ダービー完敗で8試合未勝利のエバートン…ベニテス監督はミスに失望「正しいことができなかった」

2021.12.02 15:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのラファエル・ベニテス監督が、ダービーでの完敗を嘆いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。エバートンは1日に行われたプレミアリーグ第14節でリバプールと対戦した。リーグ戦ここ7試合未勝利で14位に落ち込むチームにとって、マージーサイド・ダービーでの勝利を復調のきっかけとしたいところだったが、立ち上がりから相手に試合を支配されると2点を奪われる苦しい展開に。前半終了間際にFWデマライ・グレイのゴールで1点を返したものの、後半はミスもありさらに2失点。その後は反撃もままならず、1-4で敗れた。

リーグ戦8試合未勝利となり明るい兆しの見えない状況が続くが、試合後のインタビューに応じたベニテス監督は試合でのミスを嘆きつつもここからの改善は可能だと強調。好調だった開幕直後の状態に戻ることが目標だと語った。

「ダービーに負けたのだから、皆がっかりするのは当然のことだ。敗因については、トップチームを相手にミスを犯したからだろう」

「我々はリバプールがどれほどの資金を費やし、近年どれほど成功しているかを見てきた。だから、正しいことをしなければこうした敗北は起こりうる状況だったが、我々は正しいことができなかった」

「これが他チームとの対戦であれば、それほど悪くはなかったかもしれない。しかし、トップクラスの選手を擁するトップチーム相手にそれをやれば、その代償を支払うことになる」

「私はポジティブに考えなければならない。このチームのポジティブな点は、シーズンの初めには誰もがとても喜ぶ試合ができていたことだ。我々は、その段階に戻る必要がある」

「我々はケガで選手を失っていた。今はこの選手たちを取り戻し、チーム内の競争力を高め、以前のレベルでプレーできるようにしたい」

また、ここまでの低迷やダービーでの完敗を受け解任の可能性も囁かれるベニテス監督だが、本人は心配していないと強調。選手からの支持はまだ失われていないと語っている。

「(自身の立場に影響があるかという質問に対して)思わないね。私はプロであり、十分な経験を持っている。チームが全力を尽くしているときは、それがわかるものだ。そして、選手たちのコミットメントはまだここにある」

「我々は分析して、コミットメント、欲求、インテンシティを見なければならない。今日はミスをしてしまったが、監督としては選手がピッチ上ですべてを捧げることを期待している」

関連ニュース
thumb

後半戦突入のプレミア、ファーディナンド氏が降格候補を予想「ニューカッスルは抜け出すと思うが…」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、今季プレミアリーグから降格するクラブを予想している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 プレミアリーグは新型コロナウイルスの感染拡大による試合延期が相次いだ影響で、各クラブの消化試合に差があるものの、現時点でいまだ勝ち点20に達していない16位エバートン(勝ち点19)、17位ノリッジ(勝ち点16)、18位ニューカッスル(勝ち点15)、19位ワトフォード(勝ち点14)、20位バーンリー(勝ち点12)は、残留争いに巻き込まれることが濃厚になっている。 ファーディナンド氏は自身のYouTubeチャンネル『Vibe with Five』で、今季降格する3クラブはこの5チームのいずれかになるだろうと予測。そのうえで、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収されたニューカッスルは残留するだろうとし、ノリッジ、ワトフォード、バーンリーの降格を予想した。 「ニューカッスルは残留して夏に大きな仕事をすると思う。彼らは大金を手にした他のチームと比べても、より綿密で戦略的だ。あまりガツガツとはしていないように見える」 「ノリッジがリーグで連勝する前、私は彼らが降格するのはほぼ確実だろうと考えていた。その後、彼らは突如として存在感を示したが、このインターナショナルマッチウィークによる中断で勢いを失うだろう」 「今のところ下位5チームとそれ以外では大きく差があると思う。私はバーンリー、ワトフォード、そしてノリッジが降格に巻き込まれると思っているよ」 「ニューカッスルは残留争いから抜け出すはずだ。この移籍市場でもう1人か2人、インパクトのある選手が加わるだろうしね」 2022.01.25 15:18 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコがキャルバート=ルーウィンに関心か

アトレティコ・マドリーが、エバートンのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(24)の獲得に動き始めているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 2016年夏にシェフィールド・ユナイテッドから加入し、徐々に存在感を高めてきたキャルバート=ルーウィン。昨季はプレミアリーグ開幕5試合で7ゴールを挙げるなど、キャリアハイの16ゴールを記録。今季も開幕3試合連続ゴールを挙げていた中、つま先の骨折で長らく離脱を強いられていた。 ただ、24歳とまだまだ伸び代のあるキャルバート=ルーウィンには、多くのクラブが注目。国内ではアーセナルやウェストハムからの関心が伝えられているが、アトレティコも来夏の獲得に向けて、エバートンと接触を試みたという。 ただ、2020年3月に2025年までの契約を結んだキャルバート=ルーウィンには、4000万ポンド(61億6000万円)から6000万ポンド(92億4000万円)の移籍金が必要になると見込まれており、どのクラブも簡単にはオファーが出せない状況となっている。 2022.01.23 16:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ビラ選手に物を投げつけたサポーターが御用に…エバートンが発表

アストン・ビラの選手を物を投げつけ、危険な目に遭わせたサポーターが逮捕された。 22日のプレミアリーグ第23節でエバートンのホームに乗り込んだビラは前半アディショナルタイム、アルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディアが右CKのキックから技ありのヘディングシュートを決め、先制に成功。その1点のリードを守り抜いて、2試合ぶりの勝利を手にした。 だが、相手サポーターが陣取るスタンドに向かって走ったブエンディアの周りにビラの選手も集まって喜び合った場面で、スタンドのサポーターからプラスチックのペットボトルなどが投げ込まれ、フランス代表DFリュカ・ディーニュとポーランド代表DFマティ・キャッシュに直撃した。 幸いにも両選手ともにフル出場したが、物が選手の頭部にヒットするなど、間違えば大ケガに至りかねない蛮行といえるが、エバートンは試合後、当該サポーターが警察に逮捕されたとの声明を発表した。 「警察は本日にグディソン・パークで行われたプレミアリーグのアストン・ビラ戦で発射体を投げ込んだサポーターを逮捕しました。エバートンのセキュリティスタッフとマージーサイド警察は監視カメラの映像でサポーターを特定しました」 「ビラのゴール後にいくつかの物体がピッチに投げ込まれ、そのひとつの発射体が2選手に当たった模様です。警察と連携した捜査はまだ続いており、クラブは物の投げ込みを確認したすべてのファンをスタジアム出入り禁止に処す予定です」 2022.01.23 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェラード、恩師ベニテスの宿敵エバートン行きに「ショックを受けた」

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、恩師のエバートン就任にショックを受けていたようだ。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えている。 現役時代はアカデミーからリバプール一筋だったジェラード監督。そのキャリアの中で様々な指揮官の指導を受けてきたが、中でも2004-2005シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)を共に制覇したラファエル・ベニテス監督は特別な存在と言える。 ビッグイヤーを掲げ、リバプールのレジェンド的指揮官となったベニテス監督はその後、レアル・マドリーや、ナポリといったクラブを歴任。そして、今季から新天地に選んだのは、まさかのエバートンだった。 ジェラード監督は22日にプレミアリーグ第23節でエバートンと対戦するが、ベニテス監督はすでに今月16日に成績不振で解任されているため師弟対決は実現せず。ただ、やはり恩師のライバルクラブ就任はショックだったようだ。 「ラファとは親交があり、非常に尊敬しているだけに残念だった。当時はユニークな人事だとも正直思ったがね」 「彼がリバプールに残したものやその関係を考えると、エバートンでその職に就いたことには驚いたし、ショックを受けた」 2022.01.22 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーニー、古巣エバートンから関心報道も…「何の連絡もない」

エバートン指揮官の後任候補に関して、その一人に挙げられているダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督(36)が噂に反応している。 エバートンは16日、今季から指揮を執っていたラファエル・ベニテス監督(61)の解任を発表。プレミアリーグで暫定15位と低迷したことや、退屈と揶揄される守備的なスタイルも相まってその手腕を疑問視され、首を切られることとなった。 エバートンは暫定指揮官にダンカン・ファーガソン氏(50)を据えつつ、後任探しに奔走。昨年までチェルシーで指揮を執っていたフランク・ランパード氏(43)やベルギー代表のロベルト・マルティネス監督(48)といった候補が挙がるなか、クラブのレジェンドであるルーニー氏もその筆頭として関心を報じられている。 ルーニー氏はそんなエバートン行きの噂について、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで反応。長年にわたってプレーしたクラブからの関心報道を光栄だとしつつも、具体的な連絡は受け取っていないと話した。 「私もみなさんと同じで、ソーシャルメディアや新聞でそういった噂を目にした。もちろん、エバートンは私が常に応援してきたクラブだ」 「このような話が聞こえてくるのは光栄だ。しかし、エバートンも私とコミュニケーションをとるには、フロントを通さなければならないことは承知しているはずだ」 「エバートンはフロントに話をしていない。だから、私は自分の仕事から目をそらすことはできない。この件に関しての質問を受けることは理解しているが、エバートンからは何の連絡もないので、これ以上何も言うことができない」 2022.01.22 14:49 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly