「すごい写真だ」エッフェル塔前に7体の“黄金ヤギ像”が鎮座!メッシの偉業に祝福の嵐「正真正銘のGoat」

2021.12.01 12:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年ぶり7度目の受賞を果たした『フランス・フットボール』主催のバロンドール。その功績を祝うため、パリのエッフェル塔前に、7体もの黄金のヤギ像が登場した。これは、メッシが生涯契約を結んでいるアディダスが、"Goat"(Greatest of All Time=史上最高の意だが、直訳するとヤギ)にかけて製作したものだ。

パリの象徴的な名所の前にヤギが並ぶ異質な光景には、「正真正銘のGoat」「LM7」「レオおめでとう!」「すごい写真だ」と驚きの反応が寄せられたほか、メッシ本人も「ありがとう」と答えていた。
授賞式のスピーチでは、「これからも新しい挑戦のために戦っていきたい。あとどれだけ続けられるかわからないが、長くプレーできたらと思っている」と語ったメッシ。8度目の受賞はあるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

教え子への愛が溢れるポチェッティーノ氏が驚きの願望「ケインとムバッペを一緒に…」

マウリシオ・ポチェッティーノ氏が夢のコラボを提案した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)の指揮官を退任し、現在はフリーのポチェッティーノ氏。同氏はイギリス『The Athletic』のコラム内で、かつて自身が指導したトッテナムのFWハリー・ケイン、PSGのFWキリアン・ムバッペの両者を褒め称えている。 「ハリー(・ケイン)はゲームに関与しながらリズムをつくっていく選手だが、キリアン(・ムバッペ)はその真逆。ボールに触れなくともリラックスしており、常に強い自信を持っている。足下にボールが来れば、相手をなぎ倒していく」 ケインは4年前のロシア・ワールドカップ(W杯)で得点王に。ムバッペはカタールW杯において現時点で得点ランキングの単独首位に。世界で唯一、両者を指導した経験を持つポチェッティーノ氏は、チャンスがあれば自身の下で両者を一緒にプレーさせたいという願望を語った。 「キリアンはフットボールを観るのも、話すのも大好きな青年。才能豊かな選手は戦術や組織、チームプレーに関心を示さない場合があるが、彼はそうではないよ」 「ゴールに最も集中している一方、戦術の話も大好きなのさ。これがハリーとキリアンを結びつけるポイントだ。本来、大物選手はフットボールのみを愛し、戦術への理解は好まない」 「トッテナムがハリーを売りたがるわけないし、彼自身もクラブを愛している。だが、もし退団するようならまた一緒に仕事したいね。2人の偉大なアタッカーを一緒にさせるなら、ケインとムバッペで決まりだ」 なお、ケイン擁するイングランド代表とムバッペ擁するフランス代表は、10日に行われるカタールW杯準々決勝でベスト4進出を懸けて激突する。 2022.12.09 21:08 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシがW杯後にPSGと交渉…今季が2年契約の最終年

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)がカタール・ワールドカップ(W杯)後に所属先のパリ・サンジェルマン(PSG)と契約交渉に臨むようだ。 PSG移籍2年目の今季、パリの環境にもすっかりと慣れ、公式戦19試合出場で12得点14アシストの好スタッツを残すメッシ。だが、PSGとの契約は今季が2年契約の最終年となり、去就話がヒートアップしている。 メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミ行きなど、早くも移籍を既定路線とする報道も相次いでいるが、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長によれば、W杯後に話し合いが予定されているという。 アル・ケライフィ会長はイギリス『スカイ・スポーツ』で「メッシに今後もPSGでプレーしたい様子があるか?」との問いに「もちろんだ」と返してみせ、W杯が終わってから選手側との会談を明らかにした。 「彼はとても幸せなんだ。それはナショナルチームでの姿でもわかる。仮に選手が幸せじゃないというなら、代表でのパフォーマンスも悪くなるだろう」 「今季は我々のもとでファンタスティックなパフォーマンスを披露しているよ。代表でも、クラブでも多くのゴールとアシストを決めている」 「だから、W杯が終わった後に交渉の席に着こうということになっているんだ。我々クラブ側と彼の双方がとてもハッピーだし、W杯後に話をする」 2022.12.09 18:05 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがラッシュフォードに関心! 会長が認める…ユナイテッドとの契約は現時点で今季限り

パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長がマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(25)に対する関心を認めた。 昨季こそユナイテッドのアカデミーから昇格して以降、ワーストの公式戦5ゴールに終わったが、今季はすでに8ゴールと復調を印象づけるラッシュフォード。イングランド代表に滑り込み選出されてのカタール・ワールドカップ(W杯)でも出場4試合で3ゴールと輝く。 その活躍も上乗せされ、ユナイテッドと今季限りの契約状況がより注目の的に。ユナイテッドが契約に付随している1年延長オプションを行使するかどうかによるが、選手は現時点で来る1月のタイミングから、国外クラブとの交渉が自由にできるようになる状況だ。 そんな赤い悪魔の10番を巡ってはまことしやかにレアル・マドリーの関心が囁かれ始めてもいるが、こちらも以前からにわかに興味が噂されるPSGも状況次第で獲得に乗り出しうるようだ。アル=ケライフィ会長がイギリス『スカイ・スポーツ』で明言している。 「彼は本当にアメージングな選手の1人だ。ラッシュフォードがタダで、フリーエージェントで獲得できるなら、どのクラブも追いかけるだろう」 また、以前の獲得報道についても「我々はその件を隠しているわけではない。以前に話をしたが、その当時は双方にとって良いタイミングではなかった」と振り返り、交渉に発展しうる可能性を口にしている。 「来夏に(獲得に)動くかもね。当たり前だろ? 彼がフリーエージェントであれば、ダイレクトに話し合うが、今は話をするつもりがない。W杯に集中してもらいたいしね。1月になったら、彼と話をしてみたい」 2022.12.09 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG会長がC・ロナウドの獲得を否定「彼のポジションが埋まっている」

パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)の獲得について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 先月22日付でマンチェスター・ユナイテッドから契約解除が伝えられたC・ロナウド。同選手にはサウジアラビアのアル・ナスルが広告収入を含めて年俸2億ユーロの2年半契約という破格のオファーで契約合意に迫っていると噂されたが、本人はこれを否定した。 そんな中、かつてビッグオファーで獲得に動いた経緯のあるPSGだが、アル・ケライフィ会長は『スカイ・スポーツ』のインタビューでC・ロナウド獲りの可能性を否定したという。 「彼は素晴らしい選手で、プロフェッショナルとして尊敬しているし、愛している。37歳となった今でも彼は素晴らしい活躍を見せているし、どのクラブも彼と契約したいと思っているはずだ。」 「ただ我々にとっての問題は彼のポジションが埋まっていることだ。だから、彼との関係を取り持つのは簡単じゃないんだ」 また、ネイマール、リオネル・メッシ、キリアン・ムバッペ、C・ロナウドを同じチームに入れることは可能かと問われると、「それはとても難しいことだ。どのクラブも望んでいることだが、残念ながら我々には不可能なことだ」とコメントした。 2022.12.09 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ベスト8のポルトガルに痛手、MFダニーロのW杯も終了…PSGの2人がパリへ戻る

16年ぶりにベスト8に進出したポルトガル代表に再び離脱者が出てしまった。ポルトガルサッカー連盟(FPF)が発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)に出場しているポルトガル。エースでありキャプテンのFWクリスティアーノ・ロナウドにとっての最後の大会と見られている今大会。C・ロナウドが史上初の5大会連続ゴールを記録するなど、話題に事欠かない大会となった。 ラウンド16ではスイス代表と対戦すると、そのC・ロナウドはベンチスタートとなったものの、チームは6ゴールを奪う大勝でベスト8へと駒を進めた。 そのポルトガルだが、DFヌーノ・メンデスの負傷離脱が発表されていたが、MFダニーロ・ペレイラもケガの回復が見込めないことからチームを離れることが発表された。 ダニーロは初戦のガーナ代表戦に出場したものの、負傷し回復を目指していたが、思わしくなく、所属のパリ・サンジェルマン(PSG)で治療を続けるとのことだ。なお、ヌーノ・メンデスもPSG所属であり、PSGにとっても2人が離脱という痛手となってしまった。 2022.12.08 09:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly