徳島の1年でのJ2降格が決定…勝利必須の最終節は前半で3失点の苦しい展開に【明治安田J1最終節】

2021.12.04 16:04 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ最終節、ヴォルティス徳島vsサンフレッチェ広島が4日にポカリスエットスタジアムで行われ、2-4で広島が勝利した。

この一戦の注目はただひとつ。徳島の勝敗だ。17位の徳島は負ければ降格が決定。引き分け以上でも、同勝ち点で並ぶ16位の湘南ベルマーレや、3ポイント差の15位清水エスパルスの結果次第で降格となる。

背水の陣で迎える最終節。ハイプレスで立ち向かう徳島だったが、立ち上がりからまさかの展開となる。9分の広島の攻撃シーン。左サイドの深い位置でスローインから再開し、青山が右足でクロスを上げると、逆サイドからゴール前に走り込んだ藤井が丁寧に合わせて先制。これがJリーグ初得点となった。

さらに、続く11分には、その藤井が右サイドから上げたクロスをエゼキエウが頭で合わせて追加点。勝利必須の徳島が序盤で2点のビハインドを背負うことになった。

そんな徳島の初シュートは20分過ぎ。シンプルなロングボールを宮代が収めシュートへ持ち込む。そのこぼれ球に反応した西谷も畳みかけるが、10試合ぶりの出場となったGK大迫の正面に飛んだ。

このシュートを機転に徳島にも若干勢いがついたが、広島が無情にも3点目を決める。36分、左CKの場面で柴崎がインスイングのクロスを送ると、ニアに走り込んだ東がフリックし、最後はエゼキエウが頭で押し込んだ。

決定的な3点目を許してしまった徳島。ハーフタイムで3人交代に踏み切ると、これが良い流れをもたらす。54分、自陣右サイドから藤田が持ち上がり、敵陣中央の宮代を経由してボックス左の垣田へパスが送られる。このラストパスはカットされてしまったものの、こぼれたところをボックス手前の岸本がダイレクトでゴール右隅に流し込み、1点を取り返した。

鮮やかなゴールで勢いを取り戻し始めたかに思われたが、この日の広島は強かに得点を重ねていく。65分、敵陣右サイドでの奪取から途中出場の浅野にボールが渡ると、ボックス右から切り込んで左足一閃。これが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。

それでも諦めない徳島は、80分に途中出場の一美のゴールで再び2点差に。ホームのサポーターも絶えず応援を送り続ける。

後半は立ち上がりにGK大迫がケガのトラブルに見舞われたため、アディショナルタイムは7分と長めにとられたが、徳島の追撃は実らず、2-4で試合終了。1年でのJ2降格が決まった。

徳島ヴォルティス 2-4 サンフレッチェ広島
【徳島】
岸本武流(後9)
一美和成(後35)
【広島】
藤井智也(前9)
エゼキエウ(前11)
エゼキエウ(前36)
浅野雄也(後20)



関連ニュース
thumb

横浜FMの選手2名が新型コロナウイルス感染、宮崎キャンプは非公開に変更

横浜F・マリノスは20日、トップチーム選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の要請判定を受けたと語った。 クラブの発表によると、選手1名は20日にJリーグによる新型コロナウイルスの抗原定性検査を実施。陽性判定を受け、同日のPCR検査で陽性となった。なお、症状はないという。 もう1名は20日の朝に発熱、倦怠感、頭痛を訴え、PCR検査を実施。陽性判定となった。 なお、両選手とも適切な指導、対策のもとで療養している。 また、20日にコーチングスタッフ、チームスタッフ、選手、事業スタッフの計54人がPCR検査を受検し、全員が陰性となったとのことだ。 なお、トップチームの関係者には濃厚接触者がいないとのことだ。 横浜FMは17日から宮崎キャンプを実施しており、陰性者のみで継続して行うとのことだ。 また、一般公開していたものの、21日からは非公開となる。 クラブは「ファン・サポーターの皆さま、クラブをご支援いただいている皆さま、キャンプにて利用させていただいている施設に従事されている方々。そして、チームを受け入れてくださっている宮崎県、宮崎市の皆さまにご心配をおかけしていることを心よりお詫びするとともに、ご理解、ご協力をいただいていることに深く感謝をいたします。引き続き細心の注意をはらい、新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、関係各所の指導のもと、チーム活動を実施いたします」としている。 2022.01.20 22:22 Thu
twitterfacebook
thumb

「毎試合後がない」清水GK権田修一が語るW杯最終予選への覚悟「突破するためだけ」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、清水エスパルスのGK権田修一がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 今回は谷晃生(湘南ベルマーレ)が負傷により活動を辞退。GKは権田1人となっているが「今回の合宿に関していえば、もともと谷選手と2人で招集されて、谷選手が負傷して1人になってしまったということです」とコメントした。 自身のパフォーマンスについて「今シーズンからエスパルスのGKコーチが変わって、新しくきた石野さんというGKコーチとコミュニケーションを取りながら、クラブの芝が8日からしか使えず、その前から動きたかったですが、使えないと言われたので、8日からは毎日しっかりトレーニングをしてこれたので、GKのシンプルな動きはできます」とコメント。ただ、「サッカーはそれだけではないです。周りを見るところ、ゲームに入ることは、ヨーロッパでバリバリやっている選手たち、トップトップの選手たちと色々な部分で合わせないといけないので、僕自身は1日1日を大切にやらないといけないと思います」と、まだまだ上げていかなければいけないと語った。 ここまで最終予選で2位につけている日本。スタートから不安定な戦いが続いたが、現在は良い位置につけている。 しかし、権田は「最終予選に関して言えば、最後終わった時がどういう状況かというのが大事です。予選トータルで見た時に最初がというのがありますが、最初良くて最後ダメでもいけないので、突破するためだけにやるものです」とコメント。「その中で良いサッカー、見ている人を楽しませるのも大事ですが、最終予選の1番の目的はW杯に出場することなので、残っている試合でそこに向けてやっていると思います」と、とにかくW杯出場権を得ることだけを考えてやるとした。 今回の最終予選については「何人かの選手はケガで来れないことは決まっています」とコメント。「誰かがいないと勝てないとか、出場停止やケガ人がいる状況でも、日本代表でもいつも呼ばれている30名弱だけじゃなく、日本でプレーしている、海外でプレーしていて招集されていない選手が出てくることもある」と新たな選手が出てくることも大事だとした。 また、「僕は毎回メディアの方々のネットを見ていて、スタメンからしっかり僕を外してくれているので、僕が物足りないことも重々理解しています。しっかりと競争を勝ち抜くメンバーが大事になります。今回ケガでいない選手の代わりに出る選手が出て、活躍して、チームの活性化になるのであれば、毎回新しい選手が呼べるので、それはチームにとって理想の形だと思います」とコメント、選手個々がしっかりと成長して競争していくことが重要だと語った。 ここからW杯に向けてもパフォーマンスを上げていく必要がある中で、権田が思いを語った。 「集大成という言葉があると思いますが、僕はそもそも毎試合集大成だと思ってやっていますし、毎試合後がないと思ってやっています」 「谷選手がいたり、ベンフィカBには小久保選手がいたり、Jリーグにも良い選手がいて、守りに入ったらチャレンジしなくなって、プレーのチャレンジする姿勢、向上するという部分は失ってしまいます」 「僕自身は常に毎日毎日全力でやって、それを評価してもらえたらずっと試合に出られるかもしれないですし、僕より良いプレーをする選手がいたら出られないかもしれないです」 「定位置があるスポーツではないですし、W杯を見据えていますが、その直前の試合でケガしないためにというプレーはしたくないです。守らなければいけないシーンは、ケガを覚悟で守りに行きます。今年も今まで通りやっていきたいと思います」 2022.01.20 22:07 Thu
twitterfacebook
thumb

「待ってました!」松木玖生がFC東京の沖縄キャンプに合流「すでにオーラがスター」

期待の大物ルーキーがついに始動するようだ。 今シーズンから新たにアルベル・プッチ・オルトネダ監督を迎え、現在沖縄県でキャンプを行っているFC東京。20日にはある選手が合流したと、ツイッターで報告した。 沖縄入りをしたのは青森山田高校で3冠を達成し、今季から加入するMF松木玖生。乗ってきたワゴンを降りると、松木は「よろしくお願いします!」と初々しさを覗かせるなど、キャプテンを務めていた高校時代とはまた違った一面を見せた。 期待しているファンは当然多く「待ってました!」、「ついに合流したか〜」、「松木玖生がキター!!」、「すでにオーラがスター」といったコメントが寄せられることとなった。 全国高校サッカー選手権大会ではセンセーショナルな活躍を見せた松木は、Jの舞台でも輝きを放てるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】キャンプ地でスタッフと挨拶を交わす松木玖生</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/2022%E6%B2%96%E7%B8%84camp?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2022沖縄camp</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9D%BE%E6%9C%A8%E7%8E%96%E7%94%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#松木玖生</a> 選手が、チームに合流しました!!!!<a href="https://twitter.com/hashtag/fctokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fctokyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyo</a> <a href="https://t.co/G8JI6znYkw">pic.twitter.com/G8JI6znYkw</a></p>&mdash; FC東京【公式】 #LIFEwithFCTOKYO (@fctokyoofficial) <a href="https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1484091796472811521?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.20 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

CBとしてチャンスを掴みたい川崎FのDF谷口彰悟「チャンスであることは間違い無い」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、川崎フロンターレのDF谷口彰悟がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 ここまでの合宿について振り返った谷口は「僕の場合はチームの始動と同時に合宿が始まったので、ここが始動という感じでした。最初から上げていくことはわかっていたので、体作りや心構えは準備していましたし、トレーニングしてみても体のコンディションは良い感じに上がってきていると感じています」と一定の手応えを感じている様子。一方で、「トレーニングしながら頭の部分はもっとあげられると思いますし、体の部分もあげられると思います。良いトレーニングをしています」と振り返った。 今回はDF吉田麻也(サンプドリア)やDF冨安健洋(アーセナル)ら、CBに負傷者が出ており、招集されないと見られている。 CBの選手としてはレギュラー組がいないだけにチャンスではあるが、谷口は「チャンスであることは間違い無いです。そこの座を狙っていますし、1回1回の練習、ワンプレーワンプレーが勝負になってきて、その気持ちで臨んでいます。自分も戦える、できるというのを見せないとピッチには立てないです」とコメントした。 アピールしたいポイントについては「守備の部分では周りを動かすところとか、バランス、誰がどういう感じかは整理できているので周りに伝える、個々のバトルもこだわって見せていきたいです」とコメント。また攻撃面にも触れ「ビルドアップのところでは早く攻めるのか、ゆっくり持ちながら攻めるのかは、現代サッカーではCBがやらなければいけないので、そこは率先してやりたいですし、自信もありますので、率先してやっていきたいです」と語り、「ビルドアップの際に縦につけるパスなど隙を逃さないということは持ち味でもあるので、そこは発揮していきたいと思います」と意気込んだ。 その谷口だが、今回のW杯最終予選への意気込みはかなり強いようだ。 「今回1つチャンスでもあるなというのはもちろん感じています。結局、結果としてチームが勝たないといけないですし、後ろとしてもパフォーマンスを出さないといけないということはわかっています」 「チャンスを生かさないといけないですし、アピールしたいですし、結果を出さないといけない。中国戦、サウジアラビア戦で代表として連勝することしか考えていないですし、自分がチャンスを掴めたら全てを出していきたいと思います」 「ワールドカップに立つということを考えると、先ばかり見るのではなく目の前の試合をしっかりと戦う。準備をしっかりやることが大事になります」 今回は同じ熊本出身のMF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)、MF松岡大起(清水エスパルス)が合宿に参加。そして、同じ大津高校の後輩でもあるDF植田直通(ニーム)も招集される可能性が高い。 植田については「直通の場合は高校生の時から身体能力を含め、パワーを含めて素晴らしいものを持っていましたし、それを武器にしているなと改めて感じました」とコメント。「ヘディングでは絶対負けない、競り合いでは負けない、バトルでは負けないというのは隣ですごく感じて、頼もしく思いました」と代表で共演したときにも感じたという。 その点について「僕も刺激になりましたし、そこでは負けたくないですし、それ以外のところでも後輩ですが負けたくない気持ちがあります。その気持ちが大事で、それが成長につながると思います」と、後輩からも刺激を受けているという。 また「負けたくない部分は全てになりますが、とにかく良いプレーをしてということを常に考えています。ここは絶対負けたくないというのはあまり考えないですし、ライバルでありチームメイトなので、お互いの良さを引き出しつつ、それぞれがバトルはやっていかなければいけないです」とコメント。「今はライバル心をメラメラ燃やしている段階ではないですし、とにかくゲームを勝つということにフォーカスしているつもりなので、チャンスをもらった選手が持っているものを100%出すことが勝利に近づくと思っているので、みんなでやれればと思います」と、それぞれの良さを出してチームとして結果を出せればと語った。 2022.01.20 21:01 Thu
twitterfacebook
thumb

「このレベルを基準に」MF渡辺皓太、横浜FMでのプレーが重要と語る「帰った時が本当に大事」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、横浜F・マリノスのMF渡辺皓太がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 渡辺は今回の合宿について「やっぱり経験のある選手が多くて、ピッチ内でもそうですが、それ以外の部分でも意識の高さ、練習に対する準備の仕方、練習後の筋トレとかでも意識の高さを感じています」とコメント。経験者たちの力に驚きをコメントした。 久々に日本代表に招集されたことについては「自分自身、正直発表があった時はビックリしました」とコメント。「このメンバーの中では圧倒的に出場時間だったりは少ないので、まずはそういうところを伸ばしていかないといけないと思っています。それでも、少ない時間でも最後の試合とかを見てくれたと思うので、1年間今年は継続してやっていくことが大事だと思います」とコメント。招集を受けたことに驚きながらも、この1年間はしっかりとプレーしていきたいと語った。 森保一監督からは「もっともっと上を目指せると言ってもらいました」と明かした渡辺。「まずはチームでしっかり結果を残して、このチームに残れるように頑張っていきたいと思います」と、継続して代表に招集を受けるためにも、自チームでのパフォーマンスが重要だとした。 今回の合宿については「まずこのレベルを基準にしなければいけないですし、このレベルを忘れないで続けることができれば、あとはチームで存在感を出せれば必ず見てくれていると思うので、そこは意識したいです」とコメント。日本代表の基準をしっかりと意識していきたいと語った。 自身の特徴である攻撃面については「ボールをたくさん触ることが自分の特徴なので、前線の選手が大迫選手などだと収めてくれれば前向きで受けられるので、そこはやりやすかったです」とコメント。練習の中でもやりやすさを感じたという。 ただ、渡辺の意識はチームへ戻ってからのシーズンに向いており「帰った時が本当に大事だと思うので、まず感じたことをプレーで示すこと。練習の1つ1つで強度が高いので、そういったところを自分のプレーで表現する。守備の強さだったりをチームで出せればと思います」と、横浜FMでのプレーが大事だと語った。 その中で求められる自ら発信する力については「もう若くないですし、自分が引っ張っていくという気持ちでやらないと残れないと思うので、帰った時に自分が基準をここにして、中心でやるというのを今年1年見せていければと思います」とし、チームでもしっかりと発信していきたいと語った。 2022.01.20 20:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly