富山MF碓井鉄平がトレーニングマッチ中に負傷…左足部内在筋損傷で全治6週間

2021.11.26 19:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カターレ富山は26日、MF碓井鉄平の負傷を報告した。

碓井は22日のトレーニングマッチ中に負傷。検査で左足部内在筋損傷と診断され、全治6週間の見込みだ。

今季で富山在籍3年目の碓井。その今季はここまで明治安田生命J3リーグ13試合に出場していた。


関連ニュース
thumb

39歳DF秋本倫孝が現役引退…甲府、京都、富山、藤枝でプレー「今後は指導者を」

藤枝MYFCは23日、DF秋本倫孝(39)の現役引退を発表した。 秋本は静岡県出身で、清水商業高(現:清水桜が丘高校)から法政大学へと進学。2005年にヴァンフォーレ甲府に入団し、プロキャリアをスタートさせた。 セレクションを経ての入団となった秋本は、昇格を争うクラブでシーズン終盤にレギュラーとなると、見事にチームはJ1へ昇格。しかし、2006年にオーバーワーク症候群と診断され戦線を離脱も復帰する。 甲府では2010年まで在籍し、レギュラーとしてプレー。2011年に京都サンガF.C.へと完全移籍した。 京都でもコンスタントに出場機会を得ると、2014年にカターレ富山へと移籍。すると2015年にタイのタイ・ホンダFCへと完全移籍。4年間をタイで過ごすと、2019年に藤枝へと加入した。 藤枝でもレギュラーとしてプレーしていたが、2021年は明治安田生命J3リーグで1試合の出場に終わり、そのまま現役引退となった。 J1通算45試合4得点、J2通算216試合24得点、J3通算54試合3得点、リーグカップ通算11試合1得点を記録。天皇杯では18試合に出場していた。 秋本はクラブを通じてコメントしている。 「2021シーズンをもちまして、現役を引退することを決めました。プロサッカー選手として39歳までプレーできたのは、これまで指導していただいた指導者の方々、チームメイト、ファン・サポーターの皆様の支えがあったからです。改めて感謝申し上げます」 「プロ1年目、ヴァンフォーレ甲府で初めて試合に出た時は、視野が半径1メートルくらいしかなくてすごく緊張していました笑」 「でも大木さん、安間さんにプロとしての基礎を教わり、1年目の最後にはJ1を勝ち取る試合に出ることができました!」 「京都サンガでは元日の天皇杯決勝で出場停止と脳震盪のダブルパンチで試合に出られず準優勝でしたが、中山博貴が先制点取ってくれてとても嬉しかったのを覚えています!」 「カターレ富山ではチームをJ3に落としてしまったにも関わらず、何度もあたたかく迎えて応援してくれたサポーターの姿は今でも忘れられません」 「藤枝MYFCでは、生まれ故郷の静岡でプレーさせていただき、親族や友人にも試合を観てもらえたことは、自分の中でかけがえのないものとなりました」 「ここに全てのことは書ききれませんが、大学卒業からこれまでの17年間をこうして振り返ってみると、出会いに恵まれ、自分らしいサッカー人生を送ることができたと改めて感じています」 「最後にここまで大きな怪我もなく、丈夫に産んでくれ栄養を考えたご飯を食べさせてくれた両親に感謝いたします。ほんとありがと!!」 「今後は指導者を目指していきたいと思っています。これまでお世話になった偉大な指導者から比べればまだまだ未熟者ですが、少しでもサッカー界に貢献できるように頑張ります!今までありがとうございました!」 2022.01.23 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

元富山の大崎淳矢、クリアソン新宿に入団

カターレ富山は21日、MF大崎淳矢(30)が日本フットボールリーグ(JFL)のクリアソン新宿に加入すると発表した。 大崎は下部組織から過ごすサンフレッチェ広島でプロ入り後、徳島ヴォルティス、レノファ山口FC、栃木SCを経て、2021年から富山に加入。だが、出番なく、シーズン終了後に退団した。 「クリアソン新宿を愛する皆様。初めまして、大﨑淳矢と申します。今年から環境を変えて、新しいチャレンジをすることを決めました。クリアソン新宿は、やりがいを持って、情熱を燃やせる場所だと思っています」 「そしてクラブが掲げる『サッカーを通じて、世の中に感動を創造し続ける存在でありたい』このビジョンに激しく共感して、僕のすべてを捧げる覚悟できました!」 「サッカー選手が持っている価値、サッカーが持っている力を最大限に引き出せるように、会社、クラブ、周りの支えてくださる方々、そして自分のためにチャレンジし続けます! 皆様これからよろしくお願いします!」 2022.01.21 13:16 Fri
twitterfacebook
thumb

35歳の田中佑昌が引退を決断…18年のキャリアに幕を下ろし、甲府のアカデミーコーチへ

カターレ富山は20日、MF田中佑昌(35)が引退することを発表した。 アビスパ福岡での活躍が印象深い田中。2004年に当時J2に所属していた同クラブでユースからプロデビューを果たすと、リーグ戦28試合に出場し、1年目としては上々の数字を残す。 翌年には33試合7ゴールを記録し、J1昇格に貢献。自身初のJ1の舞台では22試合2ゴールを記録したが、チームは1年でJ2に降格した。 それでも田中は福岡に留まり、主力として活躍を続けていく。2009年はJ2で40試合に出場し、キャリアハイの10ゴールをマーク。福岡ユース出身の選手としては、初のリーグ戦二桁得点となった。 続く2010年には再びJ1昇格に貢献し、自身2度目となるJ1の舞台へ。今回は5年前の初挑戦を上回る32試合に出場したが、チームは降格。ここで田中は福岡と袂を分かつことを決断した。福岡での通算成績は公式戦278試合40ゴールだった。 2012年からは同じくJ2のジェフユナイテッド千葉に移籍し、4年間の在籍で公式戦128試合18ゴールをマーク。2016年からは当時J1所属のヴァンフォーレ甲府に活躍の場を移し、J2降格を味わいながらも、4年間で公式戦125試合8ゴールの成績を残した。 そして、2020年に富山に加入。キャリア初のJ3では縁の下の力持ちとしてチームを支え、この2年間でJ3通算28試合4ゴールを記録した。 18年に及ぶプロキャリアの中で、出場した試合は559試合。Jリーグ通算では520試合に上った。 「この度、私、田中佑昌は2021シーズンを持ちましてプロサッカー選手を引退します」 「まず初めに18年間応援し共に闘ってくださったファン・サポーターの皆様、チームを支えてくださっているスポンサー、パートナー、サプライヤーの皆様、本当にありがとうございました!」 「そしてユース時代からお世話になりプロサッカー選手としての第一歩を踏み出させてもらったアビスパ福岡、プロサッカー選手として、さらに成長させてもらったジェフユナイテッド市原・千葉、トライアウトからもう1度J1の舞台で闘わせてもらったヴァンフォーレ甲府、J500試合を達成させてもらったカターレ富山の関係者の皆様本当にありがとうございました。心から感謝しています」 「皆様のおかげで素晴らしい最高のサッカー人生を送る事ができました」 「私自身、サッカーが上手い選手ではなかったのでこれほど長くプロサッカー選手をできると思っていませんでしたが、18年間プロサッカー選手としてできたのはチームメイト、監督、コーチ、トレーナー、フロントスタッフ皆さんの助けがあったからだと改めて感じています。関わってくれた皆さんには感謝しかありません」 「そして福岡時代、毎試合応援に駆けつけてくれて、サッカーの楽しさを教えてくれた父、丈夫な体に産んでくれた母に改めて感謝の言葉を伝えたいと思います。ありがとうございました!」 「最後に18年間楽しいとき、辛いときもずっと隣で支えてくれて誰よりも1番応援してくれた妻、いつも元気な笑顔でパパを応援、癒し、元気をくれた2人の息子達。18年間サッカーを頑張れたのは家族の支え応援があったからです。本当にありがとう!」 「田中佑昌に関わってくれたすべての皆様、長い間本当にありがとうございました!第二の人生も自分らしく、楽しんでいきたいと思います!」 また、引退後の「第二の人生」として、古巣甲府のアカデミーコーチへの転身を選んだ田中。クラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「この度アカデミーコーチに就任することとなりました田中佑昌です。選手としてお世話になったヴァンフォーレ甲府で今度は指導者として関われる事をとても楽しみにしています」 「自分がプロサッカー選手として得た様々な経験や感情を、まずはサッカースクールを中心とした普及活動から伝えていけるように頑張ります。宜しくお願い致します」 2022.01.20 17:48 Thu
twitterfacebook
thumb

富山退団のMF花井聖がJFLのFCマルヤス岡崎へ完全移籍

カターレ富山は19日、MF花井聖(32)がJFLのFCマルヤス岡崎へ完全移籍することを発表した。 花井は下部組織時代から過ごす名古屋グランパスでプロデビュー後、徳島ヴォルティス、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州を転々。2019年から富山に活躍の場を移した。 その初年度から主力としてプレーするなかで、2年目から背番号「10」に変更。だが、3年目は出番を減らして、明治安田生命J3リーグ15試合1得点、天皇杯2試合出場にとどまっていた。 花井はクラブを通じてコメントしている。 「カターレ富山から加入することになりました花井聖です。地元のチームでプレーする機会を与えてくれたクラブに感謝しています」 「自分自身のプレーでたくさん恩返し出来るように1年間頑張りたいと思います。少しでも多くの方にスタジアムに足を運んでもらえるように全力でプレーします。スタジアムで会いましょう」 2022.01.19 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

富山退団の戸高弘貴、沖縄SVに加入

カターレ富山は15日、MF戸高弘貴(30)が九州サッカーリーグの沖縄SVに加わると発表した。 戸高は大分トリニータのアカデミー育ちで、静岡学園高校、立命館大学を経て、2014年にFC町田ゼルビアでプロキャリアをスタート。2020年から富山に移り、明治安田生命J3リーグ5試合に出場した昨季限りで退団した。 沖縄SVを通じて「今年から沖縄SVに加入することになりました。戸高弘貴です。沖縄というはじめての土地でのチャレンジを楽しみながら、沖縄SVが昇格できるように全力でプレーしたいと思います。よろしくお願いします!」とコメントしている。 2022.01.15 15:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly