金沢で8シーズンプレーしたDF作田裕次が現役引退「一生の財産であり誇り」

2021.11.26 13:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ツエーゲン金沢は26日、DF作田裕次(34)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

作田は石川県出身で、星稜高校から筑波大学へと進学し、2010年に水戸ホーリーホックへ入団。2011年に大分トリニータへと移籍すると、2013年にモンテディオ山形でプレーし、2014年に金沢へと加入した。

金沢ではJ3時代から8シーズン在籍。J2で158試合出場8得点、J3で33試合出場2得点だった。

通算ではJ2で249試合12得点、J3で33試合2得点。今シーズンはここまで2試合の出場に終わっていた。

作田はクラブを通じてコメントしている。

「2021シーズン限りで現役を引退する事を決めました」

「水戸ホーリーホックから始まり、大分トリニータ、モンテディオ山形、ツエーゲン金沢に在籍させていただきました」

「お世話になったクラブ関係者の皆様、パートナー企業の皆様、ファンサポーターの皆様、練習や試合後に話しかけてくれた皆様、沢山の人の支えがあったからここまで頑張る事ができました」

「勝った時も負けた時も、『また応援にいくよ!』『次も期待してる!』という声にどれだけ背中を押されたかわかりません」

「プロサッカー選手として、応援してくれる人の夢や想いを背負ってプレーするのは最高に価値があり本当に幸せな時間でした」

「これは私の一生の財産であり誇りです。本当にありがとうございました!」

「また私の地元クラブであるツエーゲン金沢では在籍8年でJ3優勝、J2昇格、クラブハウス完成、練習場の整備、残留争いなどクラブの様々な変化がありました」

「ここ数年は出場機会が減りなかなかチームの力になれませんでした」

「ですがスタジアムには必ずと言っていい程、後援会の方々やお世話になった方、友人が駆けつけてくれて。。よく行く銭湯でも店員さんや常連さん、全く知らない人にまで『よかったね!』『残念だったね』と沢山話しかけてもらえて。。本当に嬉しかったし日々の活力になってました。感謝しかないです。ありがとうございました!」

「最後になりますが、サッカー選手になるまでに育てていただいた松南SSS、松任中学校、星稜高校、筑波大学の関係者の皆様、プロアマそれぞれのチームで切磋琢磨した先輩方や同期の仲間達、後輩達、私に関わる全ての人が私をここまで成長させてくれました」

「正直こんなにも長くプレーできるとは思ってなかったです。最高に充実したサッカー人生でした。本当にありがとうございました」


関連ニュース
thumb

「色合いが新鮮で可愛い」金沢とヒュンメルのコラボアイテム、MA-1タイプのアンセムジャケットと移動着が発表!「オシャレに仕上がりそう」

ツエーゲン金沢と『hummel(ヒュンメル)』は、2022シーズンのコラボ第1弾のアイテムを発表。2種類のジャケットを限定発売することを発表した。 2月19日、徳島ヴォルティスとのアウェイゲームで新シーズンの幕開けとなる金沢。北欧のストリートテイストをスポーツに落とし込んだ「hummel PLAY(ヒュンメルプレイ)」から、アンセムジャケットとスウェットフルジップジャケットが限定発売される。 アンセムジャケットは、選手たちがホームスタジアム石川県西部緑地公園陸上競技場で着用するもの。1月9日、金沢歌劇座で行われた出陣式では、ツエーゲンガールを務める、ほくりくアイドル部の公式ウェアとしてイベントで着用され、いち早く披露されていた。MA-1タイプのジャケットに北欧テイストの柄とカラーリングを採用したヒュンメルらしい1枚となっている。 ツエーゲン金沢のエンブレムはブラックのポリクレストワッペンで圧着。ストレッチ性のあるポリエステルジャージニットを使用し、背面右裾部にはイヤフォンなど小物を入れるのに便利なユーティリティポケットを搭載している。 スウェットフルジップジャケットは、選手たちが移動着として着用するフーディー。クラブカラーを主張しないシックなデザインで、左胸にはツエーゲン金沢のエンブレムをブラックのポリクレストワッペンで圧着。快適な着心地で、ストレスのかかるアウェイへの移動などをサポートする。 ソフトな風合いのライト裏起毛素材を採用し、軽量で吸汗速乾、ストレッチ性に優れたアイテムで、前身には異素材を組み合わせてシェブロンライン風のデザインにし、背面にはヒュンメルのブランドミッション”Change the World Through Sport.”(スポーツを通じて世界を変える)をデンマーク語で配置されている。 この2つのアイテムは、24日から31日までの1週間の期間限定、さらに数量限定で販売する。 「hummel PLAY」は、北欧のストリートスタイルを落とし込み、ヒュンメルらしいカラーや柄に、「遊びを楽しむ」というコンセプトを加えたユニセックスアイテムで、スポーツとライフスタイルを繋ぐコレクションとなっている。 モデルを務めた平松昇は「要チェック」と自身のツイッターでアピール。三浦基瑛も「無くなり次第終了だそうなので、ぜひお急ぎ下さい!!パーカーと合わせてもオシャレに仕上がりそうです!」とアピールした。 また、ツエーゲンガールである「ほくりくアイドル部」でモデルを務めた三井梨花さんも「今までになかった色合いが新鮮で可愛い」とし、「オーバーサイズに着てもピッタリサイズに着てもおしゃれなアイテム」とオススメしている。 <span class="paragraph-title">【写真】選手が着用するアンセムジャケット&移動着が発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.01.25 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

金沢のGK石井綾がカズの同僚に! 鈴鹿ポイントゲッターズへ期限付き移籍

ツエーゲン金沢は12日、GK石井綾(28)がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへと期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、金沢との公式戦には出場できない。 愛知県出身の石井は、名古屋グランパスの下部組織で育ち、U-15、U-18と昇格。その後、中京大学へと進学し、2015年にはFC岐阜の特別指定選手に。2016年に水戸ホーリーホックに入団した。 1年目は出番がなく、2年目の2017年にアスルクラロ沼津へと期限付き移籍。J3で13試合、天皇杯で2試合に出場すると、2018年は福島ユナイテッドFCへと期限付き移籍し、J3で6試合に出場した。 2019年はFC琉球へと期限付き移籍し、J2で12試合、天皇杯で1試合に出場。水戸では出番がないまま、2020年に金沢へと完全移籍した。 金沢では2シーズン在籍し、J2通算6試合。2021シーズンは出番がなかった。 石井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鈴鹿ポイントゲッターズ 「鈴鹿ポイントゲッターズに関わる全ての皆様、ツエーゲン金沢から加入することになりました石井綾です。自分を必要としてくれたクラブに感謝するとともに、プレーや普段の行動、そして結果で恩返しできたらと思います」 「今シーズン、クラブの目標を達成できるよう全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 ◆ツエーゲン金沢 「あけましておめでとうございます。JFLの鈴鹿ポイントゲッターズに移籍することにしました。良い時も悪い時も支えになってくれたファン、サポーターの方々や支援してくれたスポンサー、そしてパートナー企業の皆様には本当に感謝しています」 「特に昨年は悪い時の方が多く、叱咤激励の言葉が本当に自分の支えになりました。GKコーチのりょうじさんとの出会いは自分を成長させてくれましたし、プレーヤーとしての幅を広げることができました」 「また、怪我もしてメディカルスタッフの方々にも大変お世話になりました。この2年間で金沢の街が大好きになり、大好きな仲間やチームのために戦えたことは僕の誇りです。2年間本当にありがとうございました」 鈴鹿は11日に元日本代表で日本サッカー界のレジェンドであるFW三浦知良(54)を横浜FCから期限付き移籍で獲得。Jリーグ昇格を目指すこととなる。 2022.01.12 15:18 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢の選手1名が新型コロナ陽性…クラブ内に濃厚接触者はなし

ツエーゲン金沢は12日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は11日に陽性判定を受けたとのこと。クラブ内には濃厚接触者はいないという。 なお、選手はチーム活動に参加しておらず、自宅静養中とのこと。この2週間以内にクラブハウスへは立ち入っていないとのことだ。 また、その他のトップチーム選手やスタッフはチーム活動前に抗原定性検査を実施。全員が陰性とのことだ。 2022.01.12 12:18 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢MF島津頼盛がJFLのFCティアモ枚方へ期限付き移籍、昨季途中からは鹿児島でプレー「大阪からもう一度再出発」

ツエーゲン金沢は8日、MF島津頼盛(22)がJFLのFCティアモ枚方へ期限付き移籍することを発表した。 移籍期間は2023年1月31日までとなり、金沢との公式戦には出場できない。 島津はセレッソ大阪の下部組織出身で、U-15から興國高校へと進学。2018年に金沢へと入団した。 金沢では3シーズン半を過ごし、2020シーズンは明治安田生命J2リーグで36試合に出場し9得点を記録。しかし、2021シーズンは5試合に出場すると、シーズン途中から鹿児島ユナイテッドFCへと期限付き移籍。明治安田生命J3リーグで8試合に出場し1得点を記録していた。 島津はFCティアモ枚方を通じて「この度、ツエーゲン金沢から期限付き移籍することになりました。島津頼盛です。出身地でもある大阪を本拠地としているFCティアモ枚方に加入できたことを光栄に思います!大阪からもう一度再出発するために少しでも早くチームの勝利に貢献します!応援よろしくお願いします」と地元での活躍を誓った。 また金沢を通じては「2022シーズンはFCティアモ枚方でプレーすることに決めました。今以上に成長した姿を見せられるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」と成長に意気込みを見せた。 半年間を過ごした鹿児島を通じては「シーズン途中の加入でしたが、温かく迎え入れていただき、ありがとうございました。来シーズンは違うチームになりますが、もっともっと成長できるように頑張ります!本当にありがとうございました!」と感謝を綴っている。 2022.01.08 11:28 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟、渡邊泰基の復帰を発表! 2020年夏から金沢に1年半レンタル

アルビレックス新潟は7日、DF渡邊泰基(22)の復帰決定を発表した。 渡邊は新潟の下部組織出身で、2018年に前橋育英高校を経由してトップチーム入り。初年度から出場機会を掴んだが、2020年に出番なしの状況が続くと、同年7月からツエーゲン金沢にレンタル移籍した。 昨季もその金沢でプレーすると、明治安田生命J2リーグ37試合に出場して2ゴールをマーク。新潟に満を持して復帰となる渡邊は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「ツエーゲン金沢での経験を活かし、J1昇格の力になりたいという強い思いから、アルビレックス新潟に復帰する決断をしました。自分の居場所は新潟であり、このクラブで勝負する覚悟です」 「一年半ぶりに、アルビレックス新潟でプレーさせていただけることへの感謝を胸に、ファン・サポーターの皆様と共に、最高の景色が見られるように頑張ります。今シーズンも、温かい応援をよろしくお願いいたします」 ◆ツエーゲン金沢 「1年半ツエーゲン金沢でプレーさせていただきありがとうございました。新潟で試合に絡めず、苦しんでいた僕にチャンスをくれたのがツエーゲン金沢でした。結果で恩返しがしたかったのですが最後まで厳しいシーズンになってしまい、自分の力不足を痛感しました」 「そのような中でも背中を押してくれたファン・サポーターの皆様のおかげで最後まで走り切ることができました。本当にありがとうございました」 「この経験を必ず次に活かし、成長した姿を金沢の皆様に見せられるように頑張ります。この素晴らしいクラブでJ初ゴールやJ2通算100試合を達成できたことを誇りに思っています。1年半の温かい応援に心から感謝しています。本当にありがとうございました」 2022.01.07 12:13 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly