G大阪が3選手の今季退団発表…主力CBキム・ヨングォンも契約満了

2021.12.03 14:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は3日、韓国代表DFキム・ヨングォン(31)やFW小野裕二(28)、FWチアゴ・アウベス(28)の今季契約満了による退団を発表した。

現役の韓国代表センターバックであるキム・ヨングォンはFC東京、大宮アルディージャ、広州恒大を経て、2019年にG大阪入り。加入3年目の今季は故障もあり、明治安田生命J1リーグで加入後最少の16試合と出場数を減らすが、ビルドアップ型のセンターバックとして初年度から主力を担った。

小野は横浜F・マリノス、スタンダール・リエージュ シント=トロイデン、サガン鳥栖を渡り歩き、昨季に加入したが、昨年9月に右ヒザ前十字じん帯を損傷。今年6月にようやく戦列復帰を果たしたが、その後も故障に見舞われ、ここまで公式戦12試合の出場で1得点2アシストにとどまっている。

母国ブラジルや韓国、サウジアラビアでもプレーした過去を持つチアゴ・アウベスは今季、サガン鳥栖からG大阪に加入。公式戦21試合に出場したが、メンバー外になる試合も少なくなく、ゴール数もここまでJ1リーグでの2得点のみだった。

なお、チームは依田光正コーチ(44)、宮原裕司コーチ(41)、松代直樹GKコーチ(47)の今季退任もあわせて発表している。

関連ニュース
thumb

GK東口攻略の札幌が連敗ストップ! G大阪は4連敗で降格圏転落も【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節の1試合が26日に札幌ドームで行われ、北海道コンサドーレ札幌がガンバ大阪を1-0で下した。 ともに3連敗中で、4試合ぶりの白星を狙う11位の札幌と15位のG大阪。札幌はここ3試合で15失点と立て直しが急務の守りに正GKの菅野が復帰した一方で、同じく波のあるシーズンが続くG大阪はクォン・ギョンウォンが出場停止のセンターバックに昌子が戻った。 ペトロヴィッチ監督と片野坂監督の師弟対決としても注目される一戦はリーグで約1カ月ぶりのホーム戦となる札幌が丁寧なビルドアップから攻撃を構築。シュート数こそ少ないものの、G大阪の前からボールを狩りにくる守りもしっかりといなしてペースを握る。 マイボールになっても前に繋いでいけない相手を尻目に優勢続く札幌は20分、最前線の興梠とほぼ横並びでプレーするガブリエル・シャビエルが後方からの縦パスとともに右サイドを突破して左足でネットを揺らして雄叫び。だだ、オフサイドで認められない。 前半の半ばまで攻めに回るシーンが乏しいG大阪だが、28分に山見の浮き球パスに反応した石毛が走力を生かしてラインブレイク。そのままボックス左に抜け出すと、左足フィニッシュに持ち込んだが、ケガからの復帰戦となるGK菅野に凌がれ、モノにできない。 守護神が魅せた札幌はその2分後、2シャドーの一角に入る青木が敵陣中央で後方からのパスとともに最終ラインの背後を抜け出すが、G大阪守護神の東口がさすがのショットストップを披露。その後も攻撃を重ねた札幌だが、要所で存在感のGK東口を崩せない。 復帰2戦目となる東口の踏ん張りで何とか無失点で試合を折り返したG大阪は攻撃で巻き返そうと、U-19日本代表帰りの中村を投入。だが、その後半も早々にGK東口のファインセーブがなければ失点ものの場面を作られるなど、札幌が主導権を握り続けてみせる。 すると、この試合でも中盤で攻守に精力的な動きが光る駒井が51分にドリブルで敵陣中央をスルスルとボールを持ち上がり、右に展開。そのままゴール前にフリーで入っていき、金子の右足クロスからヘディングシュートをゴール左隅に決め、札幌が先制した。 ついに崩れたG大阪は早いうちに追いつこうと、前向きなプレーを増やすが、札幌が最後をやらせない。中村がリンクマンになり、前にボールを持ち込めるようになったG大阪だが、山見の突破力とパトリックの高さに崩しを頼りきりで、相手に対応されてしまう。 結局、守りでも危ない場面をほぼ作らせず、試合を終わらせた札幌がスコア以上の内容で3連敗ストップの勝ち点3。今季初4連敗のG大阪は他会場の結果次第だが、降格圏転落の危機に瀕している。 北海道コンサドーレ札幌 1-0 ガンバ大阪 【札幌】 駒井善成(後6) 2022.06.26 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:札幌vsG大阪】3連敗中の両者、不調の相手に勝ち点3は譲れない

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 14:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(11位/20pt) vs ガンバ大阪(15位/17pt) [札幌ドーム] ◆3試合で15失点…まずは守備から【北海道コンサドーレ札幌】 前半戦最後は3連敗で終えている札幌。後半戦の巻き返しのためにも、しっかりと初戦で勝利を収めて連敗をストップさせたいところだ。 しかし、事態は深刻。3連敗中の失点はまさかの「15」。加えて、天皇杯ではJ2のヴァンフォーレ甲府に敗れて敗退。チーム状態は最悪と言って良い。 とにかく失点が止まらず、甲府戦も先制したが逆転負け。チームとして自信を失い、内容も全く良いところがない状況だ。 ハードワークを軸にチームを作り上げて一定の結果を残してきたものの、この所は攻撃はうまくハマらず、守備は脆いという状況。ハードワークが攻守に渡って結果につながっていないことも要因。そろそろ奮起したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:中野小次郎 DF:田中駿汰、、福森晃斗 MF:金子拓郎、宮澤裕樹、荒野拓馬、菅大輝 MF:駒井善成、青木亮太 FW:興梠慎三 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆前半戦ラスト、連敗を止めたい【ガンバ大阪】 前半戦は日程の関係上まだ終わっていない中、現在3連敗中。4連敗で折り返すことだけは避けたい状況だろう。 守護神の東口順昭が復活も、前節は首位相手に1-2で敗戦。降格圏との勝ち点差は「1」と厳しい状況から抜け出すことはできていない。 ただ、天皇杯では指揮官の古巣相手に逆転勝利。ターンオーバーした上で、しっかりと勝てたことはプラス材料。あとはリーグ戦に繋げるだけだ。 横浜FM戦ではハードワークを見せ、一定の機能はしたものの、終盤は失速。結果として逆転負けを喫した。今節はどうなるのか。得点が取れていないわけではないだけに、しっかりと勝ち切りたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、山見大登 FW:パトリック、石毛秀樹 監督:片野坂知宏 出場停止:クォン・ギョンウォン 2022.06.26 11:28 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪、韓国人DFシン・ウォノが水原三星へ完全移籍…2年半で出場2試合

ガンバ大阪は24日、韓国人DFシン・ウォノ(21)がKリーグ1の水原三星ブルーウィングスへ完全移籍することを発表した。 シン・ウォノは、輔仁高校から2020年にG大阪に入団。2020年はG大阪U-23として明治安田生命J3リーグで6試合に出場。2021年は天皇杯で1試合に出場しトップチームデビュー。今シーズンはYBCルヴァンカップで1試合の出場に終わった。 世代別の韓国代表歴もあるシン・ウォノは、今回の移籍に際してコメントしている。 「このたび、韓国Kリーグ・水原三星ブルーウィングスに完全移籍することとなりました。在籍中の2年半、ガンバ大阪のファン・サポーターの皆様から沢山のご声援を頂けた事は、私にとって大きな力となっていました」 「私が試合で活躍する姿を多くお見せできずに残念ではありますが、もっと成長して再びガンバ大阪サポーターの皆様の前で活躍できる姿をお見せできるように頑張ってまいります。本当にありがとうございました」 2022.06.24 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「ピピと陸と会いました」G大阪MF中村が日本の未来を背負う“同世代3ショット”を披露!「また同じピッチでサッカーしよう」

ガンバ大阪のMF中村仁郎が2003年生まれの同世代の選手たちとの再会を明かした。 18日、明治安田生命J1リーグ第17節でG大阪は横浜F・マリノスと対戦。ここまでリーグ戦7試合に出場している中村だが、この日はメンバー外だった。 一方、中村と同世代の横浜FMのMF山根陸は試合終盤に途中出場。そして、この試合にはもう1人の同世代の姿もあった。 中村は20日にインスタグラムを更新。「マリノス戦終わった後にピピと陸と会いました」と山根と“ピピ”ことレアル・マドリーのフベニールA(U-19)に所属するMF中井卓大との3ショットを投稿した。 中村は「ピピとは15歳の時に代表で一緒にフランスに行ったぶりでした。陸は1週間ぶりくらいやったけど笑」と関係性について明かしており、「また同じピッチでサッカーしよう」と意気込み。さらにハッシュタグで「#2003 #ユニ交換はお互いメンバー入ってから」と綴っている。 <span class="paragraph-title">【写真】中井卓大の背が高い!中村仁郎と山根陸との“18歳”3ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfAiyuNPCG9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfAiyuNPCG9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfAiyuNPCG9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">中村仁郎/Jiro Nakamura(@jiro_______0822)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.21 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

後半2発で逆転の横浜FMが3連勝&首位キープ!! G大阪は3連敗…【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節のガンバ大阪vs横浜F・マリノスが18日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、アウェイの横浜FMが2-1で逆転勝利を飾った。 リーグ戦2連敗中の13位G大阪と、2連勝で首位に立つ横浜FMという対照的なチーム同士の対戦。G大阪はGK東口が待望の今シーズン初出場を果たした。 試合開始早々に意外な形で先制点を挙げたのはG大阪。7分、横浜FMがゴールキックからショートパスを繋いでビルドアップを開始。畠中からボールを受けた松原がGK高丘へバックパスを出すも、このボールに対してG大阪のパトリックが猛然とプレッシャーをかけ、高丘のパスミスを誘発。このボールに反応したダワンが右足ダイレクトで冷静に流し込んだ。 G大阪は15分にも決定的なシーンを迎える。敵陣中央でルーズボールを回収したダワンから右サイドを駆け上がった高尾、小野瀬と繋がると、小野瀬はキックフェイントで切り返し、左足でセンタリングを供給。ゴール前で待ち構えたパトリックが高い打点で合わせるも、GK高丘に右手一本でセーブされた。 一方、早い時間帯に先制を許した横浜FMは19分、敵陣右サイドで水沼からボールを受けたレオ・セアラがドリブルを開始。バイタルエリア付近まで持ち運び、カットインから左足で強烈なシュートを放つと、GK東口がボールを後逸してネットに吸い込まれる。同点かと思われたが、エウベルがシュートコースで関与したとしてオフサイドの判定に。VARチェックの結果、ノーゴールとなった。 以降は横浜FMがサイドの幅を広く使ってポゼッション率を高め、前半45分間を通じて主導権を握るも、肝心のネットは揺らせず。対するG大阪は前半のうちに追加点こそ奪えなかったものの、ボールを奪った後の素早いカウンターでたびたび横浜FMを脅かした。 後半最初の決定機は横浜FM。55分、自陣ペナルティエリア内でボールを奪うと、永戸からレオ・セアラ、水沼と繋いで一気に敵陣へ。水沼が右サイドのボックス手前からファーサイドに向かって上げたアーリークロスを駆け上がった西村がフリーで合わせるも、目の前でワンバウンドしたボールに上手く合わせられず、シュートは枠の上へ。千載一遇のチャンスを逃した西村だったが、その直後に自ら同点弾を叩き込む。 56分、G大阪のゴールキックの流れからセカンドボールを回収した渡辺が右サイドのタッチライン沿いに張る水沼へ展開。水沼は内側を前線までインナーラップした渡辺へワンツーの形でボールを預けると、再び渡辺からボールを貰い、右足ダイレクトで中央へクロスを供給。これに合わせたエウベルのヘディングシュートはGK東口に止められるも、こぼれ球に反応した渡辺が中央へ折り返し、最後は西村が右足ワンタッチで押し込んだ。 横浜FMはさらに61分、敵陣中央の深い位置でボールを回し、細かいパス交換からボックスの角でボールを受けた水沼がすかさずクロスを選択。一度はボックス内でDFにクリアされるも、反対サイドで回収したエウベルが最終ラインの背後にループパスを送り、走り込んだ水沼がワントラップして左足を豪快に振り抜く。強烈な一撃がネットに突き刺さり、横浜FMがわずか6分間で逆転に成功した。 一方のG大阪は、攻撃の手を緩めない横浜FMに対してボールホルダーへのプレッシャーをかけられず、反撃の糸口をなかなか掴めない。そんな中、90分にクォン・ギョンウォンがこの日2枚目のイエローカードで退場となり10人に。アディショナルタイムは7分が提示されたものの、最後まで横浜FMのディフェンス陣を脅かすことが出来ずタイムアップとなった。 この結果、アウェイで勝ち点3を積み重ねた横浜FMが3連勝とし、首位もキープ。一方のG大阪はリーグ戦3連敗となった。 ガンバ大阪 1-2 横浜F・マリノス 【G大阪】 ダワン(前7) 【横浜FM】 西村拓真(後11) 水沼宏太(後16) 2022.06.18 22:04 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly