最下位でCL敗退のミラン…ELにも回れずピオリ監督も落胆「我々の対戦相手は強かった」

2021.12.08 10:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのステファノ・ピオリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)敗退を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

ミランは7日にホームで行われたCLグループB最終節においてリバプールと対戦。勝てば決勝トーナメント進出の望みが出てくる一戦では、29分にCKからDFフィカヨ・トモリが得点を決めて幸先良く先制に成功するが、その7分後に失点すると後半にはミスもあり逆転を許す展開に。その後は多くのメンバーを入れ替えこの試合に臨んでいたリバプールを崩すことができず、1-2で敗れた。

この結果、ミランはグループステージ最下位に転落。CL決勝トーナメント進出が叶わなかっただけでなく、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることもできなかった。

試合後にピオリ監督は、この結果に落胆。CLでの戦いを振り返り、予想以上に厳しい戦いだったことを認めた。

「ヨーロッパのレベルは非常に高いと実感している。難しさについては理解していたが、残念ながら今夜の試合では素晴らしいリズムを出せず、技術的にもベストではなかった。ホームでのアトレティコ戦やポルト戦ではもっと何かがあってもおかしくなく、後悔はしている」

「ただ、こうした困難があるのは普通のことであり、ヨーロッパでの仕事の仕方や必要なクオリティを確認できたのは我々の成長にとって重要だ。残念な気持ちはあり、ヨーロッパに残りたかったが、これから学びさらに成長していきたい」

「我々の対戦相手は強かった。正直、ポルトは少し弱いかとも思っていたのだが、実際にはレベルが高く、この舞台に慣れていた。我々は最後までトライして、いくつかのチャンスをものにすることもできたと思う。このような経験は我々の助けになるはずだ。より強くなるため、ある種の経験を求めているからだ」

「今日は最初の失点まで良い位置につけていたと思う。それでも、我々は相手よりも準備する必要があり、2点目ではミスがあった。今日のサン・シーロのピッチは悪かったが、それは相手も同じだ。だから、言い訳を探しはやめよう」

「我々は多くの努力をしたが、自分たちのレベル、注意力、そしてクオリティをより向上させていきたい。我々はリバプールのレベルに達していないのだ。しかし、リバプールで勝利するまではクロップでさえ時間がかかっていたのだから、もっとうまくやり、皆で成長していきたいと思う」

関連ニュース
thumb

ジルーとトモリがロンドン凱旋も注目はそのジャケットに!? 高級ブランド“オフホワイト”のミランのジャケットが話題

チャンピオンズリーグ(CL)でチェルシーと対戦したミラン。スタンフォード・ブリッジに凱旋する選手もいる中、別のところが大きく注目を集めている。 5日、CLグループE第3節でチェルシーと対戦したミラン。イングランド代表DFフィカヨ・トモリ、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーの凱旋試合ということもあり、話題を集めた。 試合はヴェスレイ・フォファナや古巣対戦となったピエール=エメリク・オーバメヤン、リース・ジェームズのゴールでチェルシーが3-0で勝利した。 トモリとジルーの凱旋が話題となり、『BT SPORT』もその様子をインスタグラムに投稿。スタジアム到着後のジルーやピッチで撮影しているトモリの姿をアップしたのだが、ファンが注目したのは2人が着ていたジャケットだった。 トモリとジルーはともに白いジャケットを着ており、トモリの左腕には「23」と「ACM」と入っており、左のポケット部分には「AC MIlan」と入っている。ジルーも同じデザインのジャケットを着用しており、どうやらチームのジャケットのようだ。 これはイタリアの高級ファッションブランド『オフホワイト』が作ったものとのこと。これにファンが注目した。 「オフホワイトのジャケットが熱い」、「オフホワイト×ACミランってことか?」、「ジェケットマジかよ」と、2人の凱旋もさながら、着用したものに目がいってしまったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ミランの選手着用のハイブランドのジャケットが大きな話題に!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjV2pXVI4h6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjV2pXVI4h6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjV2pXVI4h6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.06 23:43 Thu
twitterfacebook
thumb

マッカビ・ハイファ戦で途中交代のデ・シリオが少なくとも10日ほど離脱に…

ユベントスは6日、イタリア代表DFマッティア・デ・シリオが少なくとも10日ほど離脱することを発表した。ユベントスによればデ・シリオは右大腿直筋に中度の損傷を負っているとのことだ。 デ・シリオは、5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節のマッカビ・ハイファ戦に先発出場したが、ハーフタイムにDFアレックス・サンドロと交代していた。 ユベントスは10日後に再検査を行い、詳しい診断結果を出す予定とのことだ。 マッカビ・ハイファに3-1と勝利して今回のCL初勝利を飾ったユベントスは今後、8日にセリエA第9節でミランと対戦。11日にはCL第4節でマッカビ・ハイファとのリターンマッチを控える。 2022.10.06 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンが古巣ミラン戦に感動「こんなに強いとは…」

チェルシーの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、ミランの印象を語った。 5日にチャンピオンズリーグでミランと対戦したチェルシー。ここ最近は監督交代など調子の上がらない状態が続いていたが、新加入ヴェスレイ・フォファナの移籍後初ゴールを皮切りに3ゴールを挙げて快勝を収めた。 オーバメヤンもチームの2点目を決めて公式戦2試合連続得点を記録。結果的には快勝だったが、古巣ミランの手強さに驚きを隠せなかったようだ。 「実を言うと、ミランがこれほど強いとは思っていなかった。相手にしたくないチームで、本当に良いフットボールをしていた。僕たちが勝てたのは、相手を打ち負かすための正しいインテンシティを持っていたからだ」 「古巣との対戦は本当に特別だった。対戦できて嬉しかったよ。ミランとはずっと対戦したいと思っていた。そしてようやくその時が来たんだ」 2022.10.06 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

トナーリがチェルシー戦黒星を反省「ミランのパフォーマンスではなかった」

ミランのイタリア代表MFサンドロ・トナーリが、チャンピオンズリーグのチェルシー戦の敗戦を振り返った。 5日に行われたチェルシー戦。グループEにおいて決勝トーナメント進出の本命と目されるチーム同士のビッグマッチだったが、試合はミランが3-0で完敗。内容でも終始劣勢を強いられた。 フル出場したトナーリは球際で激しく競り合うなど気を吐いたが、チームはグループステージ初黒星を喫することに。試合後のインタビューでは、チェルシー戦にふさわしいパフォーマンスではなかったと反省した。 「個人のインシデントを分析するのは難しい。単純に全体的にミラン本来のパフォーマンスではなかったね」 「この経験を生かし、他の多くの試合の手本として学んでいかなければいけない。チェルシーは初めから僕たちよりギアを上げていた。それは最初からわかっていたことだよ」 なお、ミランは今後、週末のセリエAではユベントスとの一戦を控え、11日にはチェルシーとのリターンマッチに臨む。 2022.10.06 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーに完敗のミラン、指揮官ピオリも失望隠さず「我々はチームになれなかった」

ミランのステファノ・ピオリ監督はチェルシー戦の結果に失望を隠さなかった。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループE第3節でチェルシーと対戦したミラン。24分にセットプレーのこぼれ球から相手DFヴェスレイ・フォファナにゴールを奪われ、先制を許した。 後半に入って56分に相手FWピエール=エメリク・オーバメヤンに2点目を決められると、62分には相手DFリース・ジェームズにダメ押しの3ゴール目を決められ、万事休す。0-3で試合終了を迎え、今季のCLで初黒星を喫した。 ピオリ監督は試合後、完敗に終わった一戦を振り返り、悔しさをにじませた。 「スタートは悪くなかったと思うが、その後我々は選択を誤ったためにとても苦しんだ。距離感を失い、相手に上手く仕切り直されてしまった。我々はもっとできたはずだ」 「経験不足とか誰がいないとかいう問題ではなく、もっと明晰で正確でなければならなかった。立ち上がりの時間帯には相手はあまりプレスをかけてこなかったが、我々は輝きがなくスピードもなかった。その瞬間からチームは苦しんでいた」 「2失点目が我々の姿勢を変えた。ああいったことが起こると試合は簡単にはいかない。我々はいつものようなチームになれなかった。その理由としてはこれからの多くの試合を考え、誰かを休ませて他の選手を起用する必要があったからだ」 2022.10.06 12:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly