呼んだフランス代表FWキリアン・ムバッペ。実はリバプールとも話をしていたことを明かした。 今夏でPSGとの契約が満了を迎えるムバッペは、レアル・マドリーへの移籍が有力視されていた。 しかし、クラブのシーズン最終戦の直前に2025年までの契約延長を電撃発表。世間を賑わせていた。 そのムバッペは、イギリス『テレグラフ』で契約延長の経緯について言及。その中で、マドリー以外に、リバプールとも話しをしていたと明かした。 「少しは話したよ。でもあまり多くはなかった」 「僕はリバプールと話をした。それは僕のママが好きなクラブだからだ。ママはリバプールを愛している」 「なぜだかわからないけどね。ママに聞いてほしい」 「良いクラブだと思うし、5年前にも会っていた。モナコにいた時、彼らに会いに行ったよ。ビッグクラブだからね」 「もちろん、最終的にはレアル・マドリーとパリ・サンジェルマンの間にいたよ」 23日には記者会見を行い、PSGへの残留はお金ではなくプロジェクトだと語っていたムバッペ。2026年以降の去就も再び注目を集めることになりそうだ。 2022.05.25 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「素晴らしいスキル」女子選手がテクニックでネイマールを完膚なきまでにやりこめる…悔し紛れのリアクションも

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがテクニックで翻弄された。 ネイマールの名を冠した5対5のストリートサッカー大会『レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブ』。カタールのドーハで開催を予定していたが、中止となってしまった。 ただ、本人参加のエキシビジョンマッチは開催。妙技を披露といきたいところだったが、対戦相手に翻弄され、相当に悔しがる姿を晒してしまった。 マッチアップしたのは女性のフリースタイル・フットボーラー、リサ・ジモウシェ。ネイマールからボールを奪うと、タイトな寄せに遭いながらもボディバランスと足技を駆使して長時間キープし、ブラジル代表のエースを手玉に取った。 ジモウシェはPSGの育成組織出身で、2014年にはストリートスタイルの世界チャンピオンにも輝いている。閲覧者はテクニックに脱帽し、「素晴らしいスキル」、「クイーン」、「ネイマールをめちゃくちゃにしたのはすごいね」、「最高」など、称賛の声を上げている。 『ESPN』はネイマールのリアクションにも注目。完敗を喫し、ばったりと倒れ込むと、起き上がって悔し紛れの反撃。脱げたジモウシェの靴を笑いながら遠くへ放り投げた。 ストライカーを倒した本人も「まだ私の靴を探しています(笑)。尊敬するネイマール、なんて楽しい時間だったでしょう、皆さんに感謝しています!」と、貴重なプレー体験を振り返っている。 <span class="paragraph-title">【動画】ネイマールを手玉に取った女子フリースタイル・フットボーラー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CdtZb3gDi4j/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CdtZb3gDi4j/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CdtZb3gDi4j/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Lisa Zimouche (lisafreestyle)(@lisa.zimouche)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.24 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏の人気銘柄レナト・サンチェスにPSGも関心か? しかし、実現度は…

リールに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)は、今夏の移籍市場における人気銘柄の1人。多くのビッグクラブが関心を寄せる中、潤沢な資金をバックにあのクラブも参戦してきた模様だ。フランス『ル・パリジャン』が報じている。 2016年のユーロでポルトガルの初優勝に貢献し、18歳にしてベンフィカからバイエルンへの移籍を勝ち取ったレナト・サンチェス。しかし、バイエルンでは期待に見合った活躍は披露できず、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)のポルトガル代表メンバーからも落選する結果となっていた。 しかし、2019-20シーズンからプレーするフランスの地で完全復活。2020-21シーズンはリールのリーグアン優勝に大きく貢献し、再びビッグクラブの注目を集める存在となった。 これまでにも、リバプール、アーセナル、バルセロナ、ミラン、ユベントスなどといった錚々たる顔ぶれが関心を寄せていると報じられてきたレナト・サンチェス。現時点ではミランが獲得レースのポールポジションに立つとされているが、ここへ来てパリ・サンジェルマン(PSG)も彼の獲得を考慮し始めたという。 『ル・パリジャン』によると、PSGは過去にもレナト・サンチェス獲得を目指していた経緯があり、リールとの契約が2023年6月までとなっていることを踏まえ、およそ1年後の契約満了を待って獲得するというプランも選択肢に含まれているとのこと。すなわち、PSGにとって必ずしも優先的なターゲットではないことを示している。 一方のリール側は今夏の売却に前向きとされており、レナト・サンチェス本人もステップアップに向けて準備ができているという趣旨の発言を昨年していることから、移籍は濃厚と見られている。しかし、その場合は優先的に獲得に動かないPSGへの移籍の可能性は低いと考えられる。 一度はビッグクラブに失格の烙印を押されながらも、時を経て自らの評価を再び覆すことに成功したレナト・サンチェス。果たして、自身初となるセリエAに挑戦するのか、それとも引き続きフランスにとどまってプレーすることになるのか。今夏の移籍市場に注目が集まっている。 2022.05.24 14:16 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly