八戸がJ3昇格にも貢献していたMF秋吉泰佑との契約満了を発表「引退をして八戸に残るという選択肢もありました」

2021.12.07 11:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンラーレ八戸は7日、MF秋吉泰佑(32)の契約満了を発表した。

秋吉は熊本県出身で、ルーテル学院高校卒業後は、アルビレックス新潟シンガポールやアームド・フォーシズといったシンガポールクラブの他、スラヴィア・ソフィア(ブルガリア)、ズビエズダ・グラダチャツ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、シュトゥルム・グラーツ(オーストリア)でプレー。2015年にヴァンフォーレ甲府に加入し、Jリーグの舞台に立った。

ファジアーノ岡山やラインメール青森でもプレーした秋吉は、2018年に八戸へ加入。当時JFLのチーイムで29試合に出場し2得点をあげてJ3昇格へと貢献していた。

J3では3シーズンを過ごし、59試合に出場し5得点。しかし、今シーズンは9試合の出場に終わっていた。

秋吉はクラブを通じてコメントしている。

「今シーズンをもってヴァンラーレ八戸を離れることになりました。クラブの方からは有難いことにすごく興味の湧く話をいただき、引退をして八戸に残るという選択肢もありましたが、すごく悩み、考えましたが、自分自身がいちサッカー選手として、サッカーに対する「熱量」や「情熱」をまだまだ燃やし続けたい、チャレンジしたいと強く思い、この決断にいたりました」

「また一回りも二回りも大きく成長して、皆様とお会い出来ることを楽しみにしています」

「僕自身、この4年間、八戸という街で多くの方々に出会い、大変お世話になりました。充実した日々をありがとうございました。どんなに苦しい状況の中でも常に温かい声援や拍手を送っていただき、本当に僕自身の力になっていました。ありがとうございました。八戸の方々、八戸の街、全てが大好きです!!」

「ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様と共に成し遂げた「Jリーグ昇格」の瞬間は、僕にとっての一生の宝物であり、大きな財産です!!最高でした!!皆さん!!」

「最後になりますが、ヴァンラーレ八戸の下平社長をはじめ、クラブの方々、共に闘った監督、スタッフ陣、スポンサー企業の皆様、ファン、サポーターの皆様、ボランティアの皆様、ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様、4年間、本当にありがとうございました!!感謝しています!!絶対に忘れません!!」

「ヴァンラーレ八戸はもっと大きくならないといけないクラブですし、大きくなれるクラブです。ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様、引き続き温かいご支援、ご声援の程をよろしくお願いします。僕自身もヴァンラーレ八戸の益々の発展を「たましい」を込めて願っています!!また、お会いしましょう!!」


関連ニュース
thumb

八戸退団のFW岡佳樹が神奈川県リーグの品川CCへ加入

ヴァンラーレ八戸は28日、退団が決まっていたFW岡佳樹(27)が神奈川県リーグの品川CCへ加入することを発表した。 岡は松本山雅FC、アスルクラロ沼津、AC長野パルセイロを経て、2021シーズンに八戸に加入した。 2021シーズンは、明治安田生命J3リーグ21試合に出場し1得点を記録。しかし、1年で退団が決定していた。 岡はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンから品川CCでプレーすることになりました岡佳樹です。仕事とサッカー両方を楽しく全力で取り組んでいきたいと思います!」 「そしてチームを勝利に導くために全力で頑張りたいと思います!応援よろしくお願いします!!」 2022.01.28 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

元八戸の前田柊、JFL鈴鹿が新天地に

ヴァンラーレ八戸は24日、MF前田柊(28)が日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズに加わると発表した。 前田はジュビロ磐田U-18、神奈川大学を経て、2016年から八戸でプレー。昨季も明治安田生命J3リーグ14試合に出場したが、同シーズン限りで退団した。新天地を通じて意気込みを語っている。 「ヴァンラーレ八戸から加入することになりました前田柊です。またサッカーができる環境を与えてくださった三浦監督、鈴鹿ポイントゲッターズに感謝しています。三重県出身ということもあり、このチームのために闘えることを純粋に嬉しく思います。JFL優勝、そしてJ3昇格する為に、感謝の気持ちを忘れずに愚直に走り続けたいです。鈴鹿ポイントゲッターズに関わる全ての皆様、熱い声援をよろしくお願い致します。Jリーグの舞台に行けるように、共に闘いましょう!」 2022.01.24 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「伝統工芸なんて素敵」八戸の新ユニフォームは“南部菱刺し”がモチーフ「全身緑復活!!」

ヴァンラーレ八戸は17日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 八戸は2021シーズンの明治安田生命J3リーグで7勝8分け13敗で13位という成績。2022シーズンは葛野昌宏監督が引き続き指揮を執る。 新ユニフォームは、クラブカラーのグリーンをベースに、青森県南部地方に伝わる伝統工芸刺し子「南部菱刺し」をモチーフとしている。南部菱刺しは、江戸時代に始まったとされる青森県南部地方の技法であり、青森県の伝統工芸三大刺し子の一つだ。 さらに、縁起が良い鳥とされる雉の足模様、無病息災厄除けを意味する鱗紋、今回のユニフォームのためだけに新たに追加作成された、必勝を意味するV模様をデザインし、地域を背負い、共に戦い、勝利を掴み取るというメッセージを込めたユニフォームとなっている。 デザインはフィールドプレイヤー(FP)、GKともに共通。ホーム&アウェイに関しても共通のものを採用。カラーリングはFPのホームがグラス(緑)、アウェイがホワイト、GKのホームがレッド、アウェイがイエローのベースになっている。 サプライヤーのヒュンメルが手掛けたデザインには、「パンツも緑で全身全綠復活!!」、「地域の伝統工芸をユニに織り交ぜていくのはいいね」、「伝統工芸の南部菱刺しだなんて素敵」、と好評の声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】「南部菱刺し」をモチーフとした八戸の新ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vanrare220117_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vanrare220117_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vanrare220117_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.01.17 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

八戸退団の高島康四郎、JFLの松江シティFCに移籍

ヴァンラーレ八戸は14日、GK高島康四郎(23)が日本フットボールリーグ(JFL)の松江シティFCに加わると発表した。 高島は東山高校、専修大学を経て、昨年に八戸でプロ入り。だが、出場機会が巡ってくることなく、契約満了で退団した。 2022.01.14 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

八戸がYS横浜のGK小池大喜を完全移籍で獲得「強い覚悟を持って闘います」

ヴァンラーレ八戸は8日、Y.S.C.C.横浜のGK小池大喜(25)が完全移籍で加入することを発表した。 小池は大宮アルディージャのユース出身で、東洋大学から2019年にブラウブリッツ秋田へ入団。2021シーズンにYS横浜へ完全移籍した。 秋田時代は出番がなかったが、2021シーズンの明治安田生命J3リーグでは4試合、天皇杯では1試合に出場し、プロとしてのデビューを果たしていた。 小池はクラブを通じてコメントしている。 「ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様、はじめまして!この度、Y.S.C.C.から加入することになりました、小池大喜です」 「僕にとって八戸はプロデビューを果たした特別な土地であり、ヴァンラーレ八戸のために闘えることを大変嬉しく思っています。チームの勝利に貢献するため、強い覚悟を持って闘います」 「ファン・サポーターの皆様、目の前の一戦一戦の勝利を目指して、共に闘いましょう!よろしくお願いいたします」 2022.01.09 17:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly