【J1注目プレビュー|最終節:徳島vs広島】逆転残留へ! ホームで勝利し吉報待つのみ

2021.12.04 10:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ最終節】
2021年12月4日(土)
14:00キックオフ
徳島ヴォルティス(17位/36pt) vs サンフレッチェ広島(12位/46pt)
[鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム]

◆果報は勝って待て【徳島ヴォルティス】

いよいよ長い戦いもこれが最後。徳島にとっては、非常に大事な一戦となる。

J2へ降格するのは残り1チーム。3チームのいずれかがJ2へと降格するが、最も不利な位置にいるのが徳島だ。現在降格圏。16位の湘南ベルマーレとは勝ち点で並んでいる状況。15位の清水エスパルスとは勝ち点差3だ。

徳島に求められることは勝ち点を取ること。最低でも「1」、できれば「3」が欲しいところだ。湘南との勝ち点は並んでいるが、得失点差は「14」も離れており、最終節1試合でひっくり返ることはまずないと考えて良い。

一方で勝ち点差「3」ある15位の清水とは得失点差は「1」。勝利すれば必然的に埋まるだけに、清水と入れ替わる可能性も大いにある。

ホームで迎えるラストマッチ。ここ2試合守備が安定し、連勝と最後の最後に捲り上げてきた。アウェイ3連戦という過酷な戦いでも可能性を失わなかった選手たちがまずは勝利で、他会場の結果を待ち、ファンと喜べるか。監督交代後結果が出ていない広島に付け入る隙は大いにある。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:上福元直人
DF:岸本武流、カカ、福岡将太、ジエゴ
MF:鈴木徳真、岩尾憲、藤田譲瑠チマ
FW:宮代大聖、垣田裕暉、西谷和希
監督:ダニエル・ポヤトス

◆意地の初白星なるか【サンフレッチェ広島】

最後に勝利したのは10月3日。2カ月白星から遠ざかっている。城福浩監督が去り、沢田謙太郎氏が暫定指揮を執る体制に変わったが、状況は好転しなかった。

今シーズンは不安定な戦いを続け、4バックにトライした中で、3バックのスタイルに変更。しかし、それが迷いを生んだのか、煮え切らない試合展開が多く、勝ちきれない試合、追いつけない試合が後半戦は特に多かった。

前節もFC東京との新体制対決だったが、先制しながらも2失点で敗戦。直近4試合でわずかゴールは「2」、失点は「9」と噛み合っていない状況が数字からも見て取れる。

来シーズンJ1で戦うことは決定しており、新監督もドイツ人指揮官のミヒャエル・スキッべ氏(56)の就任が発表された。新型コロナウイルス(COVID-19)の変異株の影響で入国問題が浮上しそうだが、来季につながる戦いを見せられるか。沢田体制初勝利でシーズンを締めくくりたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:林卓人
DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔
MF:藤井智也、塩谷司、青山敏弘、東俊希
MF:柴崎晃誠、エゼキエウ
FW:鮎川峻
監督:沢田謙太郎


関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第16節:福岡vs浦和】攻撃に課題抱える両者、停滞感を打開するのは

【明治安田生命J1リーグ第16節】 2022年5月28日(土) 17:00キックオフ アビスパ福岡(11位/18pt) vs 浦和レッズ(15位/14pt) [ベスト電器スタジアム] ◆課題は攻撃陣、良い守備からの攻撃を【アビスパ福岡】 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦し1-0で敗戦。連勝を収めることはできなかった。 数的優位な状況でもゴールを奪えずに終わったことを考えると、やはり攻撃陣の力不足が否めない結果となった。 失点はセットプレーからということもあり、流れの中での守備は保たれている。堅守を武器に、以下に効果的な攻撃を仕掛けられるか。今シーズンを通しての福岡の大きな課題となりそうだ。 ハイプレスからのショートカウンターでゴールを仕留めたいが、不調とはいえ浦和の攻撃陣のクオリティは高い。バランスを保ちながらも、勝利のためのゴールを目指したい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:前嶋洋太、奈良竜樹、宮大樹、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、中村駿、田中達也 FW:フアンマ・デルガド、ルキアン 監督:長谷部茂利 ◆連続ドローを止めたのは黒星、立ち上がれるか【浦和レッズ】 ホームで横浜F・マリノスに3点差をつけられてもドロー、鹿島アントラーズに追いついてのドローと7試合連続で引き分けていた浦和。しかし、その記録が止まった理由は敗戦だった。 勝利で終止符を打てればプラスに捉えられたが、敗戦ではネガティブなものになる。ただ勝ち切れていなかったという現実を突きつけられることになるのだ。 チームとしては最悪の状況。選手のパフォーマンスも疲労の影響なのか上がりきらず、負傷者が多く出た中でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦い抜いた疲労感が出てきているとも言える。 戦い方のベースはあるが、いかんせん精度が低いのが問題。そして引き分けで耐えていたものが崩れた今は、崩壊の危険性もある。リカルド監督がこの難しい局面をどう乗り切るのか。選手たちの奮起にも期待したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:馬渡和彰、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、大畑歩夢 MF:安居海渡、伊藤敦樹 MF:ダヴィド・モーベルグ、小泉佳穂、明本考浩 FW:アレックス・シャルク 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.05.28 13:48 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第16節:広島vs名古屋】コロナに負けず勢い持続できるか? 名古屋は4連勝へ

【明治安田生命J1リーグ第16節】 2022年5月28日(土) 14:00キックオフ サンフレッチェ広島(7位/21pt) vs 名古屋グランパス(9位/20pt) [エディオンスタジアム広島] ◆コロナとの戦いに負けない【サンフレッチェ広島】 今週に入りチーム内で相次ぐ新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が出たこともあり、25日のガンバ大阪戦が当日に急遽中止となった広島。過密日程が回避できた一方で、チームとしては満足いく準備ができたとは言えない。 陽性者が複数出たことで保健所から活動停止が言い渡された一方で、その後の検査で陰性が確認されたために活動は再開。試合開催が決定した。 とはいえ、コンディションに加えて陽性者が当日も出ないとは限らないため、万全の準備はできていないと言える。 それでも4月から続いている良い流れをキープしていきたいところ。チームとして機能していただけに、チーム力が試される一戦となりそうだ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、野津田岳人、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ、ジュニオール・サントス 監督:ミヒャエル・スキッベ ◆なんとか3連勝、一歩前に進めるか【名古屋グランパス】 前節はホームにアビスパ福岡を迎えての一戦。1-0のウノゼロで勝利を収め、リーグ戦3連勝を飾った。 ゴールが遠く、堅守が崩壊し、非常に厳しい時期を過ごしていた名古屋だったが、ここ3試合で2度のクリーンシートと堅守を取り戻しつつある。 ただ、攻撃陣の停滞感は否めず、成績を五分に戻した今、一歩前に進むのか後退してしまうのか、重要な局面を迎えている。 この試合が終わればインターナショナル・マッチデー(IMD)を迎えてリーグ戦は中断。YBCルヴァンカップのプレーオフはあるが、チームとして良い形で中断に入りたいところだろう。 この3連勝中も圧倒して勝ってきたわけではなく、薄氷の勝利の連続。まだまだチームとしての完成度は低いが、結果を自身に繋げられるか。ルヴァンカップで連敗した相手にしっかりとリーグ戦では勝利したい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、レオ・シルバ、吉田豊 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗 監督:長谷川健太 出場停止:チアゴ 2022.05.28 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:神戸vs磐田】激励を受け再び立ち上がるか?磐田は守備の集中がカギ

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(18位/7pt) vs ジュビロ磐田(15位/14pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆今一度気を引き締めて【ヴィッセル神戸】 前節は湘南ベルマーレとのボトム2の対決となったが、2-1で敗戦。連敗を喫し、最下位から抜け出せなかった。 湘南の圧に押されてビハインドとなると、試合終盤には同点のチャンスを得たがVARでゴールは取り消し。執拗な抗議を続ける醜態を見せてしまい処分を受けた。 一向に上向かない調子。三木谷浩史会長がチームを訪問し、選手たちに想いを伝えた。こみ上げてくるものがある中での激励を受け、選手たちが何を見せるのかに注目が集まる。 選手たちが持っているものは間違いない。これを集団として1つに間泊まれるのかどうか。神戸の逆襲はいつ始まるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆止まらない失点をどうするか【ジュビロ磐田】 前節は北海道コンサドーレ札幌にホームで逆転負けを喫してしまい、連勝とはならなかった。 チームとしては苦しい時期が続いており、J1の強かな戦いに苦労している。 札幌選も先制し、アグレッシブな戦いとハイプレスが効果的だったが、相手がバランスを崩しにくるとそれにお付き合い。隙を突かれて逆転を許してしまった。 自分たちの戦い方をいかに90分通してやれるかがポイント。そこを崩された時の対応力という点では、クオリティの差を痛感しているところだろう。いかに守備が機能するかが勝利へのカギとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、リカルド・グラッサ MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、山本康裕、松本昌也 MF:上原力也、大森晃太郎 FW:ファビアン・ゴンザレス 監督:伊藤彰 2022.05.25 16:33 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:横浜FMvs京都】悪い流れで足踏みの両者、12年ぶりの対戦はどちらに軍配?

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(3位/25pt) vs 京都サンガF.C.(11位/17pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆落ち着きを取り戻せるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでのアビスパ福岡戦で1-0と敗戦。リーグ戦では5試合ぶりの黒星を喫した。 前々節は3点リードから浦和レッズに追いつかれてのドローと守備が崩壊。前節はゴールを仕留められずに敗戦と、流れは良くない。 さらに、その試合ではアンデルソン・ロペスが相手DFに唾吐きを行い一発退場。6試合の出場停止に60万円の罰金という重い処分を下されていた。チーム最多の7ゴールを記録していただけに、大きな痛手となる。 珍しく落ち着きない戦いを見せている横浜FMだが、今節の相手の京都もアグレッシブなプレーで乱してくることは間違いない。冷静に対応し、自慢の攻撃陣が爆発できるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、岩田智輝 FW:仲川輝人、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス ◆6試合ぶりの勝利なるか【京都サンガF.C.】 前節はサンフレッチェ広島相手にアウェイで3-1の敗戦。これでリーグ戦5試合連続で白星から遠ざかることとなった。 この間の成績は負けと引き分けを繰り返しており、2分け3敗。その中で深刻なのは得点力不足だ。 5試合のうち1失点が3試合、3失点が1試合。しかし得点は2点しか奪えておらず、それでは勝利することが難しい。 チームとして正念場。戦い方に問題はないが、ゴール前のクオリティは欠けており、ピーター・ウタカにおんぶに抱っこという状態。いかに他の選手が連動できるのか。良い守備から良い攻撃に移った場合の精度が注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、アピアタウィア久、麻田将吾、荒木大吾 MF:松田天馬、川崎颯太、武田将平 FW:宮吉拓実、ピーター・ウタカ、武富孝介 監督:曺貴裁 2022.05.25 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:鹿島vs鳥栖】ポイントは互いに“強度”、アグレッシブなプレーで上回るのは?

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ 鹿島アントラーズ(2位/29pt) vs サガン鳥栖(6位/20pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆精度を高めて仕留め切れるか【鹿島アントラーズ】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦。多くのサポーターが集まり、異様な雰囲気の中で行われた試合となったが、1-1の引き分けに終わった。 先制をした中で、浦和にPKを与えてしまい、首位浮上のチャンスを逃したが、非常に強度の高い試合となった。 過密日程をこなしていく中で、90分間強度を高くプレーすることは不可能。チームとしてのバランス、ペース配分が非常に重要になってくる。 ボールを持って主導権を握れれば、その時間を作れるはず。または、アグレッシブに入り、得点差をつけてしまうこともありだろう。 縦に早く、アグレッシブに戦うという姿勢を貫くと、必然的に消耗が激しくなる。それだけに、プレー精度を上げていき、試合を優位に進められるかが注目となる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:樋口雄太 MF:和泉竜司、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー ◆強度高く、アグレッシブに仕留められるか【サガン鳥栖】 前節は王者の川崎フロンターレと対戦し0-0のドロー。チームとしてやりたいことをやれた部分はあったが、バランスを崩して勝利は掴めなかった。 鳥栖が掲げる前にアグレッシブに行くという姿勢は見せられ、スペースを突いた早い攻撃を見せることはできたが、ゴールを奪い切るまでには至らなかった。 それでも、しっかりと戦えたことはチームとしてはプラス材料。ヴィッセル神戸戦では引かれた相手に何もできず、4失点の大敗を喫していただけに、下を無数に済むこととなった。 ポイントは変わらず、強度高くプレーできるか。スピーディーなプレーは鹿島も目指すところは同じであり、問われるのは精度。しっかりと主導権を握りに行くことができるかがカギとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:飯野七聖、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:小野裕二 監督:川井健太 2022.05.25 16:04 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly