久保欠場のマジョルカ、4部相手に延長戦を制し2回戦進出!《コパ・デル・レイ》

2021.12.02 07:24 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コパ・デル・レイ(国王杯)1回戦がスペイン各地で行われた。

久保建英の所属するマジョルカは1日、4部に所属するヒムナスティカ・セゴビアーニャとアウェイで対戦し2-0で勝利した。久保はベンチ入りも出場機会はなかった。

直近のヘタフェ戦で戦列復帰した久保が2試合連続のベンチスタートとなった中、マジョルカは35分にピンチを迎える。スルーパスに抜け出したシマノフスキを飛び出したGKが倒してしまいPKを献上。しかし、パネンカを狙ったシマノフスキのPKをGKグライフがキャッチし、難を逃れた。
ゴールレスで迎えた後半、マジョルカはにセットプレーから決定機を作る。58分、右サイドで獲得したFKからオリバンがクロスを供給するとゴール前に抜け出したガヤが左足で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

さらにマジョルカは66分、相手のバックパスをカットしたアンヘルが飛び出したGKをかわしてボックス左深くまで侵攻。クロスを供給するとボックス走り込んだムブラがダイレクトで合わせたが、これは相手GKのファインセーブに阻まれた。

終盤にかけてはややオープンな展開となったが、互いにネットを揺らすことはできず。0-0のまま90分が終了し試合は延長戦に突入。

すると、延長前半にマジョルカがスコアが動く。94分、バイタルエリア中央左寄りの位置でボールを受けたガラッレタがゴール前にふわりと浮かせたパスを送ると、抜け出したアンヘルが頭で合わせると、飛び出したGKの脇を抜けゴールネットを揺らした。

その後、両チーム1人ずつ退場者を出す荒れた展開となったが、マジョルカは109分にもギジェルモ・ロドリゲスのパスでボックス左に抜け出したオリバンの折り返しからアンヘルがシュートを流し込み、試合を決定づける2点目を奪った。

結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。マジョルカが2回戦進出を決めた。

◆コパ・デル・レイ1回戦 結果
▽12/1(水)
メンサヘロ(4) 0-1 サラゴサ(2)
ベルガンティニョス(4) 2-0 トゥデラノ(3)
ソラレス(4) 2-3 エスパニョール
コルドバ(6) 0-1 セビージャ
ヒムナスティカ・セゴビアーニャ(4) 0-2 マジョルカ
ブレア(4) 0-2 イビサ(2)
アルヘシラス(3) 1-2 ウニオニスタス(3)
アルジーラ(4) 0-1 フエンラブラダ(2)
サン・フアン(4) 1-2 サンセ(3)
アンドラッチ(4) 2-1 オビエド(2)
マンチャ・レアル(4) 2-1 DUXインテルナシオナル(3)
ムルシア(3) 3-4 デポルティーボ(3)
タラベラ(3) 2-0 コルネジャ(3)
カセレーニョ(4) 1-2 ポンフェッラディーナ(2)
エウロパ(4) 0-1 アモレビエタ(2)
アレンテイロ(4) 2-1 ログロニェス(3)
カラオラ(3) 1-1(PK:4-5) アトレチコ・バレアレス(3)
エストレマドゥーラ(3) 1-4 サモラ(3)
リナレス(3) 0-0(PK:6-5) ヒムナスティック・タラゴナ(3)
サンフェルナンド(3) 2-3 レオネサ(3)
アリカンテ(6) 0-4 ベティス
パナデリア・プリド(4) 0-4 ソシエダ
サン・ロケ・デ・レペ(4) 0-3 ミランデス(2)

▽12/2(木)
メリリャ(6) vs レバンテ
サン・アグスティン(6) vs オサスナ
ギフエロ(5) vs ラージョ・バジェカーノ
ゲルニカ(4) vs エイバル(2)
ウトリリャス(6) vs バレンシア
ペーニャ・スポルト(4) vs マラガ(2)
レイオア(4) vs エルチェ
カルボ・ソテロ(4) vs ジローナ(2)
ベレス(4) vs ラス・パルマス(2)
クリスト・アトレチコ(4) vs レアル・ウニオン(3)
アトレチコ・プルピレニョ(4) vs カステリョン(3)
リャネラ(4) vs ログロニェス(3)
ウニオン・アダルヴェ(4) vs ルーゴ(2)
エルデンセ(4) vs ラージョ・マハダオンダ(3)
ヘレス(4) vs レガネス(2)
ビラ・デ・フォルトゥナ(6) vs カディス
イビサ(4) vs テネリフェ(2)

▽11/30(火)
カヨン(4) 0-2 ウエスカ(2)
マルチャマロ(4) 0-1 バジャドリー(2)
ナシャラ(4) 0-1 アンドラ(3)
ビトリア(6) 0-8 ビジャレアル
ラグーナ(6) 0-7 グラナダ
ウナミ(6) 0-3 アラベス
テルエル(4) 0-1 アルコルコン(2)
セアレス(4) 0-1 スポルティング・ヒホン(2)
ラシン・リオハ(4) 0-2 カルタヘナ(2)
アトレティコ・サンルケーニョ(3) 2-0 サバデル(3)
モリェルッサ(6) 1-5 ヘタフェ
エブロ(4) 0-5 セルタ
モンティホ(4) 0-1 ブルゴス(2)
アギラス(4) 1-1(PK:3-5) アルメリア(2)
アルバセテ(3) 2-1 ラシン・フェロル(3)
バダホス(3) 0-3 アルコヤーノ(3)

※数字は所属リーグ

関連ニュース
thumb

見事な決勝点! 長身生かしたヘディング弾、アラベス原大智が今季2得点目

アラベスのFW原大智が特徴を生かしたヘディングゴールを決めた。 アラベスは13日、コパ・デル・レイの1次ラウンドで4部のリェイダ・エスポルティウと対戦した。原はフル出場を果たし、決勝点となるゴールをマークしている。 ゴールレスで迎えた47分、アラベスは右CKを獲得すると、ショートコーナーを選択したのちに放り込む。ゴール前で待ち構えていた原は、マーカーの背後から頭を突き出し、値千金の一発を左隅へ沈めた。 その後は敵地で攻め込まれる場面が続いたものの、相手のセットプレーを原がかき出したところで試合終了のホイッスル。日本人FWの一撃でアラベスが次のステージへと駒を進めている。なお、対戦カードの抽選会は16日に行われる予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画】原大智が長身を生かしたヘディングで決勝点@コパ・デル・レイ1次ラウンド</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtcGkzSno5cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.11.14 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

原大智が決勝点で初戦突破に貢献! プリメーラ勢はカディス&アルメリアが初戦敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ1回戦が行われた。 スーペル・コパに参戦するレアル・マドリー、バルセロナ、バレンシア、レアル・ベティスを除く、プリメーラ所属の16クラブが参加した1回戦。 カタール・ワールドカップを戦う日本代表への早期合流が許可され、MF久保建英が不在となったレアル・ソシエダは6部のカサレガスと対戦し、セルロートのドブレーテの活躍などで4-1で快勝。順当に2回戦進出を決めた。 プリメーラ勢では公式戦5試合未勝利と低迷するアトレティコ・マドリーが、5部のアルマサン相手にアンヘル・コレアとフェリックスのゴールで2-0の勝利。また、ビジャレアルは6部のサンタ・アマリアに9-0の大勝を飾った。一方で、カディスとアルメリアはジャイアントキリングを許して初戦敗退となった。 セグンダ(スペイン2部)所属の日本人所属クラブでは、FW原大智の所属するアラベスが4部のリェイダ・エスポルティウと対戦。先発フル出場となった原は、後半立ち上がりの47分に右CKの流れからサルバ・セビージャのクロスを巧みなヘディングでゴール左隅へ流し込み、チームを1-0の勝利に導く決勝点を挙げた。 なお、MF柴崎岳が所属するレガネス、MF橋本拳人が所属するウエスカは、いずれも下部カテゴリーのチーム相手にPK戦の末に敗戦。両選手はベンチ外となった。 コパ・デル・レイ1回戦の結果は以下の通り。 ◆コパ・デル・レイ1回戦結果 ▽11/12(土) フエンテス(6) 1-4 オサスナ バルバダス(6) 0-2 バジャドリー ラルコラ(6) 0-3 エルチェ オートール(6) 0-6 マジョルカ サンタ・アマリア(6) 0-9 ビジャレアル リンコン(6) 0-3 エスパニョール アルマサン(5) 0-2 アトレティコ・マドリー ゲルニカ(4) 0-0(PK:6-5) レガネス(2) マナコル(5) 1-3 アンドラ(2) オロト(4) 0-4 レバンテ(2) ギフエロ(4) 2-0 デポルティボ・ラ・コルーニャ(3) アトレティコ・サグンティーノ(4) 1-0 アモレビエタ(3) ナバルカルネロ(4) 1-3 ログロニェス(3) ウエトル・タハル(5) 0-3 アルバセテ(2) グアダラハラ(4) 0-3 ポンフェデラ(2) アレナス(4) 1-0 ルーゴ(2) ベアサイン(4) 2-3 スポルティング・ヒホン(2) ラシン・リオハ(4) 0-2 ヒムナスティク(3) セスタオ・リーベル(4) 1-0 ラシン・フェロル(3) ウトレラ(4) 0-1 セウタ(3) クリスト・アトレティコ(4) 0-2 イビサ(2) カセレーニョ(4) 3-0 コルドバ(3) コリア(4) 2-0 フエンラブラダ(3) ▽11/13(日) ヴァラルデ(6) 0-2 セビージャ アルガー(6) 1-6 セルタ カサレガス(6) 1-4 ソシエダ モリェルッサ(6) 1-3 ラージョ・バジェカーノ レアル・ウニオン(3) 3-2 カディス アレンテイロ(4) 2-0 アルメリア アルシラ(4) 0-2 アスレティック・ビルバオ サン・ロケ・デ・レペ(4) 2-3 ヘタフェ キンタナル・デル・レイ(5) 1-2 ジローナ フベントゥド・デ・トレモリノス(4) 2-2(PK:4-2) ウエスカ(2) リェイダ・エスポルティウ(4) 0-1 アラベス(2) アトレティコ・パソ(4) 1-1(PK:3-2) ムルシア(3) ビメノル(5) 0-2 ミランデス(2) ディオセサーノ(4) 1-0 サラゴサ(2) レアルタド(5) 0-2 テネリフェ(2) ラス・ロサス(5) 0-3 エイバル(2) ペーニャ・デポルティバ(4) 1-1(PK:7-8) マラガ(2) アルファロ(4) 0-1 カルタヘナ(2) レクレアティボ(4) 0-0(PK:3-4) ブルゴス(2) ヒムナスティカ・デ・トーレラベガ(4) 2-3 オビエド(2) イビサ・イスラス・ピティウサス(4) 3-1 ラージョ・マハダオンダ(3) マンレサ(4) 1-3 ポンテベドラ(3) アルネド(4) 1-1(PK:4-3) アトレティコ・バレアレス(3) ウニオン・アダルベ(4) 1-2 リナレス(3) エルクレス(4) 2-4 ラ・ヌシア(3) シルボネロ(4) 0-1 インテルシティ(3) テルエル(4) 0-1 ラス・パルマス(2) イェクラーノ(4) 2-3 グラナダ(2) コルソ(4) 2-2(PK:4-3) エルデンセ(3) サン・フアン(4) 0-2 ヌマンシア(3) オウレンセ(4) 1-1(PK:2-4) アルコルコン(3) ウテボ(4) 2-2(PK:3-4) メリダ(3) ※()内は所属カテゴリー 2022.11.14 06:57 Mon
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ1回戦の組み合わせが決定! 久保所属のソシエダは6部のカザレガスと対戦

コパ・デル・レイ1回戦の組み合わせ抽選会が24日に行われた。 ラ・リーガ所属の16クラブが参加する1回戦では、現在ラ・リーガで3位のアトレティコ・マドリーが5部のアルマサンとアウェイで対戦。久保建英所属のレアル・ソシエダは6部のカザレガスとアウェイで対戦する。 また、セグンダ(スペイン2部相当)所属の日本人所属クラブでは、柴崎岳の所属するレガネスが4部のゲルニカ・クラブと、橋本拳人の所属するウエスカが5部のトレモリノスと、原大智の所属するアラベスが4部のエスポルティウと対戦する。 なお、昨季ラ・リーガ王者のレアル・マドリーとラ・リーガ2位のバルセロナ、昨季のコパ・デル・レイでファイナリストとなったバレンシアとレアル・ベティスは3回戦からの参加となる。 コパ・デル・レイ1回戦は11月12日、13日に行われる。今回決定した組み合わせは以下の通り。 ◆コパ・デル・レイ1回戦対戦カード(※ラ・リーガ勢と日本人所属クラブのみ抜粋) ラルコラ(6部) vs エルチェ ヴァラルデ(6部) vs セビージャ サンタ・アマリア(6部) vs ビジャレアル リンコン(6部) vs エスパニョール オートール(6部) vs マジョルカ フエンテス(6部) vs オサスナ アルガー(6部) vs セルタ カザレガス(6部) vs ソシエダ バルバダス(6部) vs バジャドリー モリェルッサ(6部) vs ラージョ・バジェカーノ レアル・ウニオン(3部) vs カディス アレンテイロ(4部) vs アルメリア アルシラ(4部) vs ビルバオ サン・ロケ・デ・レペ(4部) vs ヘタフェ キンタナル・デル・レイ(5部) vs ジローナ アルマサン(5部) vs アトレティコ・マドリー ゲルニカ・クラブ(4部) vs レガネス トレモリノス(5部) vs ウエスカ エスポルティウ(4部) vs アラベス ※その他37試合開催 2022.10.25 00:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「神に感謝する」17年前の優勝を知る伝説のMFホアキンが涙「最近溜め込んでいた感情から…」

レアル・ベティスのMFホアキン・サンチェスが、コパ・デル・レイの優勝を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 23日、コパ・デル・レイ決勝のベティスvsバレンシアが行われた。2004-05シーズン以来3度目の優勝を目指すベティスと、2018-19シーズン以来9度目の優勝を目指すバレンシアの対戦。慎重な入りを見せた中、先にスコアを動かしたのはベティスだった。 11分、ボルハ・イグレシアスがゴールをこじ開けて先制。しかし、バレンシアも30分にウーゴ・ドゥロがゴールを奪い同点に追いつく。 互いに譲らないまま試合は進み、延長戦へ。延長戦では互いに崩せず、PK戦にもつれ込むと、互いに3人目まで全員が成功。しかし、4人目のキッカーでは先攻のバレンシアのユヌス・ムサが枠の右に外してしまい痛恨の失敗。ベティスはミスなく、5-4で勝利。17年ぶりの優勝を遂げた。 この試合でベンチスタートとなったホアキンは、86分から途中出場。PK戦でも2人目のキッカーを務めて成功させ、見事に優勝に貢献した。 ホアキンは、17年前の優勝を知るレジェンド。さらに、対戦相手のバレンシアでもコパ・デル・レイのタイトルを獲得しており、様々な感情が渦巻く一戦となった。 試合後に涙したことについてホアキンは「涙は最近溜め込んでいた感情から来ている。それが内面化するのだから、涙が出るのは当たり前だ。こんなにも美しいカップをもう一度勝ちたいと、みんなが思っていた」と、多くの想いを持って臨んだ試合だったと振り返った。 チームの成功については「今年だけでなく。数年前から徐々に目標を達成し、チームを改善してきたことが、今シーズンに繋がっていると思う。携わった人たちは、みんな値する」と、ここ数年積み上げてきた成果だとコメント。一方で古巣に対しても「バレンシアのみんなにもおめでとうと言いたい。結局。PK戦は僕たちにとっては宝くじみたいなものであり、僕たちもそれに値した」と、最後は運が分けたと語った。 多くのファンが集まった一戦。17年ぶりにタイトルをもたらせたことについては「また、家にいるようなものだから、とても幸せだ。セビージャの全ての人々に贈ることができたこと、神に感謝する」と語り、幸せを噛み締めた。 <span class="paragraph-title">【貴重動画】17年ぶりの優勝を遂げが歓喜の瞬間をピッチサイドから!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBS1ZlVDk1NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.04.24 11:37 Sun
twitterfacebook
thumb

17年ぶりにカップ制覇のベティス、ペジェグリーニ監督も歓喜「観客を見て負けられないと…」

レアル・ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が、コパ・デル・レイの優勝を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 23日、コパ・デル・レイ決勝のベティスvsバレンシアが行われた。2004-05シーズン以来3度目の優勝を目指すベティスと、2018-19シーズン以来9度目の優勝を目指すバレンシアの対戦。慎重な入りを見せた中、先にスコアを動かしたのはベティスだった。 11分、ボルハ・イグレシアスがゴールをこじ開けて先制。しかし、バレンシアも30分にウーゴ・ドゥロがゴールを奪い同点に追いつく。 互いに譲らないまま試合は進み、延長戦へ。延長戦では互いに崩せず、PK戦にもつれ込んだ。 運命のPK戦では互いに3人目まで全員が成功。しかし、4人目のキッカーでは先攻のバレンシアのユヌス・ムサが枠の右に外してしまい痛恨の失敗。ベティスはミスなく、5-4で勝利。17年ぶりの優勝を遂げた。 試合後、ペジェグリーニ監督はコパ・デル・レイ制覇に喜びを露わにし、ファンのおかげだとした。 「みなさんのサポートとチームのクオリティを両立させることが重要だった。観客を見た時、この試合に負けることはとても難しいだろうと思った」 「チームは常に冷静で、我々が決して失うことのなかったプレーを続けた。我々は優勝に値する」 過去にはマンチェスター・シティでプレミアリーグとリーグカップを制するなど、タイトルを獲得してきたペジェグリーニ監督だが、この日も特別な1日であると語った。 「比較するのは好きではない。とても幸せな日だ。他のチームでも良いシーズンを過ごしたことはある。ただ、今日は確かに、私にとってとても特別な日になる」 ラ・リーガでは現在5位。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を掴める可能性もあるなか、残りのシーズンに向けても意気込みを語った。 「チャンピオンズリーグを戦いたい。すでに、実績として1つのタイトルがあるが、チームはリーグの残りの戦いに集中している。トップに追いつけるように努める」 また、17年ぶりの優勝については改めてコメント。喜びを噛み締めた。 「勝てないまま17年が経ったんだから、さらにその喜びを味わうべきだ。久々に二重の喜びだ。これだけの人気クラブが、こんなに長く勝てないはずはないんだ」 <span class="paragraph-title">【貴重動画】17年ぶりの優勝を遂げが歓喜の瞬間をピッチサイドから!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBS1ZlVDk1NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.04.24 10:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly