ラウンド16進出をかけたPO、セルティック古橋亨梧ら日本人4選手が参戦《ECL》

2021.12.13 23:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)・プレーオフの組み合わせ抽選会が13日に行われた。

今シーズンから新たに創設されたECL。チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ第3の大会として、国際舞台の裾野を広げることを狙いとして発足されることになった。

8グループに分かれて行われたグループステージでは、各グループ首位チームはラウンド16に進めるが、2位チームはそれぞれ、ヨーロッパリーグ(EL)をグループステージ3位で敗退したチームと対戦し、勝者がラウンド16への切符を手にするレギュレーションとなっている。

ELから回ってきたのは、マルセイユやレスター・シティといった実力者のほか、FW古橋亨梧の所属するセルティックや、MF堂安律擁するPSV、FW北川航也のラピド・ウィーンなど、日本人選手所属クラブも。ECLにグループステージから参加していたMF香川真司のPAOKも含めると、このプレーオフでは4人の日本人選手が登場することになる。

なお、グループGに関して、トッテナムの新型コロナウイルスのクラスター発生の影響により、最終節のトッテナムvsスタッド・レンヌが急遽開催延期となったため、2位が確定していない状況となっている。ただ、欧州サッカー連盟(UEFA)は先日、代替日が期日である12月31日までに確保できなかったとして、没収試合となる可能性が高いことを発表。その場合、規則上レンヌの3-0での勝利ということになり、トッテナムの敗退と、フィテッセの2位が決定する。

組み合わせの結果は以下の通り。プレーオフの1stレグは来年2月17日、2ndレグは2月24日に行われる。また、ラウンド16の組み合わせ抽選会は2月25日に予定されている。

◆ECLプレーオフ組み合わせ
マルセイユ vs カラバフ
PSV vs マッカビ・テルアビブ
フェネルバフチェ vs スラビア・プラハ
ミッティラン vs PAOK
レスター・シティ vs ラナース
セルティック vs ボデ/グリムト
スパルタ・プラハ vs パルチザン
ラピド・ウィーン vs トッテナムorフィテッセ

◆ECL決勝トーナメント進出決定済みチーム
LASKリンツ
ヘント
ローマ
AZ
フェイエノールト
コペンハーゲン
スタッド・レンヌ
バーゼル

関連ニュース
thumb

マルセイユ、クラブ最多出場のGKマンダンダとの契約解除を発表…新天地はスタッド・レンヌに決定

マルセイユは6日、元フランス代表GKスティーブ・マンダンダ(37)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2007年7月にル・アーヴルから加入したマンダンダ。2016-17シーズンをクリスタル・パレスで過ごしたものの、わずか1年でチームに復帰し、これまで通算14シーズンにわたってフランス屈指の名門に在籍している。 マルセイユでの公式戦出場数は610試合を誇り、クラブ史上最多。言わずと知れたマルセイユのレジェンドだが、直近の2021-22シーズンはローマから加入したスペイン代表GKパウ・ロペス(27)に定位置を奪われていた。 なお、スタッド・レンヌが同日にマンダンダと2年契約を結んだことを発表。レンヌはセネガル代表GKエドゥアール・メンディがチェルシーに旅立って以降、正GKを固定できておらず。百戦錬磨のベテラン守護神の獲得に動いていた。 2022.07.07 06:01 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサで戦力外のピャニッチに古巣リヨンからオファー…ラカゼット&トリソに続くか

バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(32)にリヨン復帰の可能性が浮上している。 2020年夏にユベントスからバルセロナ入りしたが、本領を発揮といかず、不遇のときを過ごすピャニッチ。昨夏からベシクタシュにローン移籍したが、契約に付帯した買取オプションを行使されるに至らず、ひとまずのバルセロナ復帰が決まった。 バルセロナとまだ2024年まで契約が残るものの、構想外で変わらず、今夏も移籍が有力視。そうしたなか、マルセイユのほかにも、ローマ時代に師事したルディ・ガルシア監督のアル・ナスルが移籍先に浮上している。 しかしながら、ピャニッチが2008年夏から2011年夏までを過ごしたリヨンもバルセロナの内情に精通するスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏いわく、復帰のオファーを出しているという。 リヨンは今夏、FWアレクサンドル・ラカゼット、MFコランタン・トリソといったかつての主力を続々と連れ戻し。ピャニッチもその流れに乗り、かつて公式戦120試合でプレーした古巣に戻るのだろうか。 2022.07.06 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

マンダンダがレンヌ移籍で口頭合意! マルセイユのレジェンドが移籍へ

スタッド・レンヌがマルセイユの元フランス代表GKスティーブ・マンダンダ(37)獲得に向け、個人間で口頭合意に至ったようだ。フランス『レキップ』が報じている。 報道によると、今夏の退団が取り沙汰されるマンダンダは、レンヌの首脳陣との会談の場で移籍に向けて口頭合意。現在は、マルセイユと2024年まで契約を残す元フランス代表GKの去就に関して、クラブ間での交渉がスタートしているという。 2007年7月にル・アーヴルから加入したマンダンダ。2016-17シーズンをクリスタル・パレスで過ごしたものの、わずか1年でチームに復帰し、これまで通算14シーズンにわたってフランス屈指の名門に在籍している。 マルセイユでの公式戦出場数は610試合を誇り、クラブ史上最多。言わずと知れたマルセイユのレジェンドだが、直近の2021-22シーズンはローマから加入したスペイン代表GKパウ・ロペス(27)に定位置を奪われていた。 マルセイユは今週にホルヘ・サンパオリ前監督が電撃退任し、イゴール・トゥドール新監督を招へいしたが、新体制においてもGKの序列に大きな変化はないと見られている。 一方、レンヌではセネガル代表GKエドゥアール・メンディがチェルシーに旅立って以降、正GKを固定できておらず。百戦錬磨のベテラン守護神の加入を熱望している状況だ。 2022.07.06 15:32 Wed
twitterfacebook
thumb

サンパオリ電撃退任のマルセイユがトゥドール氏の新監督就任を発表!

マルセイユは4日、新指揮官にイゴール・トゥドール氏(44)を招へいした。契約期間は2024年6月30日までとなる。 昨年2月に就任したホルヘ・サンパオリ監督(62)の下で迎えた2021-22シーズンを2位で終えたマルセイユ。当然、2023年まで契約を残すサンパオリ監督の続投が既定路線となっていたが、補強について上層部との間で意見の相違があったとして1日に電撃退任が発表されていた。 マルセイユの新指揮官に就任したトゥドール氏は、これまでハイドゥク・スプリト、ガラタサライ、ウディネーゼなどの指揮官を歴任。2020-21シーズンまでユベントスでアンドレア・ピルロ監督の副官を務めていた。 そして2021年9月、3連敗スタートとなったエウゼビオ・ディ・フランチェスコ前監督の解任を受け、新指揮官に就任したヴェローナでは、14勝11分け10敗の戦績を残し、最終的にはセリエAで9位フィニッシュと上々の成績を収めた。しかし、シーズン終了後の首脳陣との話し合いの中で齟齬が生まれ、契約解消となっていた。 2022.07.05 01:50 Tue
twitterfacebook
thumb

契約満了のメルテンスにマルセイユが関心? ナポリ残留の可能性は徐々に低下

ナポリとの契約が満了を迎えたベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)に、マルセイユが関心を寄せているようだ。 2013年夏にPSVからナポリへ加入し、9年間で公式戦通算397試合148得点90アシストを記録したメルテンス。クラブの歴代最多得点者でもある稀代の点取り屋だが、2021-22シーズン限りとなっていた契約についてクラブ側から延長の提案は行われず。先月30日付でフリーの身となっていた。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、メルテンスが再契約という形でナポリに残留する可能性はわずかに残されているものの、現時点で一切の話し合いは行われていない模様。現地のファンからもメルテンス残留を切望する声は上がっているなか、ここにきてマルセイユが獲得に名乗りを上げたようだ。 ホルヘ・サンパオリ氏の電撃辞任に伴い、前ヴェローナ指揮官であるイゴール・トゥドール氏の監督就任が迫るマルセイユ。今夏はすでにナポリからレンタル加入していたポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(28)の完全移籍移行が決定しており、ミリク、トゥドール監督に続いて、メルテンスもセリエAから連れてきたい思惑がある様子だ。 一方、前所属のナポリ側はメルテンスの後継者としてインテルのアルゼンチン代表FWホアキン・コレア(27)に狙いを定めたと報じられるなど、メルテンス本人の希望するナポリ残留の可能性は徐々に低くなりつつあることから、今夏の新天地行きは確実なものと考えられ、マルセイユ以外にもローマやラツィオなどが獲得を模索しているとみられている。 2022.07.03 15:29 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly