“ヴァルブエナ恐喝未遂事件”加担容疑のベンゼマに有罪判決...執行猶予付き1年の禁固刑と970万円の罰金

2021.11.24 20:08 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フットボール界を揺るがした“セックステープ恐喝未遂事件”を巡って、今月24日にレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマに有罪判決が下ったようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

ある集団がMFマテュー・ヴァルブエナの携帯電話に残っていた性行為の動画を悪用し、金銭を要求した2015年の事件に関与した疑いがかけられるベンゼマ。自身は否認しているが、当時フランス代表のチームメイトだった関係を利用し、その集団との仲介役として事件に加担したとし、長らく裁判が続いていた。

事件から6年が経過したなか、先月の20日にベルサイユ裁判所で始まった再審理にて、裁判所はベンゼマに執行猶予付きの懲役10カ月と罰金7万5000ユーロ(約970万円)を求刑。それから約1カ月が経った今月24日、ベンゼマに恐喝未遂の共犯として有罪判決が下され、求刑通り執行猶予付きの1年の懲役と7万5000ユーロの罰金が科された。

また、事件の主犯である4人の被告に対しては、執行猶予付きで18カ月から2年6カ月までの懲役刑が下った。

なお、ベンゼマ側は、この判決を不服として控訴する構えだという。



関連ニュース
thumb

ジルーがムバッペとの過去の確執を振り返る「僕らは勝ちたいだけ」

ミランFWオリヴィエ・ジルーが、フランス代表でのFWキリアン・ムバッペとの確執を回想した。 2人の不仲が報じられたのは、昨夏のユーロ2020開幕直前のこと。国際親善試合でブルガリア代表と対戦した際、試合後にジルーが「僕ら前線はもっと上手く味方同士を見つけなければならない。個人的に僕にパスを出さない選手がいる」と発言し、物議を醸していた。 これにムバッペが過敏に反応してしまい、公の場で反論することもやぶさかではないと憤慨。その後、事態を収めようとチーム内で話し合いの場が設けられたが、ジルーの釈明はムバッペを納得させるまでには至らなかった。 それでも、両者は話し合いの末、確執を払拭。後に会見で言及したムバッペは、ジルーの発言に動揺していたことを認めながらも、「彼は、僕が試合中に365回経験したことのある感覚を表現しただけ」と、最後は冗談を交えながら、解決したことを伝えていた。 そしてこの度、カタール・ワールドカップ開幕を目前に控える中、フランス『レキップ』の取材で改めて当時を振り返ったジルー。2人のストライカーの間には、周囲に振り回されない証明された関係があると、問題がないことを力強く主張した。 「人は自分の好きなように物事を解釈する。最も重要なのは、ピッチ上で物事がうまくいっていることを示すことだ」 「でも、そういう意味では監督は最初から心配していなかったみたいだ。僕たちは一緒にワールドカップで優勝した。証明された関係がある」 「キリアンは色々言ったけど、僕たちは2人ともライバルだ。勝ちたいんだ。それでいいのさ」 2022.10.05 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーがW杯へ意気込み! アンリ超えについては「最高のボーナスになる」

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、カタール・ワールドカップに向けた意気込みを語っている。フランス『レキップ』が伝えた。 開幕まで残り2カ月半に迫ったカタールW杯。フランス代表はディフェンディングチャンピオンとして、イタリアとブラジルに続く3チーム目の連覇を目指す。 先日のインターナショナルブレイクでも、UEFAネーションズリーグのオーストリア戦で1ゴール1アシストの活躍を披露したジルー。自身3度目のW杯出場の可能性については「やることはやった」と、メンバー入りに向けて最善は尽くしたとコメント。 一方で、あと2ゴールに迫ったティエリ・アンリのフランス代表歴代最多ゴールについては、優勝が最優先であることを強調した上で、ゴールも意識していることを認めた。 「どちらも意識しているよ。でも間違いなくワールドカップのタイトルを守ることが重要だ。そして、もしティティに並んだり、超えたり出来たら、最高のボーナスになるだろうね」 2022.10.05 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサがデンベレとの契約更新を検討、2026年まで延長か

バルセロナがフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)との契約更新を検討しているようだ。 昨年11月にチャビ・エルナンデス監督が就任して以降、圧巻のパフォーマンスでチームの巻き返しに貢献するも、契約満了を迎える今夏の退団が濃厚と目されていたデンベレ。だが、最終的には2024年6月まで2年間の延長で合意した。 今季もラ・リーガ全試合に出場するなど主力としてチームをけん引。スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、首脳陣らはこの活躍を受け、デンベレの契約更新を最優先事項に据え、新たに2026年までの延長を議論しているという。 さらに、デンベレにはリリース条項として5000万ユーロ(約70億円)が設定されているものの、半分は選手の代理人に支払われるもので、仮に手放すとなった場合、ビジネスとしても痛手を被ることになる現状を危惧しているとのことだ。 選手自身はクラブへの愛着や契約延長希望を、チームメイトや首脳陣のみならずメディアにも公言。かつては問題児ぶりがたびたび世間を騒がせるも、今ではクラブ周辺の誰もが認める必要不可欠な選手へと変貌を遂げたようだ。 2022.09.30 15:44 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバがユベントスへの思い入れを明かす、リハビリには「笑顔で立ち向かう」

戦線離脱中のフランス代表MFポール・ポグバが、ユベントスへの思い入れを口にした。 ポグバは今夏にマンチェスター・ユナイテッドから6年ぶりの復帰を果たすも、開幕前の負傷で公式戦再デビューがお預けに。現在はリハビリ中で、11月に迫るカタール・ワールドカップ(W杯)の出場さえも危ぶまれている状況だ。 ポグバがいない現在のユベントスは混迷そのもの。早期の復帰を願う声が日に日に増す一方だ。そんななか、イタリア『GQ』のインタビューに応じたポグバはクラブへの思い入れを熱弁し、ピッチから遠ざかる現在の心境も吐露している。 「いつだってピッチに立ちたいし、ベストを尽くしたい。ユーベのシャツは特別なものだと知っていて、これこそがモチベーションを引き出してくれる。僕はユーベと美しい物語を紡いできた。ここが僕の家であることは疑いようがないね」 「かつてここを去った時、多くのファンからの感謝に触れた。当時の僕は今より若く、常に彼らが僕を後押ししてくれた。最近もSNSなどのメッセージやサポートには感謝しきれない。できるだけ早くピッチに戻り、勝利のために全力を尽くすと約束する」 「美しいキャリアかどうかなんて関係ない。フットボールと自分自身の課題や難題に対して、いつでも前向きに笑顔で立ち向かう。今は早く帰って来られるように日々頑張っているよ。フットボールを愛している。まだプレーしたい」 2022.09.29 19:51 Thu
twitterfacebook
thumb

フランス、W杯で対戦予定のデンマークに2連敗… チュアメニ「W杯ではより良い結果に」

フランス代表MFオーレリアン・チュアメニがデンマーク代表戦を振り返った。フランス『RMC Sport』が伝えている。 フランス代表は25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグA第6節でデンマーク代表と対戦。試合は前半の2失点を最後まで挽回できずに0-2で敗戦となり、カタール・ワールドカップ(W杯)開幕まで2ヵ月を切ったなか、ディディエ・デシャン監督率いるチームを不安視する声が上がっている。 チュアメニは今季加入のレアル・マドリーでコンスタントな出場機会を手にする一方、代表チームでも定位置を掴みつつあり、この一戦もフル出場。試合後のインタビューでは敗戦を認めつつも、W杯に向けては楽観的なスタンスものぞかせている。 「意図を持ってゲームに入ったけど、今日の僕たちは良いプレーができなかった。言い訳は何もないよ。全ての選手がクラブに戻って、次のゲームに集中する」 「数週間後にW杯のメンバーリストが発表されるね。僕は(選出に)自信を持っている。もちろん今日の出来は良くなかったけど、本大会を戦うフランス代表はさらに良いチームになっていると確信しているよ。選手たち各々の向上が重要だ」 なお、フランス代表はW杯のグループステージ2戦目でもデンマーク代表と対戦。UNLでは同国相手に2連敗を喫しており、これについてはチュアメニも「W杯ではより良い結果に変えなければいけない」と意欲。大一番で3度目の正直となるだろうか。 2022.09.26 14:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly