決勝T進出のレバークーゼン指揮官「1試合残しての突破は当たり前じゃない」 チームを労う

2021.11.26 12:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンのジェラルド・セオアネ監督がヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出に満足感を示した。『UEFA.com』が報じている。グループGの4試合を消化して3勝1分け無敗で首位を走るレバークーゼン。25日の第5節では3位のセルティックをホームに迎え撃った。

先制ゲームを一時逆転まで持っていかれたレバークーゼンだが、82分に追いつくと、87分に勝ち越し。そのまま3-2で競り勝った。

これで勝ち点を「13」に。勝ち点10で2位につけるレアル・ベティスを抑え込み、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めている。

セオアネ監督は試合後、チーム全体に労いの言葉を送った。

「グループ全体に大きな賛辞を送る。1試合を残して決勝トーナメント行きを決めるのは当たり前のことじゃないからだ」

また、攻守ともに手応えを感じながら、勝ち誇っている。

「今日は多くのことが改善された。守りも攻めもともにね。その結果、多くのチャンスをモノにすることができたのだ」

「途中出場の選手も注目に値する。妥当な勝利だと思う」

関連ニュース
thumb

イランのエースFWアズムンが来季レバークーゼン加入! 「ブンデスでのプレーはエキサイティング」

レバークーゼンは22日、ゼニトのイラン代表FWサルダール・アズムン(27)が来シーズンから加入することを発表した。今シーズン限りでゼニトとの契約が満了し、フリートランスファーとなるアズムンは2027年6月30日までの5年契約にサインしている。 ヨーロッパ各国の強豪からオファーが舞い込んだ中、ドイツでの挑戦を選択したアズムンは、クラブ公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「ロシアで最高のクラブからヨーロッパで最高のリーグの1つへの一歩になる。レバークーゼンは本当に素晴らしいチームを持っている。僕は長い間このクラブをフォローしてきたんだ。このチームのプレースタイルにもワクワクしているよ」 「ブンデスリーガですぐにプレーできることは、僕にとって非常にエキサイティングなことだ。そして、自分のフットボールのクオリティがこのチームを強化すると確信しているよ」 イラン代表として通算60試合39ゴールを誇るアジア屈指のストライカーとして知られるアズムン。これまでルビン・カザン、FCロストフ、ゼニトとロシア一筋のキャリアを歩んできた27歳FWは、通算104試合62ゴールの数字を残してきたゼニトからの契約延長オファーを固辞し、ヨーロッパ5大リーグへの挑戦を明言していた。 昨夏にはトッテナムやローマ、リヨンといったクラブからオファーが届き、今冬にはユベントス、リヨン行きの可能性も報じられていたが、昨夏の段階から関心を示していたレバークーゼン行きを決断した。 卓越したアスリート能力とテクニックを生かした個での打開力に加え、決定力にも優れる186cmの実力派ストライカーは、来シーズンのブンデスリーガで大暴れを見せることになるのか。 2022.01.23 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンがU-17スウェーデン代表の新星FWを獲得! 15歳でプロデビューの逸材

レバークーゼンは20日、IFブロマポイカルナに所属するU-17スウェーデン代表FWジャーデル・カンガ(16)を完全移籍で獲得したことを発表した。 なお、カンガは当面、U-19チームでプレーすることになる。 2021年1月に15歳でIFブロマポイカルナとプロ契約を締結したカンガは、昨季のリーグ戦で23試合に出場し5ゴール1アシストを記録。クラブの3部リーグ優勝に貢献していた。 また、昨年2月にはバルセロナの育成組織であるラ・マシアに招待され、トレーニングに参加。そして、秋にはレバークーゼンのトレーニングに参加し好パフォーマンスを披露していた。 ユースセンターのトーマス・アイヒン氏は、「カンガは16歳ながらトップチームで多くの経験を積んでいる。彼はスピードと決定力があり、攻撃的なポジションなら様々な場所でプレーできるユーティリティー性も持ち合わせている」と、逸材を評している。 2022.01.21 00:03 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンMFアミリ、ジェノア移籍で合意

レバークーゼンのドイツ代表MFナディエム・アミリ(25)がジェノア移籍で合意したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 『キッカー』によれば買い取り義務付きのレンタルでの移籍になるようだ。トレーニングに関してもチームとは離れ、軽いメニューをこなすに留めているとのことだ。移籍金に関してはホッフェンハイムからレバークーゼンに加入した際にかかった900万ユーロ(約11億6000万円)程だという。 アミリは今季、ブンデスリーガ13試合(先発は3試合)の出場に留まっていた。 ジェノアは現在、セリエAで降格圏の19位に沈んでいる。 2022.01.20 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンの控えGKルニョフが右足首じん帯断裂で近日中に手術へ

レバークーゼンは18日、ロシア代表GKアンドレイ・ルニョフが近日中に右足首の手術を受けることを発表した。 クラブの発表によれば、ルニョフは日曜日に行われたトレーニングで足首を負傷。検査の結果、右足首のじん帯断裂と診断され、数日中に手術を受けるとのこと。 なお、離脱期間については3カ月と発表しており、手術後のリハビリはバイ・アレーナの施設内にて行われるとのことだ。 ロシアの強豪ゼニトで正守護神として公式戦118試合に出場したルニョフは、昨夏にレバークーゼンに加入。しかし、レバークーゼンではフィンランド代表GKルーカス・フラデツキーの前に控えGKの立ち位置に甘んじ、ここまでヨーロッパリーグ1試合の出場にとどまっていた。 2022.01.18 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

原口が前半で交代のウニオン、レバークーゼンに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは8日、ブンデスリーガ第18節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ウニオンのMF原口元気は前半のみの出場、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場はしなかった。 前半戦最終戦となったボーフム戦を制して2021年を終えた7位ウニオン(勝ち点27)は、原口が[3-5-2]の右インサイドMFでスタメンとなった。 4位レバークーゼン(勝ち点28)に対し、守勢の立ち上がりとなったウニオンは10分、シックのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKルセがセーブ。1分後にもヴィルツのミドルシュートが枠を捉えたが、ここもGKルセが凌いだ。 さらに直後のCKからターにフリーでヘディングシュートを打たれるも、枠を外れて助かったウニオンは、徐々に膠着状態に持ち込んでいく。 しかし38分、均衡を破られる。パウリーニョとのパス交換でボックス左に抜け出したディアビの突破をGKルセが防ぐも、ルーズボールをシックに決められた。 それでも45分、ウニオンが追いつく。CKの流れからトリメルが強烈なボレーシュートを放つと、GKフラデツキーが弾いたルーズボールをベーレンスがヘッド。このシュートもGKフラデツキーに阻まれたが、こぼれ球をプロメルが押し込んだ。 原口が交代となって迎えた後半、ウニオンは開始5分に逆転する。右サイドからのクロスを受けたファーサイドのクルーゼがシュートに持ち込み、ゴール前のプロメルがコースを変えてネットを揺らした。 62分にはシックの枠内シュートをGKルセがセーブしたウニオンは、続く78分には右サイドからカットインしたクルーゼが3点目に迫った中、1点をリードしたまま終盤へ。 しかし84分、追い付かれてしまう。CKの流れからベララビの突破を許すと、クロスをターにヘッドで決められた。 追加タイム、ウニオンに2度絶好機が訪れるも決めきれず、2-2でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 2022.01.09 01:39 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly