「全て上手い」胸トラップからのワンツー!鎌田大地の今季リーグ初ゴールに「待ってました!」

2021.12.16 12:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が今シーズンのブンデスリーガ初ゴールを決めた。

フランクフルトは15日、ブンデスリーガ第16節でボルシアMGと対戦。鎌田はこの試合で先発フル出場を果たした。この試合で2シャドーの一角として先発した鎌田は、1-1で迎えた50分、MFイェスパー・リンドストロームの逆転ゴールの起点となる。

その後同点に追いつかれるものの、55分、味方のクリア性のロングボールを鎌田が収めると、FWラファエル・サントス・ボレとのワンツーで抜け出し、そのままボックス左に侵入。左足でシュートを決めきった。

待望の今季のリーグ初ゴールには、ファンも「待ってました!」、「うんまい」、「落としからのワンツー」、「全て上手い」と絶賛の言葉を送っている。

鎌田のゴールで勝ち越したフランクフルトは70分に退場者を出してしまうものの、MF長谷部誠を投入して耐え凌ぎ、そのまま3-2で勝利した。

直近6試合で5勝目と調子を上げてきているフランクフルト、順位も7位まで上げている。



1 2

関連ニュース
thumb

「何回キレられるんだろうと…」鎌田大地が長谷部誠の第一印象をぶっちゃけ!今は「ほとんど監督みたいな感じ」

18日に行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝でレンジャーズとの戦いに臨むフランクフルトが、クラブの公式SNSを更新。元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地の対談の様子を公開した。 その中で、長谷部の第一印象について問われた鎌田は、「ファーストインプレッションは怖そう(笑)」とぶっちゃけ。長谷部は驚いた様子だったが、その後も「怒られそうと思ってましたね。僕はもう本当にこんな感じなんで、こっちに来るときも何回キレられるんだろうと思ってましたけど、意外とそんなこともなく」と明かした。 また、現時点での印象については、「基本的に頭が良くて、いろいろな監督でもずっと使われている理由は監督のやりたいことを理解して表現できるという能力に長けていると思うし、ほとんど監督みたいな感じですかね」と語った。 それは長谷部本人も分かっているようで、「それがいいところであり悪いところでもあるんだけどね」と分析。さらに、自身のポジションが年齢を重ねるごとに守備的になっていったことを引き合いに出し、「俺も元々最初は大地のポジションだったからね。ナンバー10だったから。どんどん下がってきて将来30(歳)超えたくらいでリベロとかやってるかもしれないよ(笑)」と鎌田の将来を冗談半分で予想した。 ELの前身であるUEFAカップ時代の1979–80シーズン以来、2度目の大会制覇に王手をかけたフランクフルト。長谷部と鎌田の2人も招集メンバーに入っており、タイトル獲得に臨む。 <span class="paragraph-title">【動画】それを聞いた長谷部のリアクションは!?鎌田大地が先輩の印象を語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/EuropaLeague?ref_src=twsrc%5Etfw">@EuropaLeague</a> 決勝直前・特別対談・Part<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E8%AA%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長谷部誠</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%8E%8C%E7%94%B0%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鎌田大地</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%8E%8C%E7%94%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鎌田</a> 選手の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長谷部</a> 選手への第一印象は<br><br>長谷部選手は鎌田選手の将来を予想⁉<a href="https://twitter.com/hashtag/SGEuropa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SGEuropa</a>|<a href="https://twitter.com/hashtag/SGERFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SGERFC</a>|<a href="https://twitter.com/hashtag/UEL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UEL</a>|<a href="https://twitter.com/hashtag/Sevilljaaaaa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Sevilljaaaaa</a>|<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アイントラハト</a>|<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フランクフルト</a> <a href="https://t.co/BvM8zNan0E">pic.twitter.com/BvM8zNan0E</a></p>&mdash; Eintracht Frankfurt (@eintracht_jp) <a href="https://twitter.com/eintracht_jp/status/1526759483719921664?ref_src=twsrc%5Etfw">May 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

42年ぶりのEL決勝に臨むフランクフルト、指揮官は「この2カ月で選手たちが作り上げたものは誇り」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督が、ヨーロッパリーグ(EL)決勝への意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。 EL準々決勝では優勝候補バルセロナ相手に番狂わせを起こし、準決勝では日本代表MF鎌田大地の活躍もありウェストハムに勝利したフランクフルト。18日にスペインのサンチェス・ピスファンで行われる決勝では、スコットランドのレンジャーズと対戦する。 ELの前身となるUEFAカップを制した1979-80シーズン以来の優勝に向けて期待が高まるなかで、試合前日の記者会見に出席したグラスナー監督は、ここまでやってきたチームを誇りに思うとコメント。相性の良いスペインの地で、栄冠を勝ち取りたいと意気込んだ。 「ここ数カ月で感情は大きくなるばかりだ。そしてこの2カ月間で選手たちが作り上げたものを、私はとても誇りに思っている。両チームとも、決勝に進出する資格が十分にあった。レンジャーズはウェストハムとバルセロナをミックスしたようなチームだろう。指揮官の母国であるオランダの影響を受けたビルドアップと、イギリスのメンタリティが混在している。だから、我々は最高のパフォーマンスをしなければならない」 「レンジャーズは1対1のバトルを常に激しく行っており、裏への飛び出しも厭わないチームだ。(ジェームズ・)タベルニエはサイドバックとしてELトップの得点力を誇っており、彼らのサイドバックがどれだけハイレベルかを物語っているだろう」 「スペインでの試合は3回目であり、来月には休暇でここへ来ると思う。ラウンド16のベティス戦、準々決勝のバルセロナ戦はアウェイで勝っているから、良い感覚でスペインに来ているよ。ここは好きな場所だしね。タパスもスタジアムも好きなんだ。ピッチも完璧であり、大きな決勝戦を戦うためのすべてが完璧だと思う」 また、グラスナー監督はアウェイであっても大挙してスタジアムに応援に駆け付けてくれるファンに言及。ファンが作り出す特別な雰囲気が、チームを後押ししてくれることを期待した。 「我々のファンは例外的だ。彼らはヨーロッパ中を回り、我々を追いかけてきてくれている。そんな彼らが、雰囲気を作り出してくれるんだ。目には見えないが、鳥肌の立つような熱狂や情熱があるね。信じられないほどのファン、おそらくはヨーロッパで最高のファンがいる2チームの対戦だ。 チームをサポートするため、両方のファンが15万人は応援してくれるだろうね」 2022.05.18 17:42 Wed
twitterfacebook
thumb

レンジャーズが50年ぶりの欧州決勝の舞台へ! ファン・ブロンクホルスト監督「半年前は思いもしなかった」

18日に行われるフランクフルトとレンジャーズによるヨーロッパリーグ(EL)決勝戦。レンジャーズのジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト監督が意気込みを語った。オランダ『Algemeen Dagblad』がコメントを伝えている。 多くの波乱が起こった今季のEL。最多の優勝回数を誇るセビージャがラウンド16でウェストハムに敗れて早々に敗退すると、優勝候補最有力だったバルセロナは、MF鎌田大地とMF長谷部誠擁するフランクフルトにベスト8で敗戦。 準決勝では、互いにダークホース的ソン時だったフランクフルトとレンジャーズが、それぞれ純粋な戦力差で勝るウェストハムとライプツィヒを打ち破って決勝に進出した。 レンジャーズにとっては、ディナモ・モスクワを下して優勝した1971-72シーズンのUEFAカップウィナーズカップ以来、50年ぶりの欧州決勝の舞台。就任からわずか半年で到達したファン・ブロンクホルスト監督は、予想していなかったことだとしつつも、偉業達成に向けて意欲を燃やした。 「就任から数カ月後にELで優勝するチャンスを迎えられるなんて特別な思いだ」 「レンジャーズがヨーロッパのトロフィーを獲得して以来、50年ぶりのことだ。何千人ものクラブのサポーターがセビリアに押し寄せるだろう。誰もがこの試合について話し、誰もがその場にいたいと思っている」 「11月にここに来たとき、私は2つのことを頭に入れた。もう緑の服は着ないこと、トロフィーを獲得しなければならないことだ。しかし、EL優勝は思いつかなかった。もし成功すれば、この選手たちは永遠にこのクラブのヒーローになるだろう」 「そして土曜日には、ハーツとのスコティッシュFAカップの決勝も控えている。周りは熱狂的だが、我々は冷静でいなければならない」 「相手はバルセロナとウェストハムを下したが、我々もツルヴェナ・ツヴェズタやドルトムント、ブラガ、ライプツィヒを倒したんだ。おかしな組み合わせではないだろう? 私のチームはサポーターに背中を押されながら、常に前進し続けているのだ」 「私は冷静で、選手と話し、チームを成長させようとしている。それが私のやり方で、これからもそうしていくつもりだ。それはすでに私に多くのものをもたらしてくれました」 「そして願わくば、さらに2つのタイトルが欲しい。チャンピオンズリーグへの切符をすぐに手にすることができるヨーロッパリーグ。ここではみんなそれを信じているよ」 2022.05.18 17:03 Wed
twitterfacebook
thumb

【EL決勝プレビュー】鎌田&長谷部が小野伸二以来の欧州の頂に挑戦! アウトサイダー同士による実力拮抗のファイナル

ヨーロッパリーグ(EL)決勝、フランクフルトvsレンジャーズが、日本時間18日28:00にセビージャのエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンでキックオフされる。前身UEFAカップ時代の1979–80シーズン以来、2度目の大会制覇を目指すフランクフルトと、大会初制覇を目指すレンジャーズによる、アウトサイダー同士のファイナルだ。 昨シーズンのブンデスリーガを5位でフィニッシュし、ELストレートインとなったフランクフルトは、オリンピアコス、フェネルバフチェ、アントワープと同居したグループDを3勝3分けの無敗で首位通過。決勝トーナメントではラウンド16で対戦したベティスを延長戦の末、PK戦突入直前のラストプレーで退け、劇的な形で突破した。 さらに、準々決勝では優勝候補筆頭のバルセロナと対戦すると、ホームでの初戦で1-1のドローに持ち込み、難所カンプ・ノウでの第2戦では3-2の会心の勝利。見事ジャイアントキリングを達成した。 これで完全に勢いに乗ったグラスナー率いるチームは、プレミアリーグの強豪ウェストハムとの対戦となった準決勝でも、敵地での初戦をMF鎌田大地の決勝点で先勝。ホームでの2ndレグでは前半序盤の相手DFの一発退場による数的優位を生かし、FWボレのゴールを最後まで守り切って1-0の完勝。2連勝でのファイナル進出を決めた。 先日に終了したブンデスリーガでは開幕6戦未勝利、シーズン最終盤の8戦未勝利が大きく響きUEFAコンペティション出場圏外の12位でフィニッシュ。来シーズンに再び欧州の舞台で戦うにはこの決勝での勝利が必須となる。だが、仮に勝利できれば前身チャンピオンズカップ時代の1959-60シーズン以来のチャンピオンズリーグ(CL)出場を決められる。 一方、スティーブン・ジェラード前監督の下、昨シーズンのスコティッシュ・プレミアシップで無敗優勝を果たしたレンジャーズは、CL予選3回戦敗退に伴い、EL予選プレーオフでアラシュケルトを破ってグループステージに進出。グループステージではリヨン、スパルタ・プラハ、ブレンビーと同居したグループAを2勝2分け2敗の2位で通過した。 決勝トーナメントのプレーオフではバルセロナと同様に優勝候補に挙げられたドルトムントを2戦合計6-4で破るジャイアントキリングを達成すると、ラウンド16ではツルヴェナ・ズヴェズダ、準々決勝ではブラガというアウトサイダーをいずれも僅差で退けてベスト4進出。 そして、準決勝ではドルトムントと並ぶ優勝候補のRBライプツィヒと対戦。下馬評では圧倒的不利と見られていたが、2戦共にリーグ戦とは異なる5バックという奇策で臨んだ結果、敵地での初戦を0-1で落としたものの、熱狂のアイブロックスで戦った2ndレグではDFタベルニエ、MFグレン・カマラ、MFランドストラムの3ゴールによって3-1で勝ち切り、ゼニトに屈して準優勝に終わった2007–08シーズン以来のファイナル進出を果たした。 国内リーグでは宿敵セルティックに屈して連覇を逃したものの、リーグ2位でCL予選3回戦出場権を確保。さらに、今週末にはスコティッシュ・カップ決勝のハーツ戦を控えており、今タイトルを含めシーズン2冠の可能性を残している状況だ。 なお、両チームは1959-60シーズンのチャンピオンズカップ準決勝で2度対戦。その対戦ではフランクフルトが1stレグを6-1、2ndレグを6-3という圧倒的なスコアで連勝している。半世紀以上ぶりの再戦では果たしてどちらが栄冠を手にするのか…。 ◆フランクフルト◆ 【3-4-2-1】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220517_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:トラップ DF:トゥーレ、トゥタ、エンディカ MF:クナウフ、ソウ、ローデ、コスティッチ MF:ハウゲ、鎌田大地 FW:ボレ 負傷者:DFヒンテレッガー、エンディカ、ダ・コスタ、MFリンドストローム コロナ陽性者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては遠征に帯同しているものの、ヒンテレッガーが欠場となる。一方で、数週間離脱が続いたリンドストローム、直近のマインツ戦で負傷交代したエンディカに関してはプレー可能なようだ。 スタメンに関しては前述のメンバーの起用が濃厚だ。変更点があるとすれば、エンディカ、ローデ、ハウゲの位置に長谷部誠、ヤキッチ、リンドストローム(アヘ)辺りを起用するのみか。 ◆レンジャーズ◆ 【4-3-3】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220517_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:マクレガー DF:タベルニエ、ゴールドソン、バッシー、バリシッチ MF:グレン・カマラ、ランドストラム、ジャック FW:ケント、アリボ、ライト 負傷者:DFヘランデル、FWモレロス、ルーフェ コロナ陽性者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはヘランデル、モレロスの2選手に加え、軽傷を抱えるルーフェの出場が危ぶまれている。 システムに関しては国内リーグで[4-2-3-1]、[4-3-3]をメインシステムとして使ってきたが、前ラウンドのライプツィヒ戦ではいずれも守備的な[5-3-2]、[3-4-2-1]の布陣を採用。フランクフルトを格上と見て5バック(3バック)を継続するのか、より戦い慣れた4バックで臨むのか、ファン・ブロンクホルスト監督の選択に注目が集まる。 スタメンに関しては4バックでメンバーを予想したが、3バックの場合はDFバログンの起用も考えられる。それ以外ではアルフィールドやサカラ、ラムジー辺りの起用も想定される。 ★注目選手 ◆フランクフルト:MF鎌田大地 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220517_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 長谷部と共に小野伸二以来の欧州の頂に挑戦。フランクフルトの中心選手と言えば、守護神トラップ、MFコスティッチ、エンディカ、ボレらの名前が真っ先に挙がるが、殊ELの戦いにおいて筆頭に挙がるのは通算22試合11ゴール3アシストの圧巻の数字を残す25歳の日本代表MFだ。 今シーズンのリーグ戦では4ゴール3アシストと、5ゴール14アシストを記録した昨シーズンから数字を落としたが、今季のELでは12試合で5ゴール1アシストを記録。“EL男”として健在ぶりを発揮している。 とりわけ、ベティス、バルセロナ、ウェストハムといずれも格上の相手と対戦した決勝トーナメントではベティス戦、ウェストハム戦のゴールという決定的な仕事以上に、バルセロナ戦での2試合を筆頭に攻撃の組み立て、チャンスメークの局面での存在感が際立つ。 卓越したポジショニング、プレー判断、正確なパスで推進力のある両ウイングバック、動き出しの鋭さ、ディフェンスラインとの駆け引きに優れるボレを巧く操り、緩急のある仕掛けで自ら局面打開と、その引き出しの多さでやや縦志向が顕著なフランクフルトの攻撃に彩りを与えている。 今回のファイナルでレンジャーズが普段通りの戦い方、あるいはライプツィヒ戦の守備的な戦い方を継続するかは不明だが、前者であればカウンターの起点、後者であればアタッキングサードでの崩しの起点として存在感を発揮したい。 フェイエノールトの司令塔として2001-02シーズンのUEFAカップ制覇に貢献した小野以来となる同タイトル獲得なるか…。 ◆レンジャーズ:DFジェームズ・タベルニエ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220517_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 変幻自在の右足がタイトルをもたらすか。各ポジションに好タレントを擁するスコットランド屈指の名門だが、やはり重要な大一番で最も頼りになるのは30歳の主将DFだ。 ニューカッスルでプロキャリアをスタートした右サイドバックは、イングランド下部カテゴリーへの複数レンタル移籍、ウィガンを経て2015年にレンジャーズへ完全移籍で加入。以降は右サイドバックながら卓越した右足のキック精度を武器に、プレーキッカーとして存在感を放ち、公式戦345試合83ゴール107アシストと驚異的なスタッツを叩き出している。 今シーズンのELでも13試合7ゴール2アシストと決定的な仕事が際立つ。この決勝ではサイドバックかウイングバックで役割は変わってくるが、その推進力のある仕掛け、高精度のクロス、接戦でものを言うプレースキックでチームにELのタイトルをもたらしたい。 2022.05.18 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、主力に成長した若手CBトゥタと新契約締結!

フランクフルトは17日、ブラジル人DFトゥタ(22)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 トゥタの愛称で知られるルーカス・シウバ・メロは、2019年に母国の名門サンパウロからフランクフルトに加入。その後、すぐさまベルギーのKVコルトレイクに1年間の武者修行に出され、ヨーロッパでの経験を積んだ。 そして、レンタルバックした2020-21シーズンの後半戦からセンターバックのレギュラーに定着すると、今シーズンはここまで公式戦37試合に出場。優れたアスリート能力に加え、戦術、判断面にも大きな成長を見せていた。 同世代のフランス人DFエヴァン・エンディカの今季限りでの退団が見込まれる中、来シーズン以降は若きディフェンスリーダーとして更なる成長が期待されるところだ。 2022.05.18 07:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly