「史上最高」街中に巨大なメッシが登場、高層ビルの側面に30m級の壁画が描かれる

2021.12.18 20:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
すでに知らぬ者なしであろうパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、アルゼンチンではそのイメージをさらに広めようする試みがなされているようだ。

11月29日に7度となるバロンドールを受賞したメッシ。キャリア通算得点数も元ブラジル代表FWペレ氏の「757」抜いて南米のサッカー選手史上歴代最多となった。

アルゼンチン国内はもちろん、世界中にもその名をとどろかせているメッシだが、より一層のアピールをしようする試みがあるようだ。今週の初めにメッシの故郷、アルゼンチン・ロサリオにある高層ビルの壁面に代表のユニフォームを着用したメッシの壁画が登場した。
地元のアーティストによって描かれた壁画は、メッシのイメージを広めよういう『コモン・メッシ』と呼ばれるプロジェクトの一環でとして描かれた。サイズは100フィート(約30m)になる。

サッカー関連の施設ならともかく、一般の建造物にサッカー選手の壁画が描かれるというのは異例ではないだろうか。閲覧したファンからも多くの称賛を含めた「史上最高」、「アルゼンチン国民全員に愛されてる」、「神だよ」、「雨が降ったらどうするの?」、「銅像もできるんじゃないか?」などといった声が寄せられた。

今季から加入したPSGでも6ゴールを挙げているメッシだが、実力からすれば物足りなさを感じるファンの方が多いだろう。この壁画のように、より大きな結果をもたらすことが期待される。



1 2

関連ニュース
thumb

「運命は僕ら次第」 メキシコ代表ロサーノ、アルゼンチン代表戦に自信

メキシコ代表FWイルビング・ロサーノがカタール・ワールドカップ(W杯)グループC第2戦のアルゼンチン代表戦に向けて自信をのぞかせた。イタリア『スカイ』が伝えている。 メキシコ代表は23日の初戦でポーランド代表と対戦し、0-0のドローに。GKギジェルモ・オチョアのPKストップにも救われた中、得点源の1人と期待されるロサーノはフル出場でノーゴールと、チームを勝利に導く活躍は披露できなかった。 27日には初戦でサウジアラビア代表相手に痛恨の黒星を喫したアルゼンチン代表との第2戦に。ロサーノは前日会見で指揮官の母国との対戦となったことに触れ、早くも追い込まれた強豪相手に勝機は十分と意気込んだ。 「絶好のチャンスだ。運命は僕たち自身に委ねられている。アルゼンチンは素晴らしい選手だらけだけど、タタ(ヘラルド・マルティーノ監督)は彼らをよく知っている。僕たちに対して全力でぶつかってくるだろう。僕たちも勇気を持って前に出なければならない」 マルティーノ監督は2014~16年にかけてアルゼンチン代表を率いており、対策は万全と口にしたロサーノ。一方、所属するナポリ及びアルゼンチンの英雄、故ディエゴ・マラドーナの逝去からちょうど2年が経ったタイミングでの一戦となったことには感慨深い思いがあるようだ。 「彼がこの世を去ったとき、ナポリの街は静まり返った。僕にとって明日は特別な時間になるだろう」 2022.11.26 18:57 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス、来冬にMLS行きも? 久保裕也と同僚になる可能性

セビージャのアルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)に、メジャーリーグ・サッカー(MLS)行きの可能性があるようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 アルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のパプ・ゴメス。22日に行われたグループステージ初戦のサウジアラビア代表戦では先発出場も、チームは1-2で衝撃的な逆転負けを喫し、厳しい船出となってしまった。 今季は所属するセビージャでも苦戦気味。10月には同胞のホルヘ・サンパオリ監督が就任するも、公式戦17試合でゴールなしと一向にパフォーマンスが上向かず、W杯前から退団の噂が飛び交うように。選手本人も来年1月の移籍市場に意識を傾けつつあるようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、アタランタ時代に目覚しい活躍を披露したパプ・ゴメスに対し、現在セリエAで最下位に沈むエラス・ヴェローナが関心。さらに、元日本代表FW久保裕也が所属するMLSのFCシンナシティ行きの可能性もあるとのことだ。 パプ・ゴメスはセビージャとの契約を2024年6月まで残すものの、来年2月には35歳に。年齢を考慮すれば、アメリカ行きという選択肢も悪くないのかもしれない。 2022.11.24 14:54 Thu
twitterfacebook
thumb

「凄いメンツ」カタールW杯現地解説の槙野、バルデラマはじめ各国レジェンド3人との2ショット披露「伝説でしかない御三方」

各国のレジェンドたちも現地に赴いているようだ。 20日に開幕を迎えたカタール・ワールドカップ(W杯)。元日本代表DF槙野智章(ヴィッセル神戸)も、ABEMAの現地解説担当としてカタール入りし、20日に行われた開幕戦のカタール代表vsエクアドル代表に続き、22日のグループC、アルゼンチン代表vsサウジアラビア代表の解説も担当した。 サウジアラビアが逆転でアルゼンチンを下す大金星を挙げた試合には、各国のスターも足を運んでいたようだ。 槙野は22日に自身のインスタグラムを更新。元アルゼンチン代表MFハビエル・サネッティ氏、元コロンビア代表MFカルロス・バルデラマ氏、元韓国代表MFパク・チソン氏とのツーショットを公開した。 「ワールドカップにはたくさんの、スーパースターの姿が!!!解説席もなかなか賑わってますよ」 インテルでの公式戦出場数は800試合を越えるサネッティ氏。独特のヘアスタイルで知られ、自身も3度のW杯出場を経験しているバルデラマ氏。アジア人初のW杯3大会連続ゴールしたパク・チソン氏。 国やクラブを代表する各選手との一枚には、「えぐーー」、「バルデラマが、相変わらずのアフロで」、「現役時代テレビで見てた」、「凄いメンツだ」、「伝説でしかない御三方」、「バルデラマすげぇー!」など、驚きや懐かしむ声が寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】現地の槙野がサネッティ、バルデラマ、パク・チソンとのツーショットを公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClQ8M2pL9G5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClQ8M2pL9G5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClQ8M2pL9G5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">槙野智章 Tomoaki Makino(@makino.5_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.23 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ、サウジ戦での大きな躓きに「こんなスタートになるとは。言い訳しない」

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがコメントした。アメリカ『ESPN』が報じている。 36戦無敗の歩みをもってカタール・ワールドカップ(W杯)を迎えたアルゼンチンは22日のグループC第1節でサウジアラビア代表と対戦。10分にPKからメッシのゴールで先制したところまでは良かったが、後半の立ち上がりに連続失点でまさかの逆転負けを喫した。 アルゼンチン側からすれば、VARで3つのゴールが取り消されるという不運も重なっての大番狂わせ。自身5度目のW杯が波乱で幕開けの主将メッシはアップセットを嘆きつつ、巻き返しを誓った。 「こんなスタートは思ってもいなかったし、すごく痛い打撃だ。落ち着きをもたらすであろう3ポイントを計算していた。物事には起こる理由がある。今後に備えつつ、勝たないと。僕ら次第だ」 「言い訳なんてしない。これまで以上に結束していく。このグループは強い。それを示してもきた。久しく経験のない状況だけど、今こそ本物のグループであるのを証明しないとならない」 「痛い敗戦だけど、自分たちを信じ続けないと。ページをめくって前に進むんだ。何が悪かったのかを分析しないといけない。ポジティブなことに目をやり、メキシコ戦に照準を合わせるんだ」 また、サポーターに向けても「彼らに対するメッセージは信念を持つことだ。僕らは見捨てるようなことはしない」との言葉を紡ぎ、改めて初戦を振り返りつつ、原点回帰の必要性を説いた。 「サウジアラビアは良い選手が揃っていて、ボールをよく動かし、ラインをよく押し上げてくるのは想定内だった。そのために準備をしたが、少し焦りがあったんだ。ベースに立ち返らないとね」 2022.11.23 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

大金星サウジアラビア、試合翌日が急遽休日に! サルマン国王の粋な計らい

サウジアラビアのサルマン国王が、サウジアラビア代表チームの大金星を受け、試合翌日の11月23日(水)を急遽祝日にした。国営通信社SPAが伝えている。 サウジアラビアは22日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループC第1節でアルゼンチン代表と対戦し、2-1の逆転勝利を収めた。 今大会の有力な優勝候補に挙がる強豪相手にFWリオネル・メッシのPKで前半早々にリードを許したサウジアラビア。 しかし、強気なライン設定を維持して1点差で試合を折り返すと、後半序盤にはFWサレー・アル・シェフリ、MFサレム・アル・ドサリの連続ゴールで一気に試合を引っくり返す。以降は完全に押し込まれたが、チーム一丸となった守備でリードを守り抜き、公式戦36戦無敗中の相手に会心の勝利を飾った。 世界中のフットボールファンが大きな衝撃を受けたこのジャイアントキリングに関して、やはり当事者であるサウジアラビア国民の喜びようは相当なものだったようだ。 サルマン国王は試合後、このアルゼンチン戦の勝利の余韻を国全体で共有すべきと考え、すべての労働者とすべての学生を対象に翌23日を休日にするよう指示。これにより、サウジアラビア国民は勝利の喜びと共に思わぬ休日というプレゼントを代表チームから受け取ることになった。 <span class="paragraph-title">【動画】祝日をもたらせたサウジアラビアの衝撃決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ClRCJ5_DTY_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ClRCJ5_DTY_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ClRCJ5_DTY_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FIFA World Cup(@fifaworldcup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.23 01:26 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly