水戸が宮崎MF前田椋介を完全移籍で獲得「縁のあるクラブだと勝手に思っています」

2021.12.22 17:24 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎TEGEVAJARO MIYAZAKI
水戸ホーリーホックは22日、テゲバジャーロ宮崎のMF前田椋介(23)を完全移籍で獲得することを発表した。

前田は宮崎県出身で、宮崎経営大学から福島ユナイテッドFCに入団。今シーズンから宮崎に加入していた。

今シーズンの明治安田生命J3リーグでは27試合に出場し4得点を記録。参入初年度での3位フィニッシュに貢献していた。

前田は両クラブを通じてコメントしている。

◆水戸ホーリーホック
「テゲバジャーロ宮崎から加入します前田椋介です!水戸ホーリーホックは高校の恩師もプレーしたことがあり、縁のあるクラブだと勝手に思っています。その素晴らしいクラブで闘えることを本当に嬉しく思います!より一層強い気持ちで頑張ります!よろしくお願いします!」

◆テゲバジャーロ宮崎
「このたび、水戸ホーリーホックへ完全移籍することになりました。今年から地元のJクラブ テゲバジャーロ宮崎に加入し、地元宮崎をサッカーで盛り上げる為、またテゲバジャーロ宮崎を宮崎県民の方々にもっと知ってもらおうという強い気持ちを持って1年間、闘いました。ですが正直1年じゃ全く足りず何もできなかったなと感じています」

「もっと宮崎の為に闘いたい。その気持ちは変わらずあります。ですが、いちサッカー選手として上を目指したい気持ちは小さい頃から変わらず、オファーをいただいた時に、このチャンスを逃すわけにはいかないと思い、この決断をしました」

「たった1年でしたが宮崎に帰ってきた自分を温かく受け入れ応援してくださったファン、サポーターの皆様には感謝しています。そして、この決断を尊重し背中を押してくれたクラブにも本当に感謝しています」

「帰ってきて、たった1年で移籍する事に何か思う人もいるかもしれませんが、自分自身、覚悟を持って決断しました。上の舞台でもっと活躍し、いつか宮崎に胸を張って帰ってこられるよう頑張りたいと思います」

「これからもテゲバジャーロ宮崎を応援しています。1年間本当にありがとうございました!」


関連ニュース
thumb

水戸のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性

水戸ホーリーホックは14日、トップチームの関係者1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該者は12日に行われた抗原定性検査によって陽性疑いとなったとのこと。医療機関で検査、診察を行い、陽性診断を受けたとのことだ。 また、当該者以外にクラブ内に濃厚接触者はいないとのことだ。 なお、同日の抗原定性検査で当該者以外の全員が陰性となっている。 2022.05.14 21:34 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性

水戸ホーリーホックは12日、トップチームの関係者1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該者は11日の抗原定性検査にて陽性疑いとなり、医療機関で検査、診察を行い、陽性の診断を受けたという。 なお、チーム内に濃厚接触者はいないとのことだ。 また、11日に実施した抗原定性検査では、当該者以外は全員陰性となっており、体調不良や発熱の症状はないという。 2022.05.12 17:43 Thu
twitterfacebook
thumb

水戸MF音泉翔眞が左ヒザ関節軟骨損傷、初先発の甲府戦で負傷

水戸ホーリーホックは12日、MF音泉翔眞の負傷を発表した。 クラブの発表によると、音泉は4月30日に行われた明治安田生命J2リーグ第13節のヴァンフォーレ甲府戦で負傷したとのことだ。 この試合に先発出場した音泉だったが、67分に後藤田亘輝と交代していた。 音泉は、茨城県内の病院で検査を行った結果、左ヒザ関節軟骨損傷と診断されたとのことだ。 今シーズンは明治安田J2で2試合に出場。甲府戦が初先発の試合だった。 2022.05.12 14:58 Thu
twitterfacebook
thumb

好調甲府が3連勝! 水戸は後半AT弾で劇的勝利【明治安田J2第11節】

明治安田生命J2リーグ第11節の7試合が23日に各地で行われた。 2連勝中の甲府はホームに4位の町田を迎えた。連勝の勢いそのままに主導権を握ると、20分に関口のクロスから鳥海がヘディングシュートでゴールに迫る。29分には、敵陣右サイドでのボール奪取からボックス中央でボールを持った長谷川のシュートがクロスバーを直撃。前半は一方的な展開となった。 試合を折り返すと、町田は後半から投入された鄭大世が体を張ったプレーでシュートシーンを迎える。何度か鄭大世にボールを集めて好機を迎えるが、押し切ったのはホームの甲府だった。 67分、右サイドからの攻撃は一度跳ね返されたものの、こぼれ球に走り込んだ須貝がボックス右角から迷わず右足を一閃。ゴール前の混戦に絡まれ軌道が変わりながらも、強烈なシュートがゴールに突き刺さった。 その後は76分の宮崎のシュートがポストに嫌われて追加点が奪えない甲府。一方の町田も83分のCKで鄭大世がヘディングシュートでゴールに迫ったが、同点には追いつけず試合終了。1-0で試合を制した甲府が3連勝を収めた。 ユアテックスタジアムでは仙台と琉球が激突。2試合ぶりの勝利を目指す仙台は立ち上がり2分、中島が敵陣中央から放ったロングシュートが相手GKを強襲。6分にはボックス右から縦に仕掛けたフェリペ・カルドーソがDFをかわしてシュートを放つが、ここも琉球GK田口が好セーブを見せた。 0-0で迎えた後半立ち上がりのCKでも、皆川のヘディングシュートが田口に防がれた仙台。それでも58分、氣田が前線からプレスをかけてボックス左でボールを奪うと、その横パスをフェリペ・カルドーソが確実に流し込み、先制点を奪った。 その後も61分に皆川が決定機を迎えるなど攻勢を続ける仙台は、追加点は再びボール奪取から生まれる。80分、敵陣右サイドのスローインからリスタート。一度は相手に奪われたものの、フェリペ・カルドーソがボックス右で素早く奪い返し、ボックス中央の氣田にラストパス。冷静に流し込んだ氣田は3戦連発となった。 そして、試合は2-0で終了。仙台が暫定2位に浮上している。 ケーズデンキスタジアムで行われた水戸vs山口は劇的な結末となった。14分に先制を許したホームの水戸は、後半に入ると60分と69分に木下と古巣戦となった高井が立て続けにゴールを決めて逆転に成功する。ところが逆転から2分後に失点し、試合は再びタイとなる。 このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、水戸は相手のゴールキックを跳ね返すと、そこから速攻へ展開。敵陣中央でボールを持った曽根田がドリブルでボックス手前まで運び、そこから右足を強振。これがゴール右下に突き刺さり、土壇場で逆転した。 劇的勝利を収めた水戸は5試合ぶりの白星で今季3勝目となった。 ◆第11節 ▽4/23(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ベガルタ仙台 2</span>-0 FC琉球 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 大宮アルディージャ 東京ヴェルディ 1-1 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 3</span>-2 レノファ山口FC 栃木SC 0-0 横浜FC ▽4/24(日) 《17:00》 ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田 ▽4/20(水) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 5</span>-0 いわてグルージャ盛岡 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> ▽4/22(金) ロアッソ熊本 1-1 ファジアーノ岡山 2022.04.23 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸DF楠本卓海が交通事故…後方の車と接触もケガ人なし

水戸ホーリーホックは22日、交通事故の発生を報告した。 クラブの発表によると、DF楠本卓海が運転する乗用車が交通事故を起こしたとのこと。ケガ人はいないという。 事故は18日(月)の8時30分頃、水戸市千波町の十字路で発生。停車中の車両を避けるために後退したところ、後方に停車中の車両と接触したという。 事故後には速やかに警察や関係各所に届け出と連絡をしたとのことだ。 楠本はレノファ山口FCでキャリアをスタート。今シーズンから水戸でプレー。ここまで明治安田生命J2リーグで9試合に出場していた。 2022.04.22 20:04 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly