鎌田&長谷部フル出場のフランクフルト、ラストプレー弾で原口先発のウニオン撃破《ブンデスリーガ》

2021.11.29 01:36 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第13節、フランクフルトvsウニオン・ベルリンが28日に行われ、2-1でフランクフルトが勝利した。

フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口は58分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りしなかった。

前節、3位と好調なフライブルクとのアウェイ戦をシャットアウトで制し、リーグ戦3勝目を挙げた11位フランクフルト(勝ち点15)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのアントワープ戦を2-2の引き分けに持ち込み、決勝トーナメント進出を決めた。この試合でゴールを決めた鎌田、そして長谷部が引き続き先発となった。

一方、前節ヘルタ・ベルリンとのダービーを制した5位ウニオン(勝ち点20)は原口が引き続きスタメンとなった。

開始7分にボレがネットを揺らしたもののわずかにオフサイドに阻まれたフランクフルト。直後、長谷部のミスからアウォニーに決定的なシュートを許したが、フランクフルトがポゼッションする展開で推移する。

そのフランクフルトは22分に押し切る。ショートコーナーの流れからソウがコントロールシュートを流し込んだ。

さらに25分、コスティッチの左クロスから鎌田のヘディングシュートがバーに直撃したフランクフルトは、続く29分にもCKからヤキッチが決定的なダイビングヘッドを放った。

攻め込み続けるフランクフルトは41分、コスティッチの左クロスからボレが合わせる決定機を演出するも、1-0で前半を終えた。

迎えた後半もフランクフルトが押し込む中、58分に原口がピッチを後に。すると60分、ウニオンがPKを獲得する。アウォニーがボックス内でエンディカに倒された。このPKをクルーゼが決めてウニオンが追いついた。

同点後もフランクフルトがコスティッチを起点に攻め込み続ける中、70分にはパシエンシアのボレーシュートが枠を捉えるも、GKルセのセーブに阻まれた。

そして5分の追加タイムがあった中、ラストプレーでフランクフルトが勝ち越す。コスティッチの左クロスからエンディカがヘッドでねじ込んだ。このままタイムアップを迎え、フランクフルトがELに続き、追加タイム弾でのゴールで勝利を手にしている。



関連ニュース
thumb

フランクフルト、鎌田大地がハムストリングの筋断裂で離脱…

フランクフルトは27日、日本代表MF鎌田大地の負傷を発表した。 今季ここまで公式戦26試合に出場し5ゴール1アシストを記録している鎌田は、21日に行われたブンデスリーガ第20節のビーレフェルト戦にも先発出場し、87分までプレーしていた。 クラブの発表によると、鎌田はハムストリングの筋断裂のため2月5日に行われるブンデスリーガ第21節のシュツットガルト戦を欠場するとのことだ。 なお、詳細な離脱期間については明かされていないが、フランス『レキップ』は数週間の離脱になると報じている。 2022.01.27 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

独代表ユネス、サウジ移籍! 先日にフランクフルト退団でひとまずナポリ復帰

サウジアラビアのアル・イテファクは23日、ナポリからドイツ代表MFアミン・ユネス(28)の獲得を発表した。契約期間は2024年までとなる。 ユネスはボルシアMGの下部組織出身で、通算8キャップのドイツ代表プレーヤー。2011-12シーズンにトップチームデビュー後、カイザースラウテルンやアヤックスを渡り歩く。 2018年夏からはナポリ入りしたが、ケガの影響もあり、2年間の公式戦で27試合に出場したのみに。2020年10月に買取オプション付きの2年レンタルでフランクフルトに移った。 その1年目は日本代表MF鎌田大地とともにシャドーの位置でコンビを組み、公式戦27試合出場で4得点3アシストを記録。昨年3月にドイツ代表への返り咲きも果たした。 だが、昨夏にクラブと給与面で摩擦が生じて、関係が悪化。その影響もあってか、今季はDFBポカールの1試合に出場したのみのなか、フランクフルトが18日に契約解消を発表した。 そのため、保有元のナポリにひとまず復帰したユネスだが、噂どおり、アル・イテファクに活躍の場を移すことに。アル・イテファクによると、フリー加入となる。 2022.01.24 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「結論を出したい」日本人対決に敗れたMF長谷部誠、3戦未勝利の反省を誓う

フランクフルトのMF長谷部誠が、アルミニア・ビーレフェルト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 フランクフルトは21日、ブンデスリーガ第20節でビーレフェルトをホームに迎えた。 フランクフルトはMF鎌田大地、ビーレフェルトはMF奥川雅也が先発出場。長谷部は後半開始から出場したが、試合は前半にビーレフェルトが2得点を奪うと、フランクフルトは後半盛り返せず、0-2で敗れた。 試合を通じてチャンスを作っていた中、無得点に終わって敗れたフランクフルト。長谷部は試合後、負けたことを悔やみながらも、チャンスを作れていたことをポジティブに捉えるとした。 「信じられないほどのチャンスがありましたが、残念ながら得点できず、2つのイージーなゴールを認めてしまいました。2-0で前半を終え、とても苦しくなりました」 「多くの得点チャンスを生み出したので、僕たちはポジティブにいなければなりません」 この敗戦により、直近3試合で1分け2敗となったフランクフルト。長谷部は、ここからの中断期間でしっかりと振り返りたいとした。 「インターナショナルブレイク中に、僕たちは3試合を振り返り、シュツットガルト戦ではより良いプレーを見せるための結論を出したいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】日本人対決が実現! フランクフルトvsビーレフェルト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wgG4T7e-iro";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.22 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

奥川vs鎌田&長谷部の日本人対決はビーレフェルトに軍配、5戦負けなし《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第20節、フランクフルトvsビーレフェルトが21日に行われ、0-2でビーレフェルトが勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は87分まで、DF長谷部誠は後半からプレー、ビーレフェルトのMF奥川雅也は83分までプレーしている。 8位フランクフルト(勝ち点28)は前節、鎌田の先制弾がありながらもアウグスブルクにドロー。そのフランクフルトは鎌田が[3-4-2-1]の2シャドーの一角でスタメンとなった。 一方、前節グロイター・フュルト戦で奥川が4戦連発弾を決めたものの、引き分けに終わった16位ビーレフェルト(勝ち点18)は奥川が[4-3-3]の左インサイドMFでスタートとなった。 開始5分、ボックス手前の奥川のスルーを起点に攻撃を展開したビーレフェルトは、セッラのパスのルーズボールをヴィマーが拾ってボックス左に侵入。シュートを決め切って先制した。 失点したフランクフルトが押し込む流れで推移した中、12分に鎌田がミドルシュートでオンターゲットを記録。さらに16分にはソウの浮き球パスに抜け出したリンドストロームがボックス内からシュートも枠を外してしまった。 すると27分、ビーレフェルトに追加点。ボックス右に侵入したヴィマーのラボーナでのお洒落なクロスをシェプフが胸で押し込んだ。 2点を追う展開となったフランクフルトは32、35分とボレが立て続けにゴールに迫るも、ビーレフェルト守護神オルテガの好守に阻まれ、ゴールを割ることができない。 40分にはスローインの流れから奥川がボレーシュートで牽制したビーレフェルトが2点のリードで前半を終えた。 後半からヒンテレッガーに代えて長谷部を3バックの中央に投入したフランクフルトが引き続き押し込む流れとなる中、61分にはローデに代えてストライカーのパシエンシアを投入。 しかし67分に奥川のお膳立てからボックス左のクルーガーが決定的なシュートを浴びせたビーレフェルトが牽制。さらに72分、ヴィマーがドリブルでボックス内に切れ込んで決定的なシュートを放った。 効果的に攻撃を仕掛けるビーレフェルトは80分、FKの流れからボックス右の奥川がボレーを放つもわずかに枠を捉えきれず。 それでも試合終了間際のボレの決定機を守護神オルテガが止めたビーレフェルトが2-0でシャットアウト勝利。5戦負けなしで好調を維持している。 2022.01.22 06:42 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第20節プレビュー】金曜に4戦連発ゴールの奥川が鎌田&長谷部のフランクフルトと対戦

前節はバイエルンが勝利を取り戻し、2位ドルトムントがフライブルクとの上位対決を制したことから両チームの6ポイント差に変動はなかった。そしてビーレフェルトのMF奥川が圧巻の4戦連発ゴールを挙げている。迎える第20節、その奥川が金曜にMF鎌田&DF長谷部のフランクフルトと対戦する。 前節グロイター・フュルト戦で先制弾を決めた奥川。16位に沈むチームは最終的に最下位相手に2-2の引き分けに追いつく形となったが、奥川自体は絶好調をキープ。長谷部の守るフランクフルト守備陣を切り裂いて5戦連発弾となるか。 対する8位フランクフルト(勝ち点28)は前節、鎌田の先制弾がありながらもこちらもドロー。押し込みながらも勝ちきれなかった内容だったが、新年初勝利を手にできるか。鎌田と長谷部は引き続き先発予想となっている。 ブンデス通算300ゴールを記録した、FWレヴァンドフスキのハットトリックの活躍でケルンを退けたバイエルン(勝ち点46)は、13位ヘルタ・ベルリン(勝ち点22)とのアウェイ戦に臨む。善戦してきたケルンに対し、さすがの強さを見せつけたバイエルン。コロナ感染から主力が続々と復帰し、ヘルタ戦はほぼベストな状態に。連勝でドルトムントとの勝ち点差を維持したい。 フライブルクとの上位対決をDFムニエとFWハーランドのドッペルパックで5発圧勝とした2位ドルトムント(勝ち点40)は、4位ホッフェンハイム(勝ち点31)との上位対決に挑む。火曜に行われたDFBポカールでは2部のザンクト・パウリ相手に敗れて敗退となってしまったドルトムント。切り替えて2戦連続となる上位対決を制し、バイエルンにプレッシャーをかけられるか。 前節ライプツィヒにシャットアウト負けし、4戦ゴールのない17位シュツットガルト(勝ち点18)は、6位フライブルク(勝ち点30)とのアウェイ戦に臨む。ライプツィヒ戦では早々にPKを与え、そのまま敗れ去ったシュツットガルト。チームは降格圏に沈んでしまったが、持ちこたえることはできるか。遠藤と伊藤は引き続きスタメン予想となっている。 2戦連続スタメンの機会を得た11位ボーフム(勝ち点23)のFW浅野は、9位ケルン(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。前節マインツ戦ではPK失敗も響いて0-1で敗戦したボーフム。浅野はPK獲得に繋がるラストパスを出すなど一定の存在感を示したが、後半半ばに交代となってしまった。ケルン戦はベンチスタート予想となっているが、3試合連続スタメンとなるか。 MF原口が前節ベンチスタートとなった中、ホッフェンハイムに勝利した5位ウニオン・ベルリン(勝ち点31)は、12位ボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。スタメン復帰予想となっている原口だが、DFBポカールも敗退し、不調が続く相手に勝利となるか。 ◆ブンデスリーガ第20節 ▽1/21(金) 《28:30》 フランクフルトvsビーレフェルト ▽1/22(土) 《23:30》 グロイター・フュルトvsマインツ ホッフェンハイムvsドルトムント フライブルクvsシュツットガルト ボルシアMGvsウニオン・ベルリン レバークーゼンvsアウグスブルク 《26:30》 ボーフムvsケルン ▽1/23(日) 《23:30》 ライプツィヒvsヴォルフスブルク 《25:30》 ヘルタ・ベルリンvsバイエルン 2022.01.21 18:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly