セビージャ初勝利にリール勝利で大混戦グループGは全チームに勝ち抜けチャンスで最終節へ《CL》

2021.11.24 07:19 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第5節、セビージャvsヴォルフスブルクが23日にサンチェス・ピスフアンで行われ、ホームのセビージャが2-0で勝利した。ここまで4戦未勝利で最下位に沈むセビージャ(勝ち点3)が、前節コーフェルト新体制でのCL初陣を制した3位のヴォルフスブルクを迎えた一戦。
試合は逆転突破に向けて勝利しかない崖っぷちのホームチームがアグレッシブな入りを見せる。序盤から相手を押し込むと、パプ・ゴメス、クンデとセットプレーから続けて枠内シュートを浴びせていく。

そして、12分には相手陣内右のハーフスペースでボールを持ったラキティッチからの高精度のクロスに複数の味方が反応すると、ファーに飛び込んだジョルダンが気迫のダイビングヘッドを叩き込んだ。

幸先よくリードを手にしたセビージャは以降も危なげなくゲームをコントロール。だが、20分を過ぎた辺りからカウンターを起点に深い位置まで侵攻を許すと、23分にはペナルティアーク付近でフリーにしたルーカス・エンメチャに強烈なミドルシュートを打たれる。だが、GKブヌが何とか右手で触ったボールはクロスバーを叩き事なきを得た。

前半半ばから終盤にかけてはボールを握るセビージャ、カウンターを狙うヴォルフスブルクと互いの狙いとする形からゴールへ迫る場面もあったが、相手の集中した守備を上回ることができず。ホームチームの1点リードでハーフタイムを迎えた。

後半も優勢に試合を運ぶセビージャはボールの主導権をガッチリと握った中、パプ・ゴメス、オカンポス、モンティエルとアルゼンチン代表選手が果敢に足を振って相手ゴールを脅かす。

一方、前線になかなかボールが収まらずに苦戦が続くヴォルフスブルクは、両サイドバックや中盤を入れ替えて攻撃の活性化を図るが、この選手交代も即効性を発揮できず。

その後、80分を過ぎてようやく交代カードを切って逃げ切り態勢に入ったセビージャは相手のパワープレー気味の攻撃を冷静に撥ね返す。すると、試合終了間際の97分には中盤でのフェルナンドのボール奪取からカウンターを発動。右サイドを個人技でこじ開けたオカンポスからの正確な折り返しを、途中出場のラファ・ミルが冷静に流し込み、試合を決定づける2点目とした。

そして、今グループステージ初勝利のセビージャがヴォルフスブルクを抜き3位に浮上した。

また、同日行われたリールvsレッドブル・ザルツブルクは、ホームのリールが1-0で勝利した。

前節、セビージャを敵地で撃破して2位に浮上したリール(勝ち点5)と、ヴォルフスブルク相手に初黒星を喫して前節での突破を逃した首位ザルツブルク(勝ち点7)による首位攻防戦。

試合の入りはアウェイのザルツブルクが前からのプレス、2トップを背後に走らせる形で押し込む形を作り出したが、決定機まで持ち込むことができない。

対して時間の経過と共にブラク・ユルマズが前線でボールを収めて全体を押し上げるリールが、相手陣内でのプレータイムを増やす。すると、31分には左サイドで大きな展開を受けたユルマズが強引なドリブルでボックス内に侵入すると、DFウルマーの足に当たってゴール前にこぼれたボールをデイビッドが冷静に左足で蹴り込んだ。

リールの1点リードで折り返した試合は、後半も一進一退の攻防を見せたが、互いに決め手を欠き最少得点差のまま試合終盤に突入。何とか勝ち点1でも持ち帰りたいアウェイチームは攻勢を仕掛けたものの、最後まで集中したリールの守備をこじ開けられず。連勝のリールがザルツブルクを抜き首位に浮上している。

なお、今節の結果、大混戦のグループGでは最終節で首位のリールと最下位のヴォルフスブルク、2位のザルツブルクと3位のセビージャが直接対決に臨むことになり、全チームに突破の可能性が残っている。

セビージャ 2-0 ヴォルフスブルク
【セビージャ】
ジョルダン(12分)
ラファ・ミル(90分+7)

リール 1-0 ザルツブルク
【リール】
デイビッド(31分)

関連ニュース
thumb

多くの主力を欠くセビージャがセルタ相手に2点差追いつく意地のドロー!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第22節、セビージャvsセルタが22日にサンチェス・ピスフアンで行われ、2-2のドローに終わった。 首位レアル・マドリーを4ポイント差で追う2位のセビージャ(勝ち点45)が、12位のセルタ(勝ち点26)を相手に2戦ぶりの白星を目指した一戦。前節のバレンシア戦を1-1のドローで終え、連勝がストップしたアンダルシアの雄。今節では新型コロナウイルス感染によってロペテギ監督が引き続き不在となった中、この試合では負傷明けのGKドミトロビッチが復帰すると共に、ヘスス・コロナが加入後初スタメンを飾った。 立ち上がりからハイプレスを仕掛けるアウェイチームのアグレッシブな姿勢に手を焼くセビージャだが、要所で相手のプレスをかいくぐりながら、コロナとオカンポスの両ウイングを起点に局面の打開を図る。 互いに中盤での潰し合いが目立つ中、30分を過ぎて互いに決定機を作り合う。まずは36分、オカンポスが左サイドからのカットインで強烈なシュートを枠に飛ばすと、GKが弾いたボールをアクーニャがシュートもDFアラウホのゴールカバーに遭う。さらに、この撥ね返りをボックス右のコロナがシュートするが、今度は枠を外れた。 すると、直後の37分にはセルタのカウンターが発動。相手陣内を持ち上がったブライス・メンデスからのラストパスを受けたサンティ・ミナがボックス右で放ったシュートをGKドミトロビッチが何とか弾くと、このこぼれ球をセルビが強烈な右足のシュートでドミトロビッチの股間を抜きゴールネットを揺らした。 さらに、畳みかけるアウェイチームは40分、オカンポスのマイナスの落としをカットしたブライス・メンデスからの縦パスをペナルティアーク付近で受けたイアゴ・アスパスが冷静にDFを外して得意の左足のシュートを古巣のゴールへ突き刺した。 リーグ最高の堅守が崩壊し、まさかの2点ビハインドで試合を折り返したセビージャはハーフタイムに3枚替えを敢行。フェルナンド、ラキティッチ、ラファ・ミルを下げてパプ・ゴメス、イバン・ロメロ、オリベル・トーレスを投入。この交代でアクーニャを3バックの左、オカンポスを左ウイングバックに置く[3-4-2-1]の攻撃的な布陣にシフトした。 その後、さらに各選手の立ち位置を変えながら攻め手を見いだそうとするセビージャは、後半半ば過ぎに鮮やかな連続得点を見せる。 まずは71分、ボックス手前右でパスを受けたパプ・ゴメスが鋭いカットインから左足を一閃。ゴール前の相手DFにわずかにディフレクトしたボールがゴール左隅の完璧なコースに決まった。さらに、直後の74分には左サイド深くでアクーニャが入れたクロスを相手DFが触ったこぼれに反応したボックス中央のオリベル・トーレスが放ったシュートがゴール左下隅に決まり、見事な連続得点で試合を振り出しに戻した。 サンチェス・ピスフアンがこの同点劇に沸きに沸く中で畳みかけるホームチームは、81分に絶好の逆転機が訪れる。再び左サイドのアクーニャが入れたクロスに対して、大外から相手サイドバックの前に飛び込んだオリベル・トーレスがダイビングヘッドで合わせるが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 残り時間を考えれば、まだまだゴールチャンスはあったセビージャだったが、以降は選手交代で全体の運動量を取り戻したセルタに粘り強く守り切られた。 この結果、2戦連続ドローと首位マドリーを追う状況で厳しい勝ち点逸となったものの、指揮官を含め多くの主力を欠く中での2点ビハインドを追いつく気概を見せたセビージャは、有力なタイトルコンテンダーとして底力を証明している。 2022.01.23 05:02 Sun
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第22節プレビュー】久保が古巣ビジャレアル戦! 上位陣は格下と対戦

コパ・デル・レイやスーペル・コパ開催の影響により変則開催となった第21節では、コパでのダービーで死闘を演じたセビージャの両雄に関して、ベティスが4-0の快勝を飾った一方、セビージャがバレンシア相手にドローと、明暗分かれる形となった。 インターナショナルマッチウィークの関係で1月最後の節となる第22節では、MF久保建英にとって古巣対戦となる16位のマジョルカ(勝ち点20)と、8位のビジャレアル(勝ち点29)の一戦に注目したい。 新型コロナウイルス感染者の影響もあり、直近のラ・リーガで3連敗中と苦境が続くマジョルカだが、直近のコパ・デル・レイ4回戦では久保の見事な直接FK弾を含むセットプレー2発でエスパニョールを破り、準々決勝進出を果たした。そのコパ勝利の勢いを生かしたい今回の一戦では、直近公式戦3試合未勝利も、中盤戦にかけて復調傾向にある難敵ビジャレアルと対戦する。この試合でもスタメン起用が見込まれる久保は、かつて苦難を味わったエスタディオ・デ・セラミカで躍動する姿を見せてほしいところだ。 スーペル・コパでバルセロナ、アスレティック・ビルバオを撃破してアンチェロッティ新体制で初タイトルを手にしたリーグ首位のレアル・マドリー(勝ち点49)は、トロフィーを引っ提げて初のホームゲームを戦う。その対戦相手は奇しくも直近のコパで対戦した15位のエルチェ(勝ち点22)。 守護神クルトワを始め、エースFWベンゼマらに完全休養を与えた上、一部主力を温存して臨んだ3日前の対戦では、0-0で延長戦まで持ち込まれた末、DFマルセロの退場にビハインドを背負う逆境に立たされるも、MFイスコ、FWアザールという伏兵2人のゴールで劇的逆転勝利に持ち込んだ。リーグ戦でのリターンマッチもタフな戦いが予想される中、休養明けのエースの爆発に期待だ。 スーペル・コパではその優勝チームとの接戦を落としたリーグ6位のバルセロナ(勝ち点32)は、トップ4圏内浮上に向けて降格圏の18位に沈むアラベス(勝ち点17)と対戦する。 スーペル・コパでは宿敵に屈辱の敗戦を喫し、コパ・デル・レイではアスレティック・ビルバオを相手に再び延長戦の末に2-3で敗れたチャビ率いるチーム。さらに、同試合では復帰したばかりのFWアンス・ファティ、MFペドリがいずれも負傷交代を強いられた点も気がかり。さらに、契約延長問題を抱えるFWデンベレとの関係が泥沼化するなど、チーム状況は決して良好とは言えない。そういった中、前回対戦でドローに終わった格下相手にきっちり勝ち切り、公式戦連敗の負の流れをストップできるか。 そのバルセロナと同様にスーペル・コパ準決勝で敗退となったリーグ4位のアトレティコ(勝ち点33)は、バウンスバックを図ったコパでもレアル・ソシエダに0-2と完敗し、公式戦3試合未勝利と苦しい状況が続く。公式戦4試合ぶりの白星を目指す今節は、直近の対戦でセビージャと引き分けた9位のバレンシア(勝ち点29)と対戦する。ソシエダ戦では攻撃の手詰まりに加え、守備の緩さを露呈する今季を象徴とする拙い試合運びを見せてしまっただけに、準備期間は短いが、闘将の下で攻守両面の立て直しが急務だ。 首位レアル・マドリーを追う2位のセビージャ(勝ち点45)と、3位のベティス(勝ち点37)は、それぞれ12位のセルタ(勝ち点26)と、11位のエスパニョール(勝ち点27)という中位の相手との対戦となる。 連勝がストップしたセビージャは守備のソリッドさは健在も、フィニッシュの精度に加え、ビルドアップの局面で苦戦が目立っており、今回のセルタ戦では攻撃面の修正が重要となる。 一方、コパのセビージャ戦での勝利を追い風に直近のアラベス戦も4-0の快勝を飾って勢いに乗るベティスは、プレー強度が高いエスパニョールに臆することなく球際できっちり戦いたい。 《ラ・リーガ第22節》 ▽1/21(金) 《29:00》 エスパニョール vs ベティス ▽1/22(土) 《22:00》 レバンテ vs カディス 《24:15》 ビジャレアル vs マジョルカ 《26:30》 セビージャ vs セルタ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア ▽1/23(日) 《22:00》 グラナダ vs オサスナ 《24:15》 レアル・マドリー vs エルチェ 《26:30》 ラージョ vs アスレティック・ビルバオ レアル・ソシエダ vs ヘタフェ 《29:00》 アラベス vs バルセロナ 2022.01.21 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャが敵地でバレンシアとドロー…連勝ストップで首位マドリーに圧力かけられず《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第21節、バレンシアvsセビージャが19日にメスタージャで行われ、1-1のドローに終わった。 リーグ2連勝で首位レアル・マドリーを5ポイント差で追う2位のセビージャは、10位のバレンシアを相手に3連勝を目指した。 相手サポーターの愚行の影響によって試合途中の中止、翌日の無観客開催での再開となったコパ・デル・レイのベティスとのダービーを落としたロペテギ率いるチームは、バウンスバックを図る一戦に向けて先発3人を変更。クンデがスタメンを外れた一方、フェルナンドが復帰した。 新型コロナウイルス感染によってロペテギ監督不在で臨んだアウェイのセビージャは、アグレッシブなバレンシアのプレッシャーに手を焼く。 だが、開始7分には得意のサイドアタックから先制点を奪う。味方とのパス交換で右サイド深くに抜け出したモンティエルが高速クロスを入れると、ファーのラファ・ミルの手前でクリアを試みたDFディアカビに当たったボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 幸先よく先制に成功したセビージャだが、失点後に[3-5-2]から[4-4-2]の並びに変更し、ボランチにギジャモン、ディアカビと屈強なセンターバック2枚を置き、前がかりな守備を見せるバレンシアの肉弾戦に苦戦し始める。 それでも、幾度かカウンターからチャンスを作り出す中、38分には左サイド深くから内に切り込んだラファ・ミルが決定的なシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。 すると、チャンスの後にピンチあり。前半終了間際の44分には左サイド深くでガヤにフリーで上げられたクロスをゴール前のゴンサロ・ゲデスにドンピシャのヘディングで合わせられ、ハーフタイム直前に痛恨の同点ゴールを許した。 1-1のイーブンで後半へ折り返したセビージャは前半終了間際の小競り合いで1枚カードをもらっていたアクーニャを下げて、セビージャ・ダービーで相手サポーターの投げた筒が頭部に直撃し、検査入院を余儀なくされたジョルダンを投入。この交代でフェルナンドがセンターバック、レキクが左サイドバックにポジションを移した。 この交代で再び流れを引き寄せたいセビージャだったが、追いついた勢いで球際でのタフなプレーを継続するバレンシアを前になかなか攻撃のリズムを作れず。とりわけ、遅攻の局面ではなかなか効果的な縦パスを入れられず、完全にボールをもたされる展開に。 互いに決定機まで持ち込めない膠着状態が続く中、74分にはパプ・ゴメスを下げて直前のベティス戦で新天地デビューを果たしたヘスス・コロナを投入する。 すると、足元でボールを受けるパプ・ゴメスと異なり、背後を狙う意識が強いコロナを起点にアウェイチームが徐々にチャンスを作り始める。そして、85分にはジエゴ・カルロスからのロングフィードに抜け出したコロナがボックスぎりぎりの位置で飛び出したGKの頭上を抜くループシュートを放つ。だが、劇的ラ・リーガデビュー弾かに思われたこのシュートはわずかに枠の左へ外れた。 その後、89分にバレンシアのガヤが2枚目のイエローカードで退場となり数的優位を手にしたセビージャは、勝ち越しを目指して攻勢を強めたが、専守防衛の構えを見せたホームチームから2点目を奪うことはできなかった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、敵地から勝ち点1を持ち帰るに留まったセビージャは、首位とのポイント差を「4」に縮めている。 2022.01.20 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・カルロスのニューカッスル行きがさらに近づく! 5年契約で個人間合意

ニューカッスルが、セビージャのブラジル代表DFジエゴ・カルロス(28)と移籍に関する個人間合意に達したようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 新オーナーの莫大な資金力の下、チーム強化を押し進めるニューカッスル。今冬の移籍市場ではすでにイングランド代表DFキーラン・トリッピアーとニュージーランド代表FWクリス・ウッドを獲得している。 それでも、まだまだ補強の噂が絶えず、今度はジエゴ・カルロス獲得の噂が浮上。イギリス『デイリー・メール』は、ニューカッスルが3000万ポンド(約47億円)のオファーを出したと伝えている。 その中でファブリツィオ・ロマーノ氏は、移籍に熱心と言われる28歳と個人間で5年契約で合意に達したと報道。現行契約は2024年6月まで残っているが、セビージャにとって慰留は困難を極めるかもしれない。 2019年夏にナントから加入したジエゴ・カルロスは、初年度からリーグ戦35試合に出場するなど主力として活躍。2020年にはブラジル代表に初招集され、ビッグクラブの関心を集めるようになった。 今季もここまで好調のチームを支える中心選手として公式戦28試合に出場しているが、セビージャではセンターバックでコンビを組むフランス代表DFジュール・クンデも、長らくチェルシーとの交渉が続いている。 2022.01.19 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・カルロス狙うニューカッスル、新たに47億円オファー? 今週中の成立期待とも

ニューカッスル・ユナイテッドがセビージャからブラジル代表DFジエゴ・カルロス(28)の獲得を目指し続けているようだ。 サウジアラビア資本の買収で今後が注目されるニューカッスル。イングランド代表DFキーラン・トリッピアーとニュージーランド代表FWクリス・ウッドを獲得したチームはさらなる補強が噂され、多くの候補が浮上している。 そのなかで、エディ・ハウ監督はプレミアリーグワースト2位となる43失点の守備を立て直そうと、さらなる守備陣の強化を模索。新たなセンターバックの獲得を求めているといわれ、ジエゴ・カルロスも候補と目される。 イギリス『デイリー・メール』によると、選手本人は移籍に熱心で、ニューカッスルも交渉中。すでに何度か断られたようだが、新たに移籍金3000万ポンド(約47億円)のオファーを出しており、成立を期待しているという。 今季のジエゴ・カルロスはここまでラ・リーガ19試合(2得点)に出場するなど、公式戦28試合でプレー。現行契約は2024年6月まで残っている。ニューカッスルは今週中の成立も狙っているようだが、果たして…。 2022.01.18 17:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly