かつて日本代表監督候補にもあがったペケルマン氏、W杯南米予選最下位のベネズエラ代表監督就任

2021.12.02 14:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベネズエラサッカー連盟(FVF)は、ベネズエラ代表の新指揮官にホセ・ペケルマン氏(72)が就任することを発表した。

ベネズエラ代表は、ホセ・ペセイロ監督が今年8月に解任。レオ・ゴンサレス氏が率いていた。

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選を戦うベネズエラだが、ゴンサレス監督の下では8試合を戦い1勝7敗と大不振。予選最下位に位置している。

ペケルマン氏は、世界的な名将として知られ、アルゼンチン代表やコロンビア代表を指揮。コロンビアでは、2度のW杯に出場するなど、代表チームの復活に寄与していた。

過去には日本代表監督の候補にも浮上したことがあり、引くて数多の指揮官だったが、ロシアW杯後に退任。その後はフリーだった。

契約期間は5年間。2026年に行われるアメリカ、カナダ、メキシコが共催するW杯まで指揮を執ることとなる。

ペケルマン氏は監督就任に際してコメントしている。

「歓迎していただき、ありがとうございます。自分が正しい場所にいることがわかりました」

「我々は熱意を持つことから始めている。希望は我々が持っている目標で開かれる。代表チームに明日はない。選手は今日のことを考えなければならない」


関連ニュース
thumb

ブラジルが22大会連続の本大会行き決める! チリは暫定4位に浮上《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第13節の4試合が現地時間11日に行われた。 10勝1分け無敗で首位のブラジル代表は勝ち点16で4位につけるコロンビア代表とホームで激突した。勝てばW杯出場のギリギリラインである4位のコロンビアと18ポイント差となり、5試合を残して出場権獲得となるブラジルはネイマール、ガブリエウ・ジェズス、ハフィーニャの3トップを選択。一方、コロンビアは合流直前に負傷したファルカオを欠いたが、1年ぶりに代表入りのハメスがベンチからスタートした。 互いに攻めの姿勢を打ち出す展開で進むが、なかなか決定機を生まれない。そのなかで、押し気味に試合を進めるブラジルだが、36分にダニーロが追い越したハフィーニャからボックス右にボールを引き出して右足シュートを放つが、右ポストに嫌われる。前半アディショナルタイム2分にも右CKのキックからマルキーニョスがヘディングシュートでゴールに迫ったが、枠に飛ばせず、ゴールレスで試合を折り返す。 そんな両雄の一戦は後半も長らくこう着した展開が続いたが、レアル・マドリーでインパクトを残すヴィニシウス・ジュニオールやアントニー、マテウス・クーニャを立て続けに送り込みながら、攻め続けたブラジルが残り時間が20分を切ったなか、ついに先制する。72分、後方からの縦パスをバイタルエリア中央のネイマールが左足ワンタッチで叩くと、駆け上がったパケタが右足ダイレクト。これがネットを揺らす。 結局、このゴールが決勝点となり、ブラジルが勝利。勝ち点を「34」に伸ばし、6試合を残して南米勢一番乗りとなる22大会連続のW杯出場権を獲得した。 そのほか、6位のチリ代表は7位のパラグアイ代表とのアウェイ戦を56分のオウンゴールで勝ち切り、暫定ながら4位に浮上。3位のエクアドル代表も最下位のベネズエラ代表とのホーム戦をインカピエの決勝弾で制して、暫定ながら2位のアルゼンチン代表との勝ち点差を「5」に縮めた。9位のペルー代表は8位のボリビア代表をホームに迎え撃ち、3-0と快勝。7位に順位を上げている。 ◆第13節 ▽11/11 ブラジル代表 1-0 コロンビア代表 パラグアイ代表 0-1 チリ代表 エクアドル代表 1-0 ベネズエラ代表 ペルー代表 3-0 ボリビア代表 ▽11/12 ウルグアイ代表 vs アルゼンチン代表 ◆順位表 勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点) 1位:ブラジル 34(12/11/1/0/27/4) 2位:アルゼンチン 25(11/7/4/0/19/6) 3位:エクアドル 20(13/6/2/5/21/13) 4位:チリ 16(13/4/4/5/15/14) ーーーーW杯出場 5位:コロンビア 16(13/3/7/3/16/17) ーーーー大陸間PO 6位:ウルグアイ 16(12/4/4/4/14/17) 7位:ペルー 14(13/4/2/7/13/19) 8位:パラグアイ 12(13/2/6/5/9/17) 9位:ボリビア 12(13/3/3/7/17/28) 10位:ベネズエラ 7(13/2/1/10/7/23) 2021.11.12 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシに悪質タックルのベネズエラ代表DF、SNS更新も謝罪なしで大炎上

世界中で物議を醸しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシへの残忍なタックル。しかし、このタックルを見舞った相手の態度が、火に油を注いでしまった。 アルゼンチンは現地時間の2日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第9節でベネズエラ代表と対戦。メッシも先発した試合は、1-3でアルゼンチンが勝利した。 この試合で大きな注目を集めたシーンが32分の出来事だ。 相手ボックス手前でメッシがルーズボールを叩こうとしたところ、猛然と突っ込んできたのは25分から途中出場していたルイス・アドリアン・マルティネスだった。 激突しそうなほどの勢いで突っ込んできたマルティネスは、ボールを押さえに行ったのか、足を上げて踏みつけると、先にボールを叩いたメッシのヒザ付近を上から全力で踏みつける形に。メッシはその場に倒れて動けなくなった。 映像を見る限り、キャリアが終わってもおかしくないほどの悪質なタックルであり、スローモーションではヒザが逆に曲がっているようにも見えるものだったが、アルゼンチンのメディアはタックルを見舞ったルイス・マルティネスを「犯罪者」と表現。SNSなどでは「本当に不要なタックル」という意見が多く、メッシに何もなかったことを喜ぶ声が多く寄せられていた。 そんな中、このマルティネスが自身のツイッターを更新。当然のことながらメッシへの謝罪があるかと思いきや、全くその件に触れなかったことが騒ぎとなっている。 「今日は言葉がない。コーチングスタッフ、チームメイト、そして僕たちを心から支えてくれた全てのファンに謝罪したいと思う」 「僕は自分の国を愛し、責任を負う」 自身の退場や敗戦に対する謝罪はあれど、悪質なファウルを見舞ったことには言及せず。この投稿には「2度とピッチに足を踏み入れるな」や「メッシに謝罪しろ」といった言葉が多く寄せられ、大炎上していた。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシの左足を全力で踏みつける悪質なタックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Venezuela down to 10 men after this horror Luiz Martinez tackle on Messi. <br><br>A potential leg-breaker. <a href="https://twitter.com/hashtag/WCQ2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WCQ2022</a><a href="https://t.co/rBI9mmOBcP">pic.twitter.com/rBI9mmOBcP</a></p>&mdash; 2021/22 Football Season (@JoySportsGH) <a href="https://twitter.com/JoySportsGH/status/1433591706432192523?ref_src=twsrc%5Etfw">September 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.05 12:56 Sun
twitterfacebook
thumb

あわやキャリア終了? メッシの左足を襲った残忍タックルに母国メディアは「犯罪者」と糾弾

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシに対する卑劣で危険なタックルが問題となっている。 アルゼンチンは現地時間の2日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第9節でベネズエラ代表と対戦した。 現在2位につけるアルゼンチンは、今夏バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍を果たし、大きな注目を集めたが、移籍後初の代表活動となった。 今夏のコパ・アメリカ2021で悲願の代表タイトルを獲得したメッシ。その活躍に期待がかかったが、試合でメッシが最も注目を集めたのは相手の危険なタックルだった。 問題のプレーが起きたのは32分。相手ボックス手前でメッシがルーズボールを叩こうとしたところ、猛然と突っ込んできたのは25分から途中出場していたルイス・アドリアン・マルティネスだった。 激突しそうなほどの勢いで突っ込んできたルイス・マルティネスは、ボールを押さえに行ったのか、足を上げて踏みつけると、先にボールを叩いたメッシのヒザ付近を上から全力で踏みつける形に。メッシはその場に倒れて動けなくなった。 このプレーにはVARが介入し、ルイス・マルティネスは一発退場に。メッシはしばらく痛がり倒れ込んでいたが、その後無事にプレーに復帰しフル出場を果たしていた。 映像を見る限り、キャリアが終わってもおかしくないほどの悪質なタックルであり、スローモーションではヒザが逆に曲がっているようにも見えるものだったが、アルゼンチンのメディアはタックルを見舞ったルイス・マルティネスを「犯罪者」と表現。SNSなどでは「本当に不要なタックル」という意見が多く、メッシに何もなかったことを喜ぶ声が多く寄せられていた。 なお、試合はアルゼンチンがラウタロ・マルティネスが3ゴールに絡む活躍を見せて1-3で勝利している。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシの左足を全力で踏みつける悪質なタックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Venezuela down to 10 men after this horror Luiz Martinez tackle on Messi. <br><br>A potential leg-breaker. <a href="https://twitter.com/hashtag/WCQ2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WCQ2022</a><a href="https://t.co/rBI9mmOBcP">pic.twitter.com/rBI9mmOBcP</a></p>&mdash; 2021/22 Football Season (@JoySportsGH) <a href="https://twitter.com/JoySportsGH/status/1433591706432192523?ref_src=twsrc%5Etfw">September 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.03 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ミスした自分に激怒…怒りのあまりベネズエラ代表FWがユニフォームを引き裂き傷跡まで

自身のふがいなさに怒りを覚え、ユニフォームを破る選手が現れた。 2017年にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドへ加入したベネズエラ代表FWホセフ・マルティネスは、リーグ得点王や年間MVPに輝く華々しい活躍を見せるも、昨年3月にヒザ前十字じん帯を断裂する重傷に見舞われてしまう。今シーズンの開幕時にようやく戦列に復帰し、徐々にコンディションを上げていた。 そのホセフ・マルティネスは、28日に行われたMLSのナッシュビルSC戦に先発出場。前線でチャンスをうかがうも、チームは1点ビハインドのまま後半のアディショナルタイムへ。すると、ホセフ・マルティネスに決定機が訪れる。 左からのクロスに頭で合わせるホセフ・マルティネス。しかし、ヘディングシュートは枠を捉えられず。悔しさと怒りが入り混じったホセフ・マルティネスは自身のユニフォームに手を掛けると、胸元から思い切り引き裂いてしまった。完璧に破られたユニフォームの下からは、爪で切ったのだろうか、裂傷も見られる。 ここまで感情を露わにするプレーヤーも早々いないだろう。終了間際にも追加点を奪われたアトランタ・ユナイテッドは、残念ながら0-2で敗れている。 <span class="paragraph-title">【写真】怒り任せて引き裂かれたユニフォームと裂傷</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Don&#39;t tell us that <a href="https://twitter.com/JosefMartinez17?ref_src=twsrc%5Etfw">@JosefMartinez17</a> doesn&#39;t give a damn <a href="https://t.co/AoZI0kY1UQ">pic.twitter.com/AoZI0kY1UQ</a></p>&mdash; Terminus Legion (@TerminusLegion) <a href="https://twitter.com/TerminusLegion/status/1431769819037249541?ref_src=twsrc%5Etfw">August 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.31 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

コパ・アメリカが開幕! 急遽開催国となった前大会王者ブラジルがネイマール1G1Aの活躍で快勝発進《コパ・アメリカ2021》

コパ・アメリカ2021のグループB第1節、ブラジル代表vsベネズエラ代表が現地時間13日に行われ、ブラジルが3-0で圧勝した。 新型コロナウイルスの影響による1年の延期、大会直前にコロンビアの政情不安、アルゼンチンのコロナ第二波への懸念により、2カ国の共催を断念した今大会はコロナ感染拡大の真っ只中のブラジルで多くの反対を押し切っての強行開催での幕開けとなった。 その開幕戦では大会連覇を狙うホスト国のブラジルと、直前のチーム内クラスターによって多くのメンバー変更を余儀なくされたベネズエラが激突した。 紆余曲折を経て開幕戦に臨んだブラジルはGKにアリソン、4バックに右からダニーロ、ミリトン、マルキーニョス、レナン・ロージを起用、中盤はアンカーにカゼミロ、インサイドにパケタ、フレッジ、3トップは右からガブリエウ・ジェズス、リシャルリソン、ネイマールと主力を起用した。 無観客という寂しい形でスタートした一戦は戦前の予想通り、[5-4-1]の守備的な布陣で入ったベネズエラを王者ブラジルが圧倒的に押し込んでいく。開始10分にリシャルリソンが最初の枠内シュートを放つと、直後にはセットプレーからミリトンが際どいヘディングシュートを見舞った。 以降はピッチの幅を使いつつ、ジェズスとリシャルリソンが奥行きを作り、多彩な仕掛けを見せるブラジルは、人海戦術で守るベネズエラを揺さぶり続ける。すると、23分には左CKの場面でキッカーのネイマールが入れたクロスをニアのリシャルリソンが頭でフリックすると、これがゴール前の混戦を生み、最後はマルキーニョスが相手DFともつれながらも泥臭く押し込んだ。 相手が守り慣れる前に先手を奪ったブラジルは直後の25分にもロージからの絶妙なアーリークロスに反応したリシャルリソンがゴールネットを揺らすが、これはわずかにオフサイドの判定。さらに、30分にはミリトンのフィードに反応したネイマールがボックス左から内に切り込んでニア下を狙ったシュートを放つが、今度はわずかに枠の左に外れた。 その後もがっちりと主導権を握ったホスト国は追加点こそ奪えなかったものの、危なげなく1-0のスコアで試合を折り返した。 迎えた後半、ロージとパケタを下げてハーフタイム明けにアレックス・サンドロ、エヴェルトン・リベイロを同時投入したブラジルは、引き続き押し込む入りを見せる。53分には波状攻撃からボックス右でカゼミロの浮き球のダイレクトパスを受けたリシャルリソンがグラウンダーのシュート性のクロスを入れると、ネイマールがファーに飛び込むがわずかに届かない。 それでも、相手の攻勢の時間帯を危なげなく凌いだブラジルは63分、相手陣内右サイド深くでエヴェルトン・リベイロとのパス交換から見事なメイア・ルーアでDFをかわしてボックス内に侵入したダニーロがDFクマナに倒されてPKを獲得。これをキッカーのネイマールが冷静に右下隅に決めて貴重な追加点を挙げた。 この2点目によって勝利を大きく近づけたブラジルはリシャルリソン、ジェズス、フレッジを下げてガブリエウ・バルボサ、ヴィニシウス、ファビーニョらを続けてピッチに送り出し、試合を締めにかかる。 そういった中、89分には味方のスルーパスに反応したネイマールが完璧なタイミングで相手の背後に抜け出しボックス左で冷静にGKをかわす。最後はゴール前に走り込んだドフリーのガブリエウ・バルボサにプレゼントパスを送ると、これを“ガビゴル”が胸で押し込んだ。 そして、コロナ禍に揺れるベネズエラに地力の差をまざまざと見せつけたブラジルが、自国開催のコパ・アメリカ2021開幕戦で3-0の圧勝を飾った。 なお、連勝を狙うブラジルは現地時間17日にペルー代表戦、初勝利を目指すベネズエラは同じく17日にコロンビア代表戦に臨む。 ◆コパ・アメリカ2021 グループB第1節 ▽6/13(日) ブラジル 3-0 ベネズエラ 【ブラジル】 マルキーニョス(前23) ネイマール(後19[PK]) ガブリエウ・バルボサ(後44) 2021.06.14 07:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly